オキナワ ベニハゼ。 ベニハゼ・イソハゼの仲間

串本・ダイビング|オキナワベニハゼと意外な特大の群れに遭遇!

オキナワ ベニハゼ

関連ページ | | 受賞歴 第56回科学技術映像祭、研究開発・教育部門、文部科学大臣賞 イラン第45回ロシュト国際映画祭、科学・ドキュメンタリー部門銀賞 文部科学省特別選定 日本語版高校生生物教材・成人向け) 作品概要 製作:東京シネマ新社 2014年 カラー フルHD 28分 「性転換」。 人間では特殊な事例と見られがちだが、自然界では一定数存在し、特に魚種には多い。 魚の性転換の研究は、日本は世界をリードしている。 中でもオスからメス、さらにメスからオスへと双方向の性転換は本作品の学術指導、須之部友基が1993年に最初に報告した。 そのオキナワベニハゼという体長2センチの海水魚は実験的に性転換を引き起こせる。 どうやって性転換するのか。 オスもしくはメスに変化するメリットやデメリットは何か?オキナワベニハゼを使い、巧妙な繁殖の仕組みとして進化した「性転換」を考える。 九州以南に生息するオキナワベニハゼは、繁殖期にオス一匹とメス数匹でハーレムを作り、オスメスで異なる行動をとる。 狭い洞窟の奥深くで繁殖するが、水槽に慣らし繁殖行動を詳細に記録した。 ハーレムのオスを移動させると、一番大きなメスが即座に巣を占拠し、オスの行動をとる。 オス同士を一緒にすると体の小さなオスがメスになる。 しかし変化するべきオスは、オスの座に未練があり、メスの体に変化させるのにも時間がかかった。 出来るだけ多くの子供を残すために進化したオキナワベニハゼの繁殖方法を紹介する。

次の

串本・ダイビング|オキナワベニハゼと意外な特大の群れに遭遇!

オキナワ ベニハゼ

リロアンで撮ったメガネベニハゼ ここまでは無理だとしても、伊豆には壁もあるし・・・ キレイな背景は間違いなくあるハズということで探してみました! 伊豆にもオキナワベニハゼなど南方系のベニハゼはちょこちょこいますが、背景を意識して写真を撮るなら・・・ 数の多い被写体を狙うのが良いです! 1匹見つけて微妙なら、次から次へと被写体を移していけますからね! だから今回は伊豆ならどこにでもいるイチモンジハゼを選んだというワケです! イチモンジハゼは伊豆半島では、岩のオーバーハングしたところを探せば、ほぼいます。 大瀬崎では外海を潜れば、見つけられない方が珍しい 笑 ということで早速良い背景にいたので! まずは岩肌に付いたオレンジのカイメンらしきものに乗るイチモンジハゼです。 水中では、みなさんの知っているとおりオレンジの光は吸収されてしまい黒っぽく見えます。 肉眼で見ても気付かないかもしれませんがストロボをきちんと当てるとこんなにもキレイな発色になります。 まるで沖縄のカラフルな海の雰囲気に撮れます。 色合いの地味なイチモンジハゼだからこそ、背景が派手でもしっくり馴染みますね。 撮影のポイント! 出来るだけ平らな壁に付くイチモンジハゼを探そう!! でこぼこした壁だとどうしてもストロボの当たりきらない陰の部分が出来てしまいます 上の写真を見てもらうとわかりやすいかもしれません・・・ イチモンジハゼの後ろ側が黒っぽくなってしまっていますね。 これでは、せっかくのキレイな壁も台無しです。 どんなにぼかしても背景が黒くまだら模様になると、ふんわり写真にはなりませんね。 しっかり背景にストロボが当たるポジションにいるイチモンジハゼを探しましょう! 次の写真を見ていきます。 今度はカラフルさを意識して撮ってみます! この写真は春に多い壁に生えた緑のコケと単純に壁に堆積した砂を利用してます。 ピントを合わせてしまうと壁の質感が出てしまい気持ち悪い写真になるところをF値2. 8 1番ぼけやすい設定 にし写真を撮ってます。 一眼レフを持っている人は、そんな工夫誰でもしてるわと思うかもしれませんが、ここでもう1つコツを! 撮影のコツ 壁と平行にカメラを構え奥行きのボケ感を作る 写真のボケ具合はピントの合っている被写体と、どれだけ背景が離れているかで変わってきます。 正面からイチモンジハゼを撮ってしまうとハゼのすぐ後ろは壁になります。 そうするとボケを作るためには相当被写体に寄らなきゃいけなくなります。 ピントも合いづらくなるし、難しいですよね。 それなら横から撮って壁との距離を離しちゃえばいいんです 笑 ただの壁がボケると意外とキレイでカラフルな雰囲気に驚くはずですよ!! イチモンジハゼはカイメンなどに乗ることもありますし、伊豆にはソフトコーラルも多いです!! まだまだキレイな背景の写真も撮れそうですね。 皆さんもお気に入りの1枚があれば教えて下さいね!!•

次の

ベニハゼ・イソハゼの仲間

オキナワ ベニハゼ

オキナワハゼ 久しぶりに晴天を迎えた沖縄本島です。 この時期は太陽が出るか出ないかで気温がガラリと変わるから有り難い。 久しぶりに晴れたのでジムのあとはジャグジーだけでなく屋外のお風呂も楽しんで来ました。 夜空を見ながらボーッとお湯に浸かっていると疲れも取れますわ~。 写真はオキナワハゼ。 オキナワハゼは、昼間も見ますが、ナイトダイビングの時に多く見かける様な気がします。 転石の下や一見して生物が出入りしなさそうな壁と砂地の境目辺りでしか見たことはありません。 体側に黒褐色横帯が3~4本入ることから と区別できる。 オキナワハゼについては、まだ分類学的検討が必要ということで決着は着いていないようですね。 そういえば普通に見られる鳥類 も分類学ではまだ決着は着いていなかったっけ。 も久しぶりに見たいなぁ。 オキナワハゼは、伊豆半島、徳島県、高知県、鹿児島県、琉球列島、インド・太平洋に分布。 和名 : オキナワハゼ 学名 : Callogobius hasseltii 撮影日 : 2008年6月21日.

次の