ブロン od 効果。 ブロン液エースODの効果

メジコン(DXM)におけるODの考察をしてみた

ブロン od 効果

ですので、下記の内容については、 お酒でのODである、 ということを念頭においてください。 どのくらいの量を飲むの? 私はブロンODを 何度も経験したことがありますが、 先日、倒れて搬送されかけたのは、 中でも一番の効きでした。 その時の服薬量は、このくらい。 ODして、残った薬。 残薬 84錠入っている瓶の約半分ですから、 40錠といったところでしょうか。 通常、咳止めのための服薬量は4錠ですので、 10倍の量を飲んでいることになりますね。 ODするとどうなるの? ODするとどうなってしまうのか。 皆さんが一番気になることではないでしょうか? 経口薬の場合、多くは、 服用後およそ2時間程度で 全身に回りますが 「ブロン」も同じです。 2時間ほどで血中濃度がMAXになるはずです。 とりあえず大量に飲む 錠剤を大量に飲むことに 慣れていない人は、 飲み進める段階で 吐いてしまう可能性もありますが、 お酒で一気に40錠ほどの 「ブロン」を服用すると 30分から1時間ほどして、 まったりとした 多幸感を感じられます。 こちらは、ODしているという自覚と、 お酒の効果はもちろんですが、 「ブロン」に含まれている、 コデイン系、エフェドリン系の 成分が由来していると言われます。 アメリカなどでも、若者のパーティで、 スプライトなどの炭酸飲料と一緒に、 紫色のシロップを飲んだり しているシーンが多くありますよね。 USヒップホップなどの歌詞にも 頻繁に登場しています。 まったりとした時間が続く お酒に酔う以上に、 精神的にふわふわとした 多幸感を感じる時間が続きます。 全てを許せるような 寛大な気持ちになります。 突然の体調不良 ふわふわとした多幸感を このままずっと感じられる と思っていた矢先、 服用量が多過ぎたようで、 突然、なんとも言えない 気持ちの悪さを感じます。 吐き気と、めまい、ふらつきです。 これは、まずいと思い一時、 部屋の外に避難すると もう、フラフラで歩けない…。 耳が遠くなって、 その場に倒れてしまい、 いよいよ、これは 意識不明で、救急搬送 されるのではないかと思いました。 周りにいた人が助けに来てくれますが、 薬を飲み過ぎたとは言えない…。 なんとか意識は保てているので、 「水を、くれ。 」と話すと、 用意してくれました。 大量の水を飲んでやっと、 意識不明は避けられましたが、 まだまだ、めまいと吐き気で気持ち悪い。 しかし、大量の水は、 薬がキマった体には効きます。 15分ほどして、歩けるようになり。 元にいた部屋に、 私は戻ることができました。 ODについて思うこと 薬を大量に飲むODで、 辛い気持ちを、一時的に 忘れることはできるかもしれませんが 効き過ぎて、今回みたいに 辛い思いをしたり、 本当に搬送されてしまったり、 自宅で意識不明に陥るなど 色々な意味で危険が伴いますし、 何より、肝臓に大きな負担がかかります。 現に、私も健康診断などで得られる 肝機能の数値が高めです。 これはお酒の影響が ほとんどだと思いますが。 一応、若いから、1ヶ月くらい 断酒すれば、平常値に戻る とも言われています。 なお、断酒できていません…。 要するに、ODは危険なのでしないほうがいいですよ。 睡眠薬のODを2年近く断っていた私が また、やってしまったのですから。 依存性のあるお酒やタバコ、 薬なんて、そう簡単には やめられないんです。 こんなものに依存しなくても 生きていけるように 幸せにならなければいけない。 コメント欄は、ページ下部にあります。 記事掲載の依頼、情報提供、 取材依頼などはこちらからお願いします。

