魔女の恋愛 キャスト。 魔女の恋愛

魔女の恋愛 視聴率 感想 相関図 あらすじ キャスト

魔女の恋愛 キャスト

【魔女の恋愛のあらすじの概要】 失恋の尾を引きずり敏腕取材記者としてバリバリ働くパン・ジヨン オム・ジョンファ。 そんな彼女が放っておけない年下男子ユン・ドンハ パク・ソジュン。 2人はぶつかりながら互いの心の傷に触れ、互いの優しさを知っていく。 そうこうしている最中元婚約者ノ・シフン ハン・ジェソク がジヨンの前に現れて三角関係勃発に。 韓国ドラマ定番のときめき要素がふんだんに盛り込まれたラブコメディ。 原作は、台湾で大ヒットした「敗犬女王」をリメイク。 オシャレでロマンチックな演出は女子心を揺さぶる胸キュンづくしの作品となった。 部下にも厳しく編集部では魔女と呼ばれている。 6年前に恋人シフンが突如いなくなった過去があり現在は恋愛恐怖症。 お酒に酔うとキス魔になってしまう癖がある。 心優しい性格で何でもこなす器用な男性。 恋人を亡くした過去を持つ。 6年後ジヨンの前に現れる。

次の

魔女の恋愛|キャスト・あらすじ・感想!パクソジュンOSTも紹介!

魔女の恋愛 キャスト

2020. , , ,• ホワイトデーの今日も頭の中には特ダネのことしかない。 苦労の末に、国民的俳優の不倫スキャンダルという大スクープを手にするのだが、警備員に見つかり必死に逃げるハメになる。 ジヨンはバイト中のドンハ パク・ソジュン の自転車を勝手に奪って走り去り、ドンハは自転車を取り返すためにジヨンを追いかける。 しばらくの間追いかけられたジヨンだったが、何とか逃げ切ることに成功し、スクープは雑誌のメイン記事に! 一方、ジヨンのせいで1日がめちゃくちゃになり、バイト代がもらえなかったドンハは、大家から家を追い出されてしまう…。 こんなシュチュエーションあるよねって共感出来る要素が非常に多くて楽しめました。 キルミーヒルミーでヒロインの兄役をしていたパク・ソジュンが気になり本作品を見たのですが、本当に当たり役だなと感じました。 少年性の顔立ちと大人の色気の共存性は、イ・ジョンソクにも負けてませんね。 主人公ドンハは恋人を失った過去を持ち、ヒロインのジョンも結婚式前日に恋人に逃げられ、恋愛に臆病になっています。 出会うはずのない二人が偶然に出会い、喧嘩や助け合い慰めあいながら、過去と向きっていく過程を、彼らを取り巻く同僚や同居人、友人や先輩、親の再婚などの様々な恋愛を描きながら丁寧に描写しているなとキュンキュンしながら観ました。 ヒロインのジョン役のオム・ジュンファさんの演技がステキで、キスシーンとかベットシーンが色気がありましたね。 パク・ソジュンに後ろから抱かれるシーンでは、心の揺れを観ている側でも共感出来ました。 最終的にはハッピーエンドで元カレを選ばなくて良かったとホッとしましたね。 ドンハの友人のヨン・スチョル役のユン・ヒョンミンさんもドラマを引き立ててました。 彼は、元プロ野球選手なんですね。 異業種から転身して俳優をやっている異色の方ですが、これからブレークしそうだなと観てました。 ヒロインの元カレ役のハン・ジェソクさんは、正統派から脇役までこなすマルチな方です。 オム・ジョンファとパク・ソジュンを演技の脇役たちが固めていて最終話まであっという間に過ぎた作品でした。 恋愛が奥手だったり、臆病だったら、このドラマをお勧めします。 観ている人すべてに恋愛の楽しさを教えてくれる作品です。 パク・ソジュンの魅力 megumaruさん こんな年下男性から愛されたらどんな女性もコロッとまいってしまいそう!と思わせてくれるのが、パク・ソジュンさんです。 「魔女の恋愛」では、少し頼りないようなところも全部、かまってあげたくなったり、意外と頼もしいところもあったりして、揺さぶられます。

