サッカー 年俸ランキング 2019。 【サッカー】世界の監督 年俸ランキング【2019

【日本/海外別】サッカー”GK(ゴールキーパー)”の超一流選手ランキングTOP10!【2020現役】

サッカー 年俸ランキング 2019

今季は出遅れたものの、試合に出始めればやはりメッシ。 決定的な仕事を立て続けにこなし、得点・アシストを量産している。 11月9日のエスパニョール戦ではおよそ3分で2本のフリーキックを決める離れ業も披露している。 32歳になり、「パフォーマンスがそろそろ下り坂に入るのでは」という周囲の予測とは裏腹に2019-2020年シーズンも好調。 史上最多6度目のバロンドールは伊達ではない。 3位アンドレス・イニエスタ:約32. 5億円 昨年バルセロナから、ヴィッセル神戸への移籍を果たしたアンドレス・イニエスタ(スペイン/ヴィッセル神戸)は、国内のスポーツ新聞などによれば3年契約で推定年俸32. 5億円(約2700万ユーロ)。 怪我で試合を欠場しがちな印象はあるが、出場すればワールドクラスのトラップ、パス、シュートを披露する。 今春からキャプテンも任されており、すっかりクラブの顔になった。 チームは現在、天皇杯で勝ち進んでおり、12月21日に清水エスパルスとの準決勝を控える。 11月13日に現役引退を発表したダビド・ビジャ(スペイン/ヴィッセル神戸)のために、天皇杯優勝を捧げられるのか注目だ。 4位オスカル:約28. 7億円〜約31億円 オスカル(ブラジル/上海上港)は、2016年12月に6000万ユーロ(約74億円)でチェルシーから上海上港に移籍。 スペイン紙「マルカ」などによれば年俸約2400万〜2600万ユーロ(約28. 7億円〜約31億円)前後で契約している。 当時25歳でプレイヤーとして脂が乗る時期だっただけに、キャリアより金を選んだという批判も受けた。 だが、幼少期に貧しい家庭で育ったオスカルは、そんな批判を物ともせず中国でプレイしている。 上海上港との契約は2020年12月まで。 今夏も古巣のチェルシーへの復帰話、ミランへのレンタル移籍などが噂された。 未だ需要は衰えず、欧州5大リーグで再び勇姿を見られる日はそう遠くなさそうだ。 6位クリスティアーノ・ロナウド:約25億円 昨年ユベントスに移籍し、今年2シーズン目を迎えるクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)の年俸は、スペイン紙「マルカ」によれば約2100万ユーロ(約25億円)だ。 高額の年俸だがクラブにもたらした経済効果は非常に高く、伊紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」はスポンサー料やグッズ売上がアップして約70億円の利益を生み出したと報じている。 倍以上の利益をもたらすロナウドは、クラブにとって黄金の卵と言えるだろう。 選手としては現在、コンスタントに活躍を続けてクラブの首位維持に貢献している。 だが、クラブの悲願はチャンピオンズリーグ優勝。 ロナウドにかかる期待は計り知れない。 8位キリアン・エムバペ:約21. 5億円 2018年のロシアW杯で大車輪の活躍を見せた20歳の快速FWのキリアン・エムバペ(フランス/PSG)は、今や押しも押されぬ次期バロンドール候補だ。 スペイン紙「マルカ」などによれば年俸は約1800万ユーロ(約21. 5億円)。 上位勢に比べてやや開きがあり、8位に甘んじている。 しかし、レアルやリバプールなどビッグクラブへの移籍が何度も取りざたされており、スペインメディア「アス」では、移籍金2億8000万ユーロ(約335億円)という巨額のマネーが動くとも報じられている。 移籍せずとも、PSGが2025年までの契約で年俸5000万ユーロ(約59億円)を提示する噂も「エル・パイス」で報じられている。 いずれにせよ年俸が高騰する可能性大だ。 9位ポール・ポグバ:約21億円 第9位に入ったポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)の年俸は、スペイン紙「マルカ」によればエムバペに肉薄する約1750万ユーロ(約21億円)だ。 今夏はユベントスへの出戻りやレアルへの移籍が取り沙汰されていた。 ポグバ自身が移籍を希望していると各メディアを通じて噂され、移籍が決まれば、年俸が2500万ユーロ前後に上がった可能性もある。 ポグバは2016年に約120億円の移籍金でユナイテッドに戻ってきたものの、ユベントス時代のパフォーマンスを発揮できていないというのが下馬評だ。 ただしロシアW杯で見せた献身的かつ精力的なプレイを見るかぎり、個人能力はやはり高い。 モチベーションやチームとの相性がパフォーマンスに影響しやすい傾向にある。 今冬も移籍話が絶えず、移籍先としてレアルとユベントスが挙がっている。 特にレアルは、ジネディーヌ・ジダン監督がドバイでポグバと接触するなど、移籍に向けた本気度を感じさせる。 ポグバの動向はしばらく注目だ。 10位ベイル&グリーズマン:約20. 5億円 昨シーズンまで、アトレティコで約2000万ユーロ(約24億円)の年俸を受け取っていたアントワーヌ・グリーズマン(フランス/バルセロナ)は、今シーズンからバルセロナに移籍。 バルセロナが今、UEFAの規定に抵触しないよう、選手とスタッフの総年俸額を抑えている影響からか、グリーズマンの年俸は、仏紙「レキップ」によれば1700万(約20. 5億円)に下がった見込みだ。 この減額により、ガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリード)とほぼ同額の年俸になった。 グリーズマンは、バルセロナに在籍し続ければ、年俸は当分ほぼ不動となるだろう。 一方ベイルは中国移籍の噂が絶えず、契約に至れば本ラキングの上位に顔を見せるかもしれない。 ちなみに、昨年UEFA欧州最優秀選手賞を獲得したファン・ダイク(オランダ/リバプール)の年俸は、約1050万ユーロ(約12. 5億円)で10位圏外。 むしろフレンキー・デ・ヨング(オランダ/バルセロナ)の方が高く、約1600万ユーロ(約19億円)となっている。

