猫 長毛種。 長毛種と短毛種の猫、どっちが好き?代表的な種類と性格をチェック!

白猫の種類(純血種)を紹介!気になる白い猫の性格も!

猫 長毛種

長毛種のお尻は汚れやすい 長毛種の猫ちゃんは 長くてふわふわの被毛が大きな魅力。 日々ナデナデするたびに うっとりしてしまいますよね。 ですがその一方で その毛の長さが災いしてしまうのがお尻周り。 トイレでウンチをする際、 特にウンチが緩めのときに お尻周りの毛にウンチが付着してしまいがち なのです。 そうなるとウンチ後の臭いが 気になるのはもちろんのこと、 家具や床などといった次に座る場所に ウンチが付いてしまうので 掃除が大変なことに。 掃除が簡単な場所ならラッキーですが、 布製品の上だと本当に苦労します。 筆者の経験上、 毎回必ずお尻が汚れるわけではありませんが やはり 長毛種の猫ちゃんは ウンチの際にお尻が汚れやすい傾向にあると 思います。 そしてその際は飼い主さんも 大変な思いをすることに。 長毛種のお尻カットは必要? 長毛種の猫ちゃんのお尻カットの必要性は、 ズバリあるといえるでしょう。 ただし、その必要性には個体差があります。 ですのでこの場合は お尻カットの必要はありません。 ですが猫ちゃんによっては お腹を壊しがちでウンチが常に緩め、 といったこともあるでしょう。 そんな場合はウンチのたびに お尻周りの毛が汚れる可能性大なので、 お尻カットの必要性があるでしょう。 お尻カットをペットサロンに依頼する場合いくらかかる? ペットサロンで 長毛種のお尻カットを依頼する場合、 いくらかかるかはお店の料金体系に よるところが大きいでしょう。 長毛種の猫のトリミングは シャンプーとカットで5000円~7000円程度が 目安のようです。 お店によって部分カット料金が 設定されている場合もあるので、 お安く済む場合もあります。 気になるお店に問い合わせてみましょう。 お尻カットのセルフメンテナンスの仕方 長毛種の猫のお尻カットを セルフメンテナンスする場合、• はさみ• ペット用バリカン を用意しましょう。 はさみは、刃の先が丸くなっている 人間用の鼻毛切りや、ペット用の小型のものが 扱いやすく安全なのでおすすめです。 またペット用バリカンも便利でしょう。 ただし作動音が出るので 音に敏感な猫ちゃんに使うのは 向かないかもしれません。 セルフメンテナンスの手順 長毛種の猫のお尻カットの手順として、 抵抗されて飼い主さんが怪我をしないよう 事前に猫ちゃんの爪を切っておきましょう。 そして、 作業は 1人ではなく2人で行ってください。 1人は猫ちゃんを保定する係、 もう1人は毛をカットする係です。 保定する係の人は猫ちゃんの体を支えつつ、 ナデナデしてリラックスさせてあげると よいでしょう。 カットする係の人は誤ってお尻周辺の皮膚を 傷つけないよう慎重にカットしてくださいね。 体を抑えられること• 毛を切られること• バリカンの音 こういった事柄がストレスになる可能性が あります。 猫は自由気ままに見えて 繊細でデリケートなところがある動物なので、 ストレスは体調を崩したり 食欲不振に陥ったりや、 病気の元となってしまいます。 一度お尻カットを試して猫ちゃんの反応を見て ストレスになっているようであれば 以後は行わないという決断をすることも 必要です。 こんなふうにリラックスして おとなしくカットさせてくれるといいですね。 ウンチが付着してしまい、 臭いの問題やお掃除の問題が出てくるので、 ウンチの柔らかさ次第では お尻カットの必要があるでしょう。 ペットサロンでトリミングを依頼する際は シャンプーとカットで5000円~7000円程度が 目安。 自宅でセルフメンテナンスする場合は、 鼻毛切りやペット用はさみ、 ペット用バリカンが必要です。 猫ちゃんを保定する人、 毛をカットする人の2人で作業を 行いましょう。 ただし猫ちゃんによっては お尻カットがストレスになることもあるので 様子を観察して以後行うかを決めましょう。 また猫のサマーカットについては こちらの記事を参考にどうぞ。 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

