日本 アカデミー 賞 長澤 まさみ。 長澤まさみ、日本アカデミー賞ドレス姿に絶賛の声「超絶美人」「美しすぎる」(クランクイン!)

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世の“絆”「この3人じゃないと」さらなる続編も視野に

日本 アカデミー 賞 長澤 まさみ

『キングダム』で最優秀助演女優賞を受賞した長澤まさみ [c]日本アカデミー賞協会 第43回日本アカデミー賞授賞式が3月6日、グランドプリンスホテル新高輪で開催され、最優秀主演女優賞に『新聞記者』のシム・ウンギョン、最優秀助演女優賞に『キングダム』の長澤まさみが見事、輝いた。 最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョンは、今回が日本アカデミー賞初受賞。 本作で政権の闇に迫る女性記者を熱演したシムは、壇上に上がりマイクの前に立つと大粒の涙を見せ、声を詰まらせながら「 受賞できると 全然思わなかったので、全然準備をしていませんでした。 ごめんなさい。 本当にありがとうございます」とスピーチ。 「まず映画『新聞記者』を観てくださったみなさん、そして藤井監督初め、河村さん、橋本さん、高石さん本当にありがとうございます。 そして共演できて本当に光栄でした、松坂桃李さん、本当に本当にありがとうございました。 これからも頑張って活動します」と想いを込めキャスト、スタッフへ向けて感謝の意を述べた。 【写真を見る】『新聞記者』で最優秀主演女優賞を受賞し、涙ながらにスピーチするシム・ウンギョン [c]日本アカデミー賞協会 また最優秀助演女優賞を受賞した長澤は、2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、15年ぶり2度目の同賞受賞。 『キングダム』では、原作の人気キャラクターの一人、山界の王の楊端和を迫力のアクションで好演した長澤だが、名前を呼ばれ安堵の笑顔を見せると手にしたブロンズを握りしめ「17歳の時に助演女優賞をいただいたことがあって、その時はまだなにもよく分かっていなかったんですが、年を重ねるごとにこの仕事の魅力を感じて、自分にできることはなんだろうということを考えながら日々仕事と向き合ってきました」とあいさつ。 「まだまだこの先自分がどうなるかというのは自分も見えていないし、見えない自分というか、まだ会ったことのない自分を目指してこれからも励んでいきたいなと思います」と今後への想いを語った。 レッドカーペットを歩く、優秀主演女優賞の面々 [c]日本アカデミー賞協会 東京新聞記者の望月衣塑子によるベストセラーを原案に映画化した『新聞記者』は、『怪しい彼女』 14 で知られるシム・ウンギョンと松坂桃李のW主演で政治権力の闇に迫ろうとする女性記者と、理想と現実の狭間で揺れる若手エリート官僚との対峙を描いた意欲作。 また原泰久の人気コミックを実写映画化した『キングダム』は、春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を夢見る戦災孤児の少年と中華統一を目指す若き王の運命の物語が壮大なスケールで描かれる。 ほかの優秀主演女優賞は、『翔んで埼玉』の二階堂ふみ、『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合が受賞。