次の

サッカー選手(五輪世代)2019年度の年収ランキングトップ5!

サッカー 年俸ランキング 2019

プロサッカー選手・Jリーガーとは日本のプロサッカーリーグである「Jリーグ」でプロ契約を交わしているサッカー選手のことをいいます。 J1リーグ平均年俸 年 選手数 平均年俸 2020年 566人 3446万円 2019年 558人 3504万円 2018年 564人 2661万円 2017年 552人 2313万円 2016年 534人 2106万円 2015年 516人 2017万円 2020年のJ1リーグの平均年俸は3446万円でした。 年俸ランキングのトップはイニエスタ選手(ヴィッセル神戸)の32億5000万円。 続いてトーマス フェルマーレン選手(ヴィッセル神戸)の5億円。 1億円の年俸を超えるのはリーグ全体で22人しかいません。 1億円プレイヤーが当たり前のプロ野球と比べると少し寂しい年俸データとなっています。 順位 選手名 年齢 ポジション チーム 2020年の年俸 1位 アンドレス イニエスタ 36歳 MF ヴィッセル神戸 32億5000万円 2位 トーマス フェルマーレン 34歳 DF ヴィッセル神戸 5億円 3位 ジョー 33歳 FW 名古屋グランパス 4億円 4位 ドウグラス 32歳 FW ヴィッセル神戸 2億円 5位 ランゲラック 31歳 GK 名古屋グランパス 2億円 6位 酒井 高徳 29歳 DF ヴィッセル神戸 1億4000万円 7位 家長 昭博 34歳 MF 川崎フロンターレ 1億2000万円 8位 中村 憲剛 39歳 MF 川崎フロンターレ 1億2000万円 9位 レアンドロ ダミアン 31歳 FW 川崎フロンターレ 1億円 10位 小林 悠 32歳 FW 川崎フロンターレ 1億円 11位 キム ジンヒョン 33歳 GK セレッソ大阪 1億円 12位 清武 弘嗣 30歳 MF セレッソ大阪 1億円 13位 キム ヨングォン 30歳 DF ガンバ大阪 1億円 14位 遠藤 保仁 40歳 MF ガンバ大阪 1億円 15位 西川 周作 34歳 GK 浦和レッズ 1億円 16位 槙野 智章 33歳 DF 浦和レッズ 1億円 17位 昌子 源 27歳 DF ガンバ大阪 1億円 18位 柏木 陽介 32歳 MF 浦和レッズ 1億円 19位 ダンクレー 28歳 DF ヴィッセル神戸 1億円 20位 杉本 健勇 27歳 FW 浦和レッズ 1億円 21位 ジョアン シミッチ 27歳 MF 名古屋グランパス 1億円 22位 ガブリエル シャビエル 27歳 FW 名古屋グランパス 1億円 23位 クリスティアーノ 33歳 FW 柏レイソル 9000万円 24位 アデミウソン 26歳 FW ガンバ大阪 9000万円 25位 興梠 慎三 33歳 FW 浦和レッズ 9000万円 26位 内田 篤人 32歳 DF 鹿島アントラーズ 9000万円 27位 ディエゴ オリヴェイラ 30歳 FW FC東京 9000万円 28位 大島 僚太 27歳 MF 川崎フロンターレ 9000万円 29位 マテイ ヨニッチ 29歳 DF セレッソ大阪 8500万円 30位 マテウス サヴィオ 23歳 MF 柏レイソル 8000万円 31位 オルンガ 26歳 FW 柏レイソル 8000万円 32位 東口 順昭 34歳 GK ガンバ大阪 8000万円 33位 宇佐美 貴史 28歳 FW ガンバ大阪 8000万円 34位 ファブリシオ 30歳 FW 浦和レッズ 8000万円 35位 山口 蛍 29歳 MF ヴィッセル神戸 8000万円 36位 レオナルド 23歳 FW 浦和レッズ 8000万円 37位 セルジ サンペール 25歳 MF ヴィッセル神戸 8000万円 38位 エウシーニョ 30歳 DF 清水エスパルス 8000万円 39位 曽ヶ端 準 40歳 GK 鹿島アントラーズ 8000万円 40位 森重 真人 33歳 DF FC東京 8000万円 41位 チョン ソンリョン 35歳 GK 川崎フロンターレ 8000万円 42位 ジェジエウ 26歳 DF 川崎フロンターレ 8000万円 43位 谷口 彰悟 29歳 DF 川崎フロンターレ 8000万円 44位 車屋 紳太郎 28歳 DF 川崎フロンターレ 8000万円 45位 ク ソンユン 26歳 GK コンサドーレ札幌 8000万円 46位 レオ シルバ 34歳 MF 鹿島アントラーズ 7500万円 47位 髙萩 洋次郎 33歳 MF FC東京 7500万円 48位 齋藤 学 30歳 MF 川崎フロンターレ 7500万円 49位 金崎 夢生 31歳 FW サガン鳥栖 7400万円 50位 キム スンギュ 29歳 GK 柏レイソル 