ビル エヴァンス 名 盤。 ビル・エヴァンスおすすめ名盤5選【美しく独創的なジャズ】

ビルエヴァンス ビルエバンス CD アルバム BILL EVANS UNDERCURRENT 輸入盤 ALBUM 送料無料 :p3cxwp72a4:Qoo 4号店 アルバム CD サントラ

ビル エヴァンス 名 盤

特典は無くなり次第終了となります。 驚くべき音源がまたもResonanceの手によって発掘され陽の目を見ます。 エヴァンス、ゴメス、ディジョネットによるトリオは活動期間がわずか6ヶ月。 昨年初頭までは、このトリオの音源は『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』のみと言われていたところに、まさかのスタジオ録音の存在が明らかになり『Some Other Time』として作品化。 文字通り、歴史の一頁が書きかえられましたが、実にその2日後の記録が発見され、歴史の一頁を新たに明らかにします。 1968年6月22日オランダのヒルフェルスムで行われたコンサートの音源。 これはNetherlands Radio Unionのもので、音質もリアルにして最高。 しかし何より、この日のトリオの演奏が興味をそそってやみません。 モントルーの舞台を踏み、パワフルな演奏を見せた3人は、その後MPSのスタジオへ。 もちろん一期一会のライヴには、スタジオ録音とは違った演奏が存在するもの。 しかし、ここに記録された音源はスタジオ録音とライヴという違いを越えたトリオの変化とも思えます。 特に、ジャック・ディジョネットの演奏はピアノの美しさに寄り添いつつ、しなやかなシンバルワークあり、ブラシによる繊細さを保ちつつトリオをプッシュする場面あり、バンドを鼓舞するパワフルなドラミングあり。 クライマックスとも言える「Nardis」を聴けば、ディジョネットがこのバンドの中でより自由を獲得し、且つバンドを別の次元に引き上げている様子も伺えます。 もちろん至高のエヴァンス・サウンドは絶品。 『Some Other Time』でも聴かれた「Very Early」の他、バート・バカラックの名曲「Alfie」や「Emily」といったバラード曲も最高の魅力。 ビル・エヴァンスの「これぞエヴァンス!」という詩的な演奏の素晴らしさは言うまでもありません。 ところで、『Some Other Time』の解説書に掲載されたゴメス、ディジョネットの言葉によれば、「この後のロンドン、ロニー・スコッツでのライヴがとにかく素晴らしかった」とあり、今回もディジョネットがその時を振り返りますが、ディジョネットはこのヒルフェルスムの音源を聴いて相当な驚きを覚えた様子がライナーを読むと伺えます。 というのも、ディジョネット自身「集中力もみなぎるこの演奏が捕らえられていたことがうれしく、ほとんど忘れ去られようとしたこの音源がリリースされるなんて本当に素晴らしい」と語り、スタジオ録音時のインタビューとは明らかに違う熱のこもった様子も見せるのです。 そののち、マイルス・デイヴィスがディジョネットのセンスを確信。 バンドに引き連れていってしまった結果、このトリオは6ヶ月という短命になるものの、裏を返せばこのトリオが素晴らしい演奏をしていたことを証明するに他なりません。 ロニー・スコッツでの音源がさらに発掘されないか・・・などというのは夢のまた夢かも知れませんが、本作は見果てぬ大きな夢と妄想をも抱かせてやまない歴史的音源の作品化と言えるでしょう。 『Some Other Time』のみならず『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』を愛聴する全てのファンの方、まさしく必聴の一作です。 直輸入盤、帯・解説付き国内盤仕様輸入盤の2形態でリリース。 収録曲 01. You're Gonna Hear from Me 4:30 02. Very Early 5:14 03. Who Can I Turn To?

