ワイモバイル paypay チャージ。 PayPayのチャージ方法はワイモバイルユーザーならまとめて支払い一択!一番お得にポイントをゲット!

PayPayのチャージ方法|一番お得なのは?上限や手数料、注意点も詳しく解説

ワイモバイル paypay チャージ

PayPayがソフトバンクとワイモバイルの携帯電話料金合算払いである 「まとめて支払い」でのチャージに対応しました。 実際にワイモバイル回線を利用してまとめて支払いを使ってPayPayにチャージしてみました。 手順はソフトバンクもワイモバイルも同じなので回線を契約しているユーザーさんは読んでみてください。 PayPayに登録している電話番号がソフトバンクかワイモバイルのものじゃないとできない PayPayに登録している電話番号は簡単に変更できる PayPayにまとめて支払いで後払いチャージする条件としては、ソフトバンクまたはワイモバイル回線の契約者であることとPayPayに登録している電話番号がソフトバンク、ワイモバイルの電話番号である必要があります。 PayPayに登録している電話番号は、SMSが受け取れる状態であればすぐにできます。 関連記事: 最初だけ「外部サービス連携」を行う必要アリ Wi-Fiをオフにしての設定がオススメ PayPayを起動して「アカウント」画面を開きます。 中にある「外部サービス連携」をタップします。 「ソフトバンク・ワイモバイル」をタップします。 「上記に同意して連携する」をタップします。 Wi-Fiをオフにしてくださいと表示されます。 オフにした状態で「次へ」をタップして進みます。 連携が完了します。 そのまま「設定に進む」をタップして進みます。 処理中です…と表示されるので待ちます。 規約が表示されます。 同意するにチェックをつけて進みます。 「設定する」をタップします。 事実上後払い。 まとめて支払いを使ってPayPay残高にチャージする方法 PayPayのホーム画面から「チャージ」をタップします。 この状態で「チャージする」をタップします。 チャージ完了です。 ソフトバンクまたはワイモバイル回線契約者だけが使える方法となりますが、ついに後払いにも対応したPayPay。 PayPayはクレジットカード支払いも設定できますが、キャンペーン対象となる支払い方法が「残高から」のことが多いです。 ソフトバンク回線の契約でもいいのですが、ワイモバイル回線の方が月額費用も安くコスパがいいと思います。 これにより、PayPayモールやYahooショッピングでのポイント倍率がアップします。 さらにPayPayモールで開催される100億円あげちゃうキャンペーンなどを絡めると最大で20%還元となり、かなりおトクにPayPayが使えるようになります。 ワイモバイルは今なら契約事務手数料も無料!2年縛りもない 現在、ワイモバイルオンラインストアではSIMのみ契約でも「契約手数料無料」キャンペーンを行っています。 機種購入も考えている人は、端末割引も行われています。 現在契約できるプランは、2年縛りもないので不要になれば、回線を解約してもOKです。 PayPayをよりおトクに使いたいのであれば、ワイモバイル回線の契約がオススメです(もちろんソフトバンク回線でもいいですが、ちょっとお値段が。。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

【PayPay】ソフトバンクまとめて支払いからチャージできるようになった!