7000万円 51位 柿谷 曜一朗 30歳 FW セレッソ大阪 7000万円 52位 チアゴ マルチンス 25歳 DF 横浜F・マリノス 7000万円 53位 マルコス ジュニオール 27歳 FW 横浜F・マリノス 7000万円 54位 山中 亮輔 27歳 DF 浦和レッズ 7000万円 55位 長澤 和輝 28歳 MF 浦和レッズ 7000万円 56位 エヴェルトン 27歳 MF 浦和レッズ 7000万円 57位 阿部 勇樹 38歳 MF 浦和レッズ 7000万円 58位 武藤 雄樹 31歳 FW 浦和レッズ 7000万円 59位 クォン スンテ 35歳 GK 鹿島アントラーズ 7000万円 60位 太田 宏介 32歳 DF 名古屋グランパス 7000万円 61位 阿部 浩之 31歳 MF 名古屋グランパス 7000万円 62位 林 彰洋 33歳 GK FC東京 7000万円 63位 永井 謙佑 31歳 FW FC東京 7000万円 64位 柏 好文 32歳 MF サンフレッチェ広島 6500万円 65位 エヴェラウド 29歳 FW 鹿島アントラーズ 6500万円 66位 青山 敏弘 34歳 MF サンフレッチェ広島 6000万円 67位 大津 祐樹 30歳 FW 横浜F・マリノス 6000万円 68位 仲川 輝人 27歳 FW 横浜F・マリノス 6000万円 69位 マウリシオ 28歳 DF 浦和レッズ 6000万円 70位 鈴木 大輔 30歳 DF 浦和レッズ 6000万円 71位 トーマス デン 23歳 DF 浦和レッズ 6000万円 72位 岩波 拓也 26歳 DF 浦和レッズ 6000万円 73位 宇賀神 友弥 32歳 MF 浦和レッズ 6000万円 74位 マルティノス 29歳 MF 浦和レッズ 6000万円 75位 田中 順也 33歳 FW ヴィッセル神戸 6000万円 76位 鄭 大世 36歳 FW 清水エスパルス 6000万円 77位 山本 脩斗 35歳 DF 鹿島アントラーズ 6000万円 78位 永木 亮太 32歳 MF 鹿島アントラーズ 6000万円 79位 遠藤 康 32歳 MF 鹿島アントラーズ 6000万円 80位 アダイウトン 29歳 MF FC東京 6000万円 81位 橋本 拳人 26歳 MF FC東京 6000万円 82位 アンデルソン ロペス 26歳 FW コンサドーレ札幌 5500万円 83位 六反 勇治 33歳 GK 横浜FC 5500万円 84位 倉田 秋 31歳 MF ガンバ大阪 5500万円 85位 土居 聖真 28歳 MF 鹿島アントラーズ 5500万円 86位 東 慶悟 30歳 MF FC東京 5500万円 87位 福森 晃斗 27歳 DF コンサドーレ札幌 5500万円 88位 山村 和也 30歳 MF 川崎フロンターレ 5000万円 89位 大谷 秀和 35歳 MF 柏レイソル 5000万円 90位 ヒシャルジソン 28歳 MF 柏レイソル 5000万円 91位 エゼキエウ 22歳 MF サンフレッチェ広島 5000万円 92位 ハイネル 29歳 MF サンフレッチェ広島 5000万円 93位 ジュニオール サントス 25歳 FW 柏レイソル 5000万円 94位 レアンドロ ペレイラ 29歳 FW サンフレッチェ広島 5000万円 95位 マギーニョ 28歳 DF 横浜FC 5000万円 96位 藤田 直之 33歳 MF セレッソ大阪 5000万円 97位 ティーラトン 30歳 DF 横浜F・マリノス 5000万円 98位 三浦 弦太 25歳 DF ガンバ大阪 5000万円 99位 松原 健 27歳 DF 横浜F・マリノス 5000万円 100位 扇原 貴宏 28歳 MF 横浜F・マリノス 5000万円 年俸の目安 年俸の目安 新人で480万円程度 レギュラークラスで1000万円から5000万円程度 チームの顔となるベテランクラスで数千万円~1億円程度 同じレギュラーでもチームの資金力が豊富か否かでも年俸の状況は異なります。 特にサポーターの強烈な浦和レッズや親会社のバックアップが手厚いヴィッセル神戸、ガンバ大阪などでは平均よりも高い年俸が選手に支給されています。 