書籍棚。 電子書籍の窓

本棚選びに迷ったらコレ!老舗専門店のe

書籍棚

「」 はじまります。 この後、バーゲン価格を配信するサービスとして「本の棚」が始まります。 これまでの「電子書籍の窓」からの配信とどのように違うのか、今回の新しいサービス開始の裏側に隠されたストーリーと一緒に、その詳細を説明いたします。 電子書籍の窓のこれまで 電子書籍の窓は、2012年秋から日本でも本格的に始まった電子書籍の情報配信のためのサイトとして開始しました。 これまでに、多くの読者からの支持をいただき日本や有数の電子書籍情報配信サイトとしてご利用いただいています。 電子書籍の窓を始めたのは、自分自身が電子書籍に出会って素晴らしい読書体験を得られたからです。 これを多くの人にお伝えしたいと考えて始まりました。 当初は新しいメディアとして、その存在意義や使い方について多くの質問や議論がかわされてきました。 そこで、さまざまな角度から電子書籍の利点や利用方法について情報を配信してきました。 でも最近では、電子書籍もより皆さんの読書体験の一部として生活の中に溶け込んできています。 ここ数年では、通勤途中やちょっとした空き時間にスマホやタブレットでマンガを読む人を多く見かけます。 私自身も同じで、本をスマホやタブレットの画面で読むことに抵抗を感じなくなってきているんだな、と感じています。 もうすでに始まっているデジタルでモバイルな本の世界 電子書籍はより身近となり、普段どこへども持ち歩き手にしているスマホなどで、すぐに本が読むためツールとなりました。 普段忙しくしていることが多く本から遠ざかっている人でも、手にしたスマホであれば、今すぐ素晴らしい読書体験を始められます。 すでに本格的にデジタルとなった本の世界では、ますます財布にも優しく、すぐに好きなだけ本の世界に浸ることができます。 であれば、「電子か紙かにとらわれず、欲しい本読みたい本今すぐに読める情報をより広範囲の本が大好きな読者にお届けするべきだ」と強く感じました。 というのも、最近当サイトて行ったアンケートでは、サイトの情報配信登録者の方々は圧倒的に電子書籍での読書を便利と感じ、半数以上が電子書籍を、あるいは電子書籍と紙の本を併用して読書をすると回答しています。 この一方で、サイトがTwitterの一般読者層にアンケートしたところでは、電子書籍よりも紙の本が優れているとしています。 うーん、としばらく唸っていたのですが、ある時ふと思いました。 「電子も紙もどちらもあり」と。 そこで、このどちらの読者層にも、いつでもどこでも手元のスマホやタブレットで本を手に入れてスキマ時間でも本を読むことができる、そんなサービスとして「本の棚」を始めることにいたしました。 「本の棚」 はじまります。 本が大好きな人へ価値ある情報をお届けするサイトとして、別のブランドとして「本の棚」が始まります。 自分が読みたい本を今すぐに「お手軽価格」で読める方法として、「本の棚」は誰でもが利用するメール配信を中心として情報を配信していきます。 このサービスでは、自分が読みたい「ジャンル」を登録していただき、そのジャンルに近い本で「無料」や「バーゲン価格」の特にお得な本を厳選し毎日配信します。 「欲しい本の情報が、いつでも手元に届く」というイメージです。 これを可能にするには、少なからずの裏方の労力と仕組みの作り込みが必要です。 このため、ここ数ヶ月間を費やして準備を進めてきました。 直近の一ヶ月ではその初期的な配信をお送りしてきました。 (やっとジャンルごとの配信の準備が整いました。 この後からの配信で絞り込みをしたものに移行していきます。 ) ジャンル別の配信が進んだところで、閲覧履歴での絞り込みやご希望の著者などの選択肢も後から追加していきたいと考えています。 一方で、これまで読者があまり考えなかったような作品の提案も同時にしていきます。 毎日忙しい中、ふと空いた時間に手にしたスマホに「面白そう」で「すぐに読みたくなる本」を選でお届けし、わずか数回のクリック(タップ)でお手軽価格でお得な本が「その場ですぐに」読み始められるのが目標です。 また、「本の棚」のサイトでは、全て「厳選された最新の無料やお得な本の情報だけをリストアップ」してあります。 そこから選ぶこともできます。 今後の配信をご希望の方は、以下のページから参加してください。 「本の棚」 が果たす、もう一つの超重要な役わり 電子書籍が本格的に始まり、誰でもが本を出版できるようになりました。 読者にとっても選択肢が増え、多くの著者の作品から選べるようになりました。 でも、苦労して力作で評価の高い良い本を出しても、多くの読者に読んでもらうことは大変なことです。 せっかく苦労して本を書いても、読んでもらえなければベストセラーにもにもならず、いつまでも売れない本では経済的にも見返りがありません。 「本の棚」では、本を紹介したい作家さんと本を探している読者をつなぐ機能も果たします。 「本の棚」は読者と本を書く人をつなぐことで、より多くの人に良い本の情報をお届けし、より多くの著者の良い本を紹介したいと考えています。 本の棚としてこれまで本から遠ざかっていた多くの本大好き人間にメッセージを届けていきたいと思っています。 すでに数千人の登録を頂いていますが、この後、10,000人の読者を目指して頑張って配信を始めていきます。 ぜひ、お友達やお知り合いにもご紹介ください。 この後の配信について この後から、本の無料・バーゲン価格の最新情報は「本の棚」専用配信スタンドからお送りいたします。 同時に本の棚では、配信で紹介したい本の応募も受け付けていきます。 もし紹介したい本があれば、その詳細な方法についてご案内いたします。 こちら( )からご登録ください。 著者の方々が日頃知ることができない、電子書籍の窓や本の棚の活動を通じて得た裏側の情報をお届けしていきます。 また本の読者向けにも、モバイルでいつでもどこでも、お手軽価格ですぐに読書を楽しむためのノウハウやお得なツール情報などについて、引き続き配信していきます。 電子書籍の関連では「電子書籍の窓」が中心になります。 しかし同時に、読書全般に関するブログ記事については「本の棚」からも配信していきます。 今後とも、「電子書籍の窓」と「本の棚」をよろしくお願いいたします。 2017年7月21日: 徹底比較 : 紙の本 vs 電子書籍 電子書籍が世界的に大人気となる始まりとなった2007年のKindleの登場から既に10年以上、2012年の日本上陸から5年です。 最近は、スマホでマンガを楽しむ人が激増しています。 日本の本好きの間でも、電子書籍は読書のメディアとして受け入れられつつあると言えます。 そして最近では、2016年8月の読み放題サービスのKindle Unlimitedも登場からも1年が経過し、15万タイトル以上が月額980円で定額読み放題です。 本好きにはますます魅力的な読書の機会が増えているのです。 しかし一方では、紙の本が読書の中心的存在であることに変わりありません。 「 紙の本でなければ本ではない」や「 やっぱり紙の本」という声も根強く聞こえてきます。 一体、どちらのほうが読書に向いているのでしょう?• 関連タグ:, 2017年3月21日:.

