コロナ 休校 いつまで 続く。 新型コロナウイルスはいつまで続く?SARSやMARSから分かる終息日!

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

コロナ 休校 いつまで 続く

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

新型コロナウイルスはいつまで続く?SARSやMARSから分かる終息日!

コロナ 休校 いつまで 続く

1、日本人はBCGツベルクリン接種をしているので、コロナにかかりにくく、重症にもなりにくい。 欧米はBCG接種をしていないので、コロナが爆発している。 イランも自国開発のボロいBCG接種を使用していたので爆発した。 2、日本人は世界一清潔で、土足で家に上がらず、キス、ハグもなし、集団意識が強くマスクや窓換気、距離感など、皆で徹底する。 3、アジアと欧米のコロナは若干種類が異なり、アジアのコロナは軽い。 空港除菌さえ徹底していれば、欧米のきついコロナは入ってこない。 4、日本は世界第三位の国力を持っているので、いち早くワクチンを開発し、接種できる。 5、フランスと高温多湿のタイでのコロナ感染力を比較した結果、低温乾燥地帯のほうが高温多湿地帯に比べて、100倍以上の感染力がある。 ゆえに、6月以降は日本は超高温多湿になるので、コロナは一旦終息する。 空港封鎖さえしていれば、次の冬もコロナをほぼ抑えこんで普通の生活が出来ると思われる。 ただし、欧米には第二波、第三波とスペイン風邪の時のように襲ってくるので、世界の経済が元に戻るには数年を要する。 日本においては、6月末に自粛が解かれて学校が再開されると予想されます。 今回のウイルスはインフルエンザウイルスと全く違うものです。 誰も経験したことがない、とても危険なウイルスとも言えます。 それに感染して完治しても抗体は出来ません。 完治しても再度再発します。 このウイルスを収束させるためにはウイルスが持っているRNAのコピーを作らせないことです。 RNAポリメラーゼを阻害する薬が出来ないと駄目です。 ポリメラーゼはウイルスのRNAのコピーを作らせるタンパク質で、薬は日本ではアビガンが良いとされていますが副作用も個人差もありますが出ます。 特に妊婦さんには使えません。 胎児の細胞を破壊するためです。 どちらにしてもコロナウイルスの収束には最低でも2年はかかると思っても間違いではありません。 スペイン風邪の収束には3年掛かっています。 感染経路は空気感染ではなく飛沫感染・接触感染がおもな経路です。 マスクは必ず付けて・アルコール手洗いが有効です。

