コナン 黒 の 組織 名前。 黒の組織とは (クロノソシキとは) [単語記事]

【名探偵コナン】黒の組織メンバーの強さと構成【ラム含む】

コナン 黒 の 組織 名前

今までに登場した組織メンバーについて ・「あの方」…黒の組織のボス。 名前、年齢、性別などの詳細は一切不明。 ・「ラム Rum 」…あの方の側近で、組織のNo. 容姿は不明。 ・「ベルモット Vermouth 」…あの方のお気に入り。 組織の壊滅を目論む。 ・「ジン Gin 」…組織の幹部。 工藤新一にAPTX4869を飲ませた張本人。 ・「ウォッカ Vodka 」…ジンの右腕として行動を共にする。 組織の最重要人物のひとり。 ・「シェリー Sherry 」…組織でも有数の頭脳を持つ科学者であり、APTX4869の製造者。 ・「ライ Rye 」…5年前に諸星大(もろぼし だい)という名で組織の一員になる。 ・「キール Kir 」…組織から度々スパイ疑惑をかけられるが、自らの行動によって身の潔白を証明する。 ・「キャンティ Chianti 」…腕利きの女性スナイパー。 一人称は「アタイ」。 ・「コルン Korn 」…腕利きの男性スナイパー。 キャンティと行動している場合が多い。 ・「バーボン Bourbon 」…情報収集力、観察力、洞察力に長けた切れ者としてCIAなどから危険視されている。 ・「テキーラ Tequila 」…猛虎弁を話す大男。 組織とは無関係の事件に巻き込まれ死亡した。 ・「カルバドス Calvados 」…腕利きのスナイパー。 一切の逃走経路を失い自殺した。 ・「アイリッシュ Irish 」…劇場版『漆黒の追跡者』に登場した幹部クラスの男。 ジンの攻撃から身を呈してコナンを庇い死亡した。 ・「沼淵 己一郎(ぬまぶち きいちろう)」…末端中の末端。 組織から逃亡したが、情報漏えいの危険無しと判断され、組織の抹殺対象から外れている。 ・「イーサン・本堂(イーサン・ほんどう)」…CIAの諜報員。 同じくスパイとして組織に潜入していた娘を庇う為、自殺した。 ・「宮野 明美(みやの あけみ)」…宮野志保(シェリー)の姉。 組織には深く関わっていなかったが、FBI捜査の手引きをした人物として危険視され、ジンに殺害された。 ・「呑口 重彦(のみぐち しげひこ)」…収賄疑惑のあった政治家。 情報漏えいを恐れた組織(ピスコ)によって殺害された。 ・「宮野 厚司(みやの あつし)」…組織の科学者だったが、何を研究していたのかは不明。 数年前に事故死したとされている。 ・「宮野 エレーナ(みやの エレーナ)」…シルバー・ブレット(薬)の開発していた。 夫の厚司と共に事故死したとされている。 ・「楠田 陸道(くすだ りくみち)」…キールの一件で組織が杯戸中央病院に送り込んだスパイ。 コナンに正体を見抜かれ、赤井秀一の追跡に恐怖して拳銃自殺した。 ・「原 佳明(はら よしあき)」…劇場版『天国へのカウントダウン』に登場したプログラマー。 組織のデータを持ち去ろうとしていたが、ジンに射殺された。 ・「岡倉 政明(おかくら まさあき)」…劇場版『漆黒の追跡者』に登場した黒の組織の工作員。 組織に始末される予定だったが、それとは無関係の者に殺害された。 コードネーム「シェリー」 本名は本堂瑛海。 父親の遺志を継いで、組織に潜入しているCIAの諜報員。 人気アナウンサー・水無 怜奈として活動していたが、現在は退職扱いになっている。 4年前、自らのミスによって正体が露見しかけ、父親の命を引き換えにした策略により、かろうじて正体の発覚を免れる。 元々は組織に長居するつもりはなかったが、この件によって引き続き組織に残留し、やがてコードネームを持ちうるまでに昇進する。 組織の暗殺計画実行中にFBIに追い詰められた際に、乗っていたオートバイごと転倒して全身を強く打って意識不明の重体に陥り、一時的にFBI監視下の病院にかくまわれていた。 現在は再び組織に潜入し、組織の壊滅を目的に行動している。 出典:.