次の

第43回日本アカデミー賞授賞式。

日本 アカデミー 賞 長澤 まさみ

2020年3月6日金曜日放送の日本アカデミー賞で長澤まさみさんが助演女優賞を受賞しました。 【日本アカデミー賞】長澤まさみ、最優秀助演女優賞を受賞 映画『キングダム』で受賞。 長澤が同賞を受賞したのは『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来、2度目。 — ライブドアニュース livedoornews 衣装のドレスもオフショルだーで大きく肩を出した黒のドレス、ネックレスをあえてつけないシンプルスタイルが長澤まさみさんの魅力を一生引き立てる装いになっています。 日本アカデミー賞授賞式でもため息が出るほど美しかった長澤まさみさん。 その髪型やメイクに関しても関心が集まっていますね。 日本アカデミー賞華やかで目の保養になる 個人的に長澤まさみさんの前髪ありロングめっちゃ好み。 — メロりん mahhonmaxnigata 登場した瞬間から今日の長澤まさみさんは特別かわいくてきれいだなと思いました!確かに前髪があるのとないのでは全然印象が違いますからね。 全体的にさらさらというよりもウェットな質感があり上品かつフォーマルスタイルにふさわしいダウンスタイルでした。 前髪はシースルーバングで眉が見えるところも抜け感があるので黒目のヘアカラーとも相性がよく重く見えません。 今回はサイドをおろしていますが耳掛けスタイルにするとよりきちんと感が出そうです。 コンフィデンスマンJPを演じられている時のようなショートヘアもコミカルな演技の役には似合っていますが、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞したキングダムでは美しくかっこいい役だったので今回の髪型がかなりしっくりきますね。 山崎賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、大沢たかおさん、高嶋政宏さんなど豪華キャストが勢ぞろい。 日本アカデミー賞に出席している長澤まさみのリップの色が素敵すぎて欲しいので、どのブランドのものか似た色を知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。 — 松嶋 Poploli1019 髪型もシンプルヘアスタイルで衣装のドレスもモノトーン、あえてアクセサリーもつけない装いだったからこそ赤い口紅が非常に印象的な差し色になりました。 前髪があると子供っぽくなりがちですがこの濃いめのリップが大人の女性らしさを演出するのに一役買っているようです。 どこのブランドなのかも気になりますね。 ブランドも調査して判明次第報告いたします! 今週の人気記事• 5月27日にとんでもないニュースが飛び込んできました「手越祐也逆切れ退所」。 事の発端はまだ緊急事態宣言が出さ... 女優の土屋太鳳さんのお姉さんで2019年のミスジャパンの肩書を持つ土屋炎伽さん、最近テレビ番組など露出も増え... ためになる情報テレビ番組「林修の今でしょ!講座」では、【免疫力を上げる最強の発酵食品はどっち? 「ヨーグルトV... 3月13日放送の金スマにクイズ番組で大活躍中の東大生の4名が出演し、幼少期の教育法を明かしました。 いまやCM・映画・朝ドラ女優として大活躍の戸田恵梨香さんですが、戸田恵梨香さんを初めて知ったのはデスノートだ... テレビに出ている女優さんを見て「素敵だなあ~この人みたいになりたいなあ~」と思ったことありませんか?そう... 2020年3月6日金曜日放送の日本アカデミー賞で長澤まさみさんが助演女優賞を受賞しました。 主演の「キングダム... 芸能人がフライデーされた!といえば熱愛報道だったり犯罪関係だったりと意外な事実が判明することが多いですが、今... 「天才棋士藤井聡太君が幼少期に使っていたという知育玩具「キュボロ」。 あの驚異の集中力、我が子にもつけさせたい... 映画「新聞記者」で主演を演じ、2020年日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を見事受賞した韓国人女優のシムウンギ... カテゴリー• 最近の投稿•

