ダーク サイダーズ ジェネシス 攻略。 【ダークサイダーズ2 Deathinitive Edition】トロフィー攻略

【本日発売!】アクションアドベンチャーRPG『Darksiders Genesis(ダークサイダーズ ジェネシス)』 一新されたゲームシステムとシリーズの波乱万丈な歴史も振り返るインプレッション

ダーク サイダーズ ジェネシス 攻略

<以下,配信元の紹介文をそのまま掲載しています> オンラインマルチプレイを楽しむにはPlayStationPlusへの加入(有料)が必要です。 内容の説明 アクションアドベンチャーRPG『Darksiders』シリーズ待望の第4作目、独自の世界観を作り上げたコミックアーティストのジョー・マデュレイラ(Joe Madureira)が率いるAirship Syndicateが手掛けたシリーズ最新作です。 ついに登場する「黙示録の四騎士」の最後の騎士「ストライフ」。 同じ四騎士が一人「ウォー」と共に、悪魔と天使、そしてすべてのものを銃と剣でなぎ倒し、地獄へと冒険する。 また、本作ではシリーズで初となる「2人協力プレイモード」を実装。 『Darksiders』シリーズ第一作目よりも以前に起きた出来事をたどる前日譚で、四騎士「ストライフ」の活躍を追う。 【ストーリー】 天地創造の時代から評議会は万物の調和を保ってきた。 ネフィリム(天使と悪魔の異常な融合から作り出された強力な種族)の四騎士は評議会に忠誠を誓い、強大な力を与えられてその命を執行していた。 だがこの力には非情な代償が伴っていた。 騎士たちは新たに得たその力で同族を抹殺するよう命じられたのだ。 そしてエデンでは評議会の命を受けた四騎士がネフィリムを滅亡させる血みどろの戦いが巻き起こった。 エデンでのこの出来事を未だに引きずるウォーとストライフに、新たな使命が下された。 欺きに長け謎多き悪魔の王ルシファーが、地獄の悪魔の首領達に力を与え、調和の破壊を目論んでいるというのだ。 ウォーとストライフは悪魔の首領達を始末し、情報を集めて、調和を永久に打ち砕いて創世の秘密を暴露しようとする、複雑に絡み合う悪魔の陰謀を阻止しなければならない。 【特長】 ・2人協力プレイモードでは、友達と一緒に『Darksiders』の壮大な世界で大暴れ。 ・本シリーズで初登場、銃を操る騎士ストライフで天使や悪魔を倒せ。 ・熱狂のバトルが繰り広げられるシングルプレイモードでは、屈強の剣士ウォーとストライフを即座に切り替えて戦え。 ・『Darksiders』シリーズ第一作目の前日譚となる新たなストーリーで七つの封印の起源を追え。 ・アイテムやアビリティ、武器強化アイテム、クリーチャーコアなどを集めてキャラクターを強化。

