やわ お とか たこ。 笑っちゃうほど柔らかい!タコのやわらか煮 : ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ

笑っちゃうほど柔らかい!タコのやわらか煮 : ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ

やわ お とか たこ

マメは 水膨 ( みずぶく )れ、タコは 厚 ( あつ )い 角質 ( かくしつ ) Q 手 ( て )にできる「タコ」と「マメ」の 違 ( ちが )いは 何 ( なに )?( 東京都練馬区 ( とうきょうとねりまく )、 小 ( しょう )2 男子 ( だんし )) A 野球 ( やきゅう )のバットやテニスのラケットを 握 ( にぎ )っていると、 手 ( て )にタコやマメができて、 痛 ( いた )くなることがあります。 自治医科大学付属 ( じちいかだいがくふぞく )さいたま 医療 ( いりょう )センター 皮膚科講師 ( ひふかこうし )の 川瀬正昭 ( かわせまさあき )さんに 聞 ( き )きました。 皮膚 ( ひふ )の 一番外側 ( いちばんそとがわ )には 角質層 ( かくしつそう )と 呼 ( よ )ばれる 硬 ( かた )い 層 ( そう )があって、 外 ( そと )からの 刺激 ( しげき )から 体 ( からだ )を 守 ( まも )っています。 その 下 ( した )に 表皮 ( ひょうひ )、 真皮 ( しんぴ )があります。 タコもマメも、 皮膚 ( ひふ )の1か 所 ( しょ )に 刺激 ( しげき )や 力 ( ちから )が 加 ( くわ )わることでできます。 短期間 ( たんきかん )の 刺激 ( しげき )で 体内 ( たいない )の 水分 ( すいぶん )が 集 ( あつ )まって 水膨 ( みずぶく )れになったものがマメです。 新 ( あたら )しい 靴 ( くつ )やサイズの 合 ( あ )わない 靴 ( くつ )をはいた 時 ( とき )にできる 靴 ( くつ )ずれもマメです。 刺激 ( しげき )が 繰 ( く )り 返 ( かえ )されて、 角質層 ( かくしつそう )が 厚 ( あつ )く 硬 ( かた )くなって 盛 ( も )り 上 ( あ )がったものがタコです。 タコは、 皮膚 ( ひふ )を 守 ( まも )ろうとする 防御反応 ( ぼうぎょはんのう )でできます。 タコは、 生活習慣 ( せいかつしゅうかん )や 癖 ( くせ )でできるものもあります。 ペンを 持 ( も )つとペンが 当 ( あ )たる 指 ( ゆび )にできる「ペンダコ」や、 長時間正座 ( ちょうじかんせいざ )をすると 足 ( あし )のくるぶしにできる「 座 ( すわ )りダコ」です。 タコと 似 ( に )たものに、 足 ( あし )の 裏 ( うら )や 指 ( ゆび )の 付 ( つ )け 根 ( ね )にできる「ウオノメ」があります。 ウオノメは 角質 ( かくしつ )が 芯 ( しん )のようになって、 真皮 ( しんぴ )にくさび 状 ( じょう )に 食 ( く )い 込 ( こ )みます。 直径 ( ちょっけい )5~7ミリメートルで、 中心 ( ちゅうしん )に 魚 ( さかな )の 目 ( め )のような 芯 ( しん )が 見 ( み )えます。 歩 ( ある )いたり 圧迫 ( あっぱく )したりすると、 激 ( はげ )しい 痛 ( いた )みがあります。 ばい 菌 ( きん )に 注意 ( ちゅうい ) マメは、 消毒 ( しょうどく )した 針 ( はり )を 刺 ( さ )して 水 ( みず )を 出 ( だ )すと 痛 ( いた )みが 和 ( やわ )らぐこともありますが、 触 ( さわ )らない 方 ( ほう )がいい 場合 ( ばあい )もあります。 タコは、 硬 ( かた )くなった 角質層 ( かくしつそう )を 削 ( けず )ることもできますが、どちらもばい 菌 ( きん )が 入 ( はい )らないように 気 ( き )をつけましょう。 痛 ( いた )みや 赤 ( あか )みがある 場合 ( ばあい )は、 皮膚科 ( ひふか )を 受診 ( じゅしん )してください。 手袋 ( てぶくろ )やテーピングをしたり、 靴 ( くつ )ずれ 防止 ( ぼうし )のパッドを 靴 ( くつ )に 貼 ( は )ったりすると、マメやタコができにくくなります。 【 野本 ( のもと )みどり】 疑問募集 ( ぎもんぼしゅう ) 身 ( み )の 回 ( まわ )りの 素朴 ( そぼく )な 疑問 ( ぎもん )をお 待 ( ま )ちしています。 はがきに 書 ( か )いて、〒100-8051( 住所 ( じゅうしょ )はいりません) 毎日小学生新聞 ( まいにちしょうがくせいしんぶん )「 疑問氷解 ( ぎもんひょうかい )」 係 ( がかり )へお 寄 ( よ )せください。