順位 チーム名 2020年 総年俸 1 ヴィッセル神戸 47億3060万円 2 浦和レッズ 15億7680万円 3 名古屋グランパス 14億5860万円 4 川崎フロンターレ 12億2220万円 5 ガンバ大阪 11億1660万円 6 鹿島アントラーズ 11億220万円 7 柏レイソル 9億4780万円 8 FC東京 9億3920万円 9 横浜F・マリノス 9億660万円 10 セレッソ大阪 8億7300万円 11 清水エスパルス 7億9120万円 12 コンサドーレ札幌 7億1120万円 13 サンフレッチェ広島 6億9000万円 14 横浜FC 5億9730万円 15 サガン鳥栖 5億8610万円 16 湘南ベルマーレ 4億5190万円 17 ベガルタ仙台 4億5040万円 18 大分トリニータ 3億5710万円 順位 チーム名 2019年 総年俸 1 ヴィッセル神戸 49億1220万円 2 浦和レッズ 15億2020万円 3 川崎フロンターレ 13億5980万円 4 サガン鳥栖 13億2280万円 5 名古屋グランパス 12億7730万円 6 鹿島アントラーズ 10億8220万円 7 ガンバ大阪 10億3560万円 8 セレッソ大阪 10億830万円 9 FC東京 8億6320万円 10 ジュビロ磐田 8億840万円 11 清水エスパルス 7億4850万円 12 サンフレッチェ広島 6億4770万円 13 横浜F・マリノス 5億9800万円 14 松本山雅FC 5億7640万円 15 コンサドーレ札幌 5億6240万円 16 ベガルタ仙台 5億2000万円 17 湘南ベルマーレ 4億6440万円 18 大分トリニータ 2億4840万円 順位 チーム名 2018年 総年俸 1 ヴィッセル神戸 17億2290万円 2 川崎フロンターレ 11億8400万円 3 名古屋グランパス 11億1700万円 4 鹿島アントラーズ 11億1140万円 5 浦和レッズ 10億8080万円 6 セレッソ大阪 10億7790万円 7 ガンバ大阪 9億6430万円 8 FC東京 9億2420万円 9 清水エスパルス 7億7980万円 10 横浜F・マリノス 7億5020万円 11 ジュビロ磐田 7億2160万円 12 サンフレッチェ広島 7億460万円 13 柏レイソル 6億8000万円 14 コンサドーレ札幌 5億8020万円 15 湘南ベルマーレ 5億4240万円 16 サガン鳥栖 3億9500万円 17 ベガルタ仙台 3億7700万円 18 V・ファーレン長崎 3億20万円 サッカー選手の契約について Jリーグでは主に3種類のプロ契約があります。 仮に年俸1億の選手であったとしても、全試合に出場して全試合に勝利しないと契約年俸の満額をもらうことはできません。 全ての条件を満たして初めて、満額の年俸が支給されます。 基本給と出場・勝利給の割合は様々ですが、怪我で試合に出場できなかったり試合に負けてしまえばその分だけ年俸から定められた金額が減額されます。 日本代表で活躍する選手はメディアに頻繁に取り上げられて広告効果が高いため、スポーツメーカーはスパイクやウェアの使用契約を結んでいます。 契約金額は人気・知名度に比例して増減します。 J2の年俸・収入状況 J2の平均年俸は約400万円。 前年はJ1で闘っていたチームであっても降格してしまえばチームへの収入が減少してしまうため、選手への年俸は大幅に減額されるのが通常です。 J2の中にも本格的にJ1を目指すチームとそうでないチームがあります。 J1を目指すチームではJ1に近い水準の年俸が支払われていますが、そうでないチームでは相当な薄給で200万円台の選手も少なくありません。 B契約・C契約が多くを占めるクラブもあります。 中には生活苦から副業に手を出さざるを得ない選手もいるようで、憧れのプロサッカー選手といえどもJ2レベルでは華やかな生活を送ることは難しいようです。 J3の年俸・収入状況 J3のクラブチームは、「プロ契約選手の保有人数が3人以上」という規定になっており、プロ選手が3人いればチームとして成立します。 プロとアマの割合はチームの状況によって様々ですが、実際にはほとんどの選手がアマチュア契約で、サッカースクールのコーチなどのアルバイトをしながら生計を立てています。 たとえプロ契約だとしてもJ3では大卒の初任給程度しか稼ぐことはできません。 JリーガーといえどもJ3に所属している限りは、金銭的なメリットはほとんど無いと言っていいでしょう。 2020年で41歳になる遠藤選手のように永く活躍する選手もいる一方で、新人入団選手の多くが2年から3年で契約を打ち切られ引退していきます。 約800人いるJリーガー J1 の中で翌年もプロ選手として契約できるのは約650人。 それ以外の150人は現役を引退するか、下位リーグのJ2やJ3、JFL、海外などに移籍し、現役を続けます。 プロ野球では入団の際に契約金が数千万円から1億5千万円程度支給されていますが、Jリーガーにそのような契約金はありません。 そのような実情から、現在ではギリギリプロになれるような選手はJリーグを選択せずに大学に進学し、より良い状態でプロを目指す選手が増加しているといいます。 50音順職業一覧• 年収ガイド人気コンテンツ.

