タワー マンション 武蔵 小杉。 武蔵小杉の冠水・浸水のタワーマンションはどこ?名前や風評被害についても!-shuly

【発表】武蔵小杉のタワーマンションランキング!

タワー マンション 武蔵 小杉

関連記事: 階によって被害に個人差も おそらく、住民の方も、今遭っている被害についてはともかく、今後どうなるかなどの詳しいところは必ずしも把握できてはいない可能性もあります。 そもそも、47階建てのタワーマンションですから、上層階と下層階では被害にも個人差があります。 エレベーターが動かない場合に、2階や3階の人なら、さほど移動には困らないでしょうが、それ以上の高層階に住んでいる人は生活に支障が大きく、上の階ほど生活が不可能になってしまいます。 一口に被害と言っても、取材をする相手によっては、だいぶ違いが出てくるのではないでしょうか。 浸水被害のタワーマンションを借りたい人も プレジデント誌によると、話ができないタワマンの住民本人に直接ではなく、マンションの内見をしてきた男性に話を聞いた、その談話を掲載しています。 そもそも、浸水被害の後のマンションでも、借りたいという人がいるのだろうかと疑問になりますが、そうではなく、その逆で、取材をした男性は「今回の災害で家賃が下がるのではないか」と思い、そのあとにすぐ連絡をしたというのです。 災害の被害と並べてしまっては双方に失礼ですが、事故物件狙いという人も案外いますので、驚いた話ではないのかもしれません。 関連記事: 賃貸の人気状況は変わらず ともかくも、それで様子がわかったわけですが、災害後の賃貸料金の値下がりを逃すまいとすぐに電話をしたにも関わらず、もっと先に電話をした人がいて、2番手だったというのですから、豪胆な借り手もいるものです。 結局、浸水被害があれだけ報道されたにもかかわらず、賃貸の人気状況は普段と変わらないということでした。 しかもそうなると逆に浸水被害で、希望者が増えたタワマンもあるといえるかもしれません。 もちろん、その場合は被害に遭ったマンション2棟のみです。 武蔵小杉のタワーマンションの家賃は ちなみに、その場合の家賃はいくらだったかというと、「家賃23万3000円、管理費1万5000円の賃貸契約」だというのですが、これでは安くなったといっても、相当な金額です。 おそらくは、会社の家賃補助などがあるのでしょうが、それでなくては購入を考えた方がいい金額でしょう。 武蔵小杉のタワマンの復旧度 それでは、被害マンションの復旧度は、賃貸の希望者を受け付けられるほど回復しているのかというと、どうもそうではないようなのです。 飲み水は使えていない 浸水被害があったタワーマンション、現在は、水も電気も復旧しているということですが、現在も、飲み水としては使えていないようですし、いつ復旧するのかも伝わってきません。 水は水道から出るものの、タンクの中に雨水などが入ってしまったためで、今後も水質調査などが行われるということなのですが、それでも復旧を見越して希望者はあるということですね。 エレベーターは問題なし 電気は復旧しているため、もちろんエレベーターの使用には問題はないそうです。 賃貸料の返却も タワーマンションの賃貸物件については、今回の災害で、タワーマンションを投資用に購入したオーナーは、家賃の返却を迫られたという報道がありました。 エレベーターが止まって、とても高層階には生活できないとなったら、マンションを返却するという事態になりかねませんので、管理会社がその間の家賃を取らないということになったようです。 関連記事: そういう意味では、逆に賃貸として利用する住民の方にとっては、タワーマンションに住んでいても万が一の災害時の、一時的な住み替えはあっても、費用負担等の心配はないわけです。 しかし、理想的にはそうでも、必ずしも管理会社や外国人オーナーが適切な対応をしたところばかりではなかったようで、トラブルも発生したということに、プレジデント側が触れています。 いずれにしても、浸水被害に遭ったタワーマンションの少なくても1棟に関しては、完全な復旧にはまだまだ日数がかかるようです。 いくら、需要は衰えてはいないとはいっても、当の住民の方にとってみれば、飲み水も使えない状態であっては、マスコミに口が重くなるのは当然のことかもしれません。 被害タワーマンションの住民の方にとっては、大変お気の毒なことですが、生活の不便に加え、これからの対策に関しても心配が続くことになりそうです。 マンション情報とご相談は.

次の

「状況に啞然」武蔵小杉のタワマン、浸水から得た教訓:朝日新聞デジタル

タワー マンション 武蔵 小杉

電鉄業界もその例に漏れず、転換期を迎えようとしています。 そんな中、私鉄が目指すべきさらなる「未来=3. 0」を提言しているのが、東急電鉄の東浦亮典氏。 著書でも触れている、街づくりの未来について明かします。 武蔵小杉はかつて京浜工業地帯の一角を担う一大工場地域でした。 武蔵小杉が現在のように一気に発展したのは、こうした工場群が事業所統合や海外移転などによりなくなったことで、駅周辺に大規模な空地ができたからです。 そこで川崎市は武蔵小杉を市内の第三都心と位置付け、これらの工場跡地をフックに大きなまちづくり構想を練り上げ、規制緩和してタワーマンションを開発誘導した効果が表れました。 東急は武蔵小杉開発に出遅れた 田園都市線の沿線地域における東急のように、「武蔵小杉を開発したのはこの会社」という企業はありません。 いくつもの大手デベロッパーが参入して、それぞれにタワーマンションなどの開発を進めました。 1995年に地区内初のタワーマンション「武蔵小杉タワープレイス」が建設されて以降、雨後の竹の子のごとくタワーマンションが林立する街へと変貌を遂げました。 東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は。 武蔵小杉がある川崎市中原区は、20年前と比較すると人口増加が顕著です。 19万5000人だった人口は25万8000人に。 一気に6万3000人も膨れ上がりました。 全国で人口減少が問題視されているさなか、短期間でこれだけの人口増を達成している街は他に類を見ないでしょう。 実は東急電鉄はこの武蔵小杉のタワマン開発競争に出遅れてしまい、今のところ2013年に駅上のマンションと商業施設を開発したのみにとどまっています。 これは東急電鉄の開発嗅覚の鈍さを露呈してしまったとも言えますが、昔の武蔵小杉の姿を知っていただけに、これほど短期間で今の姿に変わるとは予想しきれなかったとも言えます。 最近では「住みたい街ランキング」で上位にランクインするほどの人気の街に成長した武蔵小杉ですが、一方で問題点も浮き彫りになってきています。