次の

30秒で読めます。自称ゲーマーがこっそり教えるダークサイダーズ ジェネシスというゲームの素晴らしさ

ダーク サイダーズ ジェネシス 攻略

ダークサイダーズジェネシスについて語るメンバー紹介 私 管理人 1979年生まれ 男性 既婚(娘5歳) 趣味:ゲーム、楽器 職業:企画職 好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等、メジャー寄りのややミーハー気質 プレイ中のゲームはSwitch版ペルソナ5スクランブルと、刀神。 ダークサイダーズシリーズは、洋物パッケージの抵抗感から未プレイ。 もちろん洋ゲーやりまくってますが、海外のゲームは大味だよねという考えが奥底に眠る古いタイプの人なのかもしれませんね、私って。 まよねーずプロフィール 1983年生まれ 男性 未婚 趣味:ゲーム、音楽 職業:WEB広告制作会社勤務 好きなゲーム:メトロイドヴァニア系を中心にメジャーインディージャンルも問わない雑食プレイヤー メジャーからインディーまで幅広くプレイ。 得意ジャンルはメトロイドヴァニア。 シリーズ新作のダークサイダーズジェネシスについて、乾燥を聞いてみました。 並行してプレイ中のゲームはSwitchのメトロイドヴァニア「3000th duel」と、同じくメトロイドヴァニアの「ダンダラ」。 全国的なウイルス対策の影響でテレワーク中。 ゲームの誘惑と戦いながらリモートワーク。 注意、ダークサイダーズジェネシスはハクスラ系RPGにあらず! 私「どうでしたか?ダークサイダーズジェネシス」 まよねーず 以下「ま」 「3 ダークサイダーズ が中途半端過ぎて心折れそうになりながらもクリアしてやっとこさ始めた感じだったんですが、3より全然おもしろいです」 私「2とどっちが面白かったですか??」 ま「自分は2ですね」 私「そこは超えられないか」 ま「2を超えられないのは、多分開発が違うのもあるのかなと。 一応GUNFIREも関わってるんですけど、Airship Syndicateっていう開発がメインで作っていて。 作りはすごく丁寧なんですけど、ディアブロタイプだから非常に見辛くて…。 あと、ステージクリア型になったのもあって、物足りなく感じちゃうっていうのがありますね。 2は何となくオープンワールドみたいな所があったので」 私「ディアブロと比べるとどうですか??」 ま「そもそもハクスラではないので。 見た目はディアブロで中身は従来通りというか」 私「ハクスラ要素無いんですね!前に けど。 確かにハクスラについては全然言われていなかったかも。 でも敵はワラワラ出てきてバッサバッサ倒していく感じですか?」 ま「敵もそこまでワラワラ出てこないです。 DMCみたいに決まった場所で出現して、バッサバッサ倒す感じです」 私「イメージと全然違ったかも。 もうあの見下ろし視点見るとついディアブロを想像してしまう…」 ま「確かにそうなんですよね。 あの視点って、絶対ハクスラじゃないですか(笑)ハクスラの定義自体がこれまた曖昧なのであるにはあるんですが、レア度の高い装備を取ったり…っていうトレハン要素はないですね」 私「ちょっと前にHow to surviveとかっていう見下ろし型アクションのゾンビゲーがあったんですけど、そんな感じなのかしら。 他に似たゲームってありますか?」 ま「見た目は見下ろし型なんで、ディアブロとかHow to…とかなんですけど、ゲーム自体はアクションなんで、DMCとか、昔のゴッドオブウォーに似てます」 私「確かに昔のGOWって見下ろし視点だったかも」 ダークサイダーズジェネシスの難易度はそこまでシビアではない。 ローカルマルチプレイが楽しい! 私「難易度はどうでしたか?