ホットケーキミックス クレープ生地。 レンジで時短で簡単!薄いクレープ生地の作り方&アレンジレシピ

美味しいクレープ生地の作り方|材料の選び方とクレープ人気レシピ18選

ホットケーキミックス クレープ生地

クレープ生地のカロリーはどのくらい? クレープ生地だけなら高くない? いかにもカロリーが高そうなクレープですが、実はクレープ生地そのもののカロリーは意外と低い部類になります。 まず、クレープの生地の材料はおよそこのような感じですよね。 小麦粉100g 約365キロカロリー• 砂糖大さじ1杯 約60キロカロリー• たまご1個 約90キロカロリー• 牛乳1カップ 約135キロカロリー• バター15g 約115キロカロリー これだけで約10枚程度は焼ける計算です。 上記の材料を合計すると約765キロカロリーとなり、それを10で割って、生地1枚あたり約76. 5キロカロリーとなります。 この通り、クレープの生地そのものは比較的低カロリーに抑えられているのです。 食事系クレープとスイーツ系クレープで違う? 材料を見る限り、クレープ生地自体にはそこまでカロリーが無いことはおわかり頂けたでしょうか?そうなると、クレープのカロリーを見る時に注意すべきポイントは「具材」になります。 あくまで傾向としては、サラダや惣菜などがトッピングされた食事系クレープはカロリーが低く、生クリームやチョコなどお菓子がトッピングされたスイーツ系クレープはカロリーが高くなりがち。 ただ、おかず系であってもお肉など高カロリーな具材を加えればカロリーも高くなりますし、スイーツ系であってもノンカロリー甘味料やフルーツなどを多く組み込むことでカロリーを抑えることもできます。 要はトッピングする具材次第ということですね。 クレープ生地でカロリーを調整するには? ホットケーキミックスは高カロリー? 先程は具材のカロリーについてお話させて頂きましたが、実はクレープ生地に使う材料もカロリーに関係してきます。 たとえば、比較的高カロリーとされるのが「小麦粉」や「ホットケーキミックス」ですね。 特にホットケーキミックスとなると、ホットケーキの味になるようにあらかじめ砂糖などが加えられていますので、その分カロリーも高くなりがち。 ただ中には低カロリータイプのホットケーキミックスもありますし、小麦粉を使った場合はどのみち砂糖を加えることになります。 よって、ホットケーキミックスで作ったクレープの方がカロリーが高いと一概に言い切れるものでもありません。 小麦粉を米粉やそば粉に クレープの生地のカロリーをおさえる為に使える材料も探せばたくさんあります。 代表的なものが米粉やそば粉ですね。 米粉の場合、カロリーは小麦粉とさほど変わらないレベルなのですが、油の吸収率が小麦粉に比べると低めです。 米粉のほうが無駄に油を吸わない分、小麦粉よりはオススメできます。 そば粉も、小麦粉よりやや低め程度のカロリーですが、炭水化物であるにもかかわらず低GIなのがヘルシーポイントです。 小麦粉のGI値60に対して、そば粉のGI値は50と低めで、その分血糖値も上がりにくいと言われています。 血糖値の上昇が緩やかですと、体内に糖を吸収するスピードも緩やかになり、結果的に脂肪も溜め込みにくくなります。 牛乳を豆乳にチェンジ 粉の他に重視したい材料と言えば、牛乳です。 クレープ生地を作る材料の中では小麦粉に次いで使用量が多く、かつカロリーが高めの牛乳。 他の低カロリー材料で代用することができれば、結果的に生地のカロリーをおさえることに繋がります。 牛乳代わりに使える材料で特にオススメしたいのが「豆乳」です。 牛乳のカロリーがワンカップ約135キロカロリーなのに対して、豆乳のカロリーはワンカップ約100キロカロリー程度とやや低め。 それに加えて豆乳は低GIかつビタミンEやタンパク質などダイエットに最適な栄養素も盛り込まれているので、牛乳よりは太りにくい飲み物として重宝されています。 よって、徹底してカロリーをおさえることを考えるなら牛乳の代用品として豆乳を使うことをオススメします。 トッピングでカロリーオフする 生クリームをヨーグルトに 低カロリーのクレープを作る為に、次はトッピング用の具材も工夫してみましょう。 カロリー高めのトッピング材料のうち、特に気をつけたいのが「生クリーム」ですね。 使うのがたった20gの重さのホイップクリームだとしても、なんと約80キロカロリーもあります。 さらにクレープとなれば、その使用量は20g程度じゃおさまらない事も多いです。 下手したらクリームだけで100〜200キロカロリーは増えてしまうおそれもあります。 よって、なるべく生クリームを別のトッピングに変えることも考えていきたいところ。 オススメは「ヨーグルト」ですね。 100gであっても約60キロカロリーとかなり低めですし、低GIなのもメリットです。 食事系クレープは調味料に注意 食事系のクレープを作る時に気をつけたいのが調味料です。 調味料には意外とハイカロリーなものも多く、代表的なものがこちらになります。 ウスターソース 100gあたり約115キロカロリー• こいくち醤油 100gあたり約70キロカロリー• マヨネーズ 10gあたり約70キロカロリー• ケチャップ 100gあたり約120キロカロリー マヨネーズなんて10gですでに70キロカロリーもあり、他の調味料に比べると段違いに高いです。 上記はある意味、砂糖よりも注意しておきたい調味料と言えるでしょう。 生地に砂糖を使わず野菜をたっぷり 生地のカロリーをおさえるテクニックとして、「あえて砂糖を入れない」という方法もアリです。 味は淡白になるかもしれませんが、食事系のトッピングにしておけば甘みの無さもカバーできます。 オススメは野菜をたっぷり使うことですね。 トマト・じゃがいも・レタス・パプリカ・アボガド・ナス・ズッキーニなど、意外と好相性な野菜は多かったりします。 ひとつオススメとして、このようなトッピングはいかがでしょうか。 ゆで卵• レタス• きゅうり• マヨネーズ• チーズ クレープを朝ごはん風にいただくトッピングです。 マヨネーズはカロリーハーフのものを使うと、よりカロリーをおさえられるのでオススメ。 クレープでダイエットするには? クレープは意外と腹持ちがいい? 具材をたっぷりと使ったクレープはとても腹持ちが良いので、ダイエット食として応用することもできます。 特に野菜や低カロリー調味料、米粉や豆乳などの満腹感を得やすい食材を多く使った惣菜系クレープは、スイーツ系に比べると腹持ちが良い傾向。 トッピングする具材次第では、単なる間食の域を超えて1食分としてカウントしても良いくらいです。 間食ではなく1食としてクレープを食べる クレープをダイエットに取り入れたい時のポイントとしては、クレープを食べた日の食事を全体的に軽めにすること。 具体的には、クレープで余分に摂取した分のカロリーを他の食事でおさえるといったイメージです。 それができるなら、いっそハイカロリーのクレープを食べてしまうのも、ダイエット中のストレス発散になって良いかと思います。 人間の体はストレスを感じると交感神経系のバランスが崩れて、痩せにくくなるようにできています。 なのである程度許容範囲内であれば、甘いものや好物を食べるのはストレス発散になるのでオススメです。 ただ食べ過ぎると逆効果になるのでそこは気をつけて。