次の

韓国ドラマ

魔女の恋愛 キャスト

韓国ドラマ[魔女の恋愛]あらすじ やなど出演作品が全てヒットするとして、視聴率男とも呼ばれているパク・ソジュンさんが連ドラの初主演作品です。 パク・ソジュンさんが演じるドンハとオム・ジョンファさんが演じるジヨンの年齢は14歳差という設定。 この作品時のソジュンさんの実年齢は25歳、ジョンファさんの実年齢は44歳。 本当の年齢差は19歳差という事でも、話題となりました。 正直、見始めはスクープの為に女子高生に扮したジヨンの姿が無理があり過ぎたり、ジヨンとドンハの年齢差に違和感を感じましたが、不思議な事に見ているうちに違和感を感じなくなりました。 それどころか、しっかり者で頼れるイケメン年下男子に愛されるジヨンが羨ましいと思いながら視聴した方々も多かったのではないでしょうか? この作品には、ドンハの親友のスチョル役でユン・ヒョンミンさんも出演しています。 パン・ジヨン(オム・ジョンファ)は週刊誌「トラブルメーカー」きっての敏腕記者で、仕事一筋の女性です。 スクープの為ならば、手段を選ばず自分にも周りにも厳しいので、別名「魔女」と呼ばれています。 特ダネを狙う最中に警備員に追いかけられたジヨンは、やむなく路上にとめてあった自転車を拝借します。 その自転車の持ち主は、便利屋として働いているユン・ドンハ(パク・ソジュン)のものでした。 仕事中だったドンハは、仕事で使う荷物が積まれたまま自転車を盗まれたので、必死で後を追いかけます。 これが、ジヨンとドンハの最初の出会いでした。 ドンハは、バイト代を貰い損ね家賃も払えなくなったので、アパートを追い出されてしまいました。 友達のヨン・スチョル(ユン・ヒョンミン)の家に居候する事になりました。 ジヨンは、会社の同僚たちと飲みに来ていました。 その店では、客たちの前で告白やプロポーズを行い2人のパフォーマンスが認められればワインを1本プレゼントするとサービスを行っていました。 そのサービスタイム中に手を挙げたのは、スチョルでした。 実は、ジヨンと同席している同僚たちがスチョル(便利屋)に依頼してジヨンを貶めようとしていたのです。 その最中、スチョル宅にいたドンハはドライヤーの場所を聞こうとスチョルに電話をかけました。 スチョルはドンハに「面白い仕事を依頼されたからお前も見に来い」とドンハを呼び出します。 店にやってきたドンハは、スチョルの仕事のターゲットがジヨンだという事を知り、なおかつゲスな仕事内容に、スチョルにやめる様促すのですがスチョルは聞き入れません。 仕事内容はジヨンに気があるフリをして近づき、キスしようと顔を近づけた時に「近くで見たらやっぱりオバさんですね無理です」といってジヨンに恥ずかしい思いをさせる事でした。 恥ずかしい思いをして、その場に立ち尽くすジヨンをドンハは見かねて救います。 ジヨンに近づき熱いキスを交わし店を後にします。 その後、偶然にもふたたび再会する2人です。 ドンハが便利屋として依頼で訪れた占い師の家に、ジヨンは無理矢理、母親に連れられてやってきました。 ドンハは出るに出られなくなり、ひっそりとジヨンたちの話を聞いてしまう事になりました。 ジヨンの母親チェ・ジョンスク(ヤン・ヒギョン)は、娘がいつまでたっても結婚しないし、恋人も現れない事を気に病みお祓いにやってきたのです。 そこで、ドンハはジヨンがかつての婚約者に結婚目前で逃げられてしまったという悲しい過去を知ります。 以来、ジヨンは男性を信じられなくなり仕事一筋で生きて来たのですが、母親のおかげで思い出したくもない過去を思い出し辛くなってしまいました。 ドンハの便利屋は悪質なネットの書き込みにより仕事が来なくなってしまい、その間、ドンハはジヨンの助手としてトラブルメーカーで働く事になりました。 そんな時、ジヨンの元に脅迫状が届き、ドンハは身辺警護もする事になりました。 偶然にも、ドンハが居候するスチョルの部屋の向かいが、ジヨンの部屋という事が発覚します。 ある日、ジヨンは暴漢に襲われ、家も滅茶苦茶にされ住めない状態になってしまいます。 スチョルの家でジヨンも同居する事になり、仕事場でも家でも一緒に生活する日々がはじまりました。 実はドンハにも過去の恋愛に辛い思い出があり、以来、恋愛をせずに過ごしてきました。 お互いに辛い過去があり、何となく気持ちが通じ合う気がしはじめた頃、ジヨンの前にかつての恋人が突然現れます。 どうやら、結婚前に突然いなくなったには大きな理由があったようです。 かつての恋人とドンハとの間で揺れ動くジヨンですが、最終的にはドンハを選択します。 しかし、ドンハは14歳年下で無職。 39歳のジヨンは、まだ若くて前途ある若者のドンハとの交際になかなか踏み切れません。 当然、ジヨンの母親からも反対されます。 果たして、2人は様々な現実を乗り越え、どんな選択をしていくのでしょうか。 韓国ドラマ[魔女の恋愛]キャスト• パン・ジヨン:オム・ジョンファ• ユン・ドンハ:パク・ソジュン• ノ・シフン(フィリップ・ノ):ハン・ジェソク• ヨン・スチョル:ユン・ヒョンミン• チョン・ウンチェ:チョン・ヨンジュ• チェ・ジョンスク:ヤン・ヒギョン• ペク・ナレ:ラ・ミラン• カン・ミング:イ・セチャン• クゾン・ヒョプソプ:チュ・ジンモ 韓国ドラマ[魔女の恋愛]スタッフ• 脚本:パン・ギリ/イ・ソンジョン• 演出:イ・ジョンヒョ/ユン・ジフン 韓国ドラマ[魔女の恋愛]その他の情報 放送:tvN 2014年4月~6月 公式サイト: 韓国ドラマ[魔女の恋愛]視聴者の感想や評判 このドラマを一言でいうと、キュンキュンドラマです。 最初から最後までずっとキュンキュンしぱなっしです。 39歳キャリアウーマン、恋愛はご無沙汰…の通称魔女に久々のドキドキを与える年下男子。 これまたパクソジュン!パクソジュンはいつもなんていい演技をしてくれるのでしょう。 相手役のオムジョンファはかなり年上なので、この作品を見るまでは、この二人のラブストーリー?どういう展開になるの?ドキドキするかな?と思っていましたが、心配御無用。 十分にハラハラドキドキ、キュンキュンできました。 特におすすめシーンは、ビールの泡キス!ピールの缶をプシュッと開けたら泡が出てきてそれを、、!現実でそんなのありえる!?と笑いも出てきますが、パクソジュンの演技がスマートすぎてもう、、キュン死にします。 これを見て是非現実逃避してください。 (笑) 「魔女の恋愛」完走。 パクソジュンにハマりまして、片っ端からみよーと思って出会った作品。

次の