ハリード ロマサガ 3。 ロマンシングサガ3 攻略・解析(リマスター版ロマサガ3対応)

ロマサガ3ハリード

ハリード ロマサガ 3

・ハリード(33歳) ロマサガ3の主人公で誰が良い?…という問いには「ハリード。 」と言わせてもらおう。 そんなワケでハリードです。 彼の本当の名はエル・ヌールといい、ゲッシア朝ナジュ王国の王族の一人でした。 しかしそのナジュ王国はその信仰を異端として認めなかった神王教団の決起によって滅ぼされてしまい、 恋仲であったファティーマ姫とも生き別れになってしまいました。 そして今では流浪の剣士として生計を立て、その戦いぶりから『トルネード』の異名をとっています。 愛用の曲刀に『カムシーン』の名を付け振るっている事でも有名。 そんなハリードは金銭面にうるさく、 「前金じゃなければ仕事はしない主義だ。 」…と言い切っていますが。 しかし彼はただの守銭奴ではありません。 そう考えます。 彼が金にうるさいのは元々からの気質、性格な面もあるでしょう。 もちろん国を失った身から生計を立てる為の手段として身に付いた面もあると思います。 しかし、金だと言ってる割にはそれだけでない行動を彼はしているので。 ゴドウィン男爵の反乱時、シノンの4人組と共にモニカをミカエルの陣営まで送った後、 その軍勢に加わる事になったハリード。 しかし男爵はモンスター(ゴブリン)の軍団をロアーヌ領内に誘導していました。 その掃討に当たらせる事で戦力を削ぐ策です。 ゴドウィン本隊との戦いに差し支えるとの進言もありましたが、 ミカエルはロアーヌ候として民を守る使命があるとそれを却下しました。 この後のミカエルとハリードのやりとりはどちらが主人公かで違うのですが、 ミカエル主人公の場合。 ミカエルは戦力としてハリードを引き止めたものの、自らあえて不利な状況を作った為、 「ご苦労だった。 命を張る必要はない。 」…と見限って去っても良い事を伝えますが、 「冗談じゃないぜ。 ここからが稼ぎ所だ。 」…ハリードこうきました。 …単なる守銭奴ならこうはなりません。 金の為だといいつつ、それ以上のもので命を賭ける、そんな男です。 もちろん、勝った後にはキッチリ 「ま あ当然だな。 」…と報酬もらうけどな!だがそれが良い。 「ふっ、ならばアビスの底まで付いて来い!」…この時のミカエルの返しも良い感じ。 ハリード主人公の場合。 ゴブリンを撃退するというミカエルに、自ら 「オレに戦いの先陣を任せてくれないか?」…と申し出、 ハリード指揮でのマスコンバットをする事に。 「私の指揮では不安か?」…というミカエルには、 「戦場であんたにもしもの事があったらモニカ姫がかわいそうだからな。 」…と答えています。 そして、 「オレの命を皆に預ける。 この異国の者に命を預けてくれるか?」…これです。 兵士たちも 「猛将トルネードと共に戦場に立てるとは望外の喜びだ。 」「名誉な事だ」「共に敵を打ち破ろうぞ!」と 次々に答えます。 流石だぜ。 ハリード! どちらにしてもハリードが只の守銭奴では無い事がわかるシーンでは。 むしろ彼は非常に情のある男。 結局、このゴブリンに敢然と立ち向かう姿勢に、良い将軍だが血縁がある為ゴドウィンについていた ラドム将軍が反旗して養父とも戦う事を決意、加勢してくれる事もありミカエル・ハリード軍は 見事ゴブリンを撃退、その勢いでゴドウィン軍も撃破します。 そして、ハリードはミカエルとカタリナと共に、ロアーヌでゴドウィンに力を貸していた黒幕の悪鬼も倒します。 この辺は各キャラ視点でゴドウィン反乱事件を体験するロマサガ3オープニングイベントの話ですが、 …ハリードが全主人公で一番良い立ち位置、そう思ってます。 