車 ガソリン 抜く。 燃料を抜けない形状のタンク

車を廃車にする時のガソリンの扱い方|抜き取りの方法と注意点

車 ガソリン 抜く

文章 : 高山則政(All About Japan「カーメンテナンス」旧ガイド) 誰でもガソリンスタンドで給油する時に、「水抜き剤」の注入を勧められた経験があるのではないでしょうか?「ガソリンタンクに水が溜まっていますよ!」と言われたりしますが、本当のところはどうなのか大いに気になるところです。 また、そのケミカルの効用というのも気になるところです。 タンクの温度差で水が溜まる? 燃料系に添加するケミカルとしてメジャーな製品に、燃料タンクの水抜き剤というものがあります。 給油時に店員さんに勧められて、何だか分からないけどとりあえず入れてみようか、スタンドでは燃料以外買わない、など反応は様々だと思います。 また、カーショップのケミカルコーナーに必ず並んでいる製品なので、使ってみたことのある人も多いと思います。 燃料タンクに水が溜まる可能性というのは、確かにあります。 要因の1つとしては、日常生活で良く経験する結露が挙げられます。 タンク内が常に燃料で満たされていれば大丈夫ですが、ある程度燃料を消費すればその分、空間ができてしまいます。 その空間に湿気が含まれていると、外気温の低下などでタンク内の空気が冷やされた場合に、飽和して余った蒸気分が水滴となってタンクの壁面に付くようになると考えられます。 また、粗悪な燃料もしくは設備からも水が混入する可能性があるようです。 タンクに水分が溜まると、金属製タンクでは(最近は樹脂製も出てきました)には、サビの発生が問題になることがあります。 特にバイクの場合は顕著なので、長期保管する時は満タンにするなど管理に気を使うそうです。 ただし、クルマの場合バイクほど外気にタンクがさらされていないのと、ガソリンの蒸気を大気に放出しないような処置がされているためか、極端に水が発生することはなさそうです。 水が溜まるとどうなるか? 混じり合うことのないことの例えで「水と油」などと言ったりしますが、燃料タンクに水が入るとどうなるでしょうか。 まず、水は燃料より比重が重いのでタンクの底に沈殿し、走行中の揺れで深海生物のように底をさまよっています。 揺れが強くなると、ドレッシングを振った時のように浮き上がったりしますが、この時に燃料ポンプで吸い上げられるとエンジンまで送られてしまいます。 当然水は燃えないので、ガス欠のような症状が瞬間的に出てギクシャクすることになります。 症状の強弱は、中に溜まっている水分の量で異なってきますが、結露で溜まる程度を想定すると、日常使用では気が付かない位のレベルだと思います。 その状態で気が付かないとすれば、沈殿した水によってサビが進行する恐れがあります。 そのサビがフィルターや燃料パイプを詰まらせることも考えられます。 ディーゼル車では燃料フィルターに水を分離させるパーツが付いていて、ある程度溜まるとインジケーターで知らせるようになっています。 この辺の事情は詳しくないのですが、軽油は水分を含みやすいようです(誤認識あったらすいません)。 また、話はかなり飛びますが、タンカーなどの船舶では燃料に海水が入るケースも珍しくないそうです。 10年間乗ったクルマのタンクを覗いたけど・・・ 仕事で10年落ちのクルマを分解し、燃料タンクの中をのぞいて見たことがあります。 前オーナーの使い方などは分からないため(クルマの程度は乗りっぱなしという感じ)、どこかで水抜き剤を使用していたかも知れませんが、内部には水滴のようなものは一切見あたらず、非常にきれいな状態でした。 この状態から察すると、効用以前に必要性がギモンになってくるのも事実です。 とはいうものの、金属製タンクキャップの裏が白くなったり、サビが出る場合も見受けられるので、水分による悪影響がでるのもまた事実。 特に、キャップのところは一番先に空間ができるので、結露ができやすいのかも知れません。 ただし、現在は樹脂キャップが主流なので、サビは起こりません。 水抜き剤の効果とは 水抜き剤の主成分はアルコールですが、水を溶かし込む作用があります(お酒みたいなもの?)。 ガソリンに水を入れると分離していますが、水抜き剤を入れてかき混ぜると境界が分からなくなってしまいます。 こうすることでタンクに混入した水をエンジンに送って燃やしてしまうのが水抜き剤の役目であり、水が入っていた場合は効果が期待できる製品といえます。 ただし、単なる水抜き機能でアルコール主体となれば価格は安いハズです。 選ぶなら、カーショップで一番安い製品で良いのではないかと思います。 でも、クリーンアップやパワーアップ効果にプラスして水抜き効果を謳う製品もあります。 サイフに余裕がある人は、こちらを試してみるのも良いかも知れません。

次の

古いガソリンを廃棄処分する方法!少量なら自分で処理してもOK?