次の

一体いつまで続く…自粛による「コロナ疲れ」の末、私がやめたこと

コロナ 休校 いつまで 続く

新型コロナウイルスが世界各地で猛威をふるまっています。 2月27日に安部首相は学校の臨時休校を発表しました。 その当初は4月の上旬の新学期が始まるまでを休校とするという発表でした。 しかし3月の下旬ごろから東京を中心に感染者がどんどん増えていきました。 そして東京以外の日本各地にもどんどん広がっていきましたので、安倍首相は4月7日に緊急事態宣言を出しました。 そのこともあってほとんどの学校では4月上旬に学校を再開できる状態ではなくなってしまったために引き続き学校を休校させるという話になっていきました。 一時期は4月20日から学校を再開させるという話もありましたが、とてもそれができる状況ではなくなってきたので、5月6日までを学校休校とするということになりました。 しかし緊急事態宣言を出してからもなお感染者はどんどん広がりつつあります。 はたして今後、新型コロナウイルスの影響による休校はいつまで続くのか、このまま5月7日に学校再開ができるのかについて調査してみます。 Contents• 6月から、もしかすると、7月、8月、場合によっては9月になることも否定できません。 なぜなら現時点でも毎日のように多数の新規の感染者の方が出ているからです。 こちらはNHKがまとめたデータを引用させていただいたものです。 もともと学校の臨時休校が発表された2月27日時点での話ですが、この当時東京では新規感染者の数は1桁の人数で、2桁になることはありませんでした。 当初は北海道の方が感染者数の増加が多い印象でありました。 しかし3月中旬ごろになってくると、新規感染者数も10人を超えて2桁になる日もちらほらと出始めていましたが、日本全国的にかなり警戒意識が一段と上がったと思わせるのが3月25日です。 3月25日の時に新規の感染者数は41人になったのです。 これまで新規の感染者数は全国的に多くても20人も行かないくらいでした。 ところがこの3月25日の新規感染者41人は全国的にかなりの衝撃を与えました。 それによりまた一段と警戒心が上がったと考えられます。 それからどんどん新規の感染者数が増えていき4月4日にはついには116人という3桁の数字を記録してしまいました。 そして4月中旬になっても確かに少しは新規感染者数も減っているようなイメージも感じますが、ただまだ劇的に下がっている様子もないですし、ふとした時にグンっと新規感染者がたくさん発生している日もあります。 まだ確実に減っていると自信をもって確信できるという事が言えそうな様子ではありません。 ましてや感染者数が常に10人未満でせいぜい1桁になるという様子があまり考え難い状況です。 政府からは人との接触をなるべく8割減らすようにと発表がありますが、これもまた難しいところで、できたとしても7割くらいの状況です。 仮に7割くらいだと予定よりも1か月2か月伸びてしまうような様子でした。 連日ほとんどの日において東京都では3桁以上の感染者が出ています。 地域によっては4月上旬ごろに比べると減ってきているという地域もあるかもしれませんが、まだまだ全体的にコロナウイルスが沈静化しているというイメージは持ちにくい状況です。 まだ先にならないと何とも言えませんが、 新規感染者数がほぼ確実に3桁を下回らないと厳しい状況です。 仮に3桁を下回ってもまだまだなぐらいだと思われます。 大阪府は3月までは多い時で20人くらいだったのですが、4月に入ってから普通に30人以上を超すことも頻繁に出てきて、4月9日には92人という数値を出しています。 こちらもNHKのデータを引用させていただきました。 まだここ最近でも、 結構な確率で50人以上という数値を出している状況です。 その他、神奈川県、千葉県、埼玉県、福岡県、兵庫県と続いていくわけですが、これらの地域でやはりほとんど毎日20人から30人ほどの新規感染者を出しています。 このことから考えられるのは、 厳しめに見れば、せめて2月ごろの状況にまで戻っていないといけないところですが、100歩譲って甘く計算したとしても3月の中旬ぐらいまでの状況にまで治まっていないといけません。 ただ4月7日に緊急事態宣言を出してからもまだまだ状況が治まるどころより一層拡大していくばかりな状況です。 なので、 各地域で毎日20人から30人の感染者がが出ている状況では休校再開をするというのは厳しい状況ではないのかという事が予測できます。 これは各地域によってはという回答を得られる可能性もあります。 現在新規感染者数は東京や大阪のように多い地域は多いのですが、対照的に少ない地域は少ない状況です。 もしかすると少ない地域は徐々に休校を再開していく可能性もあるかもしれませんね。 理由としてはもう3月からずっと休校状態で、ほぼ学校で授業が受けれていない状況が続いているからです。 これをずっと続けていたら、今後下手をすると1年丸ごと学校へ行かないという事にもつながりかねません。 なので、ある程度めどをつけて学校を再開できるところは再開していくという方針を立てていく可能性はあります。 ただ逆に今新規感染者数が少ない地域であったとしても油断をすると状況が一気に一変する可能性はあり得ます。 まだ3月の上旬ごろは北海道が一番感染者数が多かった状況でした。 東京も上位の方ではありましたが、そこまで東京に対して今ほどの警戒心を持っていなかった状況です。 しかし今は状況が一変しています。 もう現在は東京がダントツに1番感染者数が多く出ています。 2番目に多い大阪府と比べても2倍以上の差をつけています。 今の状況ではほぼ東京が今後もずっと感染者数が1位という事が続きそうですが、まだまだ状況がどう変化するかはわかりません。 状況によっては新規感染者数が爆増する可能性も否定できないので、もう少し慎重になった方がいいという意見もある可能性があります。 今後の展開次第ですね。 ただいつまでも学校再開をさせないとずっと学校へ行かない状況になってしまうので、感染者数が少ないところでは対策をしっかりと施したうえで学校再開の可能性もあると考えます。 しかしやはり日本の一番メインとなる東京の状況が落ち着かないとなかなか変化するのは難しいのではと考えます。 仮に甘く見たとしてもあくまでも個人的な意見ですが、新規感染者数が50人を下回らないと吉備石のではと考えます。 ただ50人でも正直厳しすぎると考えます。 もっと言えば50人の半分以下、、、つまり25人以下ぐらいにまで新規感染者が落ちてこないと厳しいではと考えれます。 ただこのようにずっとずっと新規感染者数が増え続けていけば、まだ感染していない人たちへの感染するリスクはますます高まるばかりです。 とにかく常に感染しないようにすることに対する意識をもって普段行いをしていかないといけません。 まだまだ完全終息するのは時間がかかりそうです。 長期的な厳しい戦いとなりますので、ぜひともあきらめない気持ちをもっていきましょう。 今回は以上です。 ありがとうございました。 投稿ナビゲーション.

次の