トーンモバイル 予約番号。 トーンモバイルへMNPで乗り換える方法と注意点|格安SIM徹底解説

TONEモバイル(トーンモバイル)でMNP転出する方法|費用や注意点

トーンモバイル 予約番号

TONEモバイルの店舗とは? さっそく、TONEモバイルの店舗サービスについて詳しく見ていきましょう。 1-1. 全国のTSUTAYAでサービスが利用できる TONEモバイルは全国のTSUTAYA(ツタヤ)にてサービスを利用できます。 電話やオンラインと違い 対面で分からないことを質問できるのが店舗の強みです。 店舗でできること一覧• 新規契約• MNP転入• 機種変更• 故障端末の交換• 設定サポート 他の格安SIMは新規契約しか受け付けない場合が多いのですが、TONEモバイルなら契約だけでなく機種変更や故障端末の受付も行ってくれます。 端末が紛失した際も丁寧に対応してくれるので安心です。 また、 端末の初期設定(メール設定や電話帳の移行も含む)を無料で代行してくれるのも他社にはないメリットとなっています。 注意点として、TSUTAYAであればどこでもTONEモバイルのサービスを利用できるわけではありません。 TONEモバイルサービスの対応・非対応は店舗によって分かれています。 1-2. 最寄り店の探し方 TONEモバイルサービスを利用できる最寄りのTSUTAYAを探す場合は、公式サイトの「店舗一覧」ページにアクセスします。 店舗一覧ページにアクセスしたら、ページ内の「エリアから探す」にてお住まいの地域をタップしましょう。 最寄りのTSUTAYAには、「最寄り」マークが表示されます(端末のGPSで自動判別)。 店舗の住所はもちろん、受付時間や事前受付の可否など情報が載っているので確認しておきましょう。 一部、事前受付ができる店舗(渋谷店など)では、オンラインで契約情報や希望の料金プランを入力して、当日店舗で端末とSIMカードを受け取ることができます。 その他、店舗によっては端末のお試しレンタルも行っています。 1-3. 主要な店舗一覧 主要な地域を中心に、TONEモバイルのサービスを実施している店舗をまとめました。 TSUTAYAはもちろん、芦屋書店やカメラのキタムラでも一部サービスを利用できますよ。 東京 店舗名 住所 営業時間 TSUTAYA大森町駅前店 東京都大田区大森西3-20-13 11:00~20:00 TSUTAYAグランデュオ蒲田店 東京都大田区西蒲田7-68-1 グランデュオ蒲田M2F 11:00~20:00 二子玉川 蔦屋家電 東京都世田谷区玉川1丁目14-1 二子玉川ライズ S. TONEモバイルの店舗で新規契約・即日MNPするには? ここでは、実際にTONEモバイルを店舗で契約する方法について解説していきます。 新規契約はもちろん、電話番号を引き継ぐMNPも申し込めますよ。 2-1. 店舗契約の流れ 店舗でTONEモバイルを契約する際は、まず契約に必要なものを揃えます。 契約に必要なもの• 本人確認書類• クレジットカードかキャッシュカード• Tカード• MNP予約番号(MNPする場合のみ) 本人確認書類は運転免許証、健康保険証、住基カード、パスポートなどを持っていきましょう。 Tカードを持っていない場合は、TONEモバイルの契約と同時に発行できます。 ちなみに、TカードではTONEモバイルの利用料金200円に対して1ポイントが貯まります。 MNP予約番号は他社から電話番号を引き継いでMNPしたい方のみ用意しておきましょう。 MNP予約番号は電話ですぐに取得が可能です。 MNP予約番号の取得方法• 契約に必要なものを準備できたら、最寄りのTONEモバイル対応店舗に出向きます。 契約方法はスタッフに新規契約したい旨を伝えるだけ。 即日MNPを行いたい方は、営業時間に余裕を持って来店しましょう。 もし、本人の来店が難しいときは委任状を持っていけば、代理人でも契約ができます。 店舗ではTONEスマホの操作感を確かめることも可能です。 初期設定も代行してくれるので、分からないことがあるときは遠慮なく質問しましょう。 MNPする方は、TONEモバイルに契約すると同時に、前の携帯会社は自動で解約となります。 店舗契約なら口座振替が利用できる TONEモバイルの支払い方法は、オンライン契約の場合はクレジットカードしか選べません。 しかし、店舗契約であれば口座振替を利用することが可能です(デビットカードは不可)。 クレジットカードを発行できない、あるいは使いたくない方は店舗契約を行いましょう。 なお、未成年の場合は18歳以上なら本人名義で契約可能です。 18歳以下は保護者の名義で契約となります。 2-2. 無理に店舗契約する必要はない 店舗で契約すれば、スタッフの丁寧なサポートを受けられるTONEモバイル。 しかし、 意外と対応店舗数が少なく、わざわざ足を運ぶのは面倒です。 京都など地域によってはまったく利用できる店舗が無い場合もあります。 TONEモバイルの契約ですが、無理に店舗を使う必要はありません。 オンラインでも電話・チャットでしっかりとサポートしてくれます。 筆者もリアルタイムでサポートしてくれるチャットサービスはよく利用しています。 チャットでリアルタイムにサポートしてもらえる オンラインの申し込みなら、 手続きはおよそ15分で完了。 MNPする場合は、SIMカードが自宅に到着してから回線切り替えとなるので、不通期間はありません。 SIMカードの到着を待つまで以前の携帯会社で通話もデータ通信もできます。 キャンペーンも問題なく利用できるので、店舗とオンラインのサービス面での差はまったくありません。 近くに店舗が無い方は無理せず、オンラインで申し込みを行った方が効率的ですよ。 まとめ いかがでしたか? この記事では、TONE(トーン)モバイルの店舗について、詳しいサービス内容から契約方法まで解説してきました。 店舗の場所は公式サイトから簡単に検索できます。 東京など大都市圏は店舗数が充実していますが地方はあまり利用できる店舗が無いので、オンライン契約を利用するのも一つの手ですよ。 MNPする方は、MNP予約番号の発行も忘れないように注意してくださいね。

