マーベロン 情緒不安定。 マーベロン 情緒不安定

マーベロン 情緒不安定

マーベロン 情緒不安定

低用量ピルを飲むと妊娠できなくなるのでは・・?という不安を抱く方もいるかと思いますが、服用を止めると排卵が再開され、1ヶ月ほどで妊娠できる状態に戻ります。 不妊になるという事はないので安心して使用できます。 肌荒れを改善する マーベロンはホルモンバランスを整え、 男性ホルモンの働きを抑えることでニキビの原因を根本的に解決することができます。 大人になって肌荒れがひどくなった• 半年以上継続して肌荒れに悩んでいる• あご周りにニキビができやすい 肌荒れの症状が上記に当てはまる場合、 男性ホルモンがニキビの原因によることがほとんどです。 男性ホルモンの働きが強いと、 皮脂が過剰に分泌され、 毛穴に詰まり、ニキビができる原因となってしまいます。 この場合、どんなに外側からのケア 洗顔や保湿 を行っても、根本的な解決にはなっていないため、再発を繰り返してしまう、ということになるのです。 生理痛を緩和する マーベロンを服用することで、生理痛を大きく緩和する効果が期待できます。 通常生理は、子宮を収縮させて、はがれた子宮内膜を血液と一緒に外に排出することで出血があります。 マーベロン服用中は、ホルモンバランスをコントロールして排卵はストップされているので子宮内膜がそれほど厚くなることもありません。 その分出血も少なく、生理痛の原因となる 子宮の収縮が通常より抑えられるため、 生理痛が緩和されるという仕組みです。 PMS(生理前のイライラ)を緩和する マーベロンは、体内の ホルモンバランスを安定させる作用があるので、 PMSの症状を大きく緩和することができます。 PMSは、イライラや、情緒不安定といった症状が生理前・生理開始後から出始め、生理の終わりにかけて落ち着いていくことが特徴です。 PMSは、ホルモンが急激に増加したり、減少してしまうことが原因であると考えられています。 マーベロンを服用している間は ホルモンバランスをコントロールできるので、生理前・中の 気分の低下やイライラといった症状を改善することが期待できます。 毛が薄くなる 毛の成長を助けたり、濃くする役割を担っている男性ホルモンの働きを抑えることで、毛が薄くなった・自己処理の回数が減ったと感じる人も多くいます。 女性にとって毎日のムダ毛処理は面倒なものです。 私はマーベロンを飲んでから、特に腕の毛が薄くなったように感じています。 マーベロンの副作用 ここでは、マーベロンを服用して起こる可能性がある発症率別の副作用について紹介します。 服用前にきちんと把握しておくことがとても大切です。 発生率が5%の副作用• 悪心、吐き気• 不正出血• 片頭痛、頭痛• 乳房痛、乳房緊張感 マーベロンを服用した人のうち5%の人が上記のような副作用の症状がみられたと回答しています。 上記の副作用は、マーベロンの服用を開始して1週間~1ヶ月の間に見られることが多く、ホルモンバランスがもともと乱れていた場合や、ホルモンを安定にしようとしている最中に、体が順応する際に起こる可能性が高いとされていますが、発症しても1週間~1ヶ月の短い期間で収まることが特徴とされています。 発生率が0. 5~5%未満の副作用• 発疹、かゆみ• むくみ、体重増加• 血圧上昇、動機• 食欲不振、口内炎、腹痛、下痢、便秘• だるい、めまい、イライラ、気分の落ち込み• 母乳が出る• にきび、しみ• 視力障害、コンタクトレンズが合わない マーベロンを服用した人のうち0. 5~5%未満の発症率で、上記のような副作用が起こる可能性があります。 これらの副作用が起こるのは稀ですが、我慢できないような痛みや、症状が重い場合はマーベロンの服用を一旦中止し、医療機関を受診しましょう。 発症したらすぐに服用を中止し、病院を受診するべき副作用の症状• 膝小僧からつま先にかけての痛みや腫れがある• 突然胸が痛む、息切れ• 日常生活に支障を来すほどの頭痛• 目がかすむ、見えずらい マーベロンを服用した人のうち0. 