ワイモバイル paypay チャージ

プレイステーションストア(PSStore)でサービスを購入するには、オンライン上の財布「ウォレット」を使います。 ウォレットにあらかじめ一定の金額をチャージしておき、そのチャージ金額を使ってサービスを購入する、という形になります。 今回は、プレイステーションストアを利用する際に必要になる、ウォレットにチャージする方法をご紹介します。 プレイステーションストア(PSStore)とは? プレイステーションストア(PSStore)は、プレイステーションで利用できるゲームやビデオといったコンテンツをオンラインで販売しているストアです。 PS4、PS3、PS Vita、PC、スマートフォンから利用できます。 ストアでは、通常のコンテンツに加えて、基本プレイ無料や体験版、DL版専用コンテンツも揃っており、購入後すぐにダウンロードしてコンテンツを楽しむことができます。 ソフトを購入するために店舗へ出向く必要はありません。 予約購入しておけば、発売日の午前0時にはプレイを始めることができる点も魅力です。 さらに、プレイステーションストアでは、さらにサービスが充実した「PlayStation Plus」という定期会員制サービスも提供しています。 会員限定のアバターやテーマなどを利用やコンテンツの割引、オンラインストレージへのバックアップ、PS4 でにオンラインマルチプレイなどの機能を備えるサービスです。 プレイステーションを100%楽しみたい人は加入をおすすめします。 プレイステーションストア(PSStore)で利用するウォレットとは? プレイステーションストアでは、コンテンツの購入はすべてPSN(PlayStationNetwork)アカウントの「ウォレット」を使い支払いを行います。 ウォレットにチャージができるのは、18歳以上のマスターアカウントです。 子供用のサブアカウントはウォレットを持つことができませんので、チャージをするには、マスターアカウントでSENにログインする必要があります。 マスターアカウントのアカウント管理、もしくは支払い管理から行いましょう。 ウォレットにチャージする方法は4種類 PSN PlayStationNetwork のウォレットにチャージする方法は、クレジットカードやデビットカード、プレイステーションストアカード、PayPal、モバイル決済の4つです。 ウォレットには最大20,000円チャージしておくことができます。 残高が20,000円を超えるようになるチャージは、エラーとなり、チャージすることはできません。 クレジットカード・デビットカードでチャージ 「支払い管理」から、「チャージ(入金)する」を選択し、入金方法で「クレジット/デビットカードを登録」を選択します。 次の画面で、カード番号、名義、有効期限、セキュリティコードを入力し、次へ進むと支払い方法の登録ができます。 その後チャージ金額を選択しましょう。 使用できるクレジットカード・デビットカードはJCB、VISA、Master、ダイナースクラブのみです。 チャージ可能な金額は、1,000円(PS3を除く)、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円(上限まで)です。 ただし、購入したいコンテンツとウォレット残高が1,000円未満であれば、PS Storeでカートに入れている場合に限り1,000円未満のチャージもできるようになっています。 PayPalでチャージ クレジットカードや銀行口座を使ってオンライン決済が利用できるPayPalを使ってチャージすることができます。 PSNのアカウントに直接クレジットカードを登録する必要がありませんし、銀行口座からの引き落としも利用できるというメリットがあります。 PayPalを利用したい場合には、入金方法を選択する際に「PayPalアカウント追加」を選択します。 選択すると、PayPalのログイン画面がポップアップしますので、PayPal登録のメールアドレスとパスワードでログインしましょう。 プレイステーションストアカード・チケットでチャージ PSNのウォレットには、コンビニやスマートフォンで購入したプレイステーションストアカードや、ストアチケットを使ってチャージすることもできます。 クレジットカードを登録したくない場合や、家族に課金を知られたくない場合に便利です。 カード式のプレイステーションストアカードは3,000円からの販売となりますが、コンビニのマルチメディア端末やオンラインで購入できるコード形式のプレイステーションストアチケットであれば最低1,000円からとなっています。 残高が20,000円以上になるチャージはできませんので、金額の大きなプレイステーションストアカードやストアチケットを購入する際は、 残高に注意しましょう。 チャージは、「チャージ(入金する)」から「PSNカード/チケットの番号の入力」を選択します。 12桁のコードを入力し、金額の確認後「チャージ(入金)」を選択すると、「ウォレットにチャージされました」と表示され、チャージ後のウォレット額が表示されます。 なお、カードにはPS Plusの利用期間の更新専用のプレイステーションプラスカードもありますが、チャージ方法は、ストアカードやチケットと同様です。 チャージの画面からカード番号を入力します。 モバイル決済でチャージ ウォレットには、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、auかんたん決済、auWALLET、UQmobileのキャリア決済を利用してチャージすることもできます。 電話料金との合算で支払いますので、アカウントにクレジットカードを登録したり、プレイステーションストアカードを購入したりする手間がかかりません。 携帯電話のアカウントにログインできるようにし、キャリア決済の利用を許可しておきましょう。 モバイル決済でチャージするには、「チャージ(入金する)」からモバイル決済を選択し、次の画面で追加金額を選択し、「続ける」を選択します。 そして、携帯電話会社を選択し次へ進むと、携帯電話会社のアカウントのログイン画面に移動し、支払いの確認画面となりますので、携帯電話会社側で手続きを進めます。 支払処理が完了すると、PSNのサイトに戻りチャージ金額がウォレットに自動反映されてチャージ完了です。 なお、モバイル決済でのチャージが利用できるのはPS4 、PC、スマートフォンからとなります。 ウォレットの自動チャージの利用方法 プレイステーションストアではウォレットを利用してコンテンツの購入を行います。 定額制サービスや予約注文コンテンツの購入の際、タイミングによっては、ウォレットの残高が不足することもあるでしょう。 「お支払い設定」で「自動的に定額制サービスを更新、または予約注文コンテンツに対して支払う」をオンにしておけば、自動的に不足金額をウォレットにチャージして、支払いを行うことができます。 なお、ウォレットの自動チャージ機能が利用できるのは、クレジットカード・デビットカードおよびPayPalをウォレットに登録している場合に限られます。 CERO「Z」コンテンツは年齢確認が必要なため、チャージ済みのウォレットは利用できず、クレジットカードかデビットカードでの決済が必要です。 購入時に購入金額が自動的にチャージされ、支払いに利用されます。 主に日本では 残虐性が極めて高いゲームに指定されています。 まとめ プレイステーションストア(PSStore)で利用するウォレットのチャージ方法には、さまざまな手段があります。 一部制限はあるものの、プレイステーションストアカードやストアチケットを通じてクレジットカードなしでもチャージが可能です。 プレイステーションストアカードは、ギフト券のオンライン売買サイトGiftissue(ギフティッシュ)でお得に購入することができます。 クレジットカードやモバイル決済を利用したくない人はもちろん、少しでもお得に利用したいならぜひご利用ください。

