格付け し あう 女 たち。 まんが王国 『格付けしあう女たち~OLマウンティング~』 横嶋やよい,立木美和,河東ますみ 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

格付けしあう女たち~OLマウンティング~ 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

格付け し あう 女 たち

<今回の相談内容> 女性が多い職場での人間関係に悩んでいます。 女性社員の中で、 何かとマウンティングしてくる人がいます。 夫の学歴や会社、子どものことなど「私はあなたより上」といいたいような内容ばかりで辟易しています。 悩んでいる人に「私はそうした悩みがなくてラッキーだけど、大変だね~」といった余計なひと言があるので、不愉快です。 「いじめ」というほどではないのですが、ジワジワと疲労感がたまります。 どう対処したらよいのでしょうか? (28歳 事務職) <回答> 最近常々思います。 特に女性は、セクハラやパワハラ、身ごもればマタハラなど、 見渡せばハラハラしっぱなし。 働く女性たちの相談に乗っていると、仕事に集中できる職場、和気あいあいと協力し合える職場って結構ないものだなぁと思います。 どこの会社にも、仲間の誰かにダメージを与えて平気もしくは楽しんでいる妖怪がおるものです。 ダイバーシティってまさか、多様な妖怪を受容する職場って意味じゃないですよね? そして、今回のご相談は「マウンティング女子」ですか。 そうですか。 セクハラやパワハラのように相談窓口が設置されたり、裁判沙汰になったりしない分、やっかいですよね。 特に、マウンティング女子の話術は、じつに巧妙。 世間話の振りや親身になっている振りをしながらターゲットの情報を盗み、致命傷にならない傷を微弱に与えてゆくのがデフォルト。 上司から見たら仕事の合間に楽しく談笑しているだけに見える事でしょう。 致命傷にならずとも傷は傷です。 被害を甘く見てはなりませぬ。 相談者さんのように疲労を蓄積させる者、鬱々として会社に行くのが嫌になってしまう者、あまりのストレスに転職を余儀なくされる者と、マウンティング女子の餌食になり、マウンティングシャワーを浴び続けると、程度の差こそあれ不利益は被ります。 しかし、前述した通り会社のルールとして取り締まるのはとても難しいので、 徹底的な自衛、もしくは威嚇が必要となります。 己の身は己で守るしかありません。 先ずは敵の生態を知る事からスタート致しましょう。 【マウンティング女子の生態】 現状の評価や達成感に満足のできない、デイリーに優越感を得ないと気が済まない、という「昔から多かったであろう女性特有の自己肯定感の低さ」が原因の病ではないかと。 マウンティング女子の大きな特徴は「プライドが高く、コンプレックスが強い」。 努力家で頑張り屋の人も多く、目標達成能力も高い。 だから一定数以上の評価は得ている人も多いはず。 強烈なコンプレックスとアンビバレントなプライドの高さが常に飢餓状態で、もっともっと自身を気持ちよくする為にターゲットを求めているのです。 「ターゲットにならない」~自衛 其の一 マウンティング女子の対処法で必ず上がるのが「無視をする」というアドバイスなのですが、職場の人間関係においてあからさまに無視をするのも厳しいところです。 せいぜいランチを断り、飲み会では隣に座らないといった事くらいでしょうか? 彼女たちにロックオンされないためには、 彼女たちがマウンティングしても面白くない相手になる必要があります。 以下、彼女たちが折角マウンティングしても溜飲の下がらない女性のタイプを羅列してみました。 ステージが違い過ぎてライバル心が沸かない人• とにかく仕事にプライベートに忙しそうな人• 自分の興味のない話はあまり聞いていない人• 孤高を貫いている人• プライベートな情報をあまり明かさない人• 自慢しても悔しそうにしない人• 返事やリアクションに魂がない人• もしくは、アルカイックスマイルで諭すように聞いている人 全部は無理でも、一つや二つは習得して自衛していただきたい所。 