5~5%未満の発症率で、上記のような副作用が起こる可能性があります。 これらの症状が出た場合、血栓症の恐れがあるため、マーベロンの服用を中止し速やかに医療機関を受診しましょう。 マーベロンの飲み方 マーベロン21・28錠どちらも効果は同じですが、服用方法に違いがあります。 21・28錠別の服用方法について説明します。 マーベロン21• 薬の内容…21錠の白い錠剤• 飲み方……白い錠剤を毎日1錠ずつ飲み、7日間服用を休む。 マーベロン28• 薬の内容…21錠の白い錠剤と7錠のプラセボ錠• 飲み方……白い錠剤を毎日1錠ずつ飲み、次にプラセボ錠を1錠ずつ飲む。 マーベロンの服用に医師の診断が必要な方• 血栓症の病歴がある方• 1日に15本以上のタバコを吸う35歳以上の方• 高血圧の方 上記に当てはまる場合、マーベロンを服用することで、血栓症のリスクを高めてしまう危険性があります。 マーベロンを服用したい場合は医師の診断の下、慎重に服用の有無を検討することが望ましいでしょう。 飲み合わせに注意が必要なもの• アセトアミノフェンが含まれた解熱鎮痛剤(カロナールなど)• テトラサイクリン、ペニシリンが成分の抗生物質• 三環系抗うつ剤(ノリトレン、アナフラニールなど)• HIV治療薬• てんかんの治療薬(ラモトリギン)• 血糖降下剤(血糖を下げる薬)• 副腎皮質ホルモン 上記の成分を配合した薬をマーベロンと併用してしまうと双方の効果が薄まってしまう危険性があります。 また、セイヨウオトギリソウというハーブの一種が含まれたお茶やサプリメントなどの併用もマーベロンの効果を薄めてしまう可能性があるので十分注意しましょう。 休薬期間中に起こる消退出血について 21錠タイプであれば、薬を服用していない7日間の間 28錠タイプであればプラセボ錠を服用している7日間の間に消退出血が起こります。 消退出血は、生理と同じ仕組みですが、ピルを服用中はホルモンがコントロールされており、体が妊娠しないようにできているので通常、妊娠に必要な子宮内膜の生成もセーブされます。 子宮内膜がそれほど厚くならないので、 出血量も通常の生理と比べて少ないのが特徴です。 個人差はありますが、休薬期間に入って3日目に出血が起こり、3日~4日ほどで収まる場合が多いとされています。 マーベロン服用開始後、いつから避妊の効果がある? マーベロンの服用開始日が生理初日の場合、 服用を開始して1週間後です。 また、マーベロンの服用開始日が生理日以外だった場合、ホルモンをコントロールするのに時間がかかるため、服用開始から最低でも2週間はコンドームを用いて避妊を行いましょう。 飲み忘れは避妊の効果が薄れてしまうことも! マーベロンは毎日継続して服用することで、効果を発揮するお薬です。 マーベロンの服用を忘れてしまった場合や、服用すると決めた時間から大幅にずれて服用してしまったりすると、マーベロンの避妊の効果が薄れてしまう可能性があることも。 毎日決まった時間に継続して服用できるように、 アラームをかけておくなどして服用を忘れないように注意しましょう。 マーベロンの購入方法 「マーベロンの服用を始めたいけど、病院で処方してもらうにはどうすればいいの?」 「ネットでもマーベロンって買えるの?安全なの?」 マーベロンを購入する場合、病院で処方してもらうか、医薬品通販サイトを利用するかの2つの方法があります。 マーベロンの服用が初めての場合、医師から副作用や服用方法についてきちんと説明を受けられる病院処方が安心です。 マーベロンを以前病院で処方してもらったことがあり、通院や処方代がかさむのが嫌…という場合は医薬品通販サイトを利用してマーベロンを購入することもできます。 病院で処方してもらう場合 病院でマーベロンを処方してもらう場合の流れを説明します。 「低用量ピル処方+地域名」などで検索すると出てくるかと思います。 クリニックにもよりますが、初診の場合、所要時間としては大体1時間半~2時間です。 また、ピルを服用したい理由を聞かれる場合が多いです。 