日立 ラク かる パワー ブースト サイクロン。 日立ラクかるスティックPV

【比較】ジャパネットで日立「ラクかるパワーブーストサイクロン(PV

日立 ラク かる パワー ブースト サイクロン

市販モデルより少し重い(約0. 2kg)• 集じん容量が少なめ(0. 15L)• サイクロンの分離性能が低い• ふとん用吸口が付属しない 日立 PV-BHL1000J1の商品説明 「日立 ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J1」は充電式のコードレススティッククリーナーです(2020年1月中旬発売) 約3. 5時間の充電で標準モードは約30分、強モードは約8分使用できます。 スティックとハンディの1台2役。 スティックタイプは約1. 6kg、ハンディタイプは約0. 95kgの軽量設計です。 新開発の 「小型・軽量ハイパワーファンモーターTR」で強力な吸引力を実現。 自走式の 「パワフルスマートヘッド」は日立独自の 「ダブルシンクロフラップ」を採用。 押したときも引いたときもゴミを取り残しません。 さらに壁際のゴミを残さない 「きわぴた構造」、床面を明るく照らす 「LEDライト」を搭載しています。 溜まったゴミはボタンを押すだけで捨てられます。 ダストケースは丸ごと水洗いできるのでお手入れ簡単です。 日立 PV-BHL1000J1はジャパネットオリジナルモデル 「日立 PV-BHL1000J1」はの限定モデルです。 日立とジャパネットの共同開発で誕生した掃除機のため他店では購入できません。 たとえばビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、ジョーシン、エディオン、コジマ、ソフマップなどの家電量販店では売っていません。 またネット通販のAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどでも取り扱いはありません(転売業者による出品を除く) 日立 PV-BHL1000J1とPV-BHL1000Jの違いは付属品 「日立 PV-BHL1000J1」と旧モデル「(2019年7月発売)」の違いは付属品です。 「日立 PV-BHL1000J1」には「ふとん用吸口 PV-BJ700G-018」が付属しません。 税込49,800円(2020年2月24日現在) ジャパネットで別売り品の「日立 ふとん用吸口 PV-BJ700G-018」を買うと税込2,860円です(2020年2月24日現在) しかしPV-BHL1000J1とPV-BHL1000Jの差額は4,980円なので、 PV-BHL1000J1のほうが2,120円お得ということが判明しました。 日立 PV-BHL1000J1に仕様が近いのはPV-BFL1 ジャパネットのPV-BHL1000J1に仕様が近いのは市販モデルの 「日立 ラクかるスティック PV-BFL1」です(2019年2月発売) 主な違いは以下の5ヶ所です。 その他の機能・性能は全て共通です。 本体カラー(PV-BFL1はシャンパンゴールド)• 本体外形寸法(PV-BFL1は幅と奥行きが小さい)• 本体質量(PV-BFL1は200g軽い)• ヘッド種類(PV-BFL1は自走コンパクトヘッド)• 付属品(PV-BFL1はスティックスタンドとすき間用吸口が付属) 市販モデルのPV-BFL1は 「自走コンパクトヘッド」を搭載しています。 ジャパネットモデルの「パワフルスマートヘッド」より機能が少なくなっており、 「ダブルシンクロフラップ、きわぴた構造、LEDライト、かるふきブラシ」がありません。 ただし回転ブラシをヘッドの前側に近づけた 「きわぴたブラシ」を採用していることから壁際のゴミを取りやすくなっています。 ジャパネットが一押しする「日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブースト... 日立 PV-BHL1000J1の製品仕様 「日立 PV-BHL1000J1」の製品仕様です。 こちらのデータを参考に他社のスティッククリーナーと比較して検討してみてくださいね。 商品名 日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J1 メーカー 日立グローバルライフソリューションズ株式会社 カラー・型番 レッド PV-BHL1000J1 R ホワイト PV-BHL1000J1 W 発売日 2020年1月中旬 生産国 日本 本体外形寸法 スティック時:幅255x奥260x高1000mm ハンディ時:幅90x奥328x高182mm 本体質量 スティック時:1. 6Kg ハンディ時:0. 95Kg タイプ サイクロン ヘッド種類 パワフルスマートヘッド コード有無 無し 集塵容量 0. 15L 充電時間 約3. 5時間 稼働時間 標準:約30分 パワフルスマートヘッド非使用時 約45分 強:約8分 付属品 パワフルスマートヘッド、延長パイプ、ACアダプター、お手入れブラシ ダストケース背面に取り付けられています)、ほうきブラシ、2WAYすき間ブラシ、ハンディノズル 本体に取り付けられています)、取扱説明書兼保証書、かんたんお手入れガイド.

