ザイフ サーバー。 Zaif(ザイフ)評判まとめデメリットのみ抜粋!口コミ・正直レビュー

【徹底比較】コインチェックとザイフは何が違う?それぞれの強みを知ってお得に仮想通貨投資しよう

ザイフ サーバー

でもこれで注文が通ることもあるんだよ。 高橋名人並みの連打で乗り切ろう 取引が活発になると、一時的に注文が通りにくくなります。 「買い注文」や「売り注文」のボタンを押しても注文が反映されない状態ですね。 イラっとしますが、ここは諦めずにボタンを連打しましょう。 注文ボタンを押すと画面が白くなりますよね。 それが解除されるたびにボタンをクリックするんです。 なんとも原始的な方法ですが、根気強くチャレンジしていれば注文が通ることがあります。 自分は今までに数回それで通りました。 連打することでさらにサーバーに負担をかけている気もしますが・・・。 大切なお金がかかっているわけですから、そんなことも言っていられません。 神に祈りながら連打しましょう。 対策2 長期保有のコインだけをザイフに置く 短期で売買するようなコインはザイフに置かないのも手だね 対策1の方法は「502 Bad Gateway(サーバー落ち)」になると使えません。 そもそも取引ページにたどり着けなくなっちゃいますからね。 それならいっそ、ザイフではトレードしないのも一つの手。 長期保有のコインだけ置いておく、ということです。 多少の価格変動で売る気がないなら、サーバー落ちも気になりません。 Twitterに【悲報】のツイートが溢れても、笑って過ごせますよ。 自分はそうしています。 ザイフに置いているのはモナコインだけで、これは短期で売る気はないので、今のところは暴騰しようが暴落しまいが関係ありません。 対策3 ビットバンクを使う• 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

Zaif(ザイフ)評判まとめデメリットのみ抜粋!口コミ・正直レビュー

ザイフ サーバー

でもこれで注文が通ることもあるんだよ。 高橋名人並みの連打で乗り切ろう 取引が活発になると、一時的に注文が通りにくくなります。 「買い注文」や「売り注文」のボタンを押しても注文が反映されない状態ですね。 イラっとしますが、ここは諦めずにボタンを連打しましょう。 注文ボタンを押すと画面が白くなりますよね。 それが解除されるたびにボタンをクリックするんです。 なんとも原始的な方法ですが、根気強くチャレンジしていれば注文が通ることがあります。 自分は今までに数回それで通りました。 連打することでさらにサーバーに負担をかけている気もしますが・・・。 大切なお金がかかっているわけですから、そんなことも言っていられません。 神に祈りながら連打しましょう。 対策2 長期保有のコインだけをザイフに置く 短期で売買するようなコインはザイフに置かないのも手だね 対策1の方法は「502 Bad Gateway(サーバー落ち)」になると使えません。 そもそも取引ページにたどり着けなくなっちゃいますからね。 それならいっそ、ザイフではトレードしないのも一つの手。 長期保有のコインだけ置いておく、ということです。 多少の価格変動で売る気がないなら、サーバー落ちも気になりません。 Twitterに【悲報】のツイートが溢れても、笑って過ごせますよ。 自分はそうしています。 ザイフに置いているのはモナコインだけで、これは短期で売る気はないので、今のところは暴騰しようが暴落しまいが関係ありません。 対策3 ビットバンクを使う• 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で一体なにが起きた?今後の取引に影響は出るのか?