次の

肩こり解消グッズ「やわこ」の使い方。かたおよりちょっと柔らかい

やわ お とか たこ

魚の目とタコのでき方はほとんど同じですが、魚の目には芯があることが大きく異なります。 部分的に刺激を受け続けるためにできますが、その刺激が一点に集中すると、角質が円すい状の芯のようになって、真皮のほうに突き刺さるように伸びていきます。 この円すい状の芯が神経を圧迫するため、魚の目は歩くたびに痛みが起こります。 一方、タコには芯がありません。 芯がないため痛みはないことが多く、角質はより分厚く硬くなっていることから、逆に外部からの刺激を感じにくい状態です。 魚の目、タコができる原因 魚の目、タコができる原因として以下のような理由が考えられます。 たとえば、小さめの靴をはくと足の指先が靴にあたったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったり、幅が狭いと指が両側から圧迫され続けます。 また、大きめの靴では、歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、その都度、指先が圧迫されることになります。 さらに、サイズの合わない靴では、歩き方も不自然になりますから、足裏の特定の部分だけに刺激が加わってしまい、魚の目やタコができてしまいます。 開張足では、前に体重がかかりやすく、すれやすくなるため、魚の目・タコができやすくなります。 特につま先が細くなったデザインの靴では、指同士が圧迫され摩擦が起き、魚の目やタコの原因になります。 足に怪我などがなくても、歩き方に独特のクセがあり、そのクセによって足裏のどこかに負担がかかる場合もあります。 歩いているときも常に足の冷えを感じるような、ガンコな冷えを持っている人は要注意です。 その一つが神経障害で、ひどくなると手足の感覚が鈍くなります。 そのためサイズの合わない小さな靴を履いても違和感を感じず、魚の目やタコができやすくなることに。 さらに痛みを感じないために放置してしまうことも多く、その結果、傷口が化膿し、最悪の場合、壊疽(えそ)となり、足を切断しなければならないこともあります。 糖尿病を患っている場合は、定期的に足裏のチェックをすることも大切です。 魚の目・タコの予防と治療法 セルフケア• サイズの合う靴、ヒールの無い靴に替える 小さな魚の目やタコなら、サイズの合う靴に替えるだけで、治る場合もあります。 自分の足に合う靴をアドバイスしてくれるシューフィッターのいるお店などで、相談してみましょう。 また、仕事上ヒールのある靴が必須という場合でも、通勤時はスニーカーにするなど、できるだけハイヒールを履く時間を減らす工夫をしましょう。 歩き方を見直す 歩きグセを正すことで、症状がよくなることも。 自分の歩き方を見たことがある人は少ないですから、友人や家族に歩き方を見てもらって、前後左右バランスよく歩いているかをチェックしてもらいましょう。 市販薬を使う 魚の目やタコは症状の軽いものであれば、角質をやわらかくする「サリチル酸」入りの市販薬で治すことができます。 