次の

日立コードレス掃除機 最新6種を一覧表で比較!パワーブ―ストなど選び方とおすすめを紹介

日立 ラク かる パワー ブースト サイクロン

どうも、ジャパネットが趣味の僕です。 ジャパネットを見てて、 「この商品はお得なの?「本当に安いの?」「なんで安いの?」「結局買いなの?」 なんて思ったことはありませんか? 僕はそれを調べるのが 趣味です。 ネットで買う方が安いんだろ?って思ってる方も多いと思いますが、思いのほかジャパネットが勝つこともあります。 特に今みたいなセールの時は要チェックです。 現在ジャパネットでは、今年最大のセールを謳って増税直前セールをやってます。 その中でも目玉とされているのがこちら。 ラクかる パワーブーストサイクロン 日立のコードレススティッククリーナーです。 ダイソンがもうキャニスタータイプは作らないと言っているように、現在掃除機の主流はこのタイプになってきてます。 ずいぶんしつこい長いゴテゴテした名前ですが、それには理由があります。 ジャパネットのラクかるパワーブーストサイクロンは「いいとこ取り」 さて、日立は現在2種類のコードレスクリーナーを販売しているそうです。 軽さにこだわった ラクかるスティック 吸引力にこだわった パワーブーストサイクロン しかし、本当であれば軽さにもこだわって、吸引力にもこだわりたい。 それを実現したのが、 ジャパネットオリジナル ラクかるパワーブーストサイクロン つまり、日立が市販している ラクかるスティックと、 パワーブーストサイクロンをあわせて、 ジャパネットオリジナルの ラクかるパワーブーストサイクロン を作ってしまっと言うのです。 つまりこういうことですね 懐 冗談はさておき、そんな凄い掃除機ができるなら日立はなぜそれを市販しないのか不思議です。 ジャパネット限定にする意味がわかりません。 僕はこの時点で結構疑ってかかってます。 いやしかし。 今年最大のセールを謳うだけあって、ジャパネット販売員のお二人もテンションが普通じゃありません。 掃除機持ってはしゃぐはしゃぐ。 ホレホレホレェ〜 まるで、カリブの海賊で女性を追いかける海賊のようです。 ハハハハハハハハハハ そして、この表情。 そう、こんなはしゃげるのも軽いからです。 なんと本体重量1. 6kgの超軽量! そして、軽いだけじゃありません。 パワーブーストサイクロン で、吸引力も強力らしいです。 ヘッドもなんと 日立最上位モデルだとか。 ジャパネットはこの最上位モデルという表現が好きなので注意してみていきましょう。 そして、豪華付属品がセット! これもジャパネットの常套手段です。 なんと10,840円相当! これは要チェックです。 ジャパネットオリジナルモデルでは、市販品では付属品扱いのものを別売にして、それをオマケのように扱ってお得感を演出することがあります。 本当にお得なのかちゃんと調べましょう。 そして、価格は49,800円! いったんダイソンの最上位機種レベルの価格を提示。 が、もちろんもっと下がります。 どんな古い掃除機でも下取り! しかも下取り価格は10,000円、、、ではなく! なんと、20,000円で下取ります! ジャパネットは下取りしたものを、お金に変えているわけではありません。 「まだ古くても使えるから」 と、頑なに新しいものを買わない主婦の皆様に、 「え、うちのオンボロが2万円になるの!?」 と、感じさせるジャパネット伝統芸とも言える販売手法です。 そして、結果! 29,800円!! 