次の

お酒の種類は名探偵コナンの黒の組織のメンバーで覚えましょう!

コナン 黒 の 組織 名前

灰原は「あなたのいう」と言っていることから、組織には「黒の組織」ではない別の呼び方がある。 そして、その「正式名称」を知っているようでもある。 一部独断行動を許されているメンバーを除けば、組織が意識して黒の服を着ていることは明らか。 ちなみに、作者は組織の正式名称が別にちゃんとあることは認めており、それが分かるとボスがバレてしまうので言えないと答えている。 (「サンデーうぇぶり」のインタビューで ボスの正体とは関係がないとのこと) また、「組織の正式な組織名は無いの?」という質問に、「出てこないだけで。 オレの中にはある。 」とのこと。 組織名のヒントをどう使うか 組織名を予想しても答えあわせができないんじゃしょうがないとは思うが、漫画の世界だし、特に組織名は何かきちんと意味を持たせている可能性は高い。 意味と言うのは自分たちを象徴するようなものであったり、自分たちの目指すもの、つまり組織の目的のようなものだったり。 一般世界でも、企業名に創業者の名前を使ったり、その会社の本業や理念がわかるように企業名つけているところも少なくない。 本田〇〇、武田〇〇だとかは名前そのままだし、ちょっとアナグラムっぽくすれば、ブリジストン=石橋とか(笑) ネット関連企業なんかはサイバー〇〇なんて名称で、それを聞けば大体何をしている会社なのかがわかるようになっている。 もしかしたら組織名を言うとボスがバレるというのは、組織の名称は「あの方」のアナグラムかもしれない。 「古川大」=「才三叶(叶才三)」のように、コナンではアナグラムを使って事件の謎を解いたことも多い。 まあ、実際はどうなのかなんともいえない。 アナグラムだったら嫌だなぁ(難解なので)。 いずれにしても、いきなり組織名称を考えるだけで「あの方」を探し出すのは難しそうなので、他の伏線と合わせて「あの方」の検討が付いたら組織名称を考えてみる。 それがしっくりくるものだったら正解の可能性が高まるかも?という感じには使えそうか。 もしくは、組織の目的が明らかになれば、それに関連する組織名称を想定し、そこからボスの名前に結び付けてみるとか。 組織のシンボル コナン:「まあ、元の生活に戻したいなら早く奴らを潰せってこった・・・」「あのカラスの軍団をな・・・」 File:619 また、コナンもさりげなく「カラスの軍団」と表現したこともある。 カラスは組織編で度々わざとらしく登場することがある。 ボスのメアドも「七つの子のメロディ(カラスの歌)」だったりと、組織とカラスの関連性が疑われている。 組織のカラーがブラック=カラスを表現していると確定できるわけではないが、まだ組織について何も語られていない1巻でカラスを登場させてもミスリードにならないし、毎回暗示されているカラスはやりすぎ。 また、作中で「カラスの組織」とわかりやすく表現されているわけではなく、長く連載されている中でほんの少しヒントがある程度。 2巻の明美の発言はまだ長期連載のプロットがない時期であったので、早々とカラスのキーワードが出てしまった感がある。 どちらかというと暗示的な扱いなので、カラスというのはそのまま重要なヒントの可能性あり。 コナンも「黒の組織」と呼んでいるように、カラスの組織とは思っていないので、後に気づくことでストーリーを進めることもできる。 ただ、カラスだから「烏の組織」では、それもまた「黒の組織」同様そのままであって、だから何?となる。 大事なのは何でカラスなのか。 カラスが何を意味しているのか。 もし黒=カラスであった場合、その意味を考える上でヒントになりそうなものが「まじっく快斗」で語られている。 キッドなどのゲスト参加や変装などの設定を取り入れたりもしているが、もちろん、名探偵コナンとはパラレルの世界。 でも、同じ作者の作品だけあって「遊び」を取り入れるのは自由。 名探偵コナンの伏線は張れないが、ヒントは入れることができる。 今になって振り返ると、実は昔の劇場版でもAPTX4869の解毒剤など、原作に関係するヒントがあったりしてスピンオフも侮れない。 特に最近では異次元の狙撃手でそれを公式にやり、同年のまじっく快斗の新作も意図したような箇所がある。 カラス=神の仕いなどの場合、ボスはカラスではないので黒の衣装は着ていないかもしれない。 烏の意味するのは? コナンの言う「黒の組織」が黒い正装に拘るのは、七つの子のメロディや読者視点からだけわかる、カラスの描写などから、そのままカラスの暗示という可能性は高い。 しかし、ボスが烏丸蓮耶やエドワード・クロウ(英語でカラス)だから部下がカラスの服装をしているとか、そのままではなくて、高飛車な女が「我々は神でもあり悪魔でもある」と板倉に言ったように、ボスが神(太陽神)を暗示しているため、その部下がボス(神、太陽神)に仕えるカラスの格好をしているなど、その意味を少しひねって考える必要があるかもしれない。 