ザイフ サーバー

いつも「ビットコイン入門」をお読みいただき、ありがとうございます。 いま日本国内でもっともメジャーな仮想通貨取引所が、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー の2社ではないでしょうか。 あなたも、これから仮想通貨を始めるにあたり、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー を候補に入れているはずです。 私としては、「安全に・ストレスなく・安く」仮想通貨の取引ができることが、優れた仮想通貨取引所に求められる条件だと思っています。 そこで、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー 、どちらの方が「安全に・ストレスなく・安く」取引できるのか、徹底的に比較しました。 仮想通貨取引所とはなにか? Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー を比較する前に、そもそも仮想通貨取引所とは何かを、ざっとおさらいします。 仮想通貨取引所とは、仮想通貨の売買を仲介してくれる業者のことです。 例えば、Aさんという人が、仮想通貨取引所Z社を利用して仮想通貨を買うとします。 AさんがZ社から仮想通貨を買う方法は2通りあります。 1つ目は、Z社が持っている仮想通貨を譲ってもらう方法です。 こういった仮想通貨の売買方式は、「販売所」形式と呼ばれています。 2つ目は、Aさんと同じZ社のユーザーのBくんから、仮想通貨を直接譲ってもらう方法です。 このような形式を、「取引所」形式といいます。 ちなみに、Z社が日本で営業するためには、「仮想通貨交換業者」として金融庁から認可を受けなければなりません。 Zaif ザイフ 、bitFlyer ビットフライヤー は、共に金融庁から仮想通貨交換業者の認可を受けた仮想通貨取引所です。 Zaif ザイフ Zaif ザイフ とは、テックビューロ株式会社という大阪に拠点を置くベンチャー企業が運営している仮想通貨取引所です。 ビットコインの取引手数料が「マイナス0. この宣伝に吊られて、Zaif ザイフ に続々と群がっているユーザーも多い印象があります。 後述しますが、Zaifコイン積立という仮想通貨の自動積立サービスも非常に便利です。 仮想通貨取引所を選ぶ基準 あなたは仮想通貨取引所を、どんな基準で選んでいますか? 私は、仮想通貨取引所を選ぶ基準として• 安全に• ストレスなく• 安く 取引できることが大事だと考えています。 これら3つの要素を、以下の通り7項目に細分化してみました。 上記の観点から、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー の比較してみます。 最重要項目です。 なぜならば、仮想通貨取引においては、• 仮想通貨取引所がつぶれる• 仮想通貨がハッカーによって盗まれる という2つのリスクがあるからです。 仮想通貨取引所には、銀行のようなペイオフ制度はありません。 ですから、万が一仮想通貨取引所がつぶれても、お金が戻ってくる保証はありません。 マウントゴックスやコインチェックの事件に見るように、仮想通貨取引所はハッカーによる攻撃にさらされています。 仮想通貨取引所のセキュリティが甘いと、仮想通貨をハッカーたちに簡単に盗まれてしまいます。 そこで、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー を、• 仮想通貨取引所 会社 がつぶれるリスク• セキュリティ体制 という2つの観点から比較してみたいと思います。 取引所 会社 がつぶれるリスクの大小を比較 まず、資本金の額は、• Zaif テックビューロ :27億5513万円• bitFlyer ビットフライヤー :41億238万円 となっています。 いずれの取引所 会社 も、日本の大手企業やベンチャーキャピタルから潤沢に資金を調達していますから、資金繰りが厳しいという理由ですぐにつぶれる心配はないでしょう。 なにせ、coincheck コインチェック も生き残りましたから。 そうなると、「将来、競争に打ち勝ち、生き残る取引所 会社 はどちらか」という視点で考えてみたらよいと思います。 日本だけで、16社も競合他社となる仮想通貨交換業者がいるわけですから、競合を押し退けてトップを張れる力のある取引所が、将来的に生き残る可能性は高いです。 また、「Zaif ザイフ かbitFlyer ビットフライヤー のどちらかが生き残る」という考え方だけでなく、「どちらの取引所も生き残る」という可能性も視野に入れておく必要があります。 そんな視点で見たとき、両社ともに将来的に生き残る可能性はあると思います。 なぜならば、差別化の要素として、テックビューロ、bitFlyer ビットフライヤー ともにブロックチェーン技術に精通しているからです。 