農産加工 千葉市。 千葉市:千葉市地産地消推進店(千葉市つくたべ推進店)登録制度

農産加工指導センター

農産加工 千葉市

農産加工指導センターでは、茨城県内で生産される地域農産物の高度加工利用の支援を行い、農業者の事業の多角化及び高度化や新たな事業の創出を図るため、新商品の開発や改良に向けた加工技術の指導を行っています。 また、「6次産業化促進講座(農産加工研修会)」の開催や利用者が加工試作・加工技術の指導研修及び農産物・加工品の成分分析・品質評価等を行える6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)の設置し、農産物の加工利用推進を図っています。 【電話:】 6次産業化促進講座(農産加工研修会)について をご覧ください。 agriacademy. pref. ibaraki. jp 6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)について 6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)は、地域の農産物を加工した商品開発のため、試作や加工技術の習得に取り組むための実験室です。 施設を利用する場合は事前予約が必要です。 事前予約は、を通してご予約ください。 なお、施設利用料は無料ですが、実験材料(調味料などを含む)はすべて利用者に用意していただきます。 下記のをご覧ください。 利用資格・利用方法 「」、および「(PDF:100KB)」をご覧ください。 利用に当たって必要な書類 利用に当たっては、施設利用申請書(様式第1号)を提出してください。 (様式第1号)(Word:17KB)• (様式第1号)(PDF:133KB) 農産加工指導センターだより• (PDF:1. 4MB)• (PDF:667KB)• (PDF:658KB)• (PDF:650KB)• (PDF:650KB)• (PDF:700KB)• (PDF:710KB)• (PDF:590KB)• (PDF:600KB) 交通案内 農産加工指導センターは園芸研究所内です。 電話:0299-48-2801 目的 第1条 この規程は、茨城県農産加工指導センター(以下「センター」という。 )に設定した6次産業化オープンラボラトリー施設(以下「施設」という。 )の利用に関し必要な事項を定め、センターの施設の適切な管理運営に資することを目的とする。 施設 第2条 この規程において「施設」とは、加工試作室及びその付属施設・機器をいう。 利用資格 第3条 この施設の利用対象者は、農産物の加工利用推進のために、加工試作・加工技術の指導研修及び農産物・加工品の成分分析・品質評価等を行う次の者とする。 6次産業化に取り組む農業生産者及びその団体• 農産加工に従事する者• 茨城県・市町村・農協職員• その他、茨城県農産加工指導センター長(以下「センター長」という。 )が適当と認める者 利用の申請承認等 第4条 この施設を利用しようとする者は、所管の農林事務所経営・普及部門又は地域農業改良普及センター(以下、普及センターという。 )を経由して、施設利用申請書(別記様式第1号)をセンター長に提出しなければならない。 (申請書:PDF:130kb)(申請書:ワード:20kb)センター長は、前項の申請があったときは、その利用目的・内容等を審査し、適当であると認めたときは、次の各号に掲げる条件を付して茨城県農産加工指導センター施設利用承認書(別記様式第2号)を交付するものとする。 利用目的以外に使用しないこと• 施設の現状を変更しないこと• 利用する権利を他人に譲渡しないこと• その他、センター長が指示した事項を遵守すること 利用承認の取り消し等 第5条 センター長は、前条の規程により利用承認を受けた者(以下「利用者」という)が、次の各号の一つに該当すると認めるときは、その利用を停止し、またはその承認を取り消すことができる。 この場合において、利用者に損害が生じてもその責を負わない。 偽りその他の手段により、利用の承認を得たとき• この規程に違反したとき• 利用承認条件に違反したとき• 建物、付属施設及び機器等の破損する恐れがあるとき• 管理運営上支障があると認めるとき 使用料等 第6条 第2条各号に掲げる施設の使用料(電気、ガス、水道料等含む)は、免除する。 施設を利用するための原料及び試薬等は、利用者が負担するものとする。 現状回復義務 第7条 利用者は、施設の利用を終えたとき(第5条の規程により利用の停止または、承認の取り消しがあったときを含む)は、直ちに施設の現状に回復し、センター職員の点検を受けなければならない。 事故等 第8条 利用者は、利用中に事故が発生したときは、直ちにセンター職員に通報し、指示を受けるものとする。 ただし、利用者に損害が生じても、センター長はその責を負わない。 休日及び利用時間 第9条 施設の休日及び利用時間は、次の各号に掲げるものとする。 ただし、センター長は必要があると認めたときは、これを変更することができる。 休日は土曜日、日曜日、国民の祝日及び12月28日から翌年1月4日までとする。 利用時間は、原則として、午前9時から午後4時30分までとする。 その他 第10条 ここに定めるもののほか、施設の管理運営に関し必要な事項は、センター長が別に定める。 この規程は、平成6年4月1日から施行する。 この規程は、平成22年4月1日から施行する。 この規程は、平成25年4月1日から施行する。 この規程は、平成28年4月1日から施行する。