次の

美味しいクレープ生地の作り方|材料の選び方とクレープ人気レシピ18選

ホットケーキミックス クレープ生地

レンジで薄いクレープ生地を作る方法 ホットケーキミックスと水を混ぜて生地を作り、お皿の上にラップを張って、その上に生地を薄く伸ばしてレンジで1分。 ポイントは、ラップをお皿にピンと張ることで、その上にできるだけ均等になるように生地を伸ばしてください。 レンチン後はすぐに剥がすと、剥がしやすいです。 小麦アレルギーでも安心「ブルタニュー風米粉クレープ」 卵・水・砂糖などをボウルで混ぜ、米粉を少しずつ加えてさらに良く混ぜたら、フライパンに流し入れて焼けば完成です。 時間に余裕があれば、米粉を入れたあとに少し寝かせると、さらに美味しく仕上がりますよ。 材料は、天然やオーガニックでは無く、普通の材料でももちろんOK。 かぼちゃを加えて簡単アレンジ「かぼちゃクレープ」 蒸して潰しておいたかぼちゃに、卵・豆乳・ホットケーキミックスなどをいれて混ぜたら、フライパンに薄く広げて両面を焼いて出来上がりです。 ウインナー、クリームチーズ、キンピラなど、お好きな具材を挟んで召し上がってください。 なお、豆乳の分量を増やして焼くと、かぼちゃのパンケーキも作れちゃいます。 天ぷら粉&ツナ缶で「ツナクレープ」 天ぷら粉と片栗粉を混ぜておき、水・ツナを順に加えてさらに良く混ぜて、フライパンに薄く流し入れて両面を焼き終えたら、表面にソースを塗って巻けば完成です。 チーズやコーンを一緒に巻いても美味しいですよ。 水を入れるときは、ダマにならないように素早くかき混ぜてください。 ホットケーキミックスと豆乳で作る「もちもちクレープ」 ホットケーキミックス、豆乳、ナツメグとシナモンをよく混ぜてから、フライパンで両面を焼くだけ。 お好きな具材を巻いて食べてください。 まとめて焼いて冷凍保存しておくのもオススメ。 食べるときは、冷蔵庫で解凍すればOKです。 年子3人+怪獣。

