ジー プランツ。 大森ガーデン

[ コンパニオンプランツ ]

ジー プランツ

コンパニオンプランツって聞いたことありますか? コンパニオンプランツは農薬を使わないで病害虫を防いだり、成長を促進する園芸学上の言葉になります。 今回はコンパニオンプランツとは? からに始まり、トマト栽培に適したコンパニオンプランツを紹介していこうと思います! コンパニオンプランツとは? まずはコンパニオンプランツという言葉を調べていきましょう。 コンパニオンプランツとは、共栄作物または共存作物とも呼ぶ、農学、園芸学上の概念であると共に、近傍に栽培することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる植物のことを指す。 また、そのようなコンパニオンプランツを二種類以上、互いに近傍に栽培することを混植または混作と呼ぶ。 出展: コンパニオンプランツは植物同士が どのように影響しあうかをメインで考え始めた概念で、近年注目されている言葉になります。 また、コンパニオンプランツは共栄作物と言われる理由は作物と一緒に植えることで、病害虫、成長促進効果が期待できるという点でも大きく注目を浴びています。 コンパニオンプランツを利用して野菜類等とハーブ類等をうまく組み合わせて一緒に植えると、病害虫を防いだり、成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、様々な良い効果を生み出すと言われている。 経験的に言われているものがほとんどで科学的に解明されている例は少ない。 しかしアブラナ科植物とレタス、トウモロコシとマメ科植物、ユウガオと長ネギ等効果が立証されている例も少数ながらある 出展: ウィキにあるように化学的にはまだまだ未知の部分はあるにしても、科学的に立証されている効果もあるそうです。 近年注目を浴びている理由の一つに、自然栽培、無農薬栽培、有機栽培といった栽培方法によって、自然環境に優しいという点が一つ重要な視点かと考えています。 バジルの他に相性のいいコンパニオンプランツは? バジルは基本的にどの野菜にも相性が良いコンパニオンプランツですが、他にもトマトと相性が良いコンパニオンプランツはあります。 マリーゴールドは土中のセンチュウを抑制する効果があるので、センチュウ対策にはマリーゴールドと言われています。 ミントやハッカ類などは独特の匂いにより害虫を遠ざける効果も期待できます。 ユリ科の野菜はトマトに目立つ萎凋病対策に また、トマトがかかりやすい病気として萎凋病(いちょうびょう)というものがありますが、 ユリ科の野菜を一緒に植えると萎凋病の病原体が増えるのを抑える効果があります。 ちなみにユリ科の野菜は・・・・• ニンニク• 玉ねぎ といった独特な匂いがある野菜が挙げられます。 もし萎凋病で困っているなら、これらの野菜をトマトと一緒に栽培するといいでしょう。 ネギは市販のネギの根を植えれば簡単に栽培可能です。 病気の症状を確実に見分けるのは難しいのですが、すぐ分かる病気もあります。

次の

[ コンパニオンプランツ ]