車 ガソリン 抜く

この記事の目次• 輸送や運送ノウハウを知るならドライバーワークスへ! 車のバッテリー電圧の正常値の確認方法や、交通違反は現行犯以外でも捕まるのかなどについて知りたい方がいらっしゃるかと思います。 また、交通の知識や運送のノウハウを知っておくことで損を減らすことだけじゃなく、自分の知識として蓄えることができます。 2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやタクシードライバーの需要が高くなっているので学んでおいて損はありません。 業界が人材不足という事もあり 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります! スタンドを利用すると「水抜きしますか? 」など、スタッフに勧められることがあります。 このガソリンタンクの水抜きですが、そもそもガソリン以外入れることが無いガソリンタンクに、なぜ水が溜まってしまうのでしょう。 ここでは、ガソリンタンクに水が入ってしまう原因をいくつかご紹介します。 洗車 洗車中に、ガソリンタンクに水が入ってしまう場合も考えられます。 なぜならば、ガソリンタンクの給油口のキャップのゴムが経年でひび割れしていたり、キャップをちゃんと閉めていない場合など少しの隙間でも、洗車時にガソリンタンク内に水が入ってしまう事もあります。 スタンドなどでは、給油後に洗車をする方も多いので、給油キャップを屋根に載せたまま洗車機に入れてしまい、ガソリンタンク給油口から水が混入してしまったなどという事も少なくありません。 混入 ガソリンスタンドでガソリンを入れた際に、水が混入している場合も考えられます。 スタンドのガソリン貯蔵タンクなどの設備に、水が染み入って混入し、水が混入したまま給油してしまっているのが原因の場合もあります。 スタンドの設備的な問題は、防ぎようがないので諦めるほかありません。 ガソリンに水が混入しているかどうかは、目で確かめることができないのでスタンドを信じて、給油するしか方法がありません。 タンク内の結露 ガソリンタンクに水が入ってしまう原因として一番考えられる原因が、ガソリンタンク内に結露が発生し、その結露がじわじわと水になりガソリンに混ざったという物です。 「冬の寒い時期」や「夏の蒸し暑い時期」など、外気とガソリンの温度の差によって起こることが多く、寒い時期に入れたガソリンの場合は、外気より暖かくタンク内で結露を生み出す原因になったり、夏の蒸し暑い湿気が多い季節も、ガソリンタンク内に結露が発生する原因と言われています。 50リットルのガソリンタンクで、年間にすると約20mL~30mLの結露による水が溜まると言われています。 ガソリンタンク内の水抜きの方法 ガソリンタンクに知らず知らずのうちに溜まってしまう水ですが、どうやったら水抜きできるのでしょう。 ガソリンタンクに溜まっている水の量によって、水抜きの方法も違いがあります。 ガソリンタンクに溜まっている水の量別に、ミス抜き方法をご紹介しましょう。 溜まっている水が多い場合は修理 スタンドで給油口を空けたまま洗車をしてしまったなど、ガソリンタンクにジワジワ染み入る水分量でなく、大量の水が入ってしまった場合は、そのままエンジンをかけることでエンジンに水が回ってしまい、エンジン自体がダメになってしまう故障も考えられます。 エンジンを掛けずに、そのままレッカーを呼んでディーラーなどで修理してもらいましょう。 ガソリンタンクに溜まった大量の水の場合、ガソリンタンクを洗浄しなくてはならなくなったり、タンクの中に入っているガソリンと水を全て抜き取って新しいガソリンを入れる作業が必要になります。 結露で溜まった少量の水は水抜き剤 一般的なガソリンタンクの水抜きの多くは、極僅かな水分量だと思われるので、水抜き剤をガソリンタンクの給油口からガソリンに混ぜて使用します。 ガソリンと水は混ざることなく、層になってガソリンタンク内で溜まっているので、その溜まりを防ぐ作用があります。 カー用品店やスタンドなどでも簡単に購入できるので、期間を決めて定期的に水抜き剤を使用することで効果が持続できます。 ガソリンタンクに入った水は、油と混ざることなくガソリンタンクの下層に溜まっていきます。 水抜きせずに、そのまま溜めたままの状態が続くと、ガソリンタンク自体が水の作用で錆びてしまう原因になることもあります。 