例えば、日本の神話でもっとも有名な太陽を象徴する神は「天照大神(アマテラス オオカミ)」で、烏(八咫烏)との関連も深い。 まじっく快斗の例のオーディンと似たようにオマージュとして使えそうだが、黒の組織が狼と表現されていることから、「アマテラス オオカミ」が銀の弾丸(コナン)に貫かれるというところまで活かせる。 それに、あくまでメタ的ではあるが、名探偵コナンは日本の漫画だし、ボスは日本語堪能で日本にいる可能性も高そうなので、北欧神話よりも日本の神話のほうが設定としては完璧というか。 もう一つ天照大神で面白いのは、皇室(天皇)という点。 もちろん、皇室を悪く描くわけにはいかないので、あくまで悪い奴らが自分たちを神や皇室に例えているという意味。 以前のインタビューで、組織は「カポネ的」「007の悪い奴」、組織の最終的な目的は「金の流れを牛耳る」などの発言があり、この目的を達成するのに、一つ世襲がキーになるのではとも考えられる。 大抵の国では皇室は世襲のため、組織にとって「神になろうとしている」という例えのように、自分たち組織を象徴させたような感じ。 ネックはそのままだと女帝になってしまうところ。 候補が女性ならそれでいいのだけれど。 仮に神話がオマージュされてたにしても、ここももう少しひねりがあるかもしれないし、オマージュは読者目線での伏線、ヒントなので作中で触れることはないかもしれない。 やっぱり最初は「七つの子」ですか? 青山 そうですね、まぁ「七つの子」はカラスだしね・・・ まぁ~だしね、と言うのは何となく、烏丸だから七つの子(カラスの歌)が伏線ですとはっきり言い切っていないようで、歯切れが悪いような気がするのだけれど、黒ずくめの組織=カラスの組織=烏丸の組織とすれば、烏丸蓮耶は自分の名前(一族の姓)を組織のシンボルとしていることに。 石橋を叩いて壊すほど慎重なボスが、自分の正体にたどり着く可能性のあるヒントを組織の象徴にすることは通常考えにくいのだけれど、もしバレても既に死んだことになっている、死んだことになっているため容疑者から外されるという保険があるため、問題ないという判断だろうか。 また、やはり一族の家紋だかわからないけれど、その烏をイメージした黒服を正装として部下に強制させているのであれば、烏丸は一族の繁栄を目指していたり、強烈な支配欲のようなものがあるということ。 単純に世界を牛耳りたいだけでなく、かなり自己愛も強いことがわかる。 秘密を守るため自分の正体を隠したいという願望と、部下に自分自身を崇拝させたいという願望は通常両立しないが、これもまた、既に死んだことになっているという状況をうまく利用していると言えるか。 先生の話している太字を色々当てはめて比較して行くと、おおよその文字数は予測が付く。 4~5文字のようだけれど、5文字だと大抵はみ出してしまうため、使用できる文字に限りがあるはず。 4文字だと逆に足りないことが多い。 拗音は通常の文字よりも若干小さいため、カナ4. 5にすると近くなるが、これでも若干あまりぎみ感。 それか、全て漢字なら文字によっては4文字、あるいは5文字(漢字の一)でも行けそうな気も。 ただ、あまり限定しすぎずに多少の誤差を考えて幅は持たせ、やはり念のため4~5文字としておいたほうが良いかもしれない。 「・」など、インタビューで使用されていない、大きさのわからない文字が使用されている可能性もある。 文字数を考えると、組織名なのでおそらく単語一文字か。 頭に「ザ(The)」とかはあるかもしれないが。 それから、拗音が含まれる場合は、日本語(漢字)の名詞ではなくて、カタカタ(外来語)、つまり英単語(フランス語やスペイン語などもありえる)なのではないかと。 全て漢字の四字熟語も捨てがたいが… また、「ピー」が「ピー」と続いている。 例えば、組織名が「クロウ」で「カラス」が「烏丸なんですよ~」のように、洒落を利かせている。 ただ、組織名にボスの名前は関係ないということなので、カラスを連想させるようなものではない。 ボスの名前ではないとなると、組織の目的だったり実体だったり、組織の何かを反映させた名称である可能性が高そう。 とは言え、インタビューアーが組織名を聞いて、「「ピー」が「ピー」なんですよ」と説明されてすぐに「素敵な・・・」と反応していることから、それほど難解な単語ではないはず。 それか、有名な日本の熟語。 組織名が聞いたこともない単語だった場合、それはどういう意味ですか?と疑問を持つはずなので。 これらの条件で当てはまりそうなのは?と考えれば、もしかしたら一致しそうなキーワードが浮かび上がるかもしれない。