次の

武蔵小杉の全タワーマンション一覧を見やすいマップと写真で紹介

タワー マンション 武蔵 小杉

関連記事: パークシティ武蔵小杉 ステーションフォレストタワー概要 ・東急東横線武蔵小杉駅近くの47階建てタワーマンション ・東急東横線 「武蔵小杉」駅 徒歩2分 ・築年 2008年10月 ・総戸数 643戸 ・三井不動産施工 現在は停電と断水 こちらのマンションでは、地下3階の電気系統の設備に浸水したため、電気系統が働かず、停電と断水が起こりました。 停電の状況 1棟が、24階まで停電したまま、エレベーターが使えない状況になっています。 なぜ、24階までかというと、電気系統のシステムは、1階から24階までと、25階から上階に分かれているためです。 エレベーターが動かない階の住民、つまり24階までに住んでいる人は、階段を使わざるを得なくなっています。 断水の状況 停電は、24階の上下で別れましたが、断水は643戸全戸に及んでいるため、25階以上の人も不便は変わりません。 三井不動産施工の他のマンション 三井不動産の他に「パークシティ」とつくところは、「パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズイースト」「パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズウエスト」と「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」と全部で4棟のタワーマンションがあります。 当初は、「パークシティ武蔵小杉 ミッドスカイタワー」で停電と、ヤフーニュースの記事で報道されましたが、ミッドスカイタワーでは停電等は起こらなかったとのことです。 また、最初に「エレベーターが使えない」と伝えられたマンションもこちらです。 関連記事: 22階建てタワーマンションにも被害が もう一つ、武蔵小杉の22階建てマンション、シティハウス武蔵小杉1棟の地下に浸水、配電盤が水につかってしまい、エレベータが使えなくなりました。 電気が使えない場合は水も出ませんし、同様にトイレも使用できませんが、こちらではバケツでの排水は可能だということです。 なお、このマンションではさらに、1階に共同で使用できるトイレがあるということです。 シティハウス武蔵小杉概要 ・東急東横線 「武蔵小杉」駅 徒歩8分 ・築年 2009年 ・総戸数 190戸 ・住友不動産施工 シティハウス武蔵小杉の場所 今回浸水被害を受けたマンションは、タワーマンションの11棟のうち、どちらも線路の近くにあるマンションです。 なお、施工した会社は同じではありません。 マンションの管理会社が住民説明会 停電と断水など、深刻な被害が住民におよぶところとなり、マンションの管理会社が住民への説明会を開きました。 マンション全体は停電集のため、説明会は特別に電気が引かれたロビーで行われ、 詰めかけた多くの住民でごった返しました。 出席した住民によると 復旧にかかる費用は、マンション側の保険で全額賄われるということです。 しかし管理会社は、浸水したことへの責任はないとして、停電や断水によって生じる損害には、仮住まいをする際の費用は、それぞれの入っている保険会社に申請してほしいと説明があったといいます。 住民の多くは納得した様子だったということですが、復旧までのスケジュールについては、本復旧をさせるには何ヶ月もかかるということで、早く復旧を進めてほしいという要望が出たということです。 武蔵小杉のタワーマンションの名称一覧 下は、武蔵小杉のタワーマンションの名称一覧です。 ・リエトコート武蔵小杉イーストタワー ・パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンタワーズイースト ・プラウドタワー武蔵小杉 ・シティタワー武蔵小杉 ・パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー ・パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー ・シティハウス武蔵小杉 ・ザ・コスギタワー ・リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィータワー ・エクラスタワー武蔵小杉 ・レジデンス・ザ・武蔵小杉 ・ブリリア武蔵小杉 ・パークシティ武蔵小杉ザグランドウイングタワー このうち、ブリリア武蔵小杉とエクラスタワー武蔵小杉は、ランキング入りしています。 ブラタモリより 現在、武蔵小杉には11棟のタワーマンションがあり、分布は概ね上のようになっています。 武蔵小杉の駅前は、3つの鉄道があり、極めて利便性の高い地域です。 再開発が進んで、急激に人口が増えて発展した街であり、「住みたい街ランキング」の上位に上がっている街ですが、地震にはともかく、台風で浸水が起こるということは想定外だったかもしれません。 そもそも、タワーマンションのような高い建物が「水害」ということを思いつく人は少ないと思います。 浸水によって、高層階の建物が被害を受けてしまうことは「都市型水害」と呼ばれるようです。 このような「都市型水害」がどうして起こったのか、これからの対策はどのようにすればいいのか、これから考えていく必要があると思われます。 住民の方は毎日が大変だと思われます。 一日も早い復旧をお祈りしています。

次の