錆びてしまったガソリンタンク内は、ガソリンフィルターや燃料ポンプを詰まらせる原因になります。 燃料ポンプを詰まらせてしまうと、エンジンにガソリンが届かずに故障の原因になってしまいます。 また、水が溜まっている車の場合、ガソリンタンクの給油口などに錆がみられることがあります。 新しく車の場合は、錆びないガソリンタンクが使用されていることもありますが、旧車などに乗っている場合は、給油口の錆びなども水が溜まっているサインになるので、チェックしておきましょう。 ガソリンタンクの水抜き剤の効果 ガソリンタンクの水抜きは、やった方が良いのか、しなくても大丈夫なのか、水抜きをする効果って本当にあるのかと、思う方も少なくありません。 実際10数年乗っている車に一度も水抜きしていない場合なども多いです。 水抜き剤を使用しているから、大丈夫とは一概に言えず、水抜き剤は、ゴムなどのパッキンの腐食を進行させてしまう事もあります。 水を抜くと言っても水抜き剤の効果は、水を抜くための物でなく、溜まった水を油に混ぜて燃焼させ、溜まった水を少しずつ減らしていくという働きになります。 水抜き剤を入れたからといっても、目に見える様な、運転していてすぐに感じる様な効果はないのが現状です。 ただし、エンストなどの症状があるようなら水抜き剤などを使用してみると良いでしょう。 水抜き剤の使用量に注意 水抜き剤には、それぞれ製品ごとのガソリンの容量やタンクの容量に対しての適用量が、記載されています。 大体市販されている水抜き剤は、180mL~200mL程度のものが多く、1本の使用に適しているガソリンの量は30L~50Lと表示されていることが多いです。 30L~50Lのガソリンに混ぜて使用することを推奨されているので、効果があるからと水抜き剤を何本も入れても、ガソリンがアルコールによって薄まり濃度が高くなって結果的には故障の原因になる場合もあります。 水抜き剤の使用は、適量の範囲内で行う事をおすすめします。 ガソリンタンクにそのまま注入する水抜き剤は、ガソリンに混ぜてしまって大丈夫な成分なのか気になります。 変なものを混ぜて車の不調を煽るようなことはしたくありません。 水抜き剤の成分のほとんどは、イソプロピルアルコールが使用されている場合が多く、アルコールは水やガソリンを溶かすという効果があります。 分離しているガソリンと水を水抜き剤を入れることで混ざり合わせ、混合した液体をエンジンで燃焼し燃やしてしまいます。 アルコールが主成分の水抜き剤なので、ガソリンを薄める効果と水を薄める効果があります。 水抜き剤を入れてエンジンが調子が良くなるという直接的な関係はありません。 むしろ水抜き剤が入っている間はパワーダウンしてしまう事が多いです。 水抜き剤は必要? 水抜き剤は必要ないという事を良く聞きますが、日頃から満タンにしているような車の場合は、結露の発生が少ないと考えられ、水が溜まりにくいと言われています。 少ない量のガソリンを足しながら入れている場合は、ガソリンタンクにガソリンが入っていないスペースが多く、結果、結露が溜まりやすい場合もあります。 必ずしも水抜きしなければならない訳ではありません。 燃料をエンジンに送るためのポンプには、水を吸い上げない装置が付いていたり、ある一定の水の量になると警告灯などで知らせてくれる車種もあります。 水抜きしないと必ずエンジンが壊れてしまう、ということも少ないですが、水抜きした方が良いかなと思われるなら、ディーラーの営業マンやカー用品店に行ったときに、聞いてみてから使用すると良いでしょう。 輸送や運送ノウハウを知るならドライバーワークスへ! 車のバッテリー電圧の正常値の確認方法や、交通違反は現行犯以外でも捕まるのかなどについて知りたい方がいらっしゃるかと思います。 また、交通の知識や運送のノウハウを知っておくことで損を減らすことだけじゃなく、自分の知識として蓄えることができます。 2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやタクシードライバーの需要が高くなっているので学んでおいて損はありません。 業界が人材不足という事もあり 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