たとえばパッドタイプの市販薬であれば、入浴後に足をよくふいて患部にパッドを貼り、そのまま2〜3日貼り続けます。 サリチル酸が皮膚に浸透すると、皮膚の色が白くやわらかくなっていきますから、その頃にピンセットなどで痛みを感じない程度に、患部の周囲から削っていきます。 入浴後など、皮膚がやわらかくなった状態で行うとやりやすいでしょう。 治りにくい場合は再度パッドを貼ってやわらかくしていきます。 特に魚の目の場合は、芯を除去しないと治りませんから、芯がとれるまで上記を繰り返します。 市販薬にはほかに絆創膏タイプや液体タイプなどがあります。 市販のグッズを使ってケアする 症状の軽いうちであれば、市販されているタコや魚の目削り専用のヤスリやカッターも効果的です。 風呂上りなどの皮膚がやわらかいときに、ヤスリやカッターなどでマメにケアしていきましょう。 カミソリなどで無理に削ると、皮膚が傷ついて出血したり、細菌感染を起こすことがありますから避けてください。 セルフケアの注意点 セルフケアでは逆に悪化させてしまうこともあるため、以下の点に注意しましょう。 魚の目ではなく、ウイルス性イボということも 魚の目に良く似た病変でウイルス性イボがあります。 特に子どもの足の裏にできるものは、ウイルス性のイボの場合がほとんどです。 これを魚の目と勘違いし、魚の目の市販薬で自分で治そうとすると、逆に悪化させることがあります。 どちらかわからない場合は、まず皮膚科を受診するようにしましょう。 糖尿病の人は、まず受診 糖尿病の合併症である神経障害を起こしている場合、自分でケアするのは危険です。 感覚が鈍くなっているため、魚の目やタコを除去する際に健康な皮膚も傷つけてしまう恐れがあります。 糖尿病の持病がある人は、自分でケアするのではなく、まず受診するようにしましょう。 根の深い魚の目は皮膚科へ 魚の目は、円すい状の芯が皮膚の内側に向かって伸びており、根の深いものは自分では取りにくく、たとえ取ったとしても芯が残っていてはすぐに再発してしまいます。 さらにカミソリなどを使って自分で削ると、ばい菌が入って、悪化させてしまうことも。 痛みがひどく根の深い魚の目は市販薬を使って自分で治すのではなく、専門医に診てもらったほうが確実に治せます。 皮膚科での治療 皮膚科では分厚くなった角質を除去する治療が行われます。 自宅でのケアと同様に、角質をやわらかくするサリチル酸などの薬を、魚の目やタコに数日間貼り続けることで症状を改善させたり、器具を用いて魚の目の芯や分厚い角質を削り取ります。 自分で削りとるよりも、確実に除去することができます。 あまりにも痛みがひどく、日常生活も送れないような状態の場合は、手術によって切除する場合がありますが、その後の傷跡が魚の目の痛みよりも強くなることがあることから、あまり行われていません。 また自費診療になりますが、局所麻酔をして炭酸ガスレーザーで切除する方法もあります。 出血がほとんど無く治療することができますが、傷が癒えるまでは1カ月程度かかります。 いずれにせよ、皮膚科で治療をしても、その原因となる靴や歩き方などが改善されない限り、再発するため、根本の原因を見直すことが大切です。 関連:.

