しゅり じょう 沖縄 世界 遺産 火災。 首里城公園|琉球王国の国王の居城で現在は世界遺産として登録

首里城の正殿内カメラ、火災検知の直前に電源が落ちていた

しゅり じょう 沖縄 世界 遺産 火災

/写真AC 戦後は琉球大学のキャンパスになっていたが、移転後には国営の公園となって復元整備が進められた。 他県での城跡の類似例をみると、那覇市に払い下げられるのだが、それを国の予算で行うという特別の配慮がされた。 しかし、2019年2月1日に管理・運営は国から沖縄県に移管された。 現在沖縄県は指定管理者である一般財団法人沖縄美ら島財団に管理を任せているが、どちらにしても国有財産を県が実質管理しているという理解でいいだろう。 火事の原因はまだ分からないが、報道やネット情報によると、折しも『首里城祭り』(10月27日〜11月3日)が開催中で、警備員に任せて帰ったようだ。 ネットでは「CIAの仕業だ」とか無茶苦茶な話も流れている。 もちろん現時点で断定をするものではないし、原因究明を徹底すべきだが、この行事の準備と火災の関連性、たとえば無理な電気の使い方などの漏電を起こした可能性があったのかどうか。 NHKニュースより:編集部引用 しかし、いずれにせよ、2月から県に管理主体が移って火事になったのだから、借家人としての県の責任は免れまい。 民事補償の問題も生じるかもしれない。 そもそも、城郭の復元は地元の市の仕事であって、首里城は国が特別に配慮したものだから、もういちど国が負担するというのが自明の理ではありえない。 もう一つ、以前から気になっていたのが、中国との関係をやたらに強調していたことだ。 沖縄生まれの海上自衛隊OBの評論家、恵隆之介氏も昨日ので、 最近は首里城正殿前で中国冊封使による冊封儀式を毎年行い、中国人使者に琉球王が三跪九叩の礼をする光景を再現して、中国人観光客に阿ておりました。 などと指摘していた。 だいたい、沖縄に人々は主として平安時代以降に南九州から渡ってきた人が主体であり、中国に朝貢していたとはいえ、島津領であり幕府にも服属していた。 そのうち、あえて中国との関係ばかりが強調されるのもいかがなものか。 国有の施設でわざわざ中国への卑屈な関係のみを再現する祭りをするなど許されるべきだとは思わない。 より密接な島津や幕府との関係もその重みに応じたイベントをしたらどうか。 幕末に琉球を訪れたペリーは沖縄は中国の属国でなく日本だと観察の結果を報告している。 また、首里城正殿については、もともとどのようなものだったか、材料が少なく、できあがったものは、過度に中国風であるという批判がされてきた。 たとえば、赤い瓦が葺かれているが、もともとは黒い瓦だったとも言われる。 もし復元するなら、そうしたことも十分に検討するべきものだろう。 このあと首里城については、また、書いていく。 (私は沖縄総合事務局に勤務経験があり2年間沖縄県民だったから、これは、その立場も踏まえて書いたもので、本土の人間としての立場だけで書いたものではない) 八幡 和郎 評論家、歴史作家、徳島文理大学教授.

