プロ ボックス。 プロボックスで車中泊

キーエンスの「プロボックス」カーとは?なぜ公道爆速?

プロ ボックス

低燃費はもちろん、エンジンとモーターによるスムーズな加速性能、低重心化や静粛性の向上によるひとクラス上の乗り心地など、優れた走行性能も実現しています。 エンジン 最高出力<ネット>54kW(74PS)/4,800r. 最大トルク<ネット>111N・m(11. 3kgf・m)/3,600~4,400r. モーター 最高出力 45kW(61PS) 最大トルク 169N・m(17. 2kgf・m) *1. VVT-i[連続可変バルブタイミング機構]:Variable Valve Timing-intelligent *2. 自動車取得税、自動車重量税の減税が受けられます。 詳しくは販売店におたずねください。 エンジンとモーターにより、動力性能として発揮できる出力。 社内算定値。 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 低燃費と低排出ガスに大きく貢献。 5L 1NZ-FXE VVT-iエンジン 燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンとクールドEGR *4(排出ガス再循環)システムの採用で、高いエンジン効率を実現。 低燃費とハイパワーを両立しています。 電流を最適に制御。 昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット バッテリーの直流電流と駆動用・発電用モーターの交流電流を最適に制御するユニット。 高効率・小型・軽量ユニットの採用で、低燃費を実現しています。 低燃費化のために高めた伝達効率。 ハイブリッドトランスアクスル 駆動用・発電用モーターと動力分割機構などで構成されたトランスアクスル。 ギヤトレーンを最適設計した高効率・小型・軽量ユニットの採用で、動力の伝達ロス低減を実現しています。 コンパクトで高性能。 ハイブリッドバッテリー(ニッケル水素バッテリー) 駆動用モーターに最適な電力を供給するコンパクトタイプのバッテリー。 リヤシート下に配置することで、ラゲージスペースのゆとりを確保しています。 EGR:Exhaust Gas Recirculation.

次の

トヨタ プロボックス

プロ ボックス

Contents• 工夫すれば2年車検の乗用車より安上がり 意外かも知れませんが 工夫次第で2年車検の乗用車よりも安くなります。 そうすれば維持費は 普通車 軽自動車以外 の中では最安になります。 上の表を見てみると プロボックスの維持費は年間約6. 6万円で、これはカローラフィールダーやカローラツーリングの約7. 7万より安く、 ヤリスやヴィッツ、パッソなどのコンパクトカーよりも安いです。 なぜこんなに安いのかと言うと、貨物車は乗用車に比べて 税金面でかなり優遇されているからです。 最も顕著なのは自動車税で税額はわずか14,300円です。 同じ車格の5ナンバー乗用車 カローラフィールダーなど は34,500円なので破格の安さです。 ヴィッツ等の1Lコンパクトカーでも29,500円、軽乗用車が10,800円であることを考えると、 「 プロボックスの自動車税はコンパクトカーの半額以下で軽乗用車と同レベル」 であると言えます。 その分自賠責保険や任意保険が少し高くなりますが、自動車税が圧倒的に安いので帳消し以下になります。 また2年車検の乗用車は重量税や自賠責を2年分まとめて払うので車検費用が高額になりますが、1年車検の貨物車は乗用車で言う2年分の費用を1年ごとに分割して払う形になるので、 毎年車検だからといって車検1回あたりの費用が倍になることはありません。 ポイントはユーザー車検を受けること 毎年車検のプロボックスの維持費を抑えるためにポイントとなるのは、 ユーザー車検で車検を通すことです。 ユーザー車検なら一回の車検代は24,000円程度です。 上の画像が実際にユーザ車検で支払った費用の領収書です。 左から ・検査用紙代 1,700円 ・自賠責 17,350円 ・重量税 5,000円 となっていて合計24,050円です。 車検を通すのにこれ以外一切お金は掛かっていません。 ユーザー車検とはディーラーや用品店などに頼まずに、 自らが陸運局に行って車検を通す方法です。 詳しく知りたい方は 「」 もあわせてご覧ください。 ディーラーに頼んだとしても毎年車検はメリットがある ユーザー車検で安くなるとはいえ 「 やっぱりユーザー車検は難しそう」 「 ユーザー車検をやる時間なんてない」 という方も多いことでしょう。 しかし それでも毎年車検にはメリットがあります。 それは「 車の異常を早期に発見できること」です。 毎年定期的に車検を受けていれば不具合箇所がすぐに発見できるので、取り返しの付かない故障になることが少なく、結果的に 車が長持ちする事に繋がります。 乗用車で高額な自動車税を払って2年車検というよりは、貨物車で格安な自動車税で済む分、浮いたお金で毎年車検を受けられるほうが良いと思います。 税金に消えるくらいならその分車検に使ったほうがマシですよね。 まとめ プロボックスは毎年車検ですが、2年車検の乗用車に比べて 大幅に維持費が高いということはありません。 ユーザー車検を受けるようにすれば、 むしろ2年車検の乗用車よりも安くなります。 プロボックスに興味を持った方は 「」 「」 「」 もあわせてご覧ください。 本記事が購入するときの参考になれば幸いです。 それではまた!.