改めまして、本日の商品はこちら。 日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン さて、ここでまず気をつけないといけないのは、価格です。 ジャパネットの価格は 税抜き価格です。 増税前も後もありません。 税抜きです。 送料も別です。 そして、下取り手数料もかかります。 支払い総額は下の方に小さく書いてある 33,696円です。 まぁ、込みでも別でもちゃんと見れば良いんですけど、 気をつけたいのは価格比較の時です。 たとえば価格コムは税込価格で、多くの場合で送料も無料です。 大きく表示されている価格だけでみると、ジャパネットが安く見えてしまいます。 ジャパネットはこれまでに培ってきた多くのテクニックで 安く、そしてお得そうに演出してきます。 もちろん本当にお得なものもありますが、惑わされず公平に比較しないいけません。 というわけで、慎重に見ていきましょう。 比較するのは日立の 市販しているサイクロンスティッククリーナーです。 ちなみに、現在公式サイトに掲載されているのはこの4つでした。 左から順番に高額、高機能なモデルですね。 一番右の 最も廉価なモデル(PV-BE200)がこちら。 comのランキングでもかなり下位ですし、これは気にしなくて良いでしょう。 次が噂の軽量モデル ラクかるスティック(PV-BFL1)ですね。 ジャパネットモデル ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)の半分はこれからできてるという話です。 おお、これは価格. comの 掃除機ランキングでも2位という人気モデルですね。 価格もジャパネットモデルとほぼ同様です。 このモデル、 ラクかるスティック(PV-BFL1)に積まれているモーターは下記。 小型・軽量ハイパワーファンモーターTR (日立公式サイトより) これは、ジャパネットモデル ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)に搭載されているのと同じモーターです。 (ジャパネット公式サイトより) ジャパネットモデルは、吸引力と軽さを両立したと言ってはいますが、 モーター自体は軽量特化の ラクかるスティック(PV-BFL1)と同等のようです。 ただ、ヘッドが違います。 市販品の ラクかるスティック(PV-BFL1)は 自走コンパクトヘッドです。 (日立公式サイトより) それに対して、ジャパネットは前述の通りの最上位モデル「 パワフルスマートヘッド」というわけですから、ヘッドはジャパネットのほうが高性能と言えるでしょう。 PV-BFH900も人気機種ですね。 comの掃除機ランキング3位という人気ぷりです。 が、価格はジャパネットモデルよりも大分高くなってしまっています。 スタンド式充電台が付属しているのでそれが価格を上げてそうです。 PV-BFH500 はランクは大分落ちますが、価格もだいぶ安いですね。 付属品だけの違いならこちらの選択肢はありそうな気がする。 さて、こちらのパワーブーストサイクロンのモーターはこちらです。 小型ハイパワーファンモーターX4 (日立公式サイトより) あきらかにジャパネットの ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)が搭載している ハイパワーファンモーターTRよりも高性能のものですね。 