次の

黒の組織ジンは無能でコナンの味方?本当の正体は?本名は黒澤陣で年齢は30歳?

コナン 黒 の 組織 名前

おすすめミステリー漫画の『名探偵コナン』は20年以上に渡って大人気。 名探偵コナンの実写映画だと、むしろ興行収入が回を重ねるごとに伸びてる。 最近も「」だと発覚して話題になりました。 注目度が高い推理漫画『名探偵コナン』において、主人公・江戸川コナンの最大の敵が「黒の組織」と呼ばれる黒ずくめの男たち。 劇場版アニメでも頻繁に登場するなど、名探偵コナンの中では非常に重要なキャラクター。 コナンを幼児化させたジンやウォッカ、バーボン、ピスコといった黒ずくめの男たちは様々なコードネームで呼ばれてる。 何となくピンと来た人も多いと思いますが、 実は黒の組織のコードネームには様々な法則がある。 そこで今回ドル漫では「黒の組織の名前に関する共通点や関連性」を徹底的に考察してみました。 意外と名探偵コナンの作者・青山剛昌は、黒ずくめの男たちにとんでもない伏線もぶっこんでいたらしい。 コードネームの法則は「お酒」だが… 結論から書くと、 黒の組織のコードネームの法則は「お酒」になります。 お酒に詳しくなくても、前述のウォッカやバーボンぐらいはお酒だと認識できてる読者は多いと思います。 まさに一目瞭然。 ただ、これは誰もが分かってる話。 今更ドヤ顔で言ったら恥ずかしいレベルの由来。 でも作者・青山剛昌は「黒の組織」のメンバーをテキトーにお酒の名前で割り振ってる訳ではないらしい。 実は もっと緻密にコードネームに法則を持たせていたということが発覚。 そこで更に詳しい考察を筆者・ドルジ露瓶尊が展開していこうと思います。 男性は「蒸留酒」、女性は「ワイン」という法則 まずコードネームの法則は「性別」によって由来が異なる。 出し惜しみせずに答えを書くと、 男性の黒の組織メンバーが「蒸留酒(スピリット)」に関連するお酒名なのに対して、 女性の黒の組織メンバーは「ワインなど甘いお酒」に関連するお酒名が割り当てられてる。 蒸留酒はウイスキー、ラム酒、コニャック、テキーラなど幅広いお酒が含まれます。 一方、ワインはそのまま。 ワインの原材料はブドウですが、他にもオレンジなど果物系を主原料としてるお酒は全般的に甘いらしい。 でも基本的にワインのみと考えて良さそう。 言うまでもなく「黒ずくめの男」という異名を持つだけあって、黒の組織のメンバーにはオトコが多い。 そこで分かりやすく数少ない女性メンバーを見てみると、 ベルモット、キャンティ、キールなどは全てワインの種類。 シェリー(灰原哀)もやはりワイン。 実際、ラムの正体を考察した記事では別の人物を候補としてピックアップしております。 