「ニキビ改善のため…」「生理痛改善のため…」など改善したい症状を素直に答えることでマーベロンに限らず、あなたに最適なピルを処方してくれます。 ただし、飲み始めは生理日初日となる場合が多いです。 医薬品通販サイトを利用する場合 医薬品通販サイトを利用してマーベロンを購入する流れを紹介します。 検索窓はほとんどのサイトがトップページの一番上にあります。 海外から発送されて約10日前後で商品は到着します。 マーベロンで女性特有のお悩みを解消! まとめ マーベロンは、妊娠を防ぐだけでなく、ホルモンバランスを安定させてくれるので肌荒れや月経困難症改善にも効果的で、女性特有のお悩みを解消してくれます。 毎月の生理の不快感、ホルモンの乱れから来る肌荒れ、「仕方ない…」とあきらめないで、マーべロンで治療を初めてみませんか? きっと、 服用して良かったと感じる日が来るはずです! そんな女性の味方マーベロンは、医薬品通販サイトを利用して購入することで、通院不要で価格を抑えられるのでとても便利です。 通販に関する記事もあるので是非チェックしてみてください! 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

ピルの副効用:避妊以外のメリット

マーベロン 情緒不安定

みなさんこんにちは。 現在、心療内科に通院してお薬を飲んでいるため、お医者さまからできるだけピルを飲んで避妊してくださいと言われました。 ピルは以前飲んだことがある(マーベロン28です)のですが、そのときは妙に気分が落ち込んだり情緒不安定になって、また顔に膿をもったにきびが無数にできたことで、2シート程で止めてしまった経験があります。 そこで、みなさんはどのピルを使っていらっしゃって、使用感はどうなのか教えていただければと思い書き込みました。 (精神面やお肌の調子などなど何でもかまいません。 ) もちろん個人差があることなので一概には言えないと思いますが、もしよろしければお願いします。 ユーザーID: 1916058361 はじめまして! 私はマーベロン21の方ですが、現在飲んでいます。 婦人科の持病対策で服用していますが、やっと4ヶ月経ったところ。 慣れるまでに1、2ヶ月と説明書に書いてありましたが、なかなか・・・。 今頃やっと、体が慣れてきて、体のリズムが整ってきました。 情緒不安定・・・ピルのせいといえるかどうか微妙ですが、やっぱり、気になります。 飲む前より落ち込んだり、イライラしたりするようになった気がします。 何とかならないものかしら。 お肌は飲む前に比べてキレイになりました! 何年も前、中容量ピルを飲んだときは気持ち悪くて1ヶ月で挫折した経験があります。 ユーザーID: 2861397308• オーソ21です。 私は避妊以外の目的も大きいのですが、現在4年目です。 今まで試したのは、トリキュラー、マーベロン、 シンフェーズ、オーソ、マーシロンです。 現在はマーベロンに落ち着いてますが、其々違いがありました。 トリキュラー 消退出血の前の胸の張りが痛い。 にきびが大量にできてしまいました。 出血量は標準。 シンフェーズ ほとんど体調変化は感じませんでした。 出血量は若干少なめ。 オーソ 吐き気が凄かったです。 胸の張りも痛いほどでした。 出血が2ヶ月飛ぶほど少なかったので、 避妊目的なら微妙な薬でした。 マーシロン 日本では認可されてませんが、超低用量。 飲み忘れの時間制限が厳しいので、時間に ルーズな場合はすすめられないです。 ただ、殆ど体調変化がないのでおすすめ。 マーベロン 肌が凄く綺麗になりました。 出血日調整もでき、出血量も不快でない程度 にはあるので、現在はこれに落ち着いてます。 ユーザーID: 0359183563• 私はマーベロン 内膜症&腺筋症の治療で低容量ピルをお試し中です。 最初にマーベロン21を服んだのですが、肝心の月経困難症には全く作用せず、ピルとの因果関係は不明ながら全身に強いかゆみを伴う発疹が出たので、とりあえず使用中止。 