最初にシノン組とモニカを助け、その後ミカエルの方で黒幕を倒すといういいトコどりで両方楽しめる展開だからです。 マスコンバットもその絡みでミカエル以外の主人公では、一番多く遊べますし。 そして僕のハリード押しのもう一つの理由、諸王の都。 ここはハリードでしかいけない場所です。 …かつてのゲッシア朝ナジュ王国の都。 ハリードの今は亡き王国への想いは強く、いまだ燻っている感じ。 …例を挙げると、イベントで神王教団の塔に潜入する際に10000オーラム要求される事があります。 塔の前にいる商人から神王教団の服を買えば教徒に化けてそんな大金払わなくも入れますが、 ハリードが仲間にいるとそれが出来ません。 彼が主人公の場合、10000オーラム払うしかないのです。 …亡き王国を滅ぼした神王教団の服を着て使うのを、 「誰が買うか!」…と拒むからです。 金にうるさいのにそういう気持ちの問題に拘るあたりがハリード。 まあそれだけかつての国に対する想いが強いという事ですが、その想いの中心には恋仲だった ファティーマ姫の存在があるのです。 そんなハリードが主人公だとリブロフで同じナジュ王国の生き残りで、旧知の男と会う事が出来て…。 王族の一人だったハリードならその場所を知っているはず、ぜひ諸王の都へという男。 心揺れるハリード。 生き別れたとはいえ、姫が生きている確立は限りなく低い…。 しかし…。 …結局、いくらその中を探しても諸王の都に姫はいません…。 「所詮、噂は噂に過ぎん…。 」 …しかし、この諸王の都には専用ダンジョンにして様々なアイテムが得られます。 武神の鎧、鬼神小手、スレッジハンマー等…。 そして『真』のカムシーン。 ハリードが曲刀に付けているカムシーンの名は諸王の都に眠る初代国王アル・アワドの剣の名で、 その切れ味に憧れ、その名を自らの剣に付けていたのでした。 …アル・アワド王の墓にその剣が…。 墓を守るドラゴンルーラー(黒)を倒せれば真のカムシーンを入手出来ます。 …ただ、実はこの剣を手に入れるかどうかがエンディングを左右します。 …剣を取った方がある意味BAD…かもしれませんが、僕的にはそちらの方が好きだったり。 なんともいえない味があるので。 個人的に気に入っているそのエンディングのセリフ。 ここは伏字で。 「世界を再生させた宿命の子の力…。 もしかして姫も…。 何をおろかな。 ハリードしっかりしろ!」 「姫…ハリードは生まれ変わります。 姫の事も王国の事も胸にしまいます。 」 「…しかし…それは忘れる事の出来ない思い出です…。 」 …こんな感じです。 …こちらは普通にハッピーという感じなワケです。 こんな感じでハリードについて書いてきましたが、僕のハリード推しの理由は オープニングイベントが一番美味しい、諸王の都にいってアイテム、稼ぎ場所的に美味しいという物理的理由の他、 単純にこんなハリードのキャラが主人公8人中一番良いと思うという事からですが伝わったでしょうか? …最後は剣をとった場合のEDの最後の一言で。 このセリフ一言なら隠す程でも無いと判断してそのままで。 「さーて!稼ぎにいくか!」 これでロマサガ3の主人公サイド8人について書き終えた! 次のサガ記事は今やってるリトルマスター3作プレイをやってしまってからになるので いつも以上に遅くなりそうです…。 …が少なくともサガフロ1、2とアンサガの主人公についても遅くなるかもしれないが書く!…つもりです、はい。 ・ロマサガ3のソフト(SFC)。 …書いてて何かロマサガ3もやりたい気持ちは出てきた…。 ・サガのバトルBGMのCD。 月並みな言葉だと思いますが、ロマサガ3の四魔貴族とのバトルBGM最高。

