あかし 動物 センター。 収容動物情報(迷子の犬猫をお探しの方へ)

収容動物情報

あかし 動物 センター

あかし動物センター(兵庫県明石市大久保町大窪)は、ペットとの散歩や外出が思うようにできない犬の飼い主向けに、室内での遊び方を紹介する動画を公式サイトで公開している。 音楽に合わせて愛犬と踊る「ドッグダンス」を通じ、一緒に体を動かしながらストレス発散を図る。 同センターではこれまで動物とのふれあいをテーマにしたイベントを開催。 今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請で実施が困難になった。 動画配信は初めての試みで、撮影、編集からダンス曲づくりまで職員が担当した。 動画には、センターで犬のしつけ方教室を指導するドッグトレーナーの糸永裕子さんが出演。 4月29日配信の初回の動画では、飼い主に犬がついて歩く動作を解説する。 ドッグダンスの基本となる動きという。 全4回を配信予定。 竹中雅文所長(62)は「動画を見ながら家庭でペットと一緒に踊り、ストレス解消に役立ててほしい」と話す。 あかし動物センターTEL078・918・5797 (長沢伸一) 【記事特集リンク】.

次の

収容動物情報

あかし 動物 センター

ペットを飼う前に ペットを飼うということ。 ペットを家族として生活を共にする方が多くなっています。 動物のしぐさなどをご覧になり、自分でもペットが飼いたいと感じられることはごく自然なことではあります。 しかし、ご存知のとおり、ペットは「命」ある生き物であり、一度飼い始めれば、飼い主にはそのペットの生涯最後まで飼う義務が生じます。 ペットはファッションの一部ではありません。 ペットを飼う前に以下について、再度確認いただき「ペットを飼うということ」について考えてください。 飼う前に考えること (環境省リーフレット:「飼う前も、飼ってからも考えよう」より) 1. 居住環境• 今の住まいはペットが飼える環境ですか? 転居の予定があれば、慎重に判断しまょう。 ライフスタイル• 飼いたいペットの種類や大きさ、生態、特性などが、あなたの生活環境に適してますか?• 家族全員の同意はありますか?• 家族全員がペットを飼うことに賛成していますか? 全員で協力して世話ができます。 健康と体力• あなたの体力で世話ができるペットですか? 家族に動物アレルギーの人はいませんか?• ペットの寿命• ペットが寿命を迎えるまで飼い続けることができますか? 高齢になったペットの世話や介護を考えていますか?• 毎日の世話• ペットに安全で快適な飼養環境を用意できますか? 何があっても、毎日欠かさずペットの世話に手間と時間をかけられますか?• 周囲の人々への配慮• 鳴き声やふんの放置などで近隣に迷惑をかけないようにできますか? 必要なしつけについて勉強し、それを実践できますか?• 万が一のとき• 地震や洪水などの災害時や、万が一あなたが飼えなくなったとき、ペットの命を守る方法を考えていますか? ペットの一生に必要な費用を考えていますか? ペットを飼い続けるためには、フードや日用品、治療費などでお金がかかります。 飼い始めてから経済的な理由で行き詰らないように、あらかじめ必要な費用を考えておきましょう。 犬猫に関する現実 飼う前によく考えずにペットを飼ったため、その後飼えなくなり、新しい飼い主を探される例がまだまだ見られます。 新しい飼い主が見つかるとも限りません。 この実態を変えるためには飼い主となる前によく考えることが重要と考えます。 みなさまの心がけにより楽しい動物のいる生活となることが望まれます。

次の

家族に出会えたニャン! あかし動物センターが初の譲渡

あかし 動物 センター

引き渡されたのは生後5~6週間の雄の子猫。 市内の民家周辺で住民が保護し、センターに引き取られた。 飼い主候補となった同市魚住町の白勺(しらく)由夫さん(77)宅にやってきた子猫は、白勺さんが頭をそっとなでると、大きな瞳をくりくりさせた。 白勺さんは、17年間飼育していたアメリカンショートヘアの雄の「小太郎」を昨年7月に失った。 「17キロあり、人によくなついていた」と振り返る。 新たな猫を飼いたいと考えていたところ、センター開所を知り、同居する娘が譲渡希望者として登録。 センターで出会ったのが今回の子猫だった。 「かわいい顔なのですぐにこの子に決めた」と白勺さん。 砂や餌などを用意し、この日に備えた。 「家族の一員として愛情を持って育てたい」と話す。 同センターが4月の開所以降、飼い主から引き取るなどした猫は11匹、犬が1匹。 これに対して譲渡希望登録者は犬と猫あわせて11人と不足しているという。 同センターの竹中雅文所長は「ペットは最後まで家族の一員として育ててほしい」と話した。

次の