次の

電子書籍の窓

書籍棚

Kさんが事前にお片付け。 不要な本が段ボール1箱ぶんに。 この状態から再整理をスタート 整理するにあたって、まずは持っている本を、本棚から全部出します。 いつの間にか増えていく本や書類を本棚からすべて出すことによって、存在を忘れていたものや、探していたのに見つからなかったものなどが出てくるかもしれません。 同じような本が何冊も出てきた場合には、どれを残すのかを取捨選択することも必要です。 また、別の部屋に持ち出したままになっている本も、この機会に集めてきて、本や書類の全体像を把握して検証。 全部出して掃除するのは勇気のいることですが、ここが肝心なのです。 家族や友人にヘルプを頼みましょう。 さて、次からがお片付けの本番です。 本の収納・手順2:カテゴリーで分ける 本を積み上げてみると、その高さで関心度が分かる 本は使う目的別に仕分けしながら、床に並べていきましょう。 Kさんの場合は、起業用の資料、趣味と生活関連の本、ビジネス関連の実用書というカテゴリーで分けていきました。 この仕分け作業をしながら実際に本を手に取ってみると、不要な本がまだあることが分かります。 また、「たぶんいらないだろう、でも捨てるのはちょっと」と判断しにくいものは、後で再考するものとしてよけておくのも、作業を止めない良い方法です。 この分ける作業では、後で本棚にしまうときのことを頭に描きながら、ムック本やシリーズで持っている雑誌はまとめておきます。 単行本なども、カテゴリー別でサイズをおおまかに分けておくと、本棚に戻すときにスムーズです。 分けた本の山を改めて見直すと、自分の読書の傾向がわかります。 関心のあるテーマ、思い出として大切にしたい殿堂入りの本、流行りすたりのあるものなどさまざまです。 なかには購入したけれど、読んでいなかったものもあるかもしれません。 そんな傾向を客観的に見つめつつ、どのカテゴリーを優先して収納するか、順位をつけてみましょう。 Kさんは近い将来に起業を計画しているので、それに関するカテゴリーの本が優先順の上位となりました。 さらに、その中には書斎からリビングに持ち運んで利用する本もあるとのことで、それらを頻度の高いA級本として、一番出し入れしやすい場所に戻すことにしました。 本の収納・手順3:優先順に使いやすいところに戻す グレイボックスを用意して、処分用と再考用に仕分け 全部必要と思っていた本も、仕分けをしているうちに、処分していいものに変わっていくこともよくあります。 いつかまた読むかもしれない本は、その「いつか」が具体的に見えない場合はいったん処分して、本当に必要な際に改めて手に入れるという方法もあります。 古書店や図書館を上手に利用しましょう。 雑誌やムック本なども、現在実用的に使っているものでなければ処分して、また必要になったその時の最新版を手に入れるのが得策です。 ときには、DVDやCD-ROMが付属しているから捨てられないというケースもあると思いますが、これもすぐに使わないのなら、これから先に利用する機会はないといえます。 片付けをしたその日のうちに一度再生してみるのもいいかもしれません。 読みたいページがあって購入した雑誌を、1冊まるごと保存していることもよくあります。 そのページがどれか分かれば、必要な部分だけを切り取ったりスキャンをしたりして、省スペースでの保存を心がけましょう。 処分すると決めた本は、状態がいいものならリサイクルするのも賢い選択。 あなたには不要となった本でも、誰かにとっては必要なものかもと考えるのも1つの手段です。 めざせ! 回転率の高い本棚 当初、Kさんは背の高い本棚を買い足す計画をもっていましたが、今回の片付け作業の結果、手持ちの本棚に入る分量に収まりました。 でも、これからの仕事の状況や趣味の変化によって、新しいカテゴリーの本や雑誌が増えていくこともあるかもしれません。 そのときは本棚を見直すチャンスと考えて、優先順位の下がった本から処分をして、いま優先したい本のためにスペースを作りましょう。 読書スタイルを変えてみると捨てやすくなりますよ。 本の高さやソフトカバーの前面を揃えて、本の塊を作ると美しく見えますよ。 雑誌などまとまりにくいものは、書類用のケースやグレイボックスに入れて収納しておくことがおすすめです。