次の

千葉農産加工合資会社

農産加工 千葉市

【ニュース・トピック】• 「千葉市でつくって千葉市でたべる」を合言葉に 消費者と提供するお店と生産者、 3者の距離の近い つながりがつくられる =地産地消の実現 を目指します。 【随時募集中!】千葉市つくたべ推進店に登録いただける事業者を募集しています 対象となるお店• 食べられるお店(市内産農畜産物を使用したメニューを提供する 飲食店、農家レストラン)• 買えるお店(市内産農畜産物やそれらを使用した加工品等を販売するお店( 直売所、製菓店、惣菜店、小売店など))• 市内産農畜産物を市内飲食店や小売店に卸している 食品卸売事業者 登録要件 以下の表の共通要件および該当する区分の要件を満たしていること。 区分 種類 要件 共通 1. 登録する店舗(事業所)の所在地が千葉市内である。 千葉市の進める地産地消に賛同すること。 食べられるお店 飲食店 1. 市内産農畜産物を使用している。 市内産を使用していることを店頭やメニューに表示している。 農家レストラン 1. 飲食店の登録要件を満たしている。 次のいずれかに該当している。 ア 店のメインとなる料理に50%以上自己が生産した農産物を使用している イ 店のメインとなる料理に50%以上市内産農産物を使用している ウ 年間を通して市内農家10軒以上から仕入れた農産物を使用している エ その他、千葉市地産地消推進店登録飲食店のうち、市の方針と合致し、農政課長が認めたもの 買えるお店 共通 1. 市内産と消費者が認識できる情報を、商品または店頭に表示している。 農産物直売所 1. 主に市内産農畜産物及びそれらを主要な原材料とした加工品を取り扱っている。 小売店 1. 市内産農畜産物もしくはそれらを主要な原材料とした加工品を取り扱っている。 食品製造販売 1. 菓子・惣菜等を製造販売する者で、原材料に市内産農畜産物もしくはそれらを主要な原材料とした加工品を使用している。 食品卸売事業者 1. 市内産農畜産物及びそれらを主要な原材料や加工品を取り扱っている。 取り扱う農畜産物や加工品の生産者及び特徴等の情報を、取引先や消費者に商品と併せて提供している。 登録されたお店には 登録方法 提出書類• (参考) 提出先 千葉市農政課 流通支援班あて(持参でも受付いたします)• 申請は随時受付しています。 (登録は申請より1か月程度です)• 登録費用は無料です。 よくある質問 Q. すべての食材が千葉市産ではないですが、登録できますか。 市内産の使用量の多寡にかかわらず使用していれば申請できます。 年間のうち限られた期間に採れる千葉市産食材を使っています。 年間を通じて市産食材を使用していないと登録できませんか。 年間を通じて千葉市産食材を使用していなくても登録は可能です。 千葉市にはおいしいお野菜やお米、牛乳、卵などがありますので、つくたべ推進店への登録を機にぜひ様々な市産食材の活用を検討ください。 地産地消メニューの開発を検討しています。 仕入れ先や千葉市で採れる食材について相談したい。 農政課流通支援班(043-245-5757)にお問い合わせください。 (令和元年5月末現在).