次の

首里城公園|琉球王国の国王の居城で現在は世界遺産として登録

しゅり じょう 沖縄 世界 遺産 火災

気になるところから読む• 首里城で火災が発生 正殿・北殿・南殿が全焼 那覇・首里城で火災、消火活動中 正殿と北殿は全焼か 那覇市の の正殿付近で火災が発生し、現在も消化活動中です。 正殿と北殿が全焼したとみられています。 首里城跡は2000年に世界遺産登録。 住民は「私たちにとって神様みたいな存在。 涙で言葉が出ない」。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 沖縄県那覇市にある首里城で火災が発生したとの報道がありました。 沖縄県警によると、31日午前2時50分ごろ那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている」と110番通報があり、消防車10台以上が出動して消火活動にあたっています。 那覇署によると、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。 正殿前にある御庭(うなー)に入る入り口の「奉神門(ほうしんもん)」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がっている。 いずれも木造の建造物。 火の勢いがおさまらないことから、署は首里城近くに住む周辺住民に対し、近くの公民館へ避難するよう誘導を始めた。 火災に気づいたのは、首里城の警備員。 警備システムのセンサーで熱反応があり、確認したところすでに正殿から火の手が上がっていたという。 正殿には31日未明まで、開催中の「首里城祭」の関係者が作業をしていたという。 出火当時は帰宅しており、出火原因との関係はわかっていないが、署は首里城公園の関係者やイベントの関係者に事情を聴いている。 首里城といえば「首里城跡」が2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が世界遺産に登録されており、建物自体は1992年に復元されたばかりでした。 「守礼門」が2000円札の絵柄に選ばれるなど、多くの人々から愛され、親しまれてきた首里城。 なぜ今回火災が発生することとなったのでしょうか? 首里城火災による祭りの中止については『』の記事でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク 首里城出火の原因はなぜ?放火の可能性について調査 現在、報道では正殿・北殿・南殿が全焼し門などに延焼中で鎮火していないとの事。 ショック過ぎて…。 首里城では10月27日より「首里城祭」のイベントが開催中で、31日未明は正殿前の「御庭」に午前1時半頃までイベント会社の従業員が機材設営作業をしていたとされています。 火災発生が午前2時40分ごろと深夜だったこともあり、出火当初はネットで 「放火だ」とする声が多くあがっていました。 しかし防犯カメラの映像解析後も不審者の発見情報などは出ておらず、今のところ 放火の線は薄くなっています。 消防によると、現段階で今回の火災の原因は 「輻射熱(ふくしゃねつ)による自然発火」によるものの可能性があると報じています。 輻射熱(ふくしゃねつ)とは、遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱のことですね。 太陽や薪ストーブの熱などもこの輻射熱に入ります。 専門家などは大規模に延焼した理由として• 木造であったこと• 赤い塗装に沖縄独特の桐油(とうゆ)や、下地に漆を塗っていたことから火の勢いが強まった• 屋内にスプリンクラーが設置されていなかった などを挙げ、消防設備の不十分さを指摘する声があがっています。 再建の際には、再発防止のための対策が必要不可欠となりますね。 首里城放火の犯人や不審者情報については『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 首里城を復元・再建する場合の費用や期間はいくらになる? ここから立ち上がったんだ。 大丈夫。 また建て直せる。 内閣府によると、このとき 首里城の復元にかかった総事業費は1986~2018年度の33年間で 約240億円!! 再建をする場合はこれと同等か、それ以上の期間や費用がかかることが予想されますね。 しかし、沖縄のシンボルとして観光面でも首里城の存在意義は大きいため、政府関係者は早期再建に意欲を示しているそうです。 沖縄県民のみならず、国内外から 「首里城を再建して欲しい」という声は上がっており、すでに沖縄県、那覇市、熊本県、ハワイなどで義援金や寄付金を募る活動が始まっているのだとか。 復元・再建の期間は現在のところまだわかっていませんが、今後再建に向けた活動が加速すれば早い段階で方針が明らかになるかもしれませんね。 こんな跡形もなくなるなんて思ってもみなかった。 放火か事故か分からないけど、再建出来るといいなぁ。 世界遺産消失が続いていて悲しい。 まるで映画のワンシーンのようで、これが現実に起こったとは今でも信じられません。 また沖縄の地に、美しい首里城が再建されることを願ってやまないですね。 スポンサーリンク まとめ 今回は、大規模な火災が起こった首里城について調査しました。 10月31日未明に首里城の正殿から出火し、北殿・南殿も全焼したと伝えられています。 出火原因については、消防の報告で「輻射熱による自然発火」の可能性が高いとされており、放火の線は薄くなっています。 また、内閣府によると第二次世界大戦時に焼失した首里城を再建した際は 33年間で約240億円がかかっていました。 今回復元再建する場合もかなりの期間と費用を要することが予想されていますが、義援金や寄付金募集の活動が始まっているなど、再建を願う活動は国内だけでなく海外でも起こっているようですね。 首里城火災関連の記事については『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

首里城遺産構成、基壇の一部損傷か…火災原因は電気トラブル有力 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