次の

PayPayのチャージ方法はソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが一番簡単でお得って知ってた?

ワイモバイル paypay チャージ

最新のPayPayアプリでは「その他のチャージ方法」として「ソフトバンク・ワイモバイル」が増える サービスの概要 ソフトバンクまとめて支払いとワイモバイルまとめて支払いを使った残高チャージは、両サービスの利用可能額の範囲内で行える。 利用可能(限度)額は、携帯電話回線の利用者の年齢に応じて以下のように異なる(契約状況によって変動する場合あり)。 使いすぎを防止する観点から、利用可能額を引き下げたりサービス自体の利用を制限したりできる「使いすぎ防止機能」も備えている。 満12歳未満:月額最大2000円• 満20歳未満:月額最大2万円• 満20歳以上:月額最大10万円 利用可能額は他の対応サービスと共有される。 締め日は携帯電話料金の締め日と同一で、ソフトバンクブランドでは「毎月末」「毎月10日」「毎月20日」のいずれか、Y! mobileブランドでは「毎月末」となる。 両サービスを使ってチャージした残高は「PayPayマネーライト」として扱われる。 有効期限なく利用できるが、銀行口座などへの払い出し(出金)はできない。 PayPay残高の種類については、別記事を参照してほしい。 関連記事• PayPayは、2019年7月29日からPayPay残高の名称や有効期限などを変更する。 「PayPayライト」は「PayPayマネーライト」に、「PayPayボーナスミニ」は「PayPayボーナスライト」に名称を変更する。 9月30日以降、「PayPayマネー」から出金も可能になる予定。 ヤフーが「Yahoo! マネー」の名称で提供している電子マネー事業をPayPayに9月30日付で承継する予定であることを発表。 「Yahoo! マネー残高」を「PayPay残高」に移行する。 PayPayアカウントを持っていないユーザーは、9月30日以降に新規作成すれば残高や登録情報を引き継ぎできる予定だ。 ヤフーは、8月からヤフー関連サービス上のキャンペーンなどで付与している期間固定Tポイントを「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」へ変更する。 また、PayPayは6月3日に「Yahoo! ショッピング」などヤフー関連サービスでのオンライン決済時に付与する「PayPayボーナス」を0. 5%から1%に引き上げる。 ソフトバンクが、Y! mobileのサービス開始5周年を記念したキャンペーンを実施。 mobileの新規契約でPayPayボーナスを付与する、対象端末を5円で販売するといった特典を用意する。 期間は8月1日から9月30日まで(特典によって異なる)。 「SoftBank World 2019」で同社グループのPayPay副社長の馬場一氏が最新戦略を語った。 馬場氏によると、7月18日にPayPayは900万加入を達成。 「間もなく1000万になる」と自信をのぞかせた。 店舗とユーザーの接点を強化する機能を実装していくのが今後の目標だという。 関連リンク•

次の