皮膚症状の治療を優先し、3ヶ月空けたところでオーソ21を処方して頂いて1クール服み終えたところです。 今度はバッチリ効果がありました。 出血量が大幅に減り、痛み止めなしでもしのげる程度の痛みで治まっています。 ただ、慢性的に肩こりと頭重感があり、少々心配。 ピルとの因果関係はわかりませんが、お医者さんからは無理して服み続けないように、と言われていますので、様子を見ながらいつでもやめる心積もりでもうしばらく続けてみる予定です。 主さんも相性のいいピルに出会えるといいですね。 アンジュ 服用開始すぐの段階で少し胸焼けらしいものがありましたが、その後は特に問題なく飲めています。 私の主治医は半年の血液検査を基本としており、少し状態良くないと三ヶ月後に来院要請、などと適宜、検査のタイミングを変えています。 どうしても服用を止めるべきときが来たら必ず指摘されるので安心ではいますが、ちょっと大げさかな?というのが実感です。 海外へ年に何度も行くため、生理日が特定できるのは助かりますし、PMSも軽減されていると思います。 ご存知でなければ、こちらを訪問されてはいかがでしょうか。 人気があるようですので、ご参考にされてはどうでしょうか。 なかなか他には無い詳しい説明が掲載されています。 ユーザーID: 7414326505• 輸入ってどうでしょう? ちょっと横になってしまい申し訳ないのですが・・・ ピルって高いですよね〜。 収入の少ない私にとって1シート3千円+6シートごとの検査6千円はきついです。 最近フランスに移住した友人に「向こうでは3シートで千円もしないよ」と教えてもらって驚きました。 調べてみたら個人輸入代行なるものがあるんですね。 試しにマーベロンを購入してみようかと迷っています。 皆さんの中に個人輸入代行で入手されている方はいらっしゃいますか? そういう方は検査はどうされているのでしょうか? ちなみに私の状態はというと、 生理痛、PMSがひどく約7年間ピルのお世話になっています。 最初はプラノバールでしたが肝機能検査で少々異常が出たためアンジュになり、今の病院ではトライディオールを処方されています。 生理痛はほとんどなくなり、生理前には多少イライラ感がありますが、PMSも問題ない程度に落ち着いています。 ただ時々ですが、生理が終わって数日した頃にもう一度軽く出血することがあります(医者には問題ないと言われます)。 日本の病院でも安く種類が選べるようになってくれないかなぁ〜。 ユーザーID: 9525834503• 月経困難症で6年ピル使ってます。 トリキュラー: 生理自体は量が少なくなり痛みも軽くなったのですが、生理前にのぼせ感と大量のニキビが。 シンフェーズ: 第3相のホルモン量が第2相よりも少ないという特性のため、休薬期間より前に生理が来てしまうように。 オーソ: ホルモン量が多いせいか、生理が2ヶ月飛びました。 マーベロン: 生理痛はあまり軽減されず多い日の量は多いけど、日数は減って周期もぴったり28日に。 生理日の調整の観点から、今はマーベロンを使ってます。 1相性のピルは生理日の調整が思うまま(遅らせたかったらその日数分飲み足せばいいだけ)なので、とにかく楽! 3相性でも生理日の調整自体は可能ですが、方法が複雑な上、1ヶ月前から計画的にやらなくてはならないので緊急の予定(「来週休薬期間だけど出張の予定が入った!」など)には対応できません。 どのピルも、3ヵ月くらいは使ってみないと効果は安定せず、特性が掴みにくいと思います。 普段、薬を飲みなれてない方には副作用が気になるでしょうが、抗アレルギー薬や抗うつ薬等に比べればどうということはないかも。 ユーザーID: 2366846313• プラノバール 私は内膜症なのでピルを変えました。 6年ぐらい使ってます。 その前は低用量のでしたが、体に合わないのが数年後分かり今はマーベロン21です。 飲みはじめた頃は吐き気がした事もあったのですが、それは内膜症があったの気づかなかったからでした。 ピルを取り始めると、妊娠モードになるので炭水化物を今より少なめにしないと太ります。 