次の

ブロン中毒(od)はうつ病を招く?市販薬への依存と後遺症について

ブロン od 効果

これです。 多分ここが1番安いかな? 210錠1500円です。 130錠が1300円くらいなので絶対210錠がおすすめ。 ちょっと雑ですが、1回分の計算です。 書いた方が見やすかった 12錠で効く体なので12錠で計算しています。 約89円…安い。 最強です。 ゴールド、比率はが多いかな。 ブロンは12錠中• dl-メチル塩酸塩50mg• ジヒドロリン酸塩30mg ゴールドは12錠中• dl-メチル塩酸塩80mg• 32mg シャキシャキって感じ?いいねぇいつもバイトのときはブロン12tにクニヒロかダン鼻炎錠を混ぜて飲んでいたから、はこれ一つでは大丈夫そう。 でも後述しますがブロンと違ってという肝臓に悪い成分が配合されているので、飲みすぎは危険です。 まぁODしてる人が言うのもなんですが😇 以下、実際に飲んでみた話。 まず瓶がデカい。 とりあえず開けて鼻を近づけた。 すごい臭い。 苦いにおい。 臭いで直に舌に乗せることを諦めた。 そういえば、と家に母が漢方を飲むのに使うオブラートがあったので、12錠包んで、コップに溜めた水にワンバンさせて水で流し込む。 ちょっと喉に引っかかる気がしたが、無理なく飲み込めた。 苦さも、臭いも感じないから、とてもおすすめ。 鼻炎薬も苦いのがほとんどだから、1つは持っておくと楽ですよ。 明日薬局に買いに行きます。 1時間後。 なんとなく頭が重い…頭を振ると若干の頭痛。 でもこれはすぐに去っていったから何だったのかよくわからなかった… 1時間30分後。 キマってきた。 特有の多幸感とぼわぼわして軽いような沈むような感じ。 ブロンに比べて遅いかな。 これはマイナス点… でも効果はブロンとほとんど相違ない。 ちょっとやる気が上がってから重くふわふわしてくる感じ。 ちょっと切れかけたときに開けようと思ったからかなぁ… 対カフェイン最強の人間なので、効き終わりはうとうとして少し昼寝しちゃいました。 寝てるっていう自覚?があり、ちょっと浮いてる気がした。 いわゆるコデ寝ですね。 コデ寝は最高の睡眠だと思います。 この気持ちよさを争ってる人類に知らせたいレベル。 あとすごくどうでもいいことだけど、系飲んでる時はしたくないんですよね。 不安だったり悲しかった事があったりしてカミソリも準備して飲むんだけど、なんか萎える。 よしやろうとは思うけど、実行寸前でやる気が削がれてカミソリを置いちゃう。 するときはほとんどシラフだからね。 やっぱり痛くてなんぼですね。 あれは。 あと、薬とか酒飲んで切ると痛覚鈍くなってかなり深くいっちゃうことがあるからマジで気をつけてね。 最初に言った通り、はマジで肝臓に悪く、肝不全になる可能性マシマシなので注意です。 一応、は不溶性なので金パブを水で溶かし濾過した 詳しくは調べてください… 金パブジュースがオススメですがお分かりのようにクソ面倒臭いので肝臓ぶっ壊す覚悟で飲んでいこうと思います。 まぁODしてる時点で覚悟してますけど。 素敵なメンヘライフを! minty06.

次の

ひさしぶりにブロンODした感想とか

ブロン od 効果

はかつてブロンについてこう書いた、「この咳止めシロップの人を縛る力は、酒や煙草の比ではない」(『アマニタ・パンセリナ』,1999)と。 はシロップ状のブロンを愛用していたようだが、2016年現在、乱用目的でブロンを買う者の殆どは「ブロン錠」を買い求める。 僕もかれこれ5年以上この薬とお付き合いしている。 僕はこの薬を日常的に使用しているわけではない、たまの暇つぶしに使うくらいだが、使った翌日のだるさはなかなかしんどい。 それでも、気が付くと薬局でこの薬を買い求めている自分がいる。 日常的な依存より、こういう形の依存の方が、目立たない分厄介だ。 基本的な事を書いておこう。 ブロンは製薬から販売されている咳止め薬で、80年代の中頃には既にその中毒が問題視されていたという。 主な有効成分はジヒドロ(以下)とメチル(以下)だ、カフェインも含まれているが、これは正直なところ邪魔な成分だ。 はざっくり説明すると系の薬物で、ヘロインやがその親戚みたいなものだが、それらに比べると効果は非常に弱い。 は麻黄に含まれるで、の弱体化版のようなものだ。 ダウナーのとアッパーの、これらがちょうどいい塩梅でミックスされているので、多くのジャンキーに支持されている。 数年前まではブロンカリューというだけが配合された顆粒剤も販売されていたが、今では手に入らない。 10錠から15錠程度服用すると(最初からあまりたくさん飲むと後がしんどいので、少ない量からはじめよう)最初はカフェインやのアッパーな効果が現れる。 コレは「シャキーン」と形容される効きで文字通り気分がシャキーンとなる、掃除や単純作業に非常に向いている。 僕もブロンを飲んだ後部屋を2時間ほどかけてくまなく掃除したことがある。 数時間経つと今度はの効果が現れる。 先ほどまでのシャッキリ感とは打って変わって、はまったりとしたほのかな幸福感を与えてくれる。 胸の奥の方からじんわりとこみ上げる暖かく優しい感触は独特で、母親の胎内を漂っているかのような安心感に包まれる。 アルコールやと一緒に摂取する人もいるが、プラスに作用するかマイナスに作用するかは時と場合によるので、慎重に行おう。 ブロンは、合法的に現実逃避したいというジャンキーには丁度いい薬だ、効果も申し分ないし、毎日一瓶空けてしまうくらい深甚な中毒に陥っていなければ、タバコ3箱分程度の値段でしばらく楽しめる。 のブロンスレッドは何年もの歴史を持つスレで、今でも日夜情報がやりとりされている。 ブロン自体、成分が長いこと変わらない薬なので、いまさら有益な情報はあまり見当たらないが、皆それぞれ自分なりにこの薬との向き合い方を模索している。 気が向いたら覗いてみるといいかもしれない。 このブログは薬物の乱用を推奨しているわけではない、みんなで積極的にラリっていこうぜと啓発する目的も無い。 つらい現実に直面した時、お酒やドラッグに逃避してしまう人間は一定数いる。 社会では負け組のレッテルを貼られてしまうかもしれないが、生まれてきたからにはきちんと生きなければならない。 僕はそんな人達に寄り添っていたい。 どうか、使用するドラッグについて適切な知識を得て欲しい。 自分とドラッグとの適切な距離を知って欲しい。 自分は一人ではないということを知って欲しい。 ドラッグに溺れ、底に沈み、再び浮かび上がってくる過程の中から、新たな希望を見出して欲しい。 このブログを見つけてくれたあなたになら、きっと難しいことではないはずだ。 ジャンキーも一つの生き方だと開き直れるくらい、健全に世の中からしよう。 よかったら読んでみてください。 Thriftbox.

次の