次の

本棚選びに迷ったらコレ!老舗専門店のe

書籍棚

『タックル2本のバスフィッシング』 青木大介 著 B5判並製112P・全カラー 定価:1,800円+税 現在もまだまだ売れ続けている過去2作のベストセラー 『バス釣りがある日突然上手くなる』 『適材適所のルアーセレクト』に続く、 バスプロ・青木大介さん待望の単行本第3弾の登場です。 内容は、書名のとおり2タックルで青木大介さんが 各地のメジャーレイクを攻略していくドキュメンタリー教書。 多数のタックルを使い分けるのが当たり前とされている 現代のバスフィッシングで、バスプロがあえて 「2タックル縛り」で釣りをしたらどうなるのか!? そこには今まで気付かなかった、意外なまでの タックルセレクトとフィールド攻略のヒントが潜んでいました。 その結果と内容は…(もう、すごいことになってます、はい)。 乞うご期待! 気になる方は下記をクリック! 和竿大全 B5変形判並製192P全カラー 定価:本体3 ,000 円+税 葛島一美(かつしま・かずみ)著 戦前から平成の現代の作品まで、江戸和竿本の決定版が登場。 収載した和竿は釣りもの別に、淡水がタナゴ、フナ、アユ、 清流、渓流、テナガエビ、ワカサギ…海はハゼ、カワハギ、 クロダイ、シロギス、マダイ、イシダイ…いずれも逸品、 珍品が勢ぞろい! さらに、今は幻となった江戸前の三大釣り(アオギスの脚立釣り、 海苔シビのボラ釣り、導流杭のカイズ釣り)竿も登場。 著者は江戸和竿関連の著作で知られる葛島一美さん。 和竿師に 焦点をあてた『平成の竹竿職人』、さまざまな和の釣り具を紹介 した『釣り具 CLASSICO モノ語り』、竿師の焼き印の歴史と謎に 迫った『続・平成の竹竿職人 焼き印の顔』に続き、第4作はつい に和竿そのものが主人公・圧巻の大作です! 立ち読み、ご購入はコチラから。 熊が人を襲うとき 四六判並製 カラー口絵8P+224P 定価:本体1 ,800 円+税 米田一彦(まいた・かずひこ)著 著者は秋田県庁で鳥獣保護・自然保護行政に携わり、 現在は NPO 法人日本ツキノワグマ研究所を主宰、 40 年以上にわたってツキノワグマの研究を続けている。 本書では、長年のフィールドワークで培われた圧倒的な 知見をもとに、 1993 件に及ぶ過去全国のツキノワグマ事故例 (人がクマに襲われた)を独自に分類、分析、解説。 また 2016 年5〜6月に秋田県鹿角市で起きた重大事故 (最終的にタケノコ採りの4人が死亡、4人が重軽傷した 国内で第3規模の獣害事件)についても言及。 クマの分布域がかつてないほど広がりつつあるといわれる昨今、 クマとの遭遇は山奥だけではなくなってきた。 釣り人(渓流、アユなど)はもちろん、 すべてのアウトドア・ファン必携の書です。 立ち読み、ご購入はコチラから。 渓流釣り超思考法 白滝治郎 著 四六判並製144P 定価:本体1,000円+税 今春から弊社の単行本に新シリーズが登場します。 その名も、「超思考法」シリーズ。 釣り雑誌や DVD などを買い込み、 YOU TUBE なんかも たくさん見て、もちろん釣りにも何度も行っているのに、 イマイチ釣果が上がらない…とお嘆きの方。 「その悩み、本書が解決します」 各ジャンルのエキスパートが経験者の「盲点」を直撃。 シリーズ第一弾は、「渓流釣り」。 著者は「郡上釣り」で知られる長良川の畔で生まれ育った 渓流・アユ釣りのエキスパート白滝治郎さん。 詳しくは下記をクリックしていただければチラ見ができます。 季節も「今がまさにそのとき」。 気に入っていただければ、そのままサクサクと ご購入の手続きも可能です。

次の