それとビタミンB50が流れ易くなるので野菜を沢山食べるかビタミンB50を飲むようにすると苛々しません。 ビタミンは空腹で取ってはいけませんよ 良かったのは、体毛が薄くなり生理の波もなくなった事です。 内膜症の手術もしたのでその後特に体が楽です。 ユーザーID: 3739513569• トピ主です。 みなさんレスをたくさんいただきありがとうございます! やはり個人差が大きいようですね。 2ヶ月で止めてしまったのは早すぎたかもしれません・・。 私が使用した「マーベロン」ですが、医師からはにきびに効くとも聞いていたので、大きなにきびがたくさんできてしまい??という感じでした。 でも、もう少し続けていれば改善したのかもしれません。 それと、レスにもありましたが、性欲がぱったりなくなりました。 これもピルの影響と考えていいのでしょうか。 ピルの種類を変えてみれば、この点も改善するものなのか、やはりある程度は続けてみないとわからないということでしょうね。 みなさんのご意見、とても参考になります! 引き続き、レスを頂けましたら幸いです。 ユーザーID: 1916058361• アンジュ28 トリキュラー28を4年強、マーベロン21はのみ始めて半年ほどが経ちました。

次の

低用量ピル マーベロン

マーベロン 情緒不安定

ピルの副効用:避妊以外のメリット が2006年2月改訂になりました。 前回は改訂の柱のひとつ、処方前の検査についてお話しましたが、今回はガイドラインに明記されるようになったピルの避妊効果以外のメリットを中心にお話します。 「楽しみにしている海外旅行、でも生理が不規則なわたしは生理にあたらないかいつも心配です。 」「生理痛がいつも重く、生理前から憂うつになります。 」こうした生理に関する悩みをお持ちの方は、一度ピルを試してみることをおすすめします。 また副作用ばかりが強調されるピルですが避妊効果の他にもこれからお話しするさまざまな利点があり、避妊薬としてではなく治療薬として処方することも多くなりました。 ピルの薬理作用による利点• 生理不順の解消• 生理開始日のコントロール• 排卵痛、中間期出血の解消 ピル服用中、生理は規則正しく起こるようになります。 これは卵巣自体の働きがお休みしている間ピルを服用することでホルモンバランスをコントロールしているためです。 そのため 生理不順でいつ生理になるかわからない方でもピルを服用することにより 今度いつ生理が来るのかがわかるようになり、旅行などの予定をたてやすくなります。 また予定にあわせて生理を遅らせるなどコントロールすることが簡単に出来ます。 低用量の1相性ピルをつかえば自分で生理のコントロールができるようになります。 また生理と生理のあいだの排卵痛や中間期の出血も排卵が起きないのでなくなります。 * 低用量の1相性ピル:通常のピルは3相性といって生理周期のホルモンの変化にあわせて卵胞ホルモンと黄体ホルモンの比率を3段階に調整していますが、1相性ピル〔商品名:マーベロン、オーソ〕は1周期同じ比率で配合されているため続けて服用すればその間は生理がくることはありませんし、この日から生理と自分であらかじめ決めることができます。 ガイドラインに明記されている利点 改訂されたガイドラインには海外、日本での長年のデータの蓄積により、効果が確かで信頼のおけるいくつかの利点が明記されました。 月経困難症 月経困難症とは 月経困難症とは腹痛、腰痛といった生理痛が強く、吐き気や下痢、頭痛などの症状をともなうものをいい、子宮筋腫や子宮内膜症といった原因があるものを続発性(器質性)月経困難症、とくに病変が見当たらないものを原発性月経困難症といいます。 月経困難症の原因 月経困難症の原因はプロスタグランディン(PG)という陣痛を起こすもととなる化学物質が子宮筋や血管を過度に収縮させるために血流を低下させ、そのために起こる痛みです。 