次の

自己治療はキケン!? 魚の目・タコ対処法|病気・症状と予防|eo健康

やわ お とか たこ

ゆでだこは、ゆでてあるたこのことで、基本的には、加熱調理用と断ってない場合はそのまま食べることが出来ます。 刺身用は、ゆでだこのうちでも、足の太いものを刺身用として単価設定を高めにします。 (細い足では、刺身としての見栄えが悪くて来客に出せない。 家庭用です。 )後に述べます、蒸しだこの場合もあります。 味付けたこは、事前に味が付けてありますので、そのまま食べられます。 また、食感をよくするために、蒸しだこも作られます。 これは蒸籠の大きいようなやつで蒸気を使って蒸しあげるわけです。 単価設定は高めです。 最近は冷凍技術が世界で発達しており、日本の市場に出回っているものの大半は、北アフリカ産です。 (モロッコなど) 生きているたこが手に入ったら、生で刺身を味わってみてください。 塩もみした後、足の吸盤を含む皮をむいて、中の丸い筋肉を出して、薄くスライスして、氷の上に並べて刺身として食べます。 また、残ったら、それをしゃぶしゃぶにしてもいいです。 ポン酢などでワケギをそえて。 あー、腹減った。 では、失礼します。 A ベストアンサー 他の方が書かれている通り、ゆでだこと蒸しだこの違いは湯で茹でるか、蒸気で蒸して加熱するかだけの、熱媒体の違いです。 ではそれが味にどの様に影響するのか。 実は簡単には言えない所があります。 たこに限らず、カニでもまた煮干でもそうですが、その地域の海水で茹でます。 決して真水では煮ません。 その理由は、海水中で活きている生物は、その生体細胞液が海水と等張だからです。 等張とは浸透圧が等しいと言う意味です。 これは食塩濃度がほぼ等しいと理解して結構です。 浸透圧が違う真水に曝したら周囲の水が生体細胞に入り込み、細胞が破壊します。 逆に高濃度の塩水に入れたら、脱水されます。 漬物と同じ事が起きます。 だからゆでた時にエキスが極力でない様に、海水で茹でます。 高級な船上加工のカニ缶も、本来は海水を入れて缶詰にします。 しかし茹でるなり蒸すなりすれば、筋肉のたんぱくが凝縮しますから、ある程度のエキスが流出することは避けられません。 蒸した場合には、そのまま下に垂れて排水に行きます。 茹でる場合には釜の中に溜まります。 エキスが濃くなるので、次第にエキスが抜けにくくなることも確かです。 でもどれだけの差が出るのかは分りません。 ゆでだこにするのか蒸しだこにするのか、おそらくこれは規模の違いなのでしょう。 小規模な場合には、釜茹での方が設備も簡単です。 しかし大量処理には、コンベア式にして蒸した方が効率が良いと思います。 その違いだろうと思います。 おそらく味に違いはほとんどないのではと思います。 他の方が書かれている通り、ゆでだこと蒸しだこの違いは湯で茹でるか、蒸気で蒸して加熱するかだけの、熱媒体の違いです。 ではそれが味にどの様に影響するのか。 実は簡単には言えない所があります。 たこに限らず、カニでもまた煮干でもそうですが、その地域の海水で茹でます。 決して真水では煮ません。 その理由は、海水中で活きている生物は、その生体細胞液が海水と等張だからです。 等張とは浸透圧が等しいと言う意味です。 これは食塩濃度がほぼ等しいと理解して結構です。 浸透圧が違う真水に曝したら周囲の... A ベストアンサー 居酒屋勤務の調理師です。 当店では、刺身用タコを仕入れています。 いわゆる輸入 煮タコが冷凍の状態で納品されてきます。 スーパー等で販売されている刺身用タコも、おそらく輸入煮タコの冷凍品を解凍の上陳列しているものと思います。 形としては、再冷凍になりますので、風味は多少落ちるとは思いますが、冷凍可能です。 冷凍方法ですが、まずは、カットしたタコを、簡単にラップして急速冷凍します。 完全に凍ったら、ポリ袋等に、タコを入れて、ストロー等で、布団圧縮袋の要領で、出来る限り空気を抜きます。 (空気の量が多ければ多いほど俗に言う冷凍焼けを起こしやすいです) 袋の口を縛って、密封し、冷凍庫の、一番冷える場所で保存します。 可能でしたら、たこ焼き用にカットしないで、足一本ずつ冷凍したほうが、表面積が少なくなるので、持ちがいいんですけどね。 保存期間ですが、遅くても、ひと月以内に消費することをお勧めします。 腐敗等を考える前に、風味が落ちますよ~~ A ベストアンサー 現在、予定日を目前に控えた妊婦です。 たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。 まさに膣が刺さるような痛み。 膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。 そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。 妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。 先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。 まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。 診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。 donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら? お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。

次の