次の

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世の“絆”「この3人じゃないと」さらなる続編も視野に

日本 アカデミー 賞 長澤 まさみ

2018年4月期に月9ドラマとして放送され、昨年公開された映画は興行収入29. 7億円を記録した人気シリーズ『コンフィデンスマンJP』。 天才的な能力を持ち、どんな職業にも成りすますダー子(長澤)、ダー子の幼なじみで彼女に振り回されるお人好しのボクちゃん(東出)、女性に弱い一面もあるが、変装技術を得意とするリチャード(小日向)のほか、五十嵐()やモナコ()などの仲間たち。 本作では、、、、らが新規に出演している。 とても愛情深い心の大きな人と感じています」と語る。 「(脚本の)さんが、この役を当て書いてくださり、世間の人に新しい私を見出してくれました。 もちろんキャラクターを作るのは自分ですけど、古沢さんや製作者の方々の思いを、みんなで具現化してできたのがダー子というキャラクターだと思うんです」と自分だけでなく、周りの力があってできた存在と説明する。 東出は「ダー子あってのボクちゃん。 幼なじみだし、破天荒なダー子について行けるってそれなりに変わっていると思うんです。 視聴者の方が思うような常識を振りかざすこともありますけど、分け前はもらっている。 実はボクちゃんって、ずっと良い時計をしているんです。 ドラマから映画、スペシャルドラマと良い時計に買い替えているんですよ」とパブリックイメージでは、どこか頼りない部分を感じるボクちゃんだが、したたかな面もあると明かす。 「この3人は愛すべきバカというか、ダー子はもちろんですがボクちゃんも一筋縄ではないんだろうと思います」。 小日向は「いろんな役をやらせてもらってきたけど、今回も初めて経験しているなあって感じはします。 ダー子とボクちゃんがあってのリチャード。 2人がいて、そこにリチャードがいる。 2人の気配を感じながら演じているような気がします」とダー子とボクちゃんが存在あってこそのリチャードであるという。 「もし僕が参加していなかったら、誰が(リチャードを)やっていたんだろうと。 いろんな方がゲストで出たいと言っている作品にレギュラーとして参加できることは、本当に幸せだと思います」。 昨年12月に開催された『第44回 報知映画賞』授賞式では、主演女優賞を受賞した長澤に小日向が花束を贈呈した。 そこで小日向は「女優としてのオーラで背が高くなっている」と表現。 足かけ4年の月日を共演している東出と小日向にあらためて女優・長澤まさみの魅力も聞いた。 「見た目とぶっちゃけてくるときのギャップが激しくて、それが楽しいです」と話すのは小日向。 「基本的には気取らない子。 でも、女優としてすごく大きく見えるんです。 ドレスが似合うし、抜群のスタイルだし、ドラマの中でもマリリン・モンローに扮するときがあったんですけど、はっと息を呑んでしまう。 そういう美しさや魅力はありますよね」と言葉では言い表せない美ぼうがあるという。 東出は「ダー子って天才ですけど、ダー子自身も影で努力をしていると思うんです。 長澤さんもそれと同じように努力をして、かつ天才性もある。 長澤さんだからダー子ができる。 天才型であり、秀才型だと感じます」と手放しでほめたたえる。 2人の話を聞いた長澤は「良く言い過ぎじゃない?」とツッコみながらも「そんなに大層なものではないですけどありがたいです。 その言葉を裏切らないようにダー子を頑張らないといけないですね」とダー子演じることにさらなる気持ちを高めた。 小日向も「いろんなだましが入ってくるたびに、新しいキャラを演じるような楽しみがあるんです。 なかなかこういう作品はないので、楽しい、うれしい現場です。 会うと昔に戻れるし、とても貴重な時間だと思っています。 これで(第2弾が)ヒットすれば、第3弾もあると思います。 おじいちゃんになるまでやりますよ」と長澤と同じく未来を描いた。 東出は「僕もボクちゃんは好きです。 ボクちゃんを好きと言ってくださる方も多いので、どのような形かわかりませんが、この世界が続くのであれば、最後までまっとうしていきたいです」と前を向いた。 小日向は「どんなことがあろうと、この2人じゃないと成立しないからね。 ダー子がいて、ボクちゃんがいる」と2人に信頼を寄せる。 「普段は全然会わないけど、コンフィデンスマンの撮影に入ると不思議な時間になるんですよ。 ほかの人が(リチャードを)やっていたらテレビで見ていたわけだからね。 だからこうやって出会えて良かったってつくづく思います」と長澤と東出、そしてコンフィデンスマンに出会ったことに感謝した。 長澤も「私もそう思います」と小日向の意見に同意。 「ドラマで長い時間撮影して、お互いに信頼を築き上げていった。 だんだんとお互いを認めていった感じもしていました。 やっぱりこの3人じゃないとできないですよ」と誰が欠けても成立しない作品であると力説する。 そんな関係が垣間見える瞬間だった。 『ロボコン』(03年)で映画初主演、昨今の出演作は、映画『海街diary』『50回目のファーストキス』『マスカレード・ホテル』など。 3月6日に行われた「第43回 日本アカデミー賞」では『キングダム』(19年)で『セカチュー』以来の最優秀助演女優賞を受賞した。 7月31日には主演映画『MOTHER マザー』が公開予定。 13年には、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』『ごちそうさん』に連続出演。 『聖の青春』(16年)では羽生善治氏を演じ「第40回 日本アカデミー賞」優秀助演男優賞を受賞した。 96年の解散後は映像にも進出。 映画『ALWAYS三丁目の夕日』(05年、07年)や『ザ・マジックアワー』(08年)『サイドウェイズ』(09年)等を経て『アウトレイジビヨンド』でキネマ旬報ベスト・テンで助演男優賞を受賞。 近作としてドラマ『真田丸』(16年)『緊急取調室』シリーズ(14年、17年、19年)映画『サバイバルファミリー』(17年)『祈りの幕が下りる時』(18年)『マスカレードホテル』(19年)等。 ヘアメイク:河村陽子(vitamins) スタイリスト:石橋修一.

次の