次の

【スポーツ選手 年収ランキング100】 クリスティアーノ・ロナウドが1位 メッシが2位

サッカー 年俸ランキング 2019

スペインのレジェンド・カシージャスの後を継ぎ、守護神の地位を獲得したGK。 所属クラブでも正守護神として安定した活躍を遂げていますね。 192cm76kgと細身の体をしなやかにこなした高精度のセービング、抜群のストップ力を誇ります! 正直クルトワとデヘアはほぼ同じレベルにはあるとは思ってるけど、弾き方が圧倒的にデヘア上手いってのが決定的な違いかな... まぁクルトワは勝ち点3に直結するようなセーブ多い気もするから満足はしてるけど... イタリアのサッカー史に残る、 超レジェンド級GK キャリア通算キャップは1,000試合を超えており、 セリエAでは974分間無失点という大記録を更新しています。 百戦錬磨で身に付けた嗅覚・一瞬の反応力にも優れており、GKに必要なスキルは全て持ち合わせている名選手。 日本人GKでは珍しい195cmを超える体格を生かした、 ハイボール処理の安定感が特徴的。 GK激戦区のFC東京のトップチームでスタメンを奪い取れるかどうか。 次世代の期待のGKです。 「波多野ってガタイいいし、ハイボールはことごとく捕るからいいGKだな」と思って帰ってから選手名鑑みたら、198cm、17年U-20W杯メンバーですって。

次の