アットホームダット ロケ地。 映画・ドラマ・CMのロケ地情報 ロケーションジャパン

鬼嫁日記 ロケ地ガイド

アットホームダット ロケ地

DVDレコーダーで録画されている番組をまた整理していると、鬼嫁日記がズラッと録画されていました。 昼過ぎのドラマ再放送枠で放送されているようです。 4月から鬼嫁日記「いい湯だな」が新しく放送されるので、これに合わせての再放送のようです。 今回再放送されている鬼嫁日記は2005年10月から12月まで関西テレビ、フジテレビ系列で放送されていました。 もともとはブログに書き込まれた記事をもとにノベライズ化された「実録 鬼嫁日記」がベストセラーになってこれがドラマ化されました。 ブログは下記のURLにサイトがあります。 観月ありさがなかなか良い鬼嫁ぶりを発揮しています。 そして、全体的にコミカルに描かれているので、そんなに重苦しさがないところも良いところです。 観月ありさが言っていることは旦那にとってみれば無茶苦茶なことなのですが、ドラマの終わりに近づくと、結構、まともなことを言うので、それなりに番組にしまりが出ています。 このドラマ、アットホームダットの舞台の街と全く同じ街がロケ地に採用されています。 本当に特徴的な町並みなので、アットホームダットを見ていた人であれば、すぐに判ると思います。 アットホームダットは阿部寛が主演でしたが、鬼嫁日記も何となく、作風が似ている感じがします。 よくよく調べてみると、アットホームダットと鬼嫁日記は同じ脚本家、尾崎将也さんが担当されています。 この舞台になっている町並みは、遠くにマンションが見えて、南欧風のイメージで町並みが統一されています。 非常に特徴的な町並みなのでとても印象的です。 この町は南町田の方だったと思います。 調べてみると、下記のサイトに情報がたくさんありました。 南町田のマークスプリングスという街です。 マークスプリングスは下記のサイトの情報が詳しいです。 マークスプリングスの特徴が良くわかります。 アマゾンの商品ページへのリンクを掲載しておきます。

次の

鬼嫁日記 ロケ地ガイド

アットホームダット ロケ地

DVDレコーダーで録画されている番組をまた整理していると、鬼嫁日記がズラッと録画されていました。 昼過ぎのドラマ再放送枠で放送されているようです。 4月から鬼嫁日記「いい湯だな」が新しく放送されるので、これに合わせての再放送のようです。 今回再放送されている鬼嫁日記は2005年10月から12月まで関西テレビ、フジテレビ系列で放送されていました。 もともとはブログに書き込まれた記事をもとにノベライズ化された「実録 鬼嫁日記」がベストセラーになってこれがドラマ化されました。 ブログは下記のURLにサイトがあります。 観月ありさがなかなか良い鬼嫁ぶりを発揮しています。 そして、全体的にコミカルに描かれているので、そんなに重苦しさがないところも良いところです。 観月ありさが言っていることは旦那にとってみれば無茶苦茶なことなのですが、ドラマの終わりに近づくと、結構、まともなことを言うので、それなりに番組にしまりが出ています。 このドラマ、アットホームダットの舞台の街と全く同じ街がロケ地に採用されています。 本当に特徴的な町並みなので、アットホームダットを見ていた人であれば、すぐに判ると思います。 アットホームダットは阿部寛が主演でしたが、鬼嫁日記も何となく、作風が似ている感じがします。 よくよく調べてみると、アットホームダットと鬼嫁日記は同じ脚本家、尾崎将也さんが担当されています。 この舞台になっている町並みは、遠くにマンションが見えて、南欧風のイメージで町並みが統一されています。 非常に特徴的な町並みなのでとても印象的です。 この町は南町田の方だったと思います。 調べてみると、下記のサイトに情報がたくさんありました。 南町田のマークスプリングスという街です。 マークスプリングスは下記のサイトの情報が詳しいです。 マークスプリングスの特徴が良くわかります。 アマゾンの商品ページへのリンクを掲載しておきます。

次の

アットホーム・ダッド

アットホームダット ロケ地

「ロケーションジャパン4号」がきっかけとなり、分譲開始から20年間という長い時間をかけて磨かれたまちが、スクリーンに登場することになった。 白岡ニュータウンでは、美しい生垣に囲まれた、豊かな生活感のある「邸宅」の街並みや、モダンな家まで、さまざまな住宅地シーンの撮影が可能。 道幅も広く、余裕のロケができるというのも決め手の一つだった。 南会津地方、舘岩村水引集落でTBS月曜ミステリー劇場「湯けむりツアー殺人事件」シリーズの那須塩原版の撮影が行われた。 名取裕子さん、蟹江敬三さん、田中美奈子さんなどの出演者と撮影スタッフ約50名が撮影に取りかかった。 地元住民が舘岩村特産の3種類の「赤かぶ」でロケ隊をもてなしたり、住民と撮影スタッフが協力しあって、活気ある撮影になった。 このドラマのロケがきっかけになって村づくりの気運が高まることを期待したい。 欧米の伝統的なデザインで統一された美しい住宅都市には、アメリカンモダン様式やビクトリアン様式、スパニッシュ様式など街並みとしての表情も実に多彩。 ロケ地としての多様性が、作り手のクリエイティブを刺激するこの街では、映画、テレビドラマ、CM、雑誌などから、ロケ地としての引き合いが続々ときている。 平成16年4月からスタートしたCX連続ドラマ「アットホーム・ダット」。 韓国で最大の動因記録(820万人)を打ち上げた映画「友へ チング」。 その製作スタッフが、韓国発の女性パイロット朴敬元(パク・キョンウォン)の生涯を描いた映画「青燕(あおつばめ)」に挑む。 100〜70年前の立川飛行場、静岡熱海市など、日本がその舞台として大きくかかわるこの作品は、当初中国でのロケ中心とされていたが、Lj創刊号英語版を入手したスタッフが、日本での撮影を検討。 ロケ地として伊豆がその一つに選ばれた。 韓国本国では350スクリーンで2005年に公開予定、1000万人の動員も予想される話題作だ。 映画「たそがれ清兵衛」の藤沢周平原作第二弾の映画「隠し剣 鬼の爪」のクライマックスの戦いのシーンが、平成16年2月に信州飯田市で撮影された。 2月8日の地元誌「信州日報」によると昨年秋に出版されたロケ情報誌「ロケーションジャパン」で飯田市が大々的に取り上げられたことがひとつのキッカケとなり、誘致に成功。 撮影地側は、「飯田下伊奈を観光地として積極的に売り出す有力な手段、大きな飛躍のチャンスになる」と期待している。

次の