ジー プランツ

コンパニオンプランツの庭 ハーブ栽培は虫との戦いなのだあ〜! 自家製のハーブを気軽に使える喜びを今、味わっていますが、自家製だからこそ、口にいれるからこそ、訳の分からない薬剤はつかいたくない、というのが正直なところなのです。 口にはいっちゃうのはまだいい。 ハーブを先に虫たちにくわれてしまうのはなんとも悔しい。 うぐぐぐぐ。 そこで我が庭では日夜、虫との知恵比べにあけくれるのであります。 コンパニオンプランツやハーブエキスを利用した方法は、たしかに人間側の知恵の粋でしょう。 でも虫たちもなかなか賢いのです。 全滅絶滅なんてとてもとても。 それでもとりあえずいいと思っています。 アブラムシがいなければテントウ虫との大バトルなんて絶対おめにかかれません。 アゲハの幼虫の羽化はいつみてもすばらしいし。 ここに挙げたのは、実際に試した方(農家の方等)のお話をうかがったり、自分でやってみて効果があると感じた方法です。 専門家ではないので、どうして効果があるのか根拠はわかりません。 これから何度もためしてみて試行錯誤していこうと思っています。 いわば我が庭の観察記録とでもいったものですが、もしみなさまのお庭の参考になれば幸いです。 また、うちはこうしてなかなか効果があったよ、ということがありましたらぜひぜひおしえてくださいませ。 お願いいたします。 るうVS害虫たちの戦いはまさにシーズン真っ盛りです。 そういえばチェリーセージの近辺にはアブラムシがいないかも ニオイスミレ アブラムシ ローズマリー *立性ローズマリーの根元に寄せると見た目もかわいい。 バラ類(ハマナス・オールドローズ) アブラムシ にんにく、にら *にんにく、にらをバラの根元に植える。 ネギ(チャイブ等)類でやってみたがかえってアブラムシを呼んでしまい失敗。 アブラムシ、アリ ラベンダー *ラベンダーの鉢をバラの近くにおくだけでもだいぶ違うと思う。 ロケット(アブラナ科類) 芋虫(もんしろちょう、ヨトウガ等) ローズマリー、マジョラム *一緒に植えなくてもそばにあるだけでいいようだ。 アリ(あぶらむし) ワイルドストロベリー コガネムシ、アリ ルー *ストロベリーの株間にうえる。 トマト オンシツコナジラミ ナスタチウム *トマト1株を囲むように植える。 ポリジは春蒔きのほうがあまり背が高くならず管理しやすい。 ヤガ ポリジ ピーマン 虫がつかない 注)マリーゴールド *管理がやや大変なピーマンだが、一緒に植えておくと虫の姿をみない。 ダイコン センチュウ、他 注)マリーゴールド、百日草 *北軽井沢、石田観光農園での無農薬の取り組み。 彼岸花がそういった役割をになっているとは思いもしませんでした! ナス ミナミキイロアザミウマ 夏秋ナスとオクラ を一緒に栽培するとナスの害虫被害が大幅に減少することが、徳島県立農業研究所病害虫担当(吉野川市)の試験栽培で分かった。 害虫の天敵となる虫が増えて自然に駆除されるためで、農薬の使用量が減り、費用や労力を抑えながら高品質な作物を栽培できる。 研究所は、ナス農家に活用を呼び掛けている。 対象の害虫は ミナミキイロアザミウマ。 一ミリほどの大きさで、ナスの実が小さいころにつついて汁を吸い、傷をつけて商品価値をなくす。 夏秋ナスは四月下旬から五月上旬に定植し、十月下旬ごろまでに収穫するが、七月ごろ特に害虫被害が多く、週一回程度の薬剤散布(慣行防除)が必要となる。 研究所では、減農薬の手法として天敵の有効活用を検討。 オクラにはワタアブラムシが常時発生し、それを捕食するためにアザミウマの天敵でもあるヒメハナカメムシが発生することに着目した。 ワタアブラムシとヒメハナカメムシはナスに被害を及ぼさないという。 研究所の中野昭雄主任研究員は「オクラは副産物で出荷することもできる。 オクラが弱りワタアブラムシの発生が減ると天敵も減るため試験では効果にばらつきもあったが、オクラの樹勢を保つ方策など効果的な栽培方法を確立したい」と話している。 (徳島新聞 2004. <コンパニオンプランツ・虫を寄せる> 寄ってくる虫 コンパニオンプランツ 使用方法 コガネムシ(害) ゼラニウム(白い花のものが効果あり) なんでもコガネムシはゼラニウムにひきよせられるのに、ゼラニウムの葉をたべると死んでしまうんだとか。 あわれな、、、。 ハーブのゼラニウムに園芸種のものも混ぜておくといいでしょう。 ハダニ(害) ホトケノザ、カラスノエンドウ 畑ではこの植物にハダニがついたところで一気に刈り取り、撲滅を図る。 (庭ではうまくいくかな?) ハチ(益) レモンバーム、ポリジ、キャットニップ、ヒソップ。 いちご、果樹園に。 意外なところでヒソップをみかけたりするのは、ハチよせのためだとか。 益虫の多くは、直接害虫を食べる肉食(?)です。 ので、かんぺきにアブラムシなどの害虫を取り除いてしまうと、益虫も庭にやってきません。 1株2株は、「テントウ虫の餌用、自然観察用だ!」とわりきることも大事かも。 そうすればテントウ虫も草かげろうもカマキリもそして鳥も来てくれます。 薬剤をつかわないことのだいご味でもあります。 <コンパニオンプランツ・元気を与える> 主に育てるハーブ コンパニオンプランツ 効果 トマト バジル *成長が早く、味がよくなる。 (料理でも相性がいいのでこれはお勧め) レモンバーム *蜂をよせるので実のつきがよくなる。 1株花をさかせる株をつくる。 (レモンバームは実つきをよくするためによくつかわれ、それゆえにかえって増え過ぎて農家のお庭ではじゃまものにされてたりします) 畑の野菜、麦等 コスモス、ヒマワリ レッドクローバー など * 緑肥(景観緑肥)として 緑肥とは、土壌を肥沃化する目的で栽培される作物で、その作物はそのまま土にすき込まれます。 レンゲが有名でしょうか。 古くからある方法だそうです。 我が家の近辺では麦の生産が盛んな所から、夏になるとヒマワリが畑のあちこちで見られます。 そのときに緑肥として植え、土地を肥やすと同時に人の目も楽しませています。 現在こういった景観緑肥作物を好く見かけるようになりました。 ヒマワリには有効な菌がつきやすく、その後に植える作物(麦)の生育がよくなるそうです。 大規模なことは無理でも家庭で真似できることがあるかも。 コンパニオンプランツでなくても、ハーブ類は、ぽつんと1つ1つうえるより、同じ種類の物はくっつけて、賑やかにうえたほうが(鉢を近くによせあったほうが)元気がでてくるように思います。 苗をお買い求めになるときは1株ではなく2株のほうが結果がいいです。 <ハーブエキス・害虫を防ぐ> エキスになるハーブ 効果のある害虫 作り方・使い方・感想 アセビ アブラムシ、センチュウ他 全草にひたひたの水をくわえて煮出す。 むかしから馬酔木は害虫駆除のハーブだった。 また牛乳を直接肥料に、という話も聞きますが、たんぱく質のようなものは植物は直接吸収はできず、悪臭・腐敗をひき起します。 この方法は私の庭では除外です。 コーヒー ヨトウムシ、センチュウ、アブラムシ他 土をつくるときコーヒーかすを混ぜ込む。 量は適当。 また、濃くだしたコーヒーを虫に直接スプレーする。 もったいないので私はもっぱらかすの利用者です。 コーヒーは猫よけにもなるそうです。 ( コーヒー液がトマトやピーマン等のように実がなる植物の花にかからないように気をつけてください。 カフェインは米食品医薬品局(FDA)により安全な化学物質に分類されているが、環境に配慮した殺虫剤としての可能性も秘めている。 葉を食い荒らすことを抑えるにはわずか0. カップ一杯のインスタントコーヒーに含まれるカフェインは0. カフェインがナメクジやカタツムリを殺す機構は不明であるが、カフェインを浴びたナメクジがのたうちまわって死ぬことから、カフェインが神経毒としてはたらくのではないかとHollingsworthたちは考えている。 』 (ネイチャージャパン ウエッブサイト2002年6月27日号 ハイライトより) ただし 『(もともとはカエル用の殺虫剤の候補だったとすれば)つまりひょっとするとカエルも寄りつかなくなるかも。 地植えにして土にコーヒー殻混ぜたりはミミズなんかに影響ないとはいえない。 人間には問題なくても小動物には影響ありの可能性が。 (牛乳に同じ) タバコ アブラムシ、害虫全般 たばこの吸い殻1本を、コップ1杯の水に1晩つける。 浸出液を虫に直接スプレー( スプレー中吸い込まないように、また子供ペット等にも厳重注意:たばこ2本で成人の致死量です。 ) タンジー ハエ、アリ、ノミ他 刈り取ったタンジーを窓辺につるしハエ除けに。 ドライにしたタンジーを細かく切って殺虫や消毒の為に庭や室内にまく、という方法は中世の修道院時代からのものである。 また、細かくしたタンジーはペットなどの蚤除けにもなる。 小屋に敷いたり、首輪にして。 (なお、コンパニオンプランツとして、果樹の近くに植えても効果があり、カリウムを多く含むことから堆肥にまぜるのもよい) トウガラシ ハダニ、ヨトウムシ、アブラムシ他 唐辛子のエキスは水ではでないので、アルコール(焼酎、リカー)を使います。 (ロシア土産の唐辛子いりウオッカをつかったら、その効くこと!) **唐辛子スプレーの作り方** ・作りたい容器の1/4の高さまで砕いた市販の唐辛子をつめる。 ・容器いっぱいまでリカーを注ぐ ・蓋をしときどき振りながら2週間以上常温に置く。 ・できたら漉して、スプレー容器にうつし、ハダニが付いたハーブやヨトウムシに直接かける。 どくだみ 土の殺菌、センチュウ他 煮出して土にかける。 にきび予防にも効くので人間が飲んだ残りをハーブにも。 (確かにききますが、とにかくクサイです。 たまりません。 ハーブの繊細な香りがしなくなります。 浸出期間は約1ヶ月〜3ヶ月 ミント アブラムシ、青虫他 『日本薄荷』『ペパーミント』をお勧め。 日本薄荷を煮だした液をさましてスプレーする。 しばらく台所と庭が薄荷の香りで一杯になります。 台所はすばらしいですが、繊細な香りのハーブには不向きか? 日本薄荷の結晶がお土産店で売られていましたが、タンスの防虫に効果有りだそうです。 樟脳やナフタリンの香りがお好きでない方、いかがでしょうか。 コバエ、ハエ 『 オーデコロンミント』のエキスはかなり効くハエよけスプレーになります。 香りが強いもののほうがいいようです。 もちろん上記の 『日本薄荷』も可。 **ミントスプレーの作り方** ・作りたい容器に目一杯ミントをつめる。 ラベンダー アブラムシ 思いもかけずけっこうよく効く方法でした。 (ハーブティよりちょっと濃いめぐらいに煮だし、スプレーする) レモングラス 害虫全般 冬前に葉を刈り取り、翌春に苗などを植え付ける時敷き藁代わりにする。 レモングラスの成分(シトロネラ)を虫が嫌うそうだ。 ローレル(月桂樹) カイガラ虫、地中の害虫の予防他 乾燥させた(シチュウ等料理用に使う)ものを濃くにだして、土にかける。 乾燥した葉を数枚そのまま米びつの中に入れておくと防虫になる。 (時々葉をとりかえること) 唐辛子スプレーを作る時に一緒にいれるとさらに強力な防虫・殺虫剤に。 毒草を使うと、効き目は絶大です。 (アルカロイド等の作用による) しかし、いくら植物エキスだからといって人間に安全であるということは決していえません。 『 』もちょっと参考にして下さいね。 <ハーブエキス・元気を与える(病気の予防)> エキスになるハーブ 効果 作り方・使い方・感想 ステビア 土壌病害の軽減、野菜の糖度アップ、虫の害も減る(農薬の量が減らせる) 茨城県利根町で行われ始めた『ステビア農法』 甘味料の製造で葉が除かれたあとに残る茎や根は、以前は大量に捨てられていた。 これらが廃棄された場所の農作物の育ちがよくなったところから始ったもの。 ステビアの抽出液を作物に吹きかけることで育てる農法のこと。 ステビアは抗酸化性が強い。 環境によく安全な農法ということで、とうもろこし、大豆、お米等が育てられている。 カモミール 病気予防。 元気のなくなったハーブの活性。 ローマンカモミール(ジャーマンより効果大)の花を1日水につけておき、それをハーブにスプレーする。 ミカンの皮をかわかし、土、ミカンの皮、土という感じで埋めて、苗を植え付ける。 (かんきつ類ならばなんでも:庭の夏ミカンをそのまま畑に埋め込むこともするそうです) ヨモギ 酸性の土を中和させる。 丈夫になる。 ヨモギの葉を倍量の水で煮る。 半量までにつめてひやしたものをハーブにかける。 (1年中利用できるので便利:煮てるとき汁が服につくととれない〜!) 種(かぼちゃ、ひまわり、びわ、もも等) ハーブの活性 種の外側のからをわり、中の仁を出す。 これをひたひたの水で煮だし、そのまま冷えるまで漉さずにおく。 種のもつエネルギーをそのままいただくという感じです。 桃の畑では、出荷できない桃も、実は腐葉土にまぜ、種はこうやってエキスを取るそうです。 捨てるとこありませんねえ。 ハーブティやハーブバスを楽しんだ後のハーブは、腐葉土にしたり、またこまかく刻んで土にまぜることができます。 タンニンやカフェインの作用を期待するとき(土中の害虫防止等)は紅茶や日本茶の茶ガラも有効です。 コーヒーかすも同様ですが、湿ったままのものをただ鉢の上においたり、畑の土の上におくだけだと『かび』がはえ、かえって虫を呼ぶことがあります。 完全にまぜるか、乾かすかしたほうがいいと思います。