次の

TONEモバイル(トーンモバイル)の詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

トーンモバイル 予約番号

トーンモバイルへMNP(ナンバーポータビリティ)を使って乗り換えをすることができます。 今使っている電話番号のままでトーンモバイルへ乗り換えをすることができるんですね。 トーンモバイルへナンバーポータビリティを使って申し込む場合、MNP予約番号をどうやって取得するのか、月額料金はどうなるのか、気を付けないといけないことがあるのか。 ナンバーポータビリティを使ってトーンモバイルへ乗り換えをする時に気を付けたいことをまとめました。 MNP予約番号の有効期限は最低でも10日残っていないとトーンモバイルは申し込めない MNP予約番号の有効期限は各キャリア共通でもMNP予約番号を取得した日から15日間になっています。 15日間と聞くと約半月なので、結構長い期間だな〜と思いますが、ここで注意点があります。 トーンモバイルへMNPする場合、手続きの都合上、MNP予約番号の有効期限が10日以上ないとトーンモバイルへ乗り換えはできません。 もし、MNP予約番号の有効期限が10日を切ってしまうと、乗り換えできないだけでなく、今持っているMNP予約番号の有効期限が切れないと新しいMNP予約番号を取得することができないんです。 一番ベストな方法は、トーンモバイルへ乗り換えをする日にMNP予約番号を取得することです。 電話が使えなくなる時間はトーンモバイルが手元に届いてから約2時間程度 ネット上で格安スマホへ乗り換えをするので心配なのが今使っているスマホが使えなくなる期間。 不通期間ともいわれています。 トーンモバイルでは普通期間は 約2時間程度になっているので、トーンモバイルからスマホが届くまで、今使っているスマホが使えなくなってしまうということはないので心配しなくて大丈夫です。 なぜなら、ナンバーポータビリティを使ってトーンモバイルを使った場合、申し込んだトーンモバイルが手元に届いてから、今使っているスマホからトーンモバイルへの乗り換え手続きをするからなんです。 手元にトーンモバイルのスマホが届いたら、トーンモバイル公式サイトから開通予定の日を入力して、開通予定日になったら、指定した時間から約2時間程度で今使っているスマホからトーンモバイルへ切り替えが完了します。 休みの日にすれば仕事に支障することなく乗り換えができるんですね。 古いスマホからトーンモバイルへデータ移行は自分ですることになる ナンバーポータビリティで移行できるものは電話番号のみになり、写真データや電話帳のデータ、アプリなどの移行は自分ですることになります。 移行したいアプリでのゲームデータやアカウントは、移行する前に事前に移行したいゲームアプリ内で移行の手続きをしないといけないことがありますので、必ずチェックしてくださいね。 参考にパズドラのゲームデータを移行する場合の方法を紹介します。 参考 また、SHARPの公式サイトにはアンドロイドスマホへの乗り換え方法を紹介しているページもありますので、写真データや、電話帳のデータ、おサイフケータイなどのデータ移行方法がわからない場合は読んでみてください。