しゅり じょう 沖縄 世界 遺産 火災

この記事はざっとこんな感じ!• 沖縄県・首里城で大規模な火災が発生! 沖縄県那覇市にある首里城で火災が起き、大規模な延焼が続いています。 31日未明、沖縄県の首里城の正殿などで火事があり、午前5時現在も延焼中。 那覇警察署などによると、 31日午前2時40分頃、首里城を警備している会社から「煙が見える」と消防に通報があったという。 消防車14台が出動しているが、首里城の正殿、北殿、南殿が燃えていて、正殿は全焼し、2階の屋根が崩れ落ちた。 火は正殿の近くの門や近所の民家にも広がっているという。 なお、けが人の情報は入っていないという。 首里城では27日からイベントが行われていて、 30日夜はその準備が行われていたが、何時まで人がいたかなど詳しいことはわかっていない。 首里城はかつての琉球王国の王の住まい、兼行政機関の本部だったが、正殿は1945年の沖縄戦でアメリカ軍の攻撃によって消失し、現在の正殿は1992年に復元された木造の建物。 首里城跡は、2000年に世界遺産に登録された。 首里城燃えてるって。。 大丈夫なの!?!? — 餅になりたいもち粉 mochanote1 首里城の正殿、北殿、南殿が燃えていて、正殿は全焼し、2階の屋根が崩れ落ちたそうです。 世界遺産にも登録されている、歴史的ある首里城が、このようにして無くなってしまうのは本当に悲しい出来事ですね・・・。 首里城の火事の原因は? 首里城の火災の原因について調べてみたところ、 放火ではないか?との声が上がっていました。 深夜に出火してあんなに燃えるなんて、やっぱり放火なんかな?? こんなん、心がざわざわするよね。。 昔、仲良し同期4人で沖縄行ったときの、首里城の写真を見てみた。 悲しくなった???? — 葉子 yoko729 首里城の火災時間的に考えても放火以外あるん???? ほんま残念でしかない。 ありえへんなぁ — じゅんたん juntan0114 首里城の火災が起きたのは、10月31日の午前2時40分頃でした。 ・火災が起きた時間が深夜 ・首里城には火の気がない ・燃え方が激しい(燃料に燃え移っている可能性がある) ・鎮火に時間がかかっている などの理由から、放火が疑われているようですね。 そんな首里城では、10月27日から11月3日にかけて 「首里城祭」が行われていて、 火事が発生した夜もイベントの準備が行われていました。 また11月2日からは、 「万国津梁の灯火」(ばんこくしんりょうのともしび)がお行われる予定となっていました。 世界平和を願って1万本以上のキャンドルが灯されるイベントで、 火災が起きた時にも、イベントの準備が行われていたと言われます。 このキャンドルが、大規模に延焼した原因ではないか?との声も上がっていました。 また首里城近くで、焚火が行われていたとの情報もありました。 首里城絶対放火じゃん…?夜中に燃えるとは……でもそんなことより、午前3時、現場近くにいた少年 18 がきになってしょうがない、そんな時間に外うろつくなw — 隊長 飲酒はやめられない bombomtaichoo 放火と言われる理由としては、 ・火災が起きた時間が深夜 ・首里城には火の気がない などがあげられるようです。 しかし、現在、放火をしたという事実は確認できていません。 YouTuberによる、 「私が放火しました」という動画も投稿されましたが、 デマであることが分かっています。 この目撃情報は TBSがテレビで報道していたようです。 ソースが乏しい中、 では中学生が真夜中に焚火をしていたと発言していたとか?沖縄ってそんなに寒いの、今? 文化遺産が。。 と思ったけど、92年に建て直したものだったんだね。 また、首里城では10月27日からイベントが行われていて、当日も夜遅くまでスタッフが準備をしていたそうです。 そんな中、 中学生が深夜まで焚火をしていたというのは疑問も残ります。 首里城 結局漏電による火災が原因かな? — ブラシレス brushless023 首里城ライトアップしてたのか…最近のイルミネーションはLEDが多いから発熱とかはしないだろうけど、配線等々からの漏電は考えられるかもなあ… — みこと mikotoluna 歴史的建造物なだけに、火元には細心の注意を払うはず。 そんな中、今回の火災が起きたので、人為的ではなく、設備不良によるものではないかというのが有力な説となりそうですね。 その準備もあり、当日の夜も、スタッフがキャンドルイベントの準備を行っていたようです。 その際に何らかの原因で出火したのではないかという事です。 しかもなんで燃えやすい建造物のそばで、キャンドルイベントとかやろうとするのか、理解不能だわ。 