次の

BILL EVANS / ビル・エヴァンス商品一覧|CLUB / DANCE|ディスクユニオン・オンラインショップ|live.gettymusic.com

ビル エヴァンス 名 盤

ビル・エヴァンスのレコードの価値が高くなる条件 生産枚数が少ないもの 市場での流通量が少ないビル・エヴァンスのレコードの場合は、必然的に価値が高いものになります。 発売当初は人気がなく、後年になって評価された作品なども、高価買取の対象となります。 また、同じタイトルでも初回限定盤と通常版がある場合、初回限定盤のほうが高価になる傾向に。 レコードの保存状態が良いもの ビル・エヴァンスのレコードは売却時の状態がよいほど、高額査定が期待できることでしょう。 ジャケットは非常に繊細で、コンディションは紫外線、湿気によるカビなどですぐに劣化が進んでしまいます。 レコード自体は音飛びがなくとも、傷がついているとそれだけで減額の対象になります。 無論、未開封品であれば理想です。 帯などの付属品が残っているもの アルバムなどのビル・エヴァンスのレコードは、帯がついているとプラス査定の重要ポイントとなります。 帯がきれいな状態なものは高価買取の対象になる可能性も。 ほかにも、リリース会社のレーベル名が入ったカンパニースリーブ、発売当時特典だった冊子やステッカー、ポスターもついているとプラスのポイントになります。 そのほか価値が高くなるレコードとは? レコードとして発売されたビル・エヴァンスのレコードで、CDとして再発売されていないものは価値が高いため、買取価格は高くなる傾向に。 また、関係者や店頭視聴用に作られたレコードであるサンプル盤(通称白盤)も希少価値が高いものになります。 レコードをプレスした順番がわかる「マトリクスナンバー」によって、価格が左右されることも。 ビル・エヴァンスのレコードの高価買取価格例 ビル・エヴァンスのアルバムでは、レーベル会社「RIVERSIDE」からリリースされた「NEW JAZZ CONCEPTION」です。 120,000円という買取事例も。 この作品は1957年に発売された、ビル・エヴァンスがリーダーとしてのデビューアルバムです。 ちなみに再付盤とオリジナル版では価格に何倍もの差が出ます。 タイトル 買取相場 WALTZ FOR DEBBY Reissue 400円 NEW JAZZ CONCEPTION 120,000円 ビル・エヴァンスのレコードの中古市場の現状 1950年代に台頭した「モードジャズ」と呼ばれるジャンルにおいて、ビル・エヴァンスはさまざまなアーティストへ影響を与えたピアニストです。 ジャズはポップスに比べればややマイナーなジャンルなのは事実です。 しかし、年齢層の高いファンに支持されていて、常にある一定のニーズがあります。 加えて、高値で取引きできるプレミアム盤も多数存在。 海外から買いつけたり、日本で買い取って海外へ販売をしたりなど、国境を超えてジャズレコードを売買する専門店も多数存在しているほどです。 ビル・エヴァンスのレコードの歴史 ビル・エヴァンスは根強い人気を誇る白人ピアニストです。 特に60年代のビル・エヴァンス・トリオは従来のジャズピアノ演奏法に一石を投じました。 同時に、1人の硬派ジャズファンでもあったエヴァンス。 死去する直前までステージに立ち続けた稀代のプロミュージシャンでした。 数多くの代表作のなかでもアルバム「ワルツ・フォー・デビイ」に収録されている「マイ・フーリッシュ・ハート」という曲は、ジャズ初心者でもわかりやすい1曲。 ほかにも、「ポートレイト・イン・ジャズ」、「サンディ・アット・ザ・ヴィレッジヴァンガード」「エキシプロレーションズ」の4作は「リヴァーサイド4部作」と呼ばれ、人気を博しています。 日本盤のレコードの価値 日本盤のレコードのなかには記念のレコードが発売されていました。 有名ミュージシャンの来日記念や、日本独自の編集盤として販売された限定帯付のものなど、人気の高いビル・エヴァンスのレコードであれば、かなり高額で取引きされるケースも。 こうした限定盤は海外でも人気が高く、世界最大級のレコード関連イベントでも、日本盤専用のブースがあるほどです。 人気の理由は、ハイクオリティな音質、日本独自の限定盤 実際に高く買ってくれるショップは? レコードの買取はフュージョン、モダンジャズなどジャンルによって価値が変わります。 そのほか、年代や音質によっても価格は変動します。 そのためさまざまな査定ポイントが存在し、ショップの得意とするジャンルによって価格に差が出ることも。 専門性の高い買取業者、宅配買取対応の業者、大手チェーンなど、査定先の選択肢は多いですが、共通していえることは、「複数の業者に査定見積りを依頼するべき」ということ。 先に述べたようにショップによって価格に差が出るため、いくつか査定依頼をした結果、査定額の高い業者に買い取ってもらうのが賢い売り方です。