PGは黄体ホルモン:プロゲステロンからつくられ、生理前の黄体期に多くなるため生理前の不快な症状(月経前症候群)の原因となり、月経血中の濃度はさらに高くなるため生理痛が引き起こされます。 さらにPGは子宮にとどまらず全身にまわり吐き気や下痢、頭痛などの症状を引き起こします。 月経困難症に対するピルの作用 ピルはこのPGの分泌を抑えるためこれらの症状をやわらげます。 またバソプレッシンというホルモンも子宮収縮に関係していますがこの作用も抑えると考えられています。 次の項でお話しますがピルは子宮内膜を薄くして妊娠しにくくする作用があります。 このため生理の量が減り、PGの量が減ります。 生理痛は子宮の中身すなわち月経血を押し出すための収縮痛ですから、生理の量が減れば当然痛みも少なくなります。 さらにあとでお話しする子宮内膜症に対する効果により子宮内膜症による生理痛も緩和されます。 月経困難症に対するピルの効果 これらの作用によりピルは月経困難症やおもい生理痛を軽減します。 1周期の服用で約6割、3周期で約8割が改善するというデータもあります。 過多月経 月経血にレバーのような塊が混じったり、生理が1週間以上も続くような場合過多月経が考えられます。 子宮筋腫や子宮腺筋症が原因のこともあり、貧血の原因にもなるため一度婦人科を受診してみてください 過多月経に対するピルの作用、効果 月経血は着床、妊娠に備えて厚くなった子宮内膜が妊娠に至らずにはがれたものです。 子宮内膜はまず卵胞ホルモンの作用により厚くなり、排卵後黄体ホルモンの作用でさらに厚くなります。 ところがピルを服用することにより生理開始直後、子宮内膜が厚くなり始める前よりピルに含まれている合成黄体ホルモンであるプロゲストーゲンが内膜に作用すると内膜は十分に厚くなることができません。 この作用が受精卵の着床を妨げ避妊効果を高めていますが、内膜が厚くならない、 すなわち月経血の量を減らすという利点になるわけです。 2周期を超える服用で43%減少したと報告されています。 また子宮筋腫などによる過多月経に対しても注意深くチェックすることでピルの服用は可能です。 子宮内膜症 みなさんはお腹のなかも生理になることをご存知ですか?ちょっとキモイことですがそれが子宮内膜症の原因のひとつと考えられています。 子宮内膜症の原因 子宮内膜症は子宮内膜や類似の組織が子宮以外の場所に発生するもので、生理痛や不妊症の原因となります。 生理の時、月経血は卵管を通ってお腹の中に漏れだします。 これがお腹の中の生理です。 内膜症発症のしくみはいまだにわかっていないこともありますが、その漏れだした月経血中の内膜組織が腹膜にとりつき、増殖して行くことが子宮内膜症発生原因のひとつです。 子宮内膜症に対するピルの作用、効果 『2. 過多月経』でお話したようにピルを服用することにより生理の量が減ります。 そうすればお腹の中へ逆流する月経血も少なくなり子宮内膜症の予防になります。 また子宮内膜症は妊娠により軽快することが以前より知られていました。 これは黄体ホルモンの作用と考えられます。 ピルはいってみれば妊娠と同じような環境、すなわち実際の妊娠時より量はとても少ないのですが休薬期間を除き黄体ホルモン、プロゲストーゲンが作用するため(ピルを服用しない自然周期の場合、排卵までの卵胞期はほとんど黄体ホルモンが分泌されません。 )子宮内膜症の治療になると考えられます。 欧米では子宮内膜症の治療としてのピルの使用はポピュラーです。 生理痛の軽減効果のみでは偽閉経療法とあまり差がなく、子宮内膜症性嚢胞いわゆるチョコレート嚢腫も小さいものはピルにより縮小効果が認められ、お腹の中の病変にも効果があることがわかりました。 また1相性のピルの連続投与法も子宮内膜症治療に応用されています。 ピルによる子宮内膜症の治療に関してはまだ多くのデータが出ていないため今後の研究成果が待たれるところですが、妊娠を希望しない子宮内膜症患者さんには副作用も少なく治療効果が期待できそうです。 貧血 生理の量が減ることにより過多月経による貧血(鉄欠乏性貧血)が改善されます。 