次の

店舗一覧

トーンモバイル 予約番号

トーンモバイルを解約する前の注意点 子供の成長に合わせてトーンモバイルの解約を検討している場合、解約手続きを行う前に注意しておくべき点がいくつかあります。 場合によっては、トーンモバイルを解約することで解約した人が損をしてしまうこともあるのです。 せっかく新しいスマホに乗り換えるのに、解約するトーンモバイルが理由で出費が増えてしまう可能性もあります。 トーンモバイルを解約する時には、次の注意点に気を付けておきましょう。 違約金が発生する場合がある トーンモバイルを解約するタイミングやその時の状況、トーンモバイルの解約月によっては違約金が発生してしまう場合があります。 トーンモバイルの解約時に発生してしまう違約金には2種類あります。 まず1つは、最低利用期間を過ぎる前に解約した場合に払う違約金です。 もう1つの違約金は、090音声オプションを利用していた人が6ヶ月未満で解約してしまう場合に発生します。 なんと税抜3,000円のMNP転出手数料が違約金として発生してしまうのです。 違約金の金額と利用期間の長さ 最低利用期間を過ぎる前に解約してしまうと違約金が発生してしまいますが、これは利用期間の長さに関わらず一律で違約金9,800円と決められています。 例え契約直後に解約手続きを行っても、9,800円の違約金が発生してしまいます。 契約後にやっぱり解約したいと思うことがないように、トーンモバイルを契約する時にはプラン内容やトーンモバイルの性能について理解しておく必要があります。 最低利用期間は過ぎているのか 利用しているトーンモバイルの種類によっては、最低利用期間が定められている場合があります。 これは契約内容によって異なるのですが、解約しているトーンモバイルがTONE TONEスマホセット で契約している場合、2年間の最低利用期間が設けられています。 この期間を過ぎる前にトーンモバイルを解約してしまうと、違約金として税抜9,800円支払わなければいけません。 一方あなたが契約しているトーンモバイルがTONE SIM for iPhone であれば、最低利用期間はないので違約金が発生することはなく、安心して解約手続きを行えます。 利用期間の現状確認 自分が契約したトーンモバイルに最低利用期間があることはわかったけど、今何ヶ月利用しているのかわからない人もいるのではないでしょうか。 そんな時に役立つのが、トーンモバイルのマイページです。 マイページにログインすると、基本情報のお客様情報というページでトーンモバイルのサービス利用年数を確認できます。 トーンモバイルには契約を自動で更新するシステムはありません。 スポンサーリンク その為サービス利用年数が2年以上であれば、違約金を払う必要がないので問題なく解約手続きを行えます。 解約するタイミング 違約金が発生する心配がなくトーンモバイルを解約する場合は、解約する日程に注意しましょう。 トーンモバイルでは、解約月の料金の日割り計算はできません。 その為トーンモバイルの使用料金の締め日ぎりぎりまで使った方がお得です。 トーンモバイルでは毎月25日が締め日となっています。 ただし解約手続きが25日を過ぎてしまうと、翌月からの解約になってしまいます。 解約の手続きに時間がかかってしまう可能性もあるので、余裕を持って20日頃までに解約手続きを行っておくのがおすすめです。 乗り換え先の日割り計算の有無 トーンモバイルから乗り換えて新しい携帯会社を利用する人は、乗り換え先の携帯会社の初月料金の計算方法を確認しておきましょう。 乗り換え先の携帯会社の初月料金が日割り計算ではない場合は、新しいスマホの使用料金に合わせて解約時期を選ぶのもおすすめです。 トーンモバイルと新しい携帯会社、両者どちらも損をしないタイミングで解約するのがポイントになります。 乗り換え先の携帯会社が日割り計算ではない場合は、初月から使い始めるのがお得です。 分割払いが残っている場合 トーンモバイルでSIMカードだけでなくスマホ本体も購入した人の場合、分割払いの回数が残っている可能性もあります。 しかし分割払いが残っている状態で解約手続きを行っても特に問題はなく、残債務が残ります。 解約したからと言って支払う必要がなくなるわけではありませんが、分割払いが残っているから解約できないわけではありません。 解約後も分割払いの返済を続ける必要がありませんが、手続きを行うことはできます。 