次の

ロマンシングサガ3 ハリードについて書いてみる。|迷宮ブログ

ハリード ロマサガ 3

おすすめ「主人公」キャラのページはコチラ! 宿星 宿星とは• 宿星とは、人の宿命を司る星のことで、キャラクターのステータスに影響します。 宿星は5つあります。 宿命の子のみ例外で宿星が「死の星」になります。 また、 ロマサガ3ではキャラと宿星、得意武器によって、初期ステータス、初期技レベル、追加武器などかなり変わってきます。 従って、 ゲームの難易度や、その主人公の完成度にかなり重要な影響を及ぼします。 伸ばしたいステータスを最初に考え、選択することが重要です。 よくわからない方は、素早さの上昇幅が大きい、「 歳星・小剣」の組み合わせがおすすめです。 宿星によるステータス変化 宿星 宿星の説明 HP 腕力 器用さ すばやさ 体力 魔力 意思力 魅力 歳星 (狩人の星) 収穫や誕生などを司る -5 -1 0 2 -1 1 -1 1 螢惑 (学者の星) 学問や探求心を司る -10 -2 1 0 -2 2 1 1 鎮星 (王者の星) 政治や皇帝を司る 10 1 -1 -2 0 0 1 2 太白 (武人の星) 軍事や兵士を司る 5 2 -2 -1 2 - 1 0 辰星 (商人の星) 技術や商才を司る 0 0 2 1 1 -2 -2 1 最初に選ぶ得意武器 最初に選ぶ得意武器とは• 主人公選択時、宿星の後に選択するもの。 得意武器は初期ステータスと閃きタイプ、初期装備武器に影響します。 さらに、初期装備の2枠目に追加武器が入ります。 得意武器「なし」を選択すると、キャラの初期術に応じた基本術を最初から習得しています。 すばやさを上げておくと、特に終盤などで先に行動できるため敵の行動の対策がとりやすくなります。 すばやさを優先した場合、おすすめは 歳星・小剣の組み合わせがおすすめになります。 体術を優先する場合• ロマサガ3では「体術」は非常に強い攻撃手段になります。 体術をメインに戦う場合は 太白・素手の組み合わせがおすすめになります。 術を使うための魔力を優先する場合は 螢惑・なしの組み合わせもおすすめです。 主人公のおすすめ宿星と得意武器について カタリナ• おすすめ:螢惑• 得意武器:弓• 元々高い「素早さ」と「器用さ」をさらに高められる• おすすめ:辰星• 得意武器:槍• おすすめ:歳星• 得意武器:素手(体術)• おすすめ:太白• 得意武器:素手(体術)• 理由:素手(体術)の選択で、素早さの補強が可能。 おすすめ:歳星• 得意武器:小剣• おすすめ:何でも良い• おすすめ:歳星• 得意武器:小剣• おすすめ:何でもよい•

次の

ロマンシングサガ3 攻略・解析(リマスター版ロマサガ3対応)