ただ映画アニメ版『名探偵コナン』に登場したキュラソー(天海祐希)だけは蒸留酒と例外。 もしかすると 今回の黒の組織の法則は「漫画版」の名探偵コナンに限って…という前提かも知れません。 アニメ劇場版『名探偵コナン』の場合、やはり制作に関して色んな人や思惑が絡んでくる。 そうするといくら作者・青山剛昌であっても、完全にキャラ作りなどを支配できるわけでもないのか。 麦で蒸留されてるお酒のコードネームは死なない? 続いて面白いコードネームの法則が「 原材料」。 黒の組織のメンバーは強敵ではあるものの、これまでの『名探偵コナン』のストーリーでは何人か既に死亡済み。 ジンやウォッカなど未だに生存してる黒ずくめの男もいますが、この生死の違いも実はコードネームから分かります。 結論から書くと、 麦を原材料としてるお酒のコードネームは『名探偵コナン』の中で未だに死んでいない。 逆に言うと、麦以外を原材料としてるお酒の黒の組織メンバーは死亡してる。 具体的に死んでない黒ずくめの男は、ジンやウォッカ、コルン、ライ(赤井秀一)。 スパイではあるもののバーボン(安室透)も麦が原材料。 逆にスコッチやテキーラ、ピスコ、カルヴァドスなどの主原料は非麦系。 自分も含めて、お酒に詳しくないのでピンと来ない人も多そうですが…(笑) ちなみに前述の 黒の組織ナンバー2のラム(ラム酒)は、サトウキビが原材料。 そのため『名探偵コナン』の中ではかなり引っ張ってきましたが、意外とラムは早く死んでしまう可能性も高そう。 確かに見た目はひ弱なオッサンでしたから(笑) 名探偵コナン 黒の組織のメンバー法則まとめ 以上、『名探偵コナン』における黒の組織のメンバーのコードネームの法則でした。 既にドル漫では「」なども考察してるように、意外と作者はこういったキャラ名に伏線を仕掛けている様子。 やはり読者を意外な形で驚かせたいという少年の心を有能漫画家さんは持ち合わせているのでしょう。 ただ前述のように、今回の法則は全ての黒の組織メンバーにガチガチに適用されてる訳ではなさそう。 例えば、キールも厳密にはワインとリキュール(蒸留酒)のカクテル。 バーボンの主原料も半分以上はトウモロコシ。 アニメ映画版『名探偵コナン』に登場したスタウトは麦を原料としたビールにも関わらず、結果的に死亡済み。 あくまで 今回ドル漫では紹介した黒の組織の法則は「話半分」程度に考えておくと良さそうです。 とりあえず早く名探偵コナンの連載が再開することを心から願ってやみません。 作者・青山剛昌の故郷・北栄町の名産は「北条ワイン」。 先程も考察したようにワインは女性メンバーに割り当てられてるものの、死亡率そのものは低い。 是非、快調して欲しい所です。

次の