正直、仮想通貨取引所が、仮想通貨交換業だけで差別化を図り、生き残るのは難しいのではないかと思います。 ブロックチェーンに2. 0と言われているように、ブロックチェーン技術は仮想通貨の枠を超えて、金融・非金融のあらゆる分野への応用が検討されています。 ちなみに、テックビューロの場合は「mijin」、bitFlyer ビットフライヤー の場合は「miyabi」という、それぞれ独自のプライベートブロックチェーンを開発しており、企業への導入が進められています。 取引所のセキュリティ体制を比較 アプリへのセキュリティ実装を手がけるが、全世界にある140箇所の仮想通貨取引所のセキュリティ体制を調査しました。 引用:Security analysis of the most popular cryptocurrency exchanges by sqreen 調査の結果として、bitFlyer ビットフライヤー は世界最高レベルのセキュリティを実現していると評価されました。 Zaif ザイフ がどれくらいの評価かどうかはわかりませんが、bitFlyer ビットフライヤー の方が強固なセキュリティ体制を築いていることが分かります。 これらのストレスなく取引できることも、仮想通貨取引所を利用する上で重要です。 そこで、• 取引量の大きさ• サーバーの安定性 という観点から、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー を比較してみます。 取引量の大きさを比較 取引量がなぜ重要か、あなたはご存知ですか? 取引量が多いということは、多くのユーザーによって活発に取引が行われている証拠です。 ユーザーが多いほど、取引は成立しやすくなります。 ちょうど、下の図のような構図になります。 このような状態であれば、取引が成立しないということはないでしょうね。 逆に、取引量がゼロの仮想通貨取引所は、どんなイメージでしょうか? きっと、下のようなイメージなんでしょうね。 注文を出したとしても、それに応じてくれる人が誰もいないから、取引がまったく成り立ちません。 これはあくまで極端なイメージですが、取引量が多いほど、取引は成立しやすくなるので、ストレスなく取引を行うことができます。 それでは、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー のどちらの方が、取引量が大きいのでしょうか? 下の円グラフをご覧ください。 引用: こちらは、国内の仮想通貨取引所ごとの、ビットコイン取引量の割合です。 このグラフを見ていただくと、「bitFlyer FX」によるビットコイン取引が、9割以上を占めています。 bitFlyer FXとは、bitFlyer Lightningというプラットフォームで行う、FXによる取引です。 一方、「bitFlyer」はFXではなく、純粋なbitFlyer ビットフライヤー の取引所におけるビットコイン取引です。 これを見ていただくと、bitFlyer ビットフライヤー とZaif ザイフ で取引量に差がほとんどないですよね? bitFlyer ビットフライヤー の「ビットコイン取引量日本一」は嘘ではありませんが、それはあくまでFXによる取引があるからこそ、成り立っていることです。 実際のところ、純粋な仮想通貨取引所における取引量を比較すると、bitFlyer ビットフライヤー とZaif ザイフ で大差ありません。 サーバーの安定性の比較 仮想通貨取引所のサーバーが重いと何が困るかというと、サイトにアクセスできなくなり、ここぞのタイミングで仮想通貨の取引ができなくなることです。 たくさんのユーザーが、同時に仮想通貨取引所のサイトにアクセスすれば、サーバーが重くなるのは当然です。 そのような状況の中で、いかに耐えられるサーバーであるかどうかが大事です。 引用:ザイフ Zaif のサーバーが重い場合の対処法! by finAsol 仮想通貨取引所ごとのサーバーランクを比較すると、Zaif ザイフ のサーバーは国内では最低ランクです。 Zaif ザイフ のサーバーが重いことは、Twitterでも噂になっています。 サーバーの安定性という点では、bitFlyer ビットフライヤー が圧倒的に有利です。 そこで考えたいのが、• スプレッド• 取引手数料• 入金手数料 の3つです。 これらのコスト負担が軽いのは、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー のどちらか、比較していきます。 スプレッドの幅を比較 スプレッドとは、仮想通貨を買うときの「買値」と、売るときの「売値」の差額のことです。 「買値」と「売値」の差額は、実質的にZaif ザイフ やbitFlyer ビットフライヤー へ支払う手数料負担となります。 ですから、スプレッドの幅は狭ければ狭いほど、コスト負担が小さくなります。 