ハリード ロマサガ 3

キャラクターランク-ロマサガ3 gamefun• キャラクターランキング 今作は武器優遇が強くて、バランスになっている。 そのため脳筋、それも剣が使えるやつが最高評価となる。 一位、 ユリアン(プリンセスガードを引き受けない場合)、サラ、エレンが主人公の場合はロアーヌのパブで仲間にできる。 それ以外の主人公の場合はランスの聖王廊にいる 最強の片手剣使いの上、能力も近接戦闘に特化している。 さらに序盤から勧誘可能なので、最強評価となる。 武器欄の一番上が曲刀カテゴリで固定なため、コマンダーモードで弱体化するという欠点がある。 この欠点はlv七星剣を使わなければ、解決できない 一位、 大剣使いで序盤からユーステルムで勧誘可能。 大剣使いで上昇3、大剣の閃き適性を持つ。 片手剣の閃きも得意で。 疾風剣と亞空間切り以外は閃くことができる。 剣使いであるという理由で、最上位クラスの戦闘力を誇る。 序盤から加入でき、剣、大剣、斧と強い武器は大体使えるので、ハリードと並びトップtierとなる。 ハリードと比べ素早さが低いという弱点があるが、コマンダーモードの弱体化がなく、意志力体力とも高いので、見劣りしない 力と体力と意志力に特化した脳筋で、代わりに素早さが低い。 行動順序の仕様上、全員が素早くても先制攻撃できるわけではないので、それほどデメリットにはならない 銀の手+龍鱗の剣二刀流は、自身の腕力を参照でき最強クラスの威力を誇る。 守りが薄くなるが、その分氷の剣のフリーズバリアが大きなダメージを出せるので、以外に実用的である 一位、 仲間にはできず、主人公として選ぶしかない唯一のキャラクタ。 魔力が全キャラクター中最低という理想的な脳筋。 素早さと器用さが非常に高く、ミカエル同様武器全般をそこそこ扱える。 タフで素早く、分身剣でぐるぐるしているのにうってつけのキャラクタなので最高評価とする。 ただし剣の上昇が2なので、ハリードやユリアンに比べてやや剣のレベルが上がりにくい 二位、 性能は劣化ハリードだが、最強の分身剣は腕力無関係なので、全く見劣りしない。 片手剣の使い手なので成長すればハリードに次ぐ戦闘力を発揮するが、加入が遅いため評価を下げる。 ミカエルは最初から加入できるので、ハリードともどもすぐに勧誘したほうが良い ほかの主人公の場合、ビューネイ以外の四魔貴族を一体倒すと、ロアーヌ宮殿で加入できる。 上記の通り将来性はあるが、加入時が遅く、所持状態が弱いため、評価は下がる 二位、 ハリードともどもランスで加入可能。 体術のスペシャリストで、斧使いとしても一流の戦闘力を誇る。 序盤は斧、戦闘力を追求するなら体術を極めるのが良い。 スピキレイション+タイガーブレイクをつかえば最強ダメージを与えられるが、タイガーブレイクの取得が困難。 二位、 ロビンではなく、親父のほうがランクイン。 本物ロビンは術を覚えていて微妙なのだが、親父は理想的な脳筋である。 小剣のスペシャリストで、槍の成長が4。 最初から強力な小剣技、スクリュードライバー持ち。 ようせいを使う場合でも、スクリュードライバーは極意化しておきたい。 器用さは低めで、後半分身剣の威力に劣るが、ナースヒール ナイチンゲール や勝利の詩 聖王の槍 で援護でも活躍する。 竜槍スマウグのラウンドスライサーがあれば、分身剣並みの威力が出せるが、廃人プレイだろう。 二位、 グレートフェイクショーで助け、ジャングルの妖精の村まで行かなければならないので、勧誘は非常に面倒。 しかし火術要塞に入る道のりを知るために必要で、最強の陣形スピキレイションを持っているので、まず勧誘したほうが良い 見た目とは裏腹に武器の扱いに長けた脳筋。 火力は高いが、耐久力が低い。 加え固有防具のフラワースカーフの防御力が低いという大きな欠点を持つ。 全員がダメージを食らう烈風剣が弱点で、防御無視ダメージを受ける。 ウィルガードで回避しないと、防ぐことができない。 また意志力が低いため、誘惑が致命的になる。 RTAでもよく利用されるキャラで、スペキュレイションの先頭にうってつけの打撃キャラ。 先手で敵を全滅できれば耐久力や意志力の低さを補うことができる。 コイツの蛇剣・練気拳・大車輪の威力は最高で、雑魚は一撃で全滅できる。 スペキュレイションをもち、打撃キャラとしてポテンシャルが高いので、ランク二位の評価とする。 槍の上昇が4あり、器用さが高いので、親父ロビン同様小剣や槍を得意とする。 