廃車した車のガソリンの抜き取り方法。取り扱いの注意点など

車 ガソリン 抜く

文章 : 高山則政(All About Japan「カーメンテナンス」旧ガイド) 誰でもガソリンスタンドで給油する時に、「水抜き剤」の注入を勧められた経験があるのではないでしょうか?「ガソリンタンクに水が溜まっていますよ!」と言われたりしますが、本当のところはどうなのか大いに気になるところです。 また、そのケミカルの効用というのも気になるところです。 タンクの温度差で水が溜まる? 燃料系に添加するケミカルとしてメジャーな製品に、燃料タンクの水抜き剤というものがあります。 給油時に店員さんに勧められて、何だか分からないけどとりあえず入れてみようか、スタンドでは燃料以外買わない、など反応は様々だと思います。 また、カーショップのケミカルコーナーに必ず並んでいる製品なので、使ってみたことのある人も多いと思います。 燃料タンクに水が溜まる可能性というのは、確かにあります。 要因の1つとしては、日常生活で良く経験する結露が挙げられます。 タンク内が常に燃料で満たされていれば大丈夫ですが、ある程度燃料を消費すればその分、空間ができてしまいます。 その空間に湿気が含まれていると、外気温の低下などでタンク内の空気が冷やされた場合に、飽和して余った蒸気分が水滴となってタンクの壁面に付くようになると考えられます。 また、粗悪な燃料もしくは設備からも水が混入する可能性があるようです。 タンクに水分が溜まると、金属製タンクでは(最近は樹脂製も出てきました)には、サビの発生が問題になることがあります。 特にバイクの場合は顕著なので、長期保管する時は満タンにするなど管理に気を使うそうです。 ただし、クルマの場合バイクほど外気にタンクがさらされていないのと、ガソリンの蒸気を大気に放出しないような処置がされているためか、極端に水が発生することはなさそうです。 水が溜まるとどうなるか? 混じり合うことのないことの例えで「水と油」などと言ったりしますが、燃料タンクに水が入るとどうなるでしょうか。 まず、水は燃料より比重が重いのでタンクの底に沈殿し、走行中の揺れで深海生物のように底をさまよっています。 揺れが強くなると、ドレッシングを振った時のように浮き上がったりしますが、この時に燃料ポンプで吸い上げられるとエンジンまで送られてしまいます。 当然水は燃えないので、ガス欠のような症状が瞬間的に出てギクシャクすることになります。 症状の強弱は、中に溜まっている水分の量で異なってきますが、結露で溜まる程度を想定すると、日常使用では気が付かない位のレベルだと思います。 その状態で気が付かないとすれば、沈殿した水によってサビが進行する恐れがあります。 そのサビがフィルターや燃料パイプを詰まらせることも考えられます。 ディーゼル車では燃料フィルターに水を分離させるパーツが付いていて、ある程度溜まるとインジケーターで知らせるようになっています。 この辺の事情は詳しくないのですが、軽油は水分を含みやすいようです(誤認識あったらすいません)。 また、話はかなり飛びますが、タンカーなどの船舶では燃料に海水が入るケースも珍しくないそうです。 10年間乗ったクルマのタンクを覗いたけど・・・ 仕事で10年落ちのクルマを分解し、燃料タンクの中をのぞいて見たことがあります。 前オーナーの使い方などは分からないため(クルマの程度は乗りっぱなしという感じ)、どこかで水抜き剤を使用していたかも知れませんが、内部には水滴のようなものは一切見あたらず、非常にきれいな状態でした。 この状態から察すると、効用以前に必要性がギモンになってくるのも事実です。 とはいうものの、金属製タンクキャップの裏が白くなったり、サビが出る場合も見受けられるので、水分による悪影響がでるのもまた事実。 特に、キャップのところは一番先に空間ができるので、結露ができやすいのかも知れません。 ただし、現在は樹脂キャップが主流なので、サビは起こりません。 水抜き剤の効果とは 水抜き剤の主成分はアルコールですが、水を溶かし込む作用があります(お酒みたいなもの?)。 ガソリンに水を入れると分離していますが、水抜き剤を入れてかき混ぜると境界が分からなくなってしまいます。 こうすることでタンクに混入した水をエンジンに送って燃やしてしまうのが水抜き剤の役目であり、水が入っていた場合は効果が期待できる製品といえます。 ただし、単なる水抜き機能でアルコール主体となれば価格は安いハズです。 選ぶなら、カーショップで一番安い製品で良いのではないかと思います。 でも、クリーンアップやパワーアップ効果にプラスして水抜き効果を謳う製品もあります。 サイフに余裕がある人は、こちらを試してみるのも良いかも知れません。

次の