カジュアルなプレイヤーでも楽しめるのだろうか」 ま「全然高くないです、むしろ易しい方だと思います。 3がダークソウルでいうパリィ前提のつくりだったのに比べれば全然良心的です」 私「それこそGOWとかDMCに比べても簡単…?」 ま「そうですね。 自分のプレイ感覚もあるにはあるんですが、シリーズ内でも簡単な方じゃないかと」 私「パリィ前提はマジきつかったですからね」 ま「ダークソウルはまだマシなんですけど、ダークサイダーズ3は最悪でした。 3からはパリィ避けみたいな機能が入って、雑魚だろとボスだろうと火力高くて、だからパリィしないと全然勝てないんですよ。 シリーズ3作目にしてやらかしちゃったなぁ、ってホント思いました。 ジェネシスはそういう無駄な機能はないし、1人で難しければマルチでやれば良いので全然大丈夫ですよ!ただちょっと視点が斜め見下ろしなのもあって高低差が分かりづらいですね。 よくジャンプして柱に掴まろうとして失敗します…」 私「そうだった、マルチプレイは良いですよね。 マルチって野良プレイヤーともできるんでしたっけ?」 ま「フレンドのみできる感じなんで、ギスギスしたのまったくなしです!ローカルマルチもできるみたいです」 私「あー、ローカルマルチは絶対楽しいわ」 ま「あくまでも協力プレイなんで、問題ないかなと思います」 ダークサイダーズジェネシスの楽しさ、システムの魅力は? ま「シリーズの中で1番キャラのカスタマイズができるゲームだと思いますね。 クリーチャーコアっていうシステムなんですけど、敵を倒すと敵の顔が書いてあるアイテム手に入る事があって、それを使うことでキャラクターを強化できるんです。 強化画面はスキルツリーみたいになってて、そこにコアをあてがっていく、みたいな感じです」 コアは何回も取得できるんで、持ってる数だけそのモンスターのコアが強くなる、みたいな仕組みです」 私「面白そう!」 ま「だから強化要素はシリーズで1番楽しいです。 ちゃんと構成考えたりできるんで」 私「ツリー状になっているということは、たとえばメタルスライムのコアを取る前にはぐれメタルのコアを取ってしまったら、はぐれメタルのコアは使う(装備?)することができない、みたいな感じなのかしら…?」 ま「ボスから獲得できるメインコアは付けられる場所が決まってたりするんですけど、他はそういう制限ないです!ただ数珠繋ぎになってないと強化が発動しなかったりします。 数珠繋ぎは別として、数増やせばその分強くなるみたいな感じか。 装備できるコアのスロットに上限とかあるんですか??」 ま「一応それで全部ですね。 付けられる数はこれが最大かと。 スロットが増えたりもなさそうです」 私「てことは増やせば増やしただけメキメキ強くなっていくわけか、凄く良い!」 ま「ですです」 私「そして鍛えれば俺tueeプレイも可能…!?」 ま「いけると思います!」 私「最高ですね、買ってしまいそうだ。 経験値&レベルの概念ってありましたっけ??」 ま「経験値とレベルはないんですけど、その代わりにクリーチャーコアがあるって感じです。 全体的にどのシリーズよりも丁寧な作りをしてるな、って思います。 238ビュー• 215ビュー• 211ビュー• 210ビュー• 177ビュー• 158ビュー• 155ビュー• 154ビュー• 143ビュー• 131ビュー• 126ビュー• 120ビュー• 119ビュー• 118ビュー• 109ビュー 【通りすがりのゲーマーさんたちのコメント】• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に Martinsoums より• に スイッチ より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より 【カテゴリー】•