ジャパネットモデルもこのモーターを積んでいてくれたらパーフェクトだったんでしょうけど、まぁ価格面、重量面から考るとそうはならないですね。 ただし、ヘッドはこちら。 パワフルスマートヘッドです。 これは、ジャパネットモデルと同じモノですね。 なんかだいたい分かってきましたよ。 つまりジャパネットモデルは・・・ ラクカルスティックの 軽量モーターを搭載し、 というか、本体はほぼこれ パワーブーストサイクロンの パワフルヘッドを搭載して いずれをも両立した と、解釈して ラクかるパワーブーストサイクロン を名乗っているわけです。 付属品の比較も必要ですしね。 日立のコードレススティッククリーナー全機種と完全比較!違いは?結局オススメなの? というわけでまとめです。 市販品との性能の違い、付属品の違いなどを見ていきましょう。 市販品とジャパネットモデルの詳細を比較表にまとめてみました。 前述のとおり、 ラクかるスティックのモーターを搭載することで軽量化して、 パワーブーストサイクロンのヘッドを搭載することで吸引力を上げています。 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)がラクかるスティック(PV-BFL1)よりもやや重いですが、これはヘッドの重さでしょうね。 と、こうやって並べてみて気になったのは付属品です。 ジャパネットは「豪華付属品」と言っていますが、 案の定、市販品にも元々付属していました。 ただ、2WAYブラシは最高級の PV-BFH900にしかついておらず、ふとん用吸口は PV-BFH500にしかついていないので、この3種類で付属するのはジャパネットモデルのみということになります。 残念なのは、スタンドですね。 ラクかるスティックはスタンドが付属しています。 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)とラクかるスティック(PV-BFL1)は価格がほぼ同じ・・・というように言いましたけど、 ジャパネットモデルはスタンドが別売りで8000円以上するものです。 こうなると、ラクかるスティックより必ずしもお得とはいいかねますね。 以上のことから整理すると、 ジャパネットモデル「 ラクかるパワーブーストサイクロン(PV-BHL1000J)」をオススメできるのは下記のような人です。 ・軽いのことを重視している 重くていいならキャニスター型でいい。 スティック型は軽くなきゃ! ・ただ吸引力はそれなりにほしい ダイソンが証明しているとおり、ヘッドの性能は吸引力に大きく影響します。 ・別にスタンドはいらない クローゼットとかにしまうなら、まぁ別にいらないですね。 この条件の人にとっては、価格的にも悪くないと言える気がします。 今回のジャパネットは頑張ってますよ。 また、今回はネット最安値と比較しており、販売店はネット専門のお店の場合が多いです。 もちろんネット専門店でも悪いわけではないのですが、 サポートに関してはジャパネットのほうがはるかに良いです。 むしろ僕の知る限り、 メーカーサポートよりもジャパネットのサポートのほうが手厚いです。 例えばメーカーのサポートだと18時に終わってしまう場合でも、ジャパネットなら22時まで受け付けてくれたりします。 使い方に不安があったりする方は、ジャパネットオススメします。 以上でした。 9月末まで増税直前セールです。 他の目玉商品ぽい炊飯器も調べてみたので良かったらどうぞ。 他のジャパネット記事はこちら hardshopper.