良性乳房疾患 乳腺繊維腫や嚢胞性疾患などの良性疾患に対してピルは予防的効果が認められています。 ピル服用経験のある女性は未経験者にくらべて35~58%の発生率で、服用中は16~52%に減少するといいます。 黄体ホルモンが関与しているようですがくわしくはわかっていません。 なお乳がんの予防効果はありません。 子宮外妊娠 これは妊娠しないため当然低下しますが、他の避妊法に比べて妊娠してしまったときの発生頻度が低いようです。 機能性卵巣嚢胞 卵胞嚢胞や黄体嚢胞といった機能性卵巣嚢胞は排卵の異常によって起こり手術が必要になることもあります。 ピルを服用することにより排卵が抑制されるため発生頻度が低下します。 アメリカでは年間約3,500人の入院が回避できていると推定されています。 良性卵巣腫瘍 卵巣腫瘍は卵巣の表面を覆う膜(上皮)が卵巣の中になんらかのきっかけで入り込みそれが増殖したものと考えられています。 そのきっかけのひとつが排卵です。 排卵が抑えられるため良性卵巣腫瘍の発生頻度が低下します。 子宮体がん 子宮体がん(子宮内膜癌)はエストロゲンが発生、増殖に関わり、プロゲストーゲンが発症を抑えます。 ピルには両方の成分が含まれていますが、プロゲストーゲンの作用で ピルを1年間服用すると発生は50%に低下します。 3,4年で28%、5,6年で14%に低下するというデータもあり、これらの予防効果は3年以上服用した場合15年以上持続するためピルの服用は子宮体がんの予防効果があります。 卵巣がん 卵巣がんの成因 卵巣がんはもともと欧米にくらべて日本人は頻度が少ないのですが、近年増加傾向にあります。 どうして?と思われるかもしれませんが卵巣がんは卵巣腫瘍が癌化したものです。 良性卵巣腫瘍』でお話したように卵巣腫瘍の発生には排卵が関係しています。 排卵のために卵巣の表面が破れ、そのたびに修復を繰り返すわけで、修復の過程でなんらかのミスが起これば癌化のきっかけとなります。 また子宮内膜症の内膜症性嚢胞(チョコレート嚢腫)は卵巣がんの発生母地になります。 子宮内膜症』でお話した通りこれもきっかけを増やす原因のひとつとなります。 ピルの卵巣がんに対する予防効果 排卵を抑制し子宮内膜症を予防、治療すること、また卵巣への脳下垂体からのホルモン(ゴナドトロピン)の分泌を抑え卵巣への刺激を減少させることにより卵巣がんの発生頻度を低下させます。 卵巣がん(上皮性卵巣癌)のリスクは40%減少し10年以上の服用で80%減少します。 また中止後15年間効果が持続します。 大腸がん 大腸がんに関してもピル服用で発生頻度が低下します。 しかし予防効果に関しては不明です。 骨粗鬆症 ピルに含まれているエストロゲンは腸に働きカルシウムの吸収を助け、骨に作用してカルシウムが失われるのを抑えます。 その働きにより骨密度の減少を抑え骨粗鬆症の発生を予防します。 これは更年期のホルモン補充療法と同じしくみです。 40歳以上でピルを服用すると大腿骨頚部骨折の発生を25%低下させるという報告があります。 また最近、10代20代でも無理なダイエットなどのためホルモンバランスがくずれエストロゲンの分泌が低下し骨粗鬆症予備軍が増加しています。 ピルを服用しホルモンバランスを整えることが将来の骨粗鬆症の予防につながります。 尋常性ざ瘡、ニキビ 尋常性ざ瘡、ニキビ(生理前にひどくなるいわゆるアダルトニキビ、おとなにきび)は脂漏症(油肌)、多毛症などとともにテストステロンという男性ホルモン(アンドロゲン)によって引き起こされます。 しかしこのテストステロンは性ホルモン結合グロブリン(SHBG)という物質と結合すると男性ホルモン作用を発揮しません。 エストロゲンはこのSHBGを増加させる働きがあり、プロゲステロンは減少させます。 そのためプロゲステロン(黄体ホルモン)分泌の多い生理前はエストロゲン、プロゲステロンの比率により男性ホルモンの作用が強くニキビがひどくなり、逆に生理の後はお肌の状態がいいわけです。 