「テクニックで逃げる」~自衛 其の二 それでも捕まってしまったという女性には、マウンティング女子を遠ざける二つの忍法を伝授します。 【忍法パーティ・スルーの術】 これはパーティで良く見かける光景で、私も不本意な相手にロックオンされたときに度々使用しています。 幸い、職場には人が大勢いますので、小芝居をせずに済むことも多いでしょう。 何回か続けば、この人は世間話に付き合ってくれない人と認定されますので、それはそれでしめたものです。 【忍法すり替えの術】 相手のストレスレベルを下げる「傾聴スキル」。 あえて、その逆を張ってゆきましょう。 話の腰は積極的に折り、相槌にバリエーションを付けず、常にビッグクエスチョンで「あなたにとって彼氏って何?」とか、「あなたの結婚観は?」など、答えづらい質問を繰り出しましょう。 さらには、彼女が話している話の単語を勝手に奪い、自分の話にもっていけるなら上級者です。 これらを続けていると、「この人としゃべるとストレスがたまる」というマウンティング女子からありがたい称号を授与され、放置してもらえる事うけあいです。 今後もつきあっていきたい仲間なら… 今回の相談をうけて、改めて自分の周囲にマウンティング気質の人がいたらどうするだろう、と考えました。 対等なビジネスパートナーやママ友(あんまりいないけど)で、今後も付き合っていきたいと思える人の場合…。 マウンティングすること以外は良い所のいっぱいある人なのでしょう。 考えた結果、以下の方法をとるだろうと思いました。 まずは冗談っぽく打ち返して相手に気づいてもらう方法。 マウンティング女子は無意識で繰り出している人も多く、自分が「マウンティング女子である」という自覚が全くなかったりします。 それで、陰口を言われたり、人が去っていきやすい訳です。 マウントされたと思ったら間髪入れずに 「ちょっ… !マウンティング?これがはやりの?!」 と、つっこみます。 「うるさい親戚のおばちゃんみたいだよ」を伝えるために。 あとこれは、私の職業病ですが、カウンセリング力を駆使して彼女の話を掘り下げ、コンプレックスが生まれた背景や満たされない思いを傾聴し倒すと思います。 その人の心の深淵に一番興味があるからで、彼女への理解が深まったり、彼女のストレスレベルが下がったら、歩み寄れる気がするからです。 偉そうな事を書き綴りましたが、他人と比べて優越感を得ることは、私だって、マウンティング女子の被害者たちだって、口に出さないだけでひっそり、でも確実に繰り返しているはずです。 強烈な劣等感に襲われたり、体調や立場が急激に変わったりしたら、私たちだってマウンティング女子になる恐れは十分にあります。 特殊な性格の特殊な人がなる病じゃないところが、「マウンティング女子」という症例の一番こわいところだと感じ、今回襟を正した次第です。 そして、 イージーに他人を使って得る快楽は、やっぱりリスクが高くてタチが悪いのです。 誰もが保持しているであろうマウンティング女子の種を発芽させないために、他人と比べなくても幸せを感じる何かを、私たちはもっと意識的に増やしていく必要がありそうです。 回答者:川崎貴子 リントス(株)代表。 「働く女性に成功と幸せを」を理念に、女性のキャリアに特化したコンサルティング事業を展開。 1972年生まれ、埼玉県出身。 1997年、人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。 女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を手掛け、2017年3月に同社代表を退任。 女性誌での執筆活動や講演多数。 (株)ninoya取締役を兼任し、2016年11月、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を立ち上げる。 婚活結社「魔女のサバト」主宰。 女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。 「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。 2人の娘を持つワーキングマザーでもある。