しかし威力を追求するなら体術のほうがより強力になる。 ライバルは同じ小剣使いの親父ロビン。 妖精は火力とスピードがあるが、親父のほうが加入が早く耐久力が高いという長所がある。 しかしどんなプレイにせよスペキュレイションのために勧誘しなければならないので、キャラクターランクは揺るがないだろう。 二位、 序盤から勧誘可能で、 斧使いの脳筋として戦力になる。 数少ない棍棒のひらめき適性持ち。 パーティーに加えていると、戦闘10回で開発完了するので入れておいた方がよい。 虎穴陣も氷湖戦で役立つ。 しかしいずれ防具開発の四人目に回さないと、開発が進まなくなるという弊害がある。 加えるにしても、工房に送るにしても、重要なキャラクターとなる。 ほかのキャラクターを育てる手間を惜しまないなら、代わりにユリアンやウンディーネを入れるとよい。。 三位、 抜けないのが面倒なパーティー要員だが、いないとマクシムスイベントが起こらないので、中盤からずっと入れておかなければならない。 戦力にならないが、増幅レベルの上昇が3あるので、控えとしてはそこそこ使える。 コマンダーモードを使いたい場合、無理してパーティーメンバーとして活用する必要がある。 器用さがあるので、エストックを持たせて陣形技に参加させるのが関の山だろう フォルネウスを倒すとブラックに復帰。 斧が得意だが、シャール同様王冠が付かないため器用貧乏な性能。 ヨーヨーとパワーヒール。 月術と玄武術で補助と万能な働きができ、 戦闘力は二流ぐらい。 しかしブラックを育てるぐらいならウンディーネを育てたほうが重宝するだろう 三位、 玄武術による回復、補助役としては最良で、魔王装備を活用できる利点がある。 レインコール>サンダークラップが良いダメージがでるので、火力も十分にある。 モウゼスの魔王の盾イベントを解決しないと勧誘できず、魔法のエフェクトが長いの欠点。 四位、 アビスゲートを一つ閉じ、ビューネイが健在な時だけ、ロアーヌで仲間にできる。 弱そうに見えるが、増幅レベルの値が最高。 控えにおいておけば、味方の攻撃力が増大する。 非常に有用だが、最後のアビスゲートを閉じた時点で、少年と交代しなければならないため評価が下がる 四位、 最高の弓使いだが加入が遅く扱いづらい。 弓は全体攻撃最強だが、スピキレイションでダメージが上がらないという弱点がある。 ポテンシャルはあるが、火力担当が剣で埋まってしまい、補助要員のほうが重宝される。 そのため後列の弓使いのツィーリンはパーティーに居場所がなく、評価が下がってしまう。 死の弓はミカエルなら施政で作れる。 雑魚戦では回復不要なので、使えないことはない 四位、 自分探しの旅に出た挙句、野盗に落ちていた青年。 主人公にビビッて、汚い仕事から足を洗うと勧誘できるようになる。 緑頭同様いいところがないが、武器全般の扱いにたけ戦闘力が高い。 斧以外の武器の閃きに優れるという、目を見張る才能を持つ。 いつまでも心配してくれる彼女がいて、才能もあるのに、いくじなしなので大成しないらしい 加入条件がユリアン並みに厄介で、共通点の多い青年である 四位、 腕力が高く、ポール同様閃きも優れているが、技の王冠が付かないため、大きく評価を下げる。 妖精同様、数少ない槍適正持ちなので、高い腕力を生かして大車輪を使うには良いだろう 四位、 ウンディーネに次ぐ玄武術の使い手で、最初からロブスターメイルに玄武地相回復、玄武術強化効果がある。 魔力も21と高いが、術の王冠が付かない欠点がある 銀の手はさみは一流の火力が出るが、防御力が低く、育てるの時間がかかる欠点がある 四位、 弱いといわれてるが、月術の回復要因としてはまあまあ。 ミューズは月術の上昇4、魔力19、術の王冠を付けられる。 月術のムーンサンシャインは回復量が多く、月の骨で強化でき、アビス地相を解消する効果あり 四位、魔力トーマス 宿星=ケイ惑、得意武器=なし、を選択すると、全キャラクター中最も魔力の高い27にすることができる。 これで魔王の盾を装備して超重力を使えば、分身剣を上回るダメージを出せる。 欠点は超重力一回に20jpかかるのと、トーマスはJP155まで上げないと術王冠が付かないこと。 主人公評価 主人公の評価は優遇領主のミカエルが最高評価。 次いでRTA用としてカタリナが主人公として評価できる。 それ以外ではハリードも恵まれてはいるが、ミカエルがいるので別に選ぶメリットはない。 ミカエル>ハリード>トーマス 魔力。 RTA用として、カタリナ>ミカエル.

次の