ピルに含まれているエストロゲンの作用でニキビとくに生理前のアダルトニキビ、おとなにきびはきれいになることが多いのですが、ひとによってはプロゲストーゲンの作用で逆にひどくなることもあります。 関節リウマチ なぜか慢性関節リウマチの発生率を30%下げるという報告があります。 また進行を遅らせるというデータもあります。 機序については不明です。 そのほか認められている利点 今回のガイドラインには明記されていませんが、骨盤内感染症(PID)の減少と月経前症候群(PMS)の改善はひろく認められています。 また子宮筋腫についてもお話します。 骨盤内感染症:Pelvic inflammatory disease PID の減少 骨盤内感染症とはクラミジアや淋菌などの病原体が性行為などにより感染し、子宮、卵管を通ってお腹の中(骨盤内)にまで感染がおよぶことで、腹痛や不妊症の原因になります。 ピルの避妊作用のひとつに子宮頸管(子宮の入り口)の粘液の粘り気を高め子宮にフタをした状態にして精子の侵入を防ぐ効果があります。 この効果は精子だけではなくほかの病原体にもあてはまります。 また月経血が減ることで病原体の繁殖を抑え、お腹の中への逆流も少なくなるため骨盤内の感染症による炎症性疾患や卵管炎が40~50%減少するということが報告されています。 もちろんピルはクラミジアやHIV(エイズウイルス)などの性行為感染症の予防効果はありません。 性行為感染症はHIVの感染を促進する因子のひとつのため、逆にピルの服用により骨盤内感染症のリスクを低下させることで間接的にHIV感染のリスクを低下させる可能性があります。 月経前症候群:Premenstrual Syndrome PMS の改善 月経前症候群とは生理の前の腹痛、便秘、下痢、頭痛、めまい、むくみ、疲労感などの身体的症状や情緒不安定、うつ状態、不安などの精神症状をいいます。 月経前症候群の原因はまだわからないことが多いのですが、ホルモンバランスの変化が関わっています。 ピルの服用により排卵が抑えられ、ホルモンバランスが一定になるため月経前症候群、特に身体的な症状をやわらげます。 しかし月経前症候群はホルモンだけではなくさまざまな要因が重なり合い症状となって現れるため精神的な症状にはあまり効果的ではありません。 子宮筋腫発症率の減少 子宮筋腫はエストロゲンにより増大するためピルの使用について不安になることも多く、ピルの添付文書(くすりの説明書)では使ってはいけないこと「使用禁忌」となっています。 また今回の改訂でも前回同様、子宮筋腫は服用禁忌の条件となっていますが、(学会註)として『OC(経口避妊薬:ピル)が子宮筋腫を増悪させるというエビデンスはなく、WHOのガイドラインでも禁忌とはされていない。 ここでは、有症状で治療を必要とされる子宮筋腫とするのが妥当であろう。 』というコメントがつくようにWHOの医学適応基準で「子宮筋腫」は『分類1:どのような状況でも使用できる』となっています。 実際に プロゲストーゲンの作用により発生は31%減少するという報告もあり、子宮筋腫があるものの手術をするほどでは無い場合、特に過多月経がみられる場合など良い適応であると思われます。 不妊症になる可能性を低下させる ピルは避妊のための薬です。 しかし今は赤ちゃんはいらないけれど、赤ちゃんは欲しい!と思っているかたにこそ使っていただきたい薬です。 なにか矛盾しているようですが大切なことです。 近年不妊症に悩むご夫婦が増え続けています。 子宮内膜症やクラミジアなどによる骨盤内感染症は不妊症のおもな原因のひとつですが、いままでお話してきたように、 ピルを服用することはこれらのリスクを軽減するため不妊症の予防効果があるといえます。 また望まない妊娠による中絶手術も不妊の原因となり得ます。 費用はひと月たかだか2~3,000円です。 お腹の中の環境は年齢を経るごとに確実に悪くなって行きます。 ダイエットや化粧品、プチ整形にお金を使い外面をきれいにするのもいいでしょうが、体外受精の費用、?十万円を考えれば決して高いとは思いませんがいかがでしょうか。

次の