次の

日立 PV

日立 ラク かる パワー ブースト サイクロン

「日立 スティッククリーナー ラクカルパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J」の商品レビューです。 メーカーと共同企画したジャパネットオリジナルの限定モデル。 2019年8月上旬発売。 スティック時は約1. 6Kgの軽量タイプ。 押すときも引くときもゴミを吸い取る「パワフルスマートヘッド」を採用。 「延長パイプ、ACアダプター、お手入れブラシ、ほうきブラシ、2wayすき間ブラシ、ふとん用吸口、ハンディノズル」が付属します。 市販モデルより少し重い(約0. 2kg)• 集じん容量が少なめ(0. 15L)• サイクロンの分離性能は低め PV-BHL1000Jはジャパネットオリジナルの限定モデル この記事で紹介している「日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J」はの限定モデルです。 日立グローバルライフソリューションズとジャパネットたかたが共同企画した限定商品のため、他店では購入できません。 たとえばビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオン、ジョーシン、コジマ、ソフマップなどの家電量販店では取り扱いがないのでご注意ください(店員さんも知らないと思います) Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどのネット通販サイトでも買えないようです(転売業者による出品は除きます) 価格比較サイト「価格. com(カカクコム)」にも商品情報が登録されていないので、購入したユーザーの口コミや感想も見つけられませんでした。 ジャパネットオリジナルのPV-BHL1000Jはどんな掃除機? 「日立 スティッククリーナー ラクカルパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J」は2019年8月上旬発売のジャパネットオリジナルモデルです。 主なセールスポイントは以下となっています。 新開発の小型・軽量モーター 新開発の「小型・軽量ハイパワーファンモーターTR」を搭載しています。 日立独自の「トリプレットディフューザー(3連の固定翼)」を採用。 空気の流れを効率よく制御して軽さと吸引力を両立しています。 標準質量1. 6kgの軽さを実現 新型モーターとダストケースや各部品の軽量化で本体質量0. 95kgを実現。 ヘッドを本体を合わせた標準質量も1. 6kgと驚きの軽さです。 さまざまな床のごみを吸う「パワフルスマートヘッド」 ヘッドの押し引きに合わせて前後のフラップが開閉する「ダブルシンクロフラップ」を搭載。 ヘッド内の圧力を調整するため、ヘッドが床にはりつきにくく軽い操作で押しても引いてもゴミを吸い取れます。 壁ぎわのゴミを残さない「きわぴた構造」、床面のゴミを明るく照らす「LEDライト」も採用しています。 ジャパネットオリジナルだけの充実した付属品 「延長パイプ、ACアダプター、お手入れブラシ、ほうきブラシ、2wayすき間ブラシ、ふとん用吸口、ハンディノズル」が付属します。 PV-BHL1000Jの価格が安いのか市販品(PV-BFL1)とくらべてみました この記事で紹介している「日立 ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL1000J」はジャパネット限定モデルです。 しかし市販モデル「」のスペックが近いのでどちらが安いのか調べてみました。 リンク PV-BHL1000Jのジャパネット価格(2019年8月13日現在) PV-BHL1000Jのジャパネット価格は税別49,800円です。 PV-BFL1の価格コム平均価格(2019年8月13日現在) PV-BFL1の相場を価格比較サイト「価格. com(カカクコム)」で調べました。 直近3ヶ月の価格推移をチェックしたところ、PV-BFL1の平均価格は税込39,881円、最安値は税込29,980円でした。 ただし価格ドットコムの値段に「送料」や「引取料」は含まれていません。 ジャパネットモデルは市販品より約6,000円安い!(2019年8月13日現在) 価格を調べた結果、ジャパネットモデルの「PV-BHL1000J」は市販モデルの「PV-BFL1」より約6,000円も安いことがわかりました! 市販品より高性能のヘッドと付属品がセットでこの値段はお買い得ですよね。 ただしジャパネットモデルの値段は「古い掃除機の下取サービス」を利用することが前提です。 下取り品がない場合は2万円の値引きが適用されないのでかなり高くなります(税込54,756円) 掃除機を新規購入する場合は市販モデルのPV-BFL1を選んだほうがよいでしょう。 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)と市販モデル(PV-BFL1)の仕様を比較 ジャパネットモデル(PV-BHL1000J)と市販モデル(PV-BFL1)の仕様を比較してみましょう。 