次の

こんな女は彼女にしたくない!女性を格付けする男たちの本音とは

格付け し あう 女 たち

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 加えて、紹介した途端に、学生からも非常にいい反応が返ってくる本というのもある。 本書はまさにそうした著作である。 平易な書き方をしながら、その一方で、今日の社会における何がしかの本質的な点を指摘しているような著作というのは、なかなかお目にかかれないものである。 さて、本書『格付けしあう女たち』は、家族社会学者の山田昌弘との共著によって、「婚活」というキーワードを世に広めたジャーナリストの白河桃子氏が、今日における女性たちのコミュニケーションの実態を社会学的に分析したものである。 サブタイトルにおいて「女子カースト」と呼び表しているように、今日の女性たちのコミュニケーションにおいては、影に日向に激しい差異化競争が繰り広げられ、その結果を元にした厳しい「格付け」がなされていくのだという。 冒頭でも取り上げられている「ママ友」の事例などはその典型で、「友」という文字とは裏腹に、場合によっては競い合う「敵」にすらなりうるのだといい、他にも「恋愛・婚活カースト」「女子大生カースト」「オフィスカースト」といった事例が取り上げられている。 本書が優れているのは、こうしたコミュニケーションが生まれる社会的背景について、的確でなおかつわかりやすい分析がなされていることだ。 すなわち「「女子カースト」が生まれる四つの原因」(P34~)として挙げられているのは、「ヒマがある集団」「狭くてぬるい均質な集団」「逃れられない集団(会社、ママ友など)」「「悪の種」が集団に紛れ込んだ場合」だが、ここからは、いわゆる集団主義的で、他に逃げ場のない同質的な集団において(例えば、管理教育の徹底された学校などを想像するとよい)、いじめが起こるのと類似した構造を見出すことができるだろう。 だが、本書がさらに注目に値するのは、こうした実態をただ批判するだけではなく、さらなる深い分析に基づいて、建設的な処方箋を提示していることである。 すなわち本書によれば、いじめが起こるのと類似した構造である、逃げ場のない同質性の高い集団は根強く残存していくものの、その一方で「格付け」競争がますます激化していく背景には、社会全体の流動性の高まりとともに、むしろ人々の間での多様性が徐々に高まり始めていることが指摘できるという。 いわば「出る杭は打たれる」ということわざがあるように、同質性の高い集団においては、少しでも異質なものが紛れ込むと激しい反発が生じうる。 つまり本書によれば、今日において「女子カースト」が非常に過激になっているのは、「多様性社会への過渡期」にさしかかりつつあるからだというのである。 こうした「多様性社会」の到来を前に、選ぶべき道はおそらく二つありうるのだろう。 一つには高い同質性に固執して激しいバックラッシュ的な反応を見せることであり、もう一つには、流れに棹さして、時代の変化への適応能力を高めていくことである。 そして白河氏が進めるのは後者の選択肢である。 こうした処方箋は、すぐにでも問題を解決し救われたい女性たちにとっては、即効性のある特効薬とはならないものかもしれない。 だがむしろ社会学的な処方箋は、「対症療法」というよりも「気長な根治」に向いたものである。 「女子カースト」に悩む世の中の多くの女性たちに対して、その実態を冷静に分析し対処していくために、本書を強くお勧めしたい。

次の

辻泉評 『格付けしあう女たち―「女子カースト」の実態』白河桃子著 【プロの読み手による 書評空間】

格付け し あう 女 たち

年に数回は仲間で集まるんです。 そのメンバーでひとり、男からは不人気な女子がいて。 久しぶりに会うと近況報告から始まったりするじゃないですか。 そいつ、いっつも男関連の話ばっかりなんですよね。 最近は何人にナンパされただとか、既婚者に言い寄られて困るとか。 挙げ句の果てには「私が不倫とかしたらどう思う?」って・・・知らねーよ! 第1位「男慣れしてない女」 恋愛ベタなくらいなら、男慣れしている女性のほうがマシ。 信じ難い、信じたくない男性たちの本音。 そこには男性の多くに共通する「面倒くさがり」な性格が影響しているようです。 本性を誰も知らない ・ 同僚に仲良しがいない ・ 仕事以外で話したことがない ・ 実はあんな人、と噂でしか聞かない 久しぶりの合コンで「ないわー」と思った女子がいて。 自己紹介のときから愛想がないな、とは思ってたんです。 話しかければ返事はするんですけど、向こうからは何もなし。 ただし、他の女の子たちとは楽しそうに話すんですよ。 なのにこっちが笑いを取ろうと盛り上げても、ニコリともしない。 あとから聞いたら「極度の緊張しい」だったらしいですけど。 だったら無理して来るなよ!と思いましたね。 男性はいつでも女性を格付けしている 今回の男性たちの格付け、女性側の恋愛経験の少なさや不器用さを「面倒だ」と感じている様子が見て取れました。 恋愛のプロセスを楽しめる男性が減っている。 なんだか少し寂しいですね・・・是非ともリードする喜びを知ってほしいものです。

次の