次の

プロボックスは4ナンバーで毎年車検!2年車検の乗用車と比べて維持費は高いのか?

プロ ボックス

TRUSTの英知を結集して製作したプロボックスターボ! 痛快なパワーフィールのボルトオンターボ仕様! パーツメーカーであるトラストが、JPSC 全日本プロボックスサクシード選手権 参戦用に製作したプロボックスの登場だ。 左バンパープロテクターの裏側にはGReddy10段エンジンオイルクーラーをセット。 エアガイドまで装着するなど、その作り込みに思わず感心。 性能に関してトラスト広報の川島さんは「筑波オールスター戦では油温121度でした。 冬場は冷えすぎるので、普段はガムテープでコアの半分くらいを覆ってますね」とのこと。 エンジンマネージメントは、8気筒のシーケンシャル噴射まで制御可能な『リンクエクストリーム』。 「CAN通信以外のクルマに対応してます。 旧型プロボックスくらいの年式なら、単体でのフルコン制御も可能です」とECU開発担当の佐野さん。 燃調と点火時期をイジるくらいなら、機能を省いた『リンクアトム』も用意されている。 マフラーはパワーエクストリームRのワンオフ品だ。 プロボックスらしからぬターボサウンドを轟かせてくれる。 この仕様で最大ブースト圧0. 75キロ時にダイノパック計測150ps弱を発揮する。 バンパー&リーンホースをくり抜いた向こうにジムニー用コア流用ワンオフインタークーラーを確認。 ラジエターと並列配置されるから冷却性能をスポイルせず、夏場の耐久レースでも純正ラジエターで水温が上昇することはなかった。 また、フロントスポイラーはワンオフ。 本体は6mm厚のコンパネ、サイドにはアルミ板を使い、脱落防止のため、フロントサスメンバーに取り付けたスポイラー裏側のL字アングルをセンター2ヵ所で吊るという本格的な作りだ。 足回りは、GReddyパフォーマンスダンパーを軸にセットアップ。 また、ローダウンした際に生じるリヤアクスルの左右位置ズレを補正するため調整式のラテラルロッドも導入している。 ブレーキはフロントパッドがエンドレスMX72。 実はプロボックス用ではなくトヨタの他車種用とのことで、バックプレートを小加工してキャリパーに組み込んでいる。 プロボックス用よりもパッド面積が広いのだ。 いかにもヤル気な各種追加メーターやプロドライブ製ステアリングと、センターコンソールの純正AMラジオがミスマッチ感を醸し出すダッシュボード周り。 プロボックスに装着されてるのは初めて見た! 運転席はブリッドジータIIIに交換。 シートベルトはTRS製4点式が装着される。 これで普通に営業回りをしてるってのがスゴイけど、助手席のヘッドレスト一体型純正ハイバックシートとのコントラストも見逃せない。 全方位スキなく手が入り、「チューニングメーカーが本気でやるとこうなるのか!」と思うような内容だ。 なお、ターボキットについては、パイピング類はワンオフ製作が必要だがEXマニとタービンアウトレットを含めて数基分なら用意できるとのことだから、興味のある人はトラストに問い合わせを。

次の