「日立 コードレス スティッククリーナー ラクかるスティック PV-BFL1」は2019年2月16日に発売された市販モデルです。 主な違いは「カラー、サイズ、重量、ヘッド、付属品」です。 集塵容量・充電時間・稼働時間などの基本スペックは共通 集塵容量・充電時間・稼働時間などの基本スペックは共通です。 集じん容量は0. 15L、充電時間は約3. 5時間、稼働時間は標準:約30分、強:約8分です。 PV-BHL1000Jは2種類のカラーが選べる 選べるカラーは、PV-BHL1000Jが「レッド、ホワイト」、PV-BFL1が「シャンパンゴールド」です。 PV-BHL1000Jは市販モデルより少し重い スティック時のサイズは、PV-BHL1000Jが「幅255x奥260x高1000mm」、PV-BFL1が「幅230x奥230x高1000mm」となっています。 ハンディ時のサイズは、どちらも同じ「幅90x奥328x高182mm」です。 重量は、PV-BHL1000Jが「スティック時:1. 6kg、ハンディ時:0. 95kg」、PV-BFL1が「スティック時:1. 4kg、ハンディ時:0. 95kg」です。 PV-BHL1000Jは「パワフルスマートヘッド」を採用 ヘッドの種類は、PV-BHL1000Jが「パワフルスマートヘッド(ヘッド幅:約25cm)」、PV-BFL1が「自走コンパクトヘッド(ヘッド幅:約23cm)」です。 PV-BHL1000Jは付属のアタッチメントが豊富 付属品は、PV-BHL1000Jが「延長パイプ、ACアダプター、お手入れブラシ、ほうきブラシ、2wayすき間ブラシ、ふとん用吸口、ハンディノズル」の7点です。 PV-BFL1の付属品は「ハンディノズル、すき間用吸口、延長パイプ、スティックスタンド、ACアダプター、お手入れブラシ」の6点です。 PV-BHL1000JとPV-BFL1の仕様比較表 PV-BHL1000JとPV-BFL1の仕様比較表です。 6Kg ハンディ時:0. 95Kg スティック時:1. 4Kg ハンディ時:0. 95Kg タイプ サイクロン サイクロン ヘッド種類 パワフルスマートヘッド(ヘッド幅:約25cm) 自走コンパクトヘッド(ヘッド幅:約23cm) コード有無 なし なし 集塵容量 0. 15L 0. 15L 充電時間 約3. 5時間 約3. 5時間 稼働時間 標準:約30分 パワフルスマートヘッド非使用時 約45分 強:約8分 標準:約30分 自走コンパクトヘッド非使用時 約45分 強:約8分 付属品 パワフルスマートヘッド 延長パイプ ACアダプター お手入れブラシ ダストケース背面に取り付けられています。 ) ほうきブラシ 2wayすき間ブラシ ふとん用吸口 ハンディノズル 本体に取り付けられています。 PV-BHL1000JとPV-BFL1の機能で最も大きな違いは「ヘッドの種類」です。 PV-BHL1000Jは「パワフルスマートヘッド」、PV-BFL1は「自走コンパクトヘッド」を採用しています。 パワフルスマートヘッドは多機能だけど大きく少し重い パワフルスマートヘッドはヘッド幅が約25cmで多機能ですが少し重いようです。 一方、自走コンパクトヘッドはヘッド幅が約23cmで機能は少なめですが軽量です。 パワフルスマートヘッドはダブルシンクロフラップとLEDライトを搭載 パワフルスマートヘッドは「ダブルシンクロフラップ」と「きわぴた構造」と「LEDライト」と「かるふきブラシ」を搭載しています。 ダブルシンクロフラップは、ヘッドを押したときも引いたときもゴミを吸い取れる機能です。 きわぴた構造は、ヘッド前面を壁に付けたときに前側から底面に空気が流れるので、壁ぎわのごみもしっかり取れます。 LEDライトは、ヘッド前面に6個のライトが内蔵されていて、見えにくい床面のゴミを明るく照らします。 かるふきブラシは、ヘッドの回転ブラシにふき専用の毛を採用し、ふき掃除をしたように床がスッキリする機能です。 PV-BFL1の自走コンパクトヘッドは機能が少ない 残念ながら、自走コンパクトヘッドには「ダブルシンクロフラップ、きわぴた構造、LEDライト、かるふきブラシ」はありません。 ただし回転ブラシをヘッドの前側に近づけて配置した「きわぴたブラシ」を採用しており、壁ぎわのゴミもスッキリ取れます。 PV-BHL1000JとPV-BFL1の機能比較表 PV-BHL1000JとPV-BFL1の機能比較表です。 日立 パワーブーストサイクロン PV-BFH900 PV-BHL1000Jと同じ日立製のコードレス掃除機です。 こちらのPV-BFH900は2018年9月発売の型落ち品です。 後継機種(PV-BH900G)が2019年8月に発売されたため、値下がりしてお得感がアップしています。 稼働時間は最大40分、集じん容積は0. 2LのためPV-BHL1000Jより高性能です。 ただし重量は約2. 1kgなのでPV-BHL1000Jより約500g重くなっています。 店頭参考価格帯は税込36,800円~税込40,700円です。

次の