クレジットカードで支払いを行っている場合 トーンモバイルの毎月の支払いをクレジットカードで行っている場合、トーンモバイルの解約をしてからも1~2ヶ月後にクレジットカードの請求が届きます。 これはクレジットカードの特徴でもあるタイムラグなので、解約したらお金の引き落としがないと勘違いしないように気を付けましょう。 新しい携帯会社と契約するのであれば、新しい携帯会社での支払いにもクレジットカードを使うことをおすすめします。 トーンモバイルを解約する方法 トーンモバイルの解約前の注意点を確認して、問題なく解約できると判断したら解約手続きを行いましょう。 トーンモバイルの解約手続きは電話で簡単にできます。 携帯会社によってはインターネットでないと解約手続きが行えない場合もあるので、電話で手続きできるのは便利で嬉しいですね。 解約前に注意するべき点と手続きの手順を抑えて、滞りなく解約手続きを完了しましょう。 MNP予約番号の取得方法 トーンモバイルを解約した後に新しい携帯会社に乗り換える人もいますよね。 その場合は乗り換え先の携帯会社で申し込み手続きが完了したら、トーンモバイルでは自動で解約になります。 その為乗り換える場合は、特別な解約手続きが必要ありません。 スポンサーリンク 手間が省けて簡単なので、嬉しいですよね。 もしもトーンモバイルでMNP予約番号を取得したい場合は、トーンモバイルのお客様サポート相談窓口に電話してMNP予約番号が欲しい旨を伝えましょう。 サポート相談窓口の電話番号を覚えておくことをおすすめします。 窓口へ電話して解約 トーンモバイルの解約手続きは、トーンモバイルのお客様相談窓口に電話をかけるだけで完了します。 さらに電話で解約手続きを終えても、解約した月の月末まではトーンモバイルの利用を続けられます。 トーンモバイルでは日割り計算がされないので、解約あいと思ったら早めに電話して月末までトーンモバイルを使い続けるのがおすすめです。 サポート窓口でできること トーンモバイルのサポート窓口の電話では、解約手続きの他に解約方法の質問や、トーンモバイルからのSIMカードの抜き方、今自分が解約すると違約金が発生するかといった質問にも答えてもらえます。 解約手続きを電話で行う前にこれらのポイントを聞いておくと、違約金やお金の面で損をすることなく安心してトーンモバイルを解約できるでしょう。 SIMカード返却 トーンモバイルを解約したら、解約月の翌々月25日までに郵送でSIMカードを返却しなければいけません。 期限の25日が土日祝であったり届け先が休みだったりした場合には、その前営業日が締め日となります。 郵送に時間がかかってしまう可能性もあるので、最低でもトーンモバイルの解約手続き終了後1ヶ月以内にはSIMカードを返却しておきましょう。 期限までにSIMカードが返却できなかった場合、紛失手数料として税抜3,000円を支払わなければいけなくなります。 スマホケースカバーが購入できるほどの金額なので、注意しておきましょう。 SIMカードの返却キット トーンモバイルのサポート窓口で解約の手続きを行うと、トーンモバイルからSIMカードの返却キットが送られてきます。 郵送された返却キットにトーンモバイルから取り出したSIMカードを入れ、返送するだけで返却手続きは完了です。 返却用のキットを用意してくれるのは嬉しいですね。 もしもSIMカードの抜き方がわからなかったり返却手続きで質問があったりする場合は、トーンモバイルのサポート窓口に電話で問い合わせてみましょう。 解約後も本体は利用できる トーンモバイルを解約しても、セット購入していた本体は手元に残ります。 SIMカードを入れ替えて再利用できるので、携帯会社は乗り換えても本体は同じものを使い続けることができます。 ただしトーンモバイルを解約してしまっている為、電話番号やトーンファミリーなどのようなトーンモバイルのサービスは利用できません。 本体としてだけ使えることを覚えておきましょう。 間違って本体を返送してしまわないよう注意が必要です。 乗り換え時期を見極める トーンモバイルから乗り換える携帯会社が決まったら、新しい携帯会社で乗り換えで得するキャンペーンが行われていないかチェックしてみましょう。 他社からの乗り換えに対してキャッシュバック特典があるキャンペーンを利用するだけで、携帯料金の出費を補うことができます。 キャンペーンの実施期間は携帯会社によって異なるので、自分が今後契約しようとしている携帯会社のキャンペーン内容をチェックしておきましょう。

次の