次の

【ダークサイダーズ2 Deathinitive Edition】トロフィー攻略

ダーク サイダーズ ジェネシス 攻略

ダークサイダーズ2 Deathinitive Editionのトロフィー攻略です。 この作品のトロフィーにはストーリー進行で入手できるもの以外に「サブクエストを全てクリア」、「収集物を全て集める」、「特定の場所で条件を満たす」で取得できるものがあります。 時限要素はなく、PS4版ではPS3版に存在したオンライン要素のあるトロフィーがなくなっているので、プラチナトロフィーは取得しやすいと思います。 この記事ではストーリー進行で取得できるもの以外のいくつかのトロフィーについて書いていきます。 四人の兄弟 ゴールド 難易度Normalでゲームをクリアする 真の騎士 ゴールド 難易度Hardでゲームをクリアする これでお終いだ ゴールド DEATHINITIVEを完了する 難易度別のゲームクリアトロフィーです。 下位難易度のものも取得でき、2周目にはデスのレベルと装備品が引き継げるので、EasyかNormalで始めて「ライフ吸収」「クリティカルチャンス」「クリティカルダメージ」などのついた強力なポゼストウェポンを作って2周目に難易度「Deathinitive」をクリアするのが楽だと思います。 注意しなければならないのは、このゲームには3周目が存在しないのでプラチナトロフィーを取得するには2周目で必ず難易度「Deathinitive」を選ばなければいけない点です。 また、ゲームクリア前にオプション画面から難易度を変更してしまうとトロフィーが取得できなくなってしまうようなので、ゲーム中は難易度変更をせずに進める必要があります。 収集物、サブクエスト関連 このゲームはフィールドマップやダンジョンの様々な場所に収集物やサブクエストのクリアに必要なものが散らばっていて、前作のように収集物がマップに表示されるアイテムもありません。 収集物とサブクエストの内容はPS3版からの変更はないので、トロフィーを狙う場合はPS3版の攻略情報を参照しながら進めるのが確実だと思います。 時限要素はありませんが、収集物とサブクエストのクリア状況は2周目に引き継がれないので、1周で全て行う必要があります。 収集物のうち、「船乗りのコイン」と「魂の調停者による書」はトロフィーには関係ありません。 「魂の調停者による書」には「魂の調停者の迷路」をクリアするための道順がのっていますが、正解を知っていれば持っていなくてもクリアできます。 先駆者 シルバー ファストトラベルを初めて使用する マップ画面でファストトラベルを使用すれば取得できます。 ファストトラベルができない場合はフィールド上で離れている敵と戦闘状態の扱いになってしまっている、一部ダンジョンでのファストトラベル不可なイベント中、のどちらかだと思います。 トリプルリンディ ブロンズ 鋳造場で3回の異なる飛び込みを達成する 時限要素ではありませんが、取得できるマップが決まっています。 鋳造場で2つめのハートストーンをとる場所の近くにある画像1のツタを登っていくと高台にいけます。 画像1 高台には下の画像2のようにせり出しているスペースがあり、画像3の丸で囲んだ位置の3箇所にあります。 画像2 画像3 この3箇所全てのせり出しているスペースからジャンプで水に飛び込むとトロフィーが取得できます。 3箇所全てから飛び込む必要があるので、高台には3回登らないといけません。 経験豊富 ブロンズ いずれかのスキルツリーで最後のスキルを解除する 自己改造 シルバー スキルポイントの再配分を行なう スキルツリーで左右どちらかの一番下にあるスキルを獲得すれば取得できます。 スキルポイントの再配分はヴァルグリムの店でお金を払えばいつでも行うことができるので、左右のスキルをバランスよく獲得していてもスキルポイントを再配分して「経験豊富」を取得することができます。 これでも食らえ ブロンズ 魂の調停者を倒す ダンジョン「魂の調停者の迷路」をクリアすれば取得できます。 「魂の調停者による書」を集めれば正解の道順がわかりますが、持っていなくても正解を知っていればクリアできます。 正解は以下のとおりです。 フルスロットル ブロンズ 攻撃技とアップグレードを全て解除する フォージランドにいるセインと、死者の王国にいるドレイヴンから全ての攻撃技とアップグレードを購入すれば取得できます。 豪華装備 ブロンズ エリートアイテムを全スロットに装備する エリートアイテムとは名前が紫色になっている武器・防具のことで、全ての装備枠に紫色の武器・防具を同時に装備すれば取得できます。 紫色の装備はゲームを進めるとショップにも並ぶので、序盤から中盤にかけてあまり拾えていなくても大丈夫です。 エピック! ブロンズ デスがレベル30に到達する デスのレベル上限が開放されてレベル30まで上げられるようになるのは2周目です。 強制戦闘とメインクエストクリアで獲得できる経験値で2周目終盤にはレベル30になるので、稼ぎプレイは必要ないと思います。 もういないのか? シルバー 「試練の間」を完了する 試練の間はひたすら敵と戦闘するマップとなっていて、全100ウェーブで構成されています。 ゲームを進めるとサーペントトームに試練の間のウェーブを追加するカードが届くようになっているので、100ウェーブ全て攻略できるのは2周目でデスのレベルが25になってカードを手に入れてからです。 プラチナトロフィーを狙う場合、2周目は難易度「Deathinitive」でプレイすることになりますが、レベルを30まで上げた状態でオプション画面から難易度をEasyに変更することでクリアしやすくなります。 このとき注意なのが、難易度変更は必ずゲームをクリアして難易度Deathinitiveをクリアが条件のトロフィー「これでお終いだ」を取得した後に行うということです。 難易度Deathinitiveをプレイ中に難易度を下げてしまうと、「これでお終いだ」のトロフィーが取得できなくなってしまいます。 試練の間は5ウェーブごとに続行か終了かを選択でき、25、50、75ウェーブまで到達すれば終了してもそれぞれのウェーブから再開できます。 選択肢の表示の関係で間違えて終了を選んでしまいやすくなっていますが、一気に100ウェーブクリアしなくてもトロフィーは取得できるようです。 老戦士を称えよ ブロンズ 邪悪なるKを倒す 試練の間を100ウェーブクリアすると出現する塔を登ると「邪悪なるK」と戦うことができ、倒せば取得できます。 100ウェーブ突破した強さなら問題なく倒せると思います。 100ウェーブ突破以外にも、クエストアイテム「悪魔」を所持した状態で25ウェーブ以降まで進むと、試練の間を再開するときの選択肢から戦うことができるようです。 このゲームのトロフィーには時限要素がないので、攻略情報を参考に収集物集めとサブクエストを行い、強力な装備品を作成すればプラチナトロフィーを取得できると思います。 収集物集めとサブクエストは1周のうちに全て行う、2周目には必ず難易度「Deathinitive」を選択してクリアするまでは難易度を下げない、ということには注意する必要があります。

次の