次の

絶品クレープの作り方!HMホットケーキミックスで簡単失敗なし!

ホットケーキミックス クレープ生地

クレープの生地はホットケーキより「ゆるい」! ホットケーキミックスのパッケージには、ホットケーキを作るための材料が書かれています。 クレープの材料もホットケーキとほとんど同じ。 ただし、分量が異なるということが、最大のポイントです。 ホットケーキをよくつくる方はおわかりかと思いますが、ホットケーキ生地は案外「もったり」しています。 クレープを作る時には生地がサラサラでないと薄くのばすことができません。 我が家でクレープを作る時の分量は次の通りです。 単純に言えば、ホットケーキよりも牛乳の量が多い、という感じですね。 この材料を混ぜ合わせて生地を作ります。 クレープの焼き方には2通り!「パリパリ」と「モチモチ」 クレープをいよいよ焼いていきます。 2種類の焼き方で、食感の違ったクレープを作ることができます。 まずは火を使う焼き方 ホットプレートでも焼けると思いますが、フライパンの方が作りやすいかなと思います。 クレープ屋さんのイメージにはホットプレートの方が近いんですが、やはり薄く伸ばすのは大変です。 バターを溶かして熱したフライパンに、お玉一杯ぶんぐらいの生地を流したら、フライパンを持ち上げて傾けて、生地を薄くのばしていきます。 最初はフライパンを熱するために中火ぐらいですが、実際に生地を焼く段階にきたら弱火に落とします。 生地の端っこが焼けてカリッと持ち上がってくるのが、ひっくり返すタイミングです。 お箸を使って生地を持ち上げて裏返しましょう。 焼けた感じが香ばしい、パリパリクレープはこうして作ります。 我が家では、クレープは普通のフライパンではなく、 100円ショップで売っている小さなフライパンで焼いています。 円が小さい方が裏返しもしやすく、ちょうどいい大きさのクレープができるんです。 100円ショップのフライパンはクレープだけでなく、料理の途中で材料を別に炒める時など、なかなか使い勝手が良いので、一つ持っておくことをオススメします。 もうひとつの作り方は電子レンジを使う 耐熱皿にラップフィルムをピンと張って。 そのラップの上に記事を流し、スプーンで薄く伸ばします。 これで電子レンジに90秒かけてみてください。 焼き目はありませんが、薄いながらもしっとりもちもちの美味しいクレープができますよ。 超簡単クレープレシピ クレープはその薄い生地にいろいろなデザートを添えることで、レシピが無限大に広がります。 手をかければかけただけ、美味しいクレープができるところでしょうが、ここでは、超簡単でおいしいクレープレシピをご紹介しましょう。 「パリパリクレープ」には、ホイップクリームに切ったバナナ、チョコソース。 超定番の「チョコバナナクレープ」をまずは作ってみましょう。 生地の焦げ感がやっぱりチョコソースと合うんですよね。 「モチモチクレープ」のおすすめ簡単レシピは、「アップルクリームクレープ」。 りんごジャムとホイップクリーム、これにメープルシロップか蜂蜜を少し添えてください(りんごジャムの甘さに応じて)。 クレープはできたて熱々でも、冷蔵庫で冷やしてからでもイケます。 この他アイスクリームや果物、缶詰など、すぐに用意できるものをクレープに添えて、ちょっと豪華なおやつ、我が家ではたのしんでいます。 皆さんも是非試してみてください。 まとめ おやつに手をかける時間ってなかなかないですが、ここで紹介したクレープの作り方、一度作ってみるととても簡単で、しばらくおやつがクレープばかりになるかもしれません(笑)。 我が家も一度作ってみて、とてもおいしくできることが面白くなってしまい、クレープにハマってしまったことがありました。 ほんのちょっとのひと手間で、充実した生活が見える。 クレープにはそんな魔法があるような、作るたびにそう感じているのですが、いかがでしょうか。

次の