次の

ビル・エヴァンスのレコード買取相場価格はいくら?価値があるレコード

ビル エヴァンス 名 盤

リバーサイド・レコーディングスの11タイトルにエムパシー、ニュー・ジャズ・コンセプション、Analogue Productionsではビル・エヴァンス 14タイトル目の45rpm アルバムとなります。 少ない枚数ですが初回プレス盤を確保します。 しかもQuality Record Pressingsの200gでの復刻は嬉しい限りです。 音質は廃盤となったSpeakers Corner盤と比べてやや明るめな音に聴こえます。 好みの問題の範囲ですが・・・。 今聴くとSpeakers Corner盤も優秀でした。 Resonance Recordsのビル・エヴァンスのレコードの中では最も音質的に優れていた《Some Other Time》だけに期待できます。 新型コロナの影響で2020年9月26日 土 24時よりの販売予定となります。 ご了承下さい。 2曲目の「ダニー・ボーイ」は恐ろしいほどの美しさです。 録音はResonance Records社長のジョージ・クラビンが行いました。 第二期トリオの最初期の演奏と言うことでも注目です。 晩年のリリシズムに溢れた演奏とは全く異なり熱く鋭い演奏で聴かせてくれます。 音質は手を加えた後が無くAnalogue Productionsの45rpm盤と比べても違和感なくナチュラルです。 ・オリジナルレーベル:Riverside ・制作:VINYL PASION ・録音:1961年6月25日ニューヨーク ・規格:33rpm 180g 2LP Stereo ・その他:限定盤 1956年初のリーダーアルバムとなる「ニュー・ジャズ・コンセプション」から1963年の「アット・シェリーズ・マン・ホール」までのビル・エヴァンス「黄金の7年間を記録したリバーサイドのアルバム11タイトル」が Analogue Productions より間もなく45rpm 200g 22LP BOXとして完全限定発売されます。 このBOXは高音質盤の上、現在廃盤となり入手困難なタイトル、Analogue Productionsから単品販売されていないアルバムも含まれており大変貴重です。 今回発売されるBOXは、より高音質を狙い180gから200g LPに、そしてレコードプレスを 独Pallas社から Quality Record Pressingsに変更した超高音質BOXです。 45rpm 200g 22LP BOX <演奏> ビル・エヴァンス p キャノンボール・アダレイ as /フレディ・ハバード tp スコット・ラファロ b /パーシー・ヒース b サム・ジョーンズ b /テディ・コティック b チャック・イスラエル b /ポール・モチアン ds フィリー・ジョー・ジョーンズ ds コニー・ケイ ds ラリー・バンカー ds <収録アルバム> ・ニュー・ジャズ・コンセプション New Jazz Conceptions '1956 ・エブリ・バディ・ディグズ Everybody Digs Bill Evans '1958 ・ポートレート・イン・ジャズ Portrait In Jazz '1959 ・エクスプロレイションズ Explorations '1961 ・サンデー・アット・ザ・ヴィレッジバンガード Sunday At The Village Vanguard '1961 ・ワルツ・フォー・デビー Waltz For Debby 1961 ・ムーン・ビーンズ Moonbeams '1962 ・ノー・ホワット・アイ・ミーン? Know What I Mean? '1961 ・インタープレイ Interplay '1962 ・ハウ・マイ・ハート・シングス ! How My Heart Sings! 1979年11月26日パリのエスパース・ピエール・カルダンに於いてポール・サイモン、デニー・ザイトリン、ミシェル・ルグランらの名曲を中心にマーク・ジョンソン b ジョー・ラバーバラ ds と行ったライブです。 アンリ・カルチェ・ブレッソンの写真を用いたジャケットのように静かな曲と、翌年の死を前に最後の力を振り絞った激しい曲が混在します。 Original Recordings Groupの45rpm 180g 2LPはバーニー・グランドマンによるオリジナ ル・マスター・テープからのリマスタリング盤です。 CDで手軽に聴かず、改めてLPでじっくりとお聴きください。 今回の複刻は素晴らしい音質と盤質となっています。 さすが45rpm 2LPの威力。 <演奏> ビル・エヴァンス p スコット・ラファロ b /ポール・モチアン ds <曲目> 1、降っても晴れても 2、枯葉 3、ウィッチクラフト 4、ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ 5、ペリズ・スコープ 6、恋とは何でしょう? 7、スプリング・イズ・ヒア 8、いつか王子様が 9、ブルー・イン・グリーン スコット・ラファロ、ポール・モチアンとの黄金のトリオによる初のスタジオ録音作品で、ジャズ・ピアノ・トリオ史上揺るぎない名盤である『ポートレイト・イン・ジャズ』が、レアフォトをまとってLP作品化。 