次の

マミラリア シュワルジー

ジー プランツ

無農薬栽培をするには害虫対策が大切 家庭菜園で野菜やハーブを育てるのであれば、できるだけ無農薬で育てたいと思う人が多いと思います。 しかし、無農薬で育てるには、害虫対策がとても大変です。 そこでおすすめなのが、コンパニオンプランツです。 コンパニオンプランツとは、一緒に植えることにより、お互い良い影響を与え合う植物のことです。 お互いに助け合う植物を組み合わせて植えることにより、安定した植生環境を作りだし、植物の生育をより向上させてくれます。 コンパニオンプランツの素晴らしいところは、土を豊かにしてくれるところです。 異なる種類の植物を一緒に植えると、土中の微生物に多様性が生まれます。 いろいろな微生物がバランス良く存在している状態が、植物にとっても生育しやすい環境なのです。 例えば、このような作用があります。 それは、アレロパシー作用と言い、植物が作り出す物質が、周りの生物に影響を与えます。 虫の嫌がる匂いを発生して、虫が寄り付かないようにするといった作用があるのです。 他にも病原菌を抑えたり、自分の成長にとってメリットがない植物の成長を妨げたりする作用もあります。 この作用を利用して、害虫対策としてコンパニオンプランツが役に立つのです。 虫や微生物は、特定の植物ばかりを食べるという特性があり、これを宿主性特性と言います。 ひとつの植物だけを育てていると、その植物を食べる虫や微生物ばかりが集まってきてしまいます。 しかし、その虫たちの嫌いな匂いを発する植物を、コンパニオンプランツとして一緒に植えておけば、虫たちも寄ってきません。 無農薬の害虫対策・コンパニオンフランツ コンパニオンプランツの利点はまだあります。 コンパニオンプランツの1種になりますが、バンガープランツというのがあります。 これは、虫を追い払うのではなく、虫を呼び寄せる植物のことです。 例えば、いろいろな野菜に取り付く害虫アブラムシですが、ナスと一緒にヨモギを植えるとします。 そうすると、ヨモギにテントウムシが住み着くのです。 テントウムシはアブラムシを捕食しますので、結果ナスをアブラムシから守ってくれることになります。 このように、植物を使った害虫対策をすることで、害虫駆除をしながら無農薬で野菜を栽培することが出来ます。 しかし、コンパニオンプランツには注意点があります。 それは、相性の良くない植物も存在しているということです。 相性の良くない植物を一緒に植えてしまうと、お互いに悪影響を及ぼしますので、よく調べてから植えましょう。 また、自然を利用している方法ですので、虫が全く寄り付かない、病気にならないというわけではありません。 農薬のように、即効性があるというわけでもありません。 自然との付き合いになりますので、植物とハーブを楽しみながら育てるという感覚を持っていた方が良いですよ。 家庭菜園はハーブで無農薬に挑戦 広いお庭がなくても、ベランダで家庭菜園を楽しみたいですよね。 そんな時にこそ、コンパニオンプランツの寄せ植えをおすすめします。 寄せ植えを楽しむ感覚で、野菜とハーブをプランターに植えましょう。 見た目も楽しめて、無農薬栽培ができ、野菜とハーブが一緒に育てられるコンパニオンプランツは、家庭菜園にこそおすすめします。 家庭菜園で育てやすい野菜とハーブの組み合わせを、いくつかピックアップしてみます。 ナスタチウムが株元を覆うことで土の湿度と温度を一定に保ってくれます。 お互いに吸収する栄養が異なるので、お互いの生育の邪魔をしません。 トマトの味が良くなると言われています。 害虫対策に適したハーブ 無農薬栽培に最適なコンパニオンプランツは、いろいろな植物が使われていますが、ハーブが使われることが多いです。 前項でご紹介した以外に、コンパニオンプランツとしてよく植えられているハーブを、いくつかご紹介します。 白い花が咲くと、リンゴのような香りを発します。 弱った植物のそばに植えると、元気が取り戻されると言われていますので、植物のお医者さんと呼ばれています。 