それでは、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー では、どちらの方がスプレッドが狭いのでしょうか? 下の画像をご覧ください。 ビットコイン販売所におけるスプレッドを、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー で比較しました。 これを見る限りですと、bitFlyer ビットフライヤー の方が圧倒的にスプレッドが狭いです。 つまり、同じビットコインを買うのでも、bitFlyer ビットフライヤー で買ったほうがコスト負担を小さくできると言うことです。 手数料負担が安いと言う理由で、Zaif ザイフ を使われている方も多いですが、キャッチフレーズだけに惑わされず、しっかりと見極めるべきですね。 取引手数料を比較 取引手数料とは、仮想通貨を買ったり売ったりするたびにかかる手数料のことです。 「ビットコイン取引手数料マイナス0. 安いどころかマイナスですから、取引のたびにビットコインがもらえるます。 bitFlyer ビットフライヤー では考えられないような大盤振る舞いを、Zaif ザイフ はやってのけています。 入金手数料を比較 仮想通貨を売買するには、仮想通貨取引所の口座に、事前に日本円を入金しておかなければなりません。 その入金時にかかる手数料が入金手数料です。 入金方法には、銀行振込、コンビニ決済、ペイジーなど、いろんな方法があります。 銀行振込の場合、各銀行が定める振込手数料によるので、取引所ごとの差はありません。 一方、コンビニ決済、ペイジーで入金しようとすると、bitFlyer ビットフライヤー の方が入金手数料が若干安いです。 Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー の比較:ここまでのまとめ さて、ここまで• 安全に• ストレスなく• 安く 取引できるかという観点で、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー を比較してきました。 ここまでの両者の比較を、以下の通り表にまとめてみました。 先ほども述べましたが、安全に仮想通貨の取引をできることが、一番重視すべきポイントです。 ビットコインの取引手数料がマイナスである点は、Zaif ザイフ の優れているところです。 しかし、それ以前に安全に・ストレスなく仮想通貨取引ができる方が、よほど大事です。 そんな観点で見れば、Zaif ザイフ よりもbitFlyer ビットフライヤー の方が、圧倒的に有利です。 とはいえ、Zaif ザイフ がデメリットだらけな訳ではありません。 取引所・販売所としての機能以外にも、仮想通貨取引所ごとに独自のサービスを提供しています。 Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー がそれぞれ手がける独自サービスを、ご紹介したいと思います。 Zaif ザイフ の独自サービス:Zaifコイン積立 Zaifコイン積立は、貯金感覚で仮想通貨の積立ができるサービスです。 このような仮想通貨の定期積立のサービスを行なっているのは、国内の仮想通貨取引所の中でZaif ザイフ だけです。 株式投資と同じく「ドルコスト平均法」に基づいた投資方法なので、普通に仮想通貨に投資するよりもリスクは低いです。 短期トレードでがっつり稼ぎたい人には向いていません。 仮想通貨に将来性を感じ、長期的な視点で投資したい方にはオススメのサービスだと思います。 ポイントカードと同じような感覚ですね。 bitFlyer ビットフライヤー で口座開設した人だけが、「ビットコインをもらう」を利用できます。 それは、アルトコインを取引所で取り扱っていることです。 基本的に、販売所よりも取引所の方が、仮想通貨を安く買うことができます。 何故ならば、販売所ではスプレッドという隠れ手数料による負担が大きくのしかかってくるからです。 Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー のメリット・デメリットまとめ 「安全に・ストレスなく取引できるか?」という観点で見ると、Zaif ザイフ よりもbitFlyer ビットフライヤー を利用した方が安心して仮想通貨の取引ができます。 そうはいっても、Zaif ザイフ を利用することはデメリットばかりではありません。 今までの話の総括として、Zaif ザイフ とbitFlyer ビットフライヤー のメリット・デメリットをまとめてみました。 コスト負担を抑えたい方は、Zaif ザイフ を利用した方が有利かもしれません。 Zaif ザイフ のセキュリティに不安があるならば、買った仮想通貨をそのままZaif ザイフ に預けっぱなしにせず、ウォレットに移してしまえばいいのです。 どちらの仮想通貨取引所もメリット・デメリットがあるので、両社をうまく使い分けられるとよいですね。

次の