その演奏は、今80年以上を迎えるヴィレッジ・ヴァンガードでの数々の演奏でも、最も有名といっても過言ではないでしょう。 ワルツ・フォー・デビーが記録されたのは6月のNYで、季節感の違いは激しいです。 『ポートレイト・イン・ジャズ』で使用された写真とセットとなっており大変貴重です。 ・オリジナルレーベル:Riverside ・制作:WaxTime ・録音:1962年5月、6月 ・規格:33rpm 180g Stereo ・その他:限定盤 <演奏> ビル・エヴァンス p エディ・ゴメス b /マーティ・モレル ds <曲目> 1、ファンカレロ 2、トゥー・ロンリー・ピープル 3、シュガー・プラム 4、ワルツ・フォー・デビー 5、T. 変化を求めないミュージシャンはいないはず。 こんなに明るく音楽を奏でるエヴァンスも最高です。 ラファロとの最後の共演となった61年6月25日、5回のステージが3枚に収まった貴重な完全収録盤。 演奏途中での停電で録音が途切れる所もリアルです。 この10日後、25歳の天才ラファロは交通事故で死去。 ・オリジナルレーベル:Riverside ・制作:WaxTime ・録音:1959年1月19日 ・規格:33rpm 180g Stereo ・その他:限定盤 <演奏> ビル・エヴァンス p ズート・シムズ ts /テディ・コーティック b /ポール・モチアン ds 他 <曲目> 1、ノー・カヴァー・ノー・ミニマム 2、サム・アザー・タイム 3、イージー・トゥ・ラヴ 4、ノー・カヴァー・ノー・ミニマム No. サム・アザー・タイムから僅か2日後、1968年6月22日オランダのヒルフェルスムで行われたコンサートの音源です。 実際に再生して驚きました。 期待以上の演奏と音質の素晴らしさです。 ライヴにもかかわらずエヴァンスのピアノの冴えやディジョネットのハイハットの美しさなど素晴らしい音で収録されています。 バーニー・グランドマンが丁寧にマスタリングした結果このように素晴らしい音質でレコード化されたのだと思います。 超お買い得盤です。 廃盤となりました。 <演奏> ビル・エヴァンス p エディ・ゴメス b /ジャック・デジョネット ds <曲目> 1、ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド 2、ヴェリー・アーリー 3、ホワット・カインド・オブ・フール・アム・アイ 4、四月の想い出 5、マイ・ファニー・ヴァレンタイン 6、ビーズと腕輪 7、ターン・アウト・ザ・スターズ 8、あなたに降る夢 9、イン・ア・センチメンタル・ムード 10、ジーズ・フーリッシュ・シングス 11、サム・アザー・タイム 12、ユア・ゴナ・ハー・フロム・ミー 13、ウォーキング・アップ 14、ビーズと腕輪 15、イッツ・アールライト・ウイズ・ミー 16、ホワット・カインド・オブ・フール・アム・アイ 17、ハウ・アバウト・ユー 18、オン・グリーン・ドルフィン・ストリート 19、アイ・ワンダー。 超驚愕の発掘音源!! ビル ・エヴァンスの幻のスタジオ録音。 モントルー・ジャズ・フェスティヴァル5日後にMPSスタジオで同じメンバーで録音が行われましたが、当時のVerveとの契約で日の目を見ることが出来なかった音源が50年近く経ってレコード化されました。 ・オリジナルレーベル:Resonance Records ・制作:King International ・録音:1968年6月20日 ドイツMPSスタジオ ・規格:33rpm 180g 2LP Stereo ・その他:全世界 4,000枚限定盤 シリアルNo. 廃盤となりました。 お支払い ・銀行振込:三井住友 :ゆうちょ銀行 :ジャパンネット銀行 ・クレジットカード: PayPal経由 :Master Card :VISA Card :JCB Card :American Express Card ご契約内容により分割払いも可能です。 ・e -コレクト( 代金引換サービス) ご注文と発送 在庫があるものは、2日〜4日でお手元に お届けできますが、製造元もプレス切れの場合は、再プレスまで半年〜1年以上かかることもあります。 また、限定盤等はメーカー都合で入手困難な場合もあります。 ご購入前に必ずメールにてご確認下さい。 また、メールや電話でのご注文もありますのでカート表示の在庫修正が間に合わない場合もあります。 配送・送料 配送は(離島と取り次ぎ地域を除き) 下記となります。 配送の時間帯指定 飛脚宅配便は、配達時間指定が可能です。 下記からお選びいただけます。 8時〜12時/12時〜14時/14時〜16時 16時〜18時/18時〜21時 お問い合わせ こちらお送りしたメールがお客様の迷惑メールフォルダーに入ることがあります。 平日で3日以上経っても連絡が無い場合には上記を ご確認ください。 電話の場合は出られない事もあります。 お手数ですがご用件、お名前を必ず留守番電話に残して下さい。 こちらからお電話させていただきます。

次の