カマキリやテントウムシを寄せ付けるので、モンシロチョウやアブラムシが野菜に付くのを防いでくれます。 相性の良い植物は、玉ねぎ・かぶ・きゃべつなどです。 収穫した後、乾燥させれば1年中楽しめますね。 ハエ・蚊・アブラムシ・コナジラミなどを寄せ付けない効果があります。 相性の良い植物は、トマト・なすなどです。 トマトとバジルを一緒に育てれば、料理の相性もばっちりですね。 自生していることも多いので、道端で見かけることもありますね。 爽やかな香りが、害虫対策に効果ありです。 害虫はミントの香りが苦手なので、いろいろな植物の害虫対策に一役買ってくれます。 しかし、繁殖力が強いので、他の植物の生長を妨げることがあります。 おすすめは鉢植えなどに植えて、植物のそばに置いておくことです。 それだけでも効果がありますよ。 ハーブでお家の害虫対策 ハーブの効果は、無農薬で害虫対策ができるなどのコンパニオンプランツだけにとどまりません。 暑い季節になると、家に害虫が出やすくなりますよね。 玄関前や、窓の近くにハーブを植えることで、害虫を寄せ付けない家にしていきましょう。 レモングラスは、名前の通りレモンのような香りがします。 玄関の近くやベランダで栽培すると有効です。 柑橘系の香りは、家に出る害虫が嫌がる匂いだそうです。 侵入経路になるベランダや、玄関にレモン水や柑橘系のアロマオイルスプレーを散布しても、害虫対策に有効です。 排水口から侵入することがあるので、排水口にも一滴アロマオイルを垂らしておくのもよいですよ。 花弁が整った白い花を咲かせます。 お庭に植えておけば、蚊よけになります。 家の周囲に植えておくと、ハエが屋内に入りにくくなります。 アリよけにもなるので、ポプリにしてタンスに入れておいてもよいですよ。 ハーブの効果は自然の力を利用しているので、思うように効かないこともあります。 販売されている殺虫剤の方が、効き目は強いでしょう。 しかし、強い殺虫剤や農薬を使うことに抵抗があるのであれば、このような自然な方法がいいかもしれませんね。 人にも使えるハーブの虫よけスプレー ハーブを使った害虫対策や、無農薬栽培についてお話してきました。 ハーブは害虫に効くのですから、虫よけとして人間にも使うことができます。 ハーブから抽出されたアロマオイルで、虫よけスプレーが作れます。 自然のハーブから作られた虫よけスプレーは、防虫剤より安全で使うのも安心ですね。 虫よけキャンドルなどで売られていますね。 アルプスの素敵な山小屋のベランダに植えられているのが、赤いゼラニウムです。 ヨーロッパでは窓辺を飾る装飾という意味のほかに、虫よけとしてもベランダに植えられることが多いそうです。 アロマオイルにすると、より香りが強くなるので、虫よけや防腐剤として使われています。 自宅で、ローズマリーの虫よけスプレーを作ることもできますよ。 ローズマリーの葉を煮だし、冷めてからスプレー容器に入れるだけです。 すっきりとした香りですので、気持ちもさっぱりします。 オーストラリアでは、古くから薬として利用され、殺菌や消毒の効果があります。 普段お使いのシャンプーやローションなどにオイルを少量加えるだけで、抗菌シャンプーや虫よけローションになります。 キャンプやお出かけの時に、手作りの虫よけのスプレーがあると便利です。 ハーブのスプレーでしたら、お部屋にシュッとするだけでも効果がありますし、香りが心を癒してくれますね。 すでにご紹介したミントやカモミールも、虫よけとして効果がある人気のハーブです。 ハーブを育ててみよう ハーブの香りのリラックス効果は有名で、ハーブを使った商品はたくさん販売されていますね。 ハーブは繁殖力が強く、育てるのも簡単なものが多いので、自分でも育ててみてください。 「コンパニオンプランツ」という言葉を知らなかったという人もいると思いますが、ぜひ、自宅で家庭菜園をする際には思い出していただければと思います。

次の