次の

農産加工指導センター

農産加工 千葉市

農産加工指導センターでは、茨城県内で生産される地域農産物の高度加工利用の支援を行い、農業者の事業の多角化及び高度化や新たな事業の創出を図るため、新商品の開発や改良に向けた加工技術の指導を行っています。 また、「6次産業化促進講座(農産加工研修会)」の開催や利用者が加工試作・加工技術の指導研修及び農産物・加工品の成分分析・品質評価等を行える6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)の設置し、農産物の加工利用推進を図っています。 【電話:】 6次産業化促進講座(農産加工研修会)について をご覧ください。 agriacademy. pref. ibaraki. jp 6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)について 6次産業化オープンラボラトリー(開放実験室)は、地域の農産物を加工した商品開発のため、試作や加工技術の習得に取り組むための実験室です。 施設を利用する場合は事前予約が必要です。 事前予約は、を通してご予約ください。 なお、施設利用料は無料ですが、実験材料(調味料などを含む)はすべて利用者に用意していただきます。 下記のをご覧ください。 利用資格・利用方法 「」、および「(PDF:100KB)」をご覧ください。 利用に当たって必要な書類 利用に当たっては、施設利用申請書(様式第1号)を提出してください。 (様式第1号)(Word:17KB)• (様式第1号)(PDF:133KB) 農産加工指導センターだより• (PDF:1. 4MB)• (PDF:667KB)• (PDF:658KB)• (PDF:650KB)• (PDF:650KB)• (PDF:700KB)• (PDF:710KB)• (PDF:590KB)• (PDF:600KB) 交通案内 農産加工指導センターは園芸研究所内です。 電話:0299-48-2801 目的 第1条 この規程は、茨城県農産加工指導センター(以下「センター」という。 )に設定した6次産業化オープンラボラトリー施設(以下「施設」という。 )の利用に関し必要な事項を定め、センターの施設の適切な管理運営に資することを目的とする。 施設 第2条 この規程において「施設」とは、加工試作室及びその付属施設・機器をいう。 利用資格 第3条 この施設の利用対象者は、農産物の加工利用推進のために、加工試作・加工技術の指導研修及び農産物・加工品の成分分析・品質評価等を行う次の者とする。 6次産業化に取り組む農業生産者及びその団体• 農産加工に従事する者• 茨城県・市町村・農協職員• その他、茨城県農産加工指導センター長(以下「センター長」という。 )が適当と認める者 利用の申請承認等 第4条 この施設を利用しようとする者は、所管の農林事務所経営・普及部門又は地域農業改良普及センター(以下、普及センターという。 )を経由して、施設利用申請書(別記様式第1号)をセンター長に提出しなければならない。 (申請書:PDF:130kb)(申請書:ワード:20kb)センター長は、前項の申請があったときは、その利用目的・内容等を審査し、適当であると認めたときは、次の各号に掲げる条件を付して茨城県農産加工指導センター施設利用承認書(別記様式第2号)を交付するものとする。 利用目的以外に使用しないこと• 施設の現状を変更しないこと• 利用する権利を他人に譲渡しないこと• その他、センター長が指示した事項を遵守すること 利用承認の取り消し等 第5条 センター長は、前条の規程により利用承認を受けた者(以下「利用者」という)が、次の各号の一つに該当すると認めるときは、その利用を停止し、またはその承認を取り消すことができる。 この場合において、利用者に損害が生じてもその責を負わない。 偽りその他の手段により、利用の承認を得たとき• この規程に違反したとき• 利用承認条件に違反したとき• 建物、付属施設及び機器等の破損する恐れがあるとき• 管理運営上支障があると認めるとき 使用料等 第6条 第2条各号に掲げる施設の使用料(電気、ガス、水道料等含む)は、免除する。 施設を利用するための原料及び試薬等は、利用者が負担するものとする。 現状回復義務 第7条 利用者は、施設の利用を終えたとき(第5条の規程により利用の停止または、承認の取り消しがあったときを含む)は、直ちに施設の現状に回復し、センター職員の点検を受けなければならない。 事故等 第8条 利用者は、利用中に事故が発生したときは、直ちにセンター職員に通報し、指示を受けるものとする。 ただし、利用者に損害が生じても、センター長はその責を負わない。 休日及び利用時間 第9条 施設の休日及び利用時間は、次の各号に掲げるものとする。 ただし、センター長は必要があると認めたときは、これを変更することができる。 休日は土曜日、日曜日、国民の祝日及び12月28日から翌年1月4日までとする。 利用時間は、原則として、午前9時から午後4時30分までとする。 その他 第10条 ここに定めるもののほか、施設の管理運営に関し必要な事項は、センター長が別に定める。 この規程は、平成6年4月1日から施行する。 この規程は、平成22年4月1日から施行する。 この規程は、平成25年4月1日から施行する。 この規程は、平成28年4月1日から施行する。

次の