【猫の種類】長毛種と短毛種をまとめてみた

猫 長毛種

「グルーミング」をまめにする必要がある• 毛並みが美しく保てるように栄養がたっぷりのフードをチョイスする• お部屋にも毛が散乱しがちなので、掃除をまめにする必要がある 「グルーミング」やおそうじは、オーナーさんがまめに頑張るか否かにかかっていますが、毛並みを保つためには、毎日のフードに気を遣う必要があります。 最近では無添加で高たんぱくな優秀なキャットフードも出回っていますので、そういうものをしっかりと選んであげることがポイント! しっかりチェックして、猫にとっていいものを与えてあげましょう。 どうしても愛猫が「おいしそうにがつがつ食べてくれる」と、嬉しくなってしまうものですが、あまりがつがつ食べる感じのフードは実はお勧めできません…。 基本、量をたくさん食べるように計算されているフードは、猫ちゃんの将来よりも、売れること、たくさん食べてもらえることがコンセプトになっています。 逆にお高めのプレミアムフードは、猫の健康や習性から考えて、たんぱく質をふんだんに含んでいたり、出所がはっきりした原材料を使うなど、こだわりが積み重なって値段に反映されているみたい。 私も今までそういうことをわからずに、なんとなくフードを与えていましたが、きちんとどんな原料が使われてるか、猫にとって必要な栄養素がバランスよく含まれているか、ということをチェックして選ぶようになりました。 また長毛の子だから、長毛専用のフードだとか、ヘアボールコントロールなどと記載されたフードを与えないといけないか、というと、必ずしもそうではないよう。 メーカーとしては、そのような記載があると、ユーザー側が差別化して選ぶので、そういう細分化したものを出しているだけで、結局は「どの栄養素がどんな割合で入っているか」「原材料は安心安全か」「適量食べて健康を維持できるようなコンセプトで作られているのか」ということを考えて選べばよいようです。 種類、ライフステージを選ばない高品質なフードを! 今うちの長毛の子に与えているフードは、獣医師が推奨している「カナガン」というプレミアムフード。 良質なたんぱく質が最も多く含まれていて、トウモロコシなど穀物原料が入っていないことから最初選びました。 実際猫の唾液には、穀物類をうまく消化するための酵素がないそうで、猫本来の食べ物から考えると、穀物原料は外したほうがいいと思ったんですね。 また猫の種類も選ばず、幼猫だとかシニア猫などとライフスタイルでいちいち変えなくていいのも気に入ったポイントでした。 ヘアボールについては、毎日しっかり「グルーミング」してあげているので問題ないですし、部屋もこの子が来てからよりキレイに掃除するようになった気がします。 基本的にどんな猫も、高品質な原材料で、たんぱく質が豊富かつ安心安全なフードが、長い目でみていいということですね。 穀物が猫ちゃんの健康を脅かしている!.

次の

長毛種の猫のカット!頻度はどれくらい?負担はかからない?|にゃんたんとあそぼ

猫 長毛種

育てるポイント• 落ち着いて接する• 必要以上に怒らない• 猫にとって居心地の良い家を心がける• 家を落ち着いた雰囲気にする 猫の性格は個体差がありますので、活発な猫ちゃんを大人しい性格に育てることは難しいです。 しかし飼い主さんが落ち着いて接してあげると、大人しい性格に育つことが多いです。 必要以上に興奮させたり怒らせたりしないように心がけてみてくださいね。 飼い主さんの接し方や、家の雰囲気を意識することで、大人しい子に育てられますよ。 性格を簡単に知っておこう! 大人しい子を飼いたいという場合、あらかじめ大人しいとされる描種を知っておけば、飼い主さんの理想に近い子に巡り会いやすいです。 インターネットの情報以外には、猫に詳しい知り合いやペットショップの店員さんに聞いてみると色々な情報が集まって、選ぶ参考になりますよ。

次の