また、通報者は火災センサーに気付いた管理人だったようなので、出火元には誰もいなかったと考えられますね。 現在も出火原因は不明! 現時点では、まだ出火原因については明らかになっていません。 ネットでは様々な憶測が飛び交っていますが、デマ情報も多いので気を付けましょう。 本記事でも、出火原因が分かり次第情報を追記していきたいと思います。 イベント「万国津梁の灯火」は中止? 現在、イベントに関する情報は何も発表されていませんが、この状況ではイベントを開催できる状態にはありません。 情報が入り次第追記していきますが、開催は難しいのではないでしょうか。 首里城MAP その 「正殿」は全焼し、さらに 「北殿」、「南殿」も全焼。 そして、 「奉神門」や「書院・鎖之間」、また近隣の民家など、ほかの建物にも次々と燃え広がっているようです。 現在も消火活動が行われていて、延焼が続いています。 首里城は世界遺産ではない 余談ではありますが、首里城自体は世界遺産ではありません。 2000年(平成12年)12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されましたが、登録は「首里城跡」です。 1992年に復元(再現)された、現在の正殿、南殿、北殿などの建物や城壁は世界遺産ではありません。 また、のちに、首里城の瓦は赤色ではなかったなどの事実も分かったようです。 放火不審者の目撃情報は 首里城の正殿 首里城の火災が、放火ではないか?と言われている理由に、火災が起きた時間帯に 不審者の目撃情報があったとされます。 首里城絶対放火じゃん…?夜中に燃えるとは……でもそんなことより、午前3時、現場近くにいた少年 18 がきになってしょうがない、そんな時間に外うろつくなw — 隊長 飲酒はやめられない bombomtaichoo しかし、放火については明らかな情報は無く、 火災の原因については分かっていません。 イベントの準備が行われていたとのことで、 イベントの準備の中で、何らかの火元の原因があった可能性もありますね。 原因については詳細が分かり次第お伝えしていきたいと思います。 ノートルダム大聖堂ではタバコが原因だった 今年4月にフランスのパリで起きたノートルダム大聖堂の火災では、 1453年 第一尚氏の尚金福王の死去後に発生した王位争い(志魯・布里の乱)であり、城内は完全に破壊 1660年 原因は不明。 再建に11年かかる。 1709年 火災により、正殿・北殿・南殿が焼失。 原因は不明。 1945年 アメリカ軍艦ミシシッピなどから砲撃を受け焼失。 と、今回の焼失前に、4度のわたって、焼失・再建を繰り返してきました。 沖縄のシンボルとして親しまれてきただけに、今回ようやく再建がされた首里城が焼失してしまったのは本当に残念で仕方ありませんね。 募金活動などの情報は? 首里城再建にかかわる募金活動については、現在まだ情報がありません。 募金活動に関する情報が明らかになり次第追記していきたいと思います。 スポンサーリンク ネットの反応は ネットの反応について調べてみました。 今回の首里城の火事は、1950年の金閣寺炎上に匹敵する国家的損失だな。 あのときは坊主の放火が原因だったけど、さて今回はどうしてこうなったのか…。 — タカタ社長 PRESIDENTTAKATA とりあえず首里城の再建に写真やデータが必要だろうから持ってる方は提供してほしいな — 桜龍 ouryu0928 朝起きて首里城延焼のニュースに呆然となってる。 — よっしぃ xamphitritex 首里城焼け落ちたのか。。 原因がなんであれ、1日も早い再建を願おう。 — Haru crews0127 首里城がえらい火災になってるみたいで…建て直して元通りになるには時間かかりそう。 イベント準備してたみたいだけど原因なんやろね。 この火事で2000円札を思い出したけど最近見てないなー。 最後に使った時、なにこれ?偽札?みたいにまじまじと見られた???? — …〆ゝ `。。 火災の原因は何だったのかな これから少しずつ分かっていくんだろうな 空も一度行ったことのある首里城本当に悲しいな???????????? 出火の原因とかを見ないと分からないが、不審者による犯罪じゃない事を祈りたい。 — hideoshi yuttariyuttari 首里城火災。 原因の徹底究明望む。 — tj tjahana 首里城が火事のニュースみてから涙止まらないよ。 早く出火原因突き止められるように祈ってます。 正殿が全焼しており 現在も消化活動が行われております。 原因は付近で焚き火をしていたのではとの情報もあります。 火の粉が飛んでいますので付近の皆様は十分にご注意ください! — 【沖縄県地元情報局】 localOKINAWA.

次の