少 クラ ジェスチャー ゲーム。 【8月・夏の鉄板レク】高齢者が絶対よろこぶ!レクリエーションネタ25選

やってみたいパーティーゲームは?

少 クラ ジェスチャー ゲーム

定番の伝言ゲームとジェスチャーをミックス!頭と体とコミニュケーション能力が問われるゲームです。 人数 :10人~• 年齢 :小学生~大学生・大人(10才以上• 時間 :1ゲーム15分程度• 誰もが知ってる定番ゲームのミックスなので、 ルール理解が簡単!• 初対面の人とも打ち解けやすくなるので、 オープニングゲームに最適!• お題の選び方次第で、 小学生からお年寄りまで幅広く応用可能! 準備 お題の用意 ジェスチャー伝言ゲームが盛り上がるかどうかは、 お題を上手に選べるかどうかにかかっています。 参加者に合わせて、ちょうどよい難易度のお題を出題しましょう。 ノートやメモ帳などに書いておくと良いです。 序盤はわかりやすい問題からはじめて、参加者がゲームに慣れて来たら 徐々にマニアックにしていくと盛り上がります! 以下のお題はジェスチャー伝言ゲーム用ですが、 普通のジェスチャーゲームでも使用できます。 あくまでも参考にしてください。 ゲームの流れ ・一斉スタートパターン (大人数・短時間向け) 1チーム4-5人にチーム分けします。 チームごとに列になります。 並び順はチームで話し合って決めます。 先頭の人以外は後ろ向きに座ります。 先頭の人は司会のところに来て、お題が書かれた紙を見ます。 お題を読んでも理解できない時(知らないお題だった時)は、その場で申し出てもらって出題を変えます。 中身を理解したら、各チームに戻って、ゲームスタートです! 2番目の人の肩を叩いて、その人だけ振り返ります。 声を一切出さずに、身振り手振りでテーマを伝えます。 何回やってもOKです。 2番目の人がわかったと思ったら、3番目の人の肩を叩きます。 以下その繰り返しです。 ゲーム中は一切声を出しません。 自分の番が終わったら、その場に座って見守ります。 スピードはあまり重要ではありませんが、あまり時間がかかりすぎるようなら、制限時間を設けてもいいでしょう。 最後の人まで伝わったら、司会のところに来て、 答えを耳打ちします。 全チーム回答し終わったら、司会が各チームの答えを一斉に公開します。 出題時のお題と照らし合わせて、 一致していたら正解。 完全一致がない場合、近い回答はOKとします。 (このジャッジの具合が、ゲームのおもしろさを左右します!) これを3-4セット繰り返します。 1戦目は10ポイント,2戦目は20ポイント、3線目は30ポイントという具合に、 徐々に配点を上げていくと盛り上がります。 それに伴って、問題も難しくしていきます。 すべて終わったら、 ポイントの高いチームの勝ちです! ・タイムアタックパターン (少人数 長時間向け) 同じく、1チーム4-5人にチーム分けします。 今度は1チームずつ前に出て回答します。 他のチームは見守ります。 人数が少ない場合に有効ですし、 他チームの演技を見れるので盛り上がります。 このパターンの場合、ストップウォッチを用意します。 各チームが別のお題に答えることになります。 出題によって難易度がかなり変わります。 お題を紙に書いて クジを用意し、先頭の人が引くとよいでしょう。 ギャラリー 他チーム にも見せます。 そのほうが見ていて面白いです。 各チーム、 何秒でゴール出来たかを競います。 早い順に40ポイント,30ポイント,20ポイントとつけていきます。 早くても答えが違っていた場合は0ポイントになります。 すべて終わったら、 ポイントの高いチームの勝ちです! ワンポイントアドバイス 誰もがやったことのある 伝言ゲームとジェスチャーゲームの組み合わせです。 お題がどんどん変わっていく様子と、動きが見ていて面白いゲームです。 最初の出題さえわかりやすくさえすれば、 盛り上がって一気に打ち解けることができます。 気をつけること 小学生の場合、既に終わった順番の子が、うっかりチームにヒントを出さないように注意してください。 お口にチャックを徹底しましょう。 中学生以上がやるときは、多少ざわざわした方がかえって盛り上がって良いかもしれません。 1人だけが演技する普通のジェスチャーゲームと違って、何人も演技します。 一言で言い表せる内容だと、 難しくて伝わらなすぎて混乱してしまいます。 特に序盤は、わかりやすい問題をこころがけましょう。 スポンサーリンク.

次の

ジェスチャーゲームお題 面白い物を一覧で紹介!子供から大人までOK

少 クラ ジェスチャー ゲーム

パーティーで盛り上がるゲームといえば「ジェスチャーゲーム」ですよね。 出されたお題をジェスチャーだけで表現して、「何のモノマネをしているか当てる」という遊びです。 私も小学生や中学生、高校生時代にクラスの誕生日会やクリスマス会等でよく遊びました。 面白いお題になるとクラス中、大爆笑で盛り上がりましたよ。 そんな楽しいジェスチャーゲームですが、進行役になった場合、 「ジェスチャーゲームのお題をどうするか」 という事でものすごーく頭を悩ませますよね。 普通のお題だと少し面白みに欠けるというか、サミシイです。 どうせなら参加した人が大爆笑するお題を考えたいですよね。 というワケで、今回は「 ジェスチャーゲームの面白いお題」を一覧で紹介しますよ。 保育園や幼稚園、小学生で使える簡単なネタから、中学生、高校生、大学生等の大人が楽しめる面白いネタまで一挙に紹介しています。 ジェスチャーゲームをする予定の人はぜひ参考にしてくださいね。 ジェスチャーゲームのお題一覧!簡単な物から難問まで! まずは基本のお題から紹介です。 それぞれ「簡単なネタ(園児や老人向け)」と「難しいネタ(大人向け)」に分けて紹介していますの上手く活用してくださいね。 あ、対象が大人でも、最初の何問かは簡単なお題も入れていた方が盛り上がりますよ。 簡単なネタでも動物によってはけっこう面白いですよ。 また、スポーツのお題は「2人以上の複数でジェスチャーをする場合」にもおすすめ。 ジェスチャーする人によってはかなり面白い内容になりますよ。 が、みんな知っている物が多いので、誰でも楽しむ事ができますよね。 回答に時間がかかりそうなら「ヒントは乗り物です」みたいにヒントを言ってあげると良いですね。 何か特徴的な決めポーズがあるキャラの方が簡単ですし、面白いですよ。 個人的には大人が対象の場合、ぜひ「貞子」をジェスチャーしてもらいたいです。 かなり面白いですよ。 もしくは、男性に女性キャラクターのジェスチャーをしてもらうのも面白いです。 というのも、家庭でTVをあまり見ない子だとスポーツ選手や芸能人を「知らない人」もいるからです。 知らない人が多い有名人をお題に選んでしまった場合、白けてしまう可能性があるので注意してくださいね。 できるだけ「 全国的に名前が知られた有名人」や「 旬の芸人」等でお題を出すと良いでしょう。 あと、特徴のある「学校の先生」をお題に出すのも面白くておすすめですよ。 基本的に1つの動作だと簡単なのですが、2つ以上の動作を組み合わせると難しくなりますが、その分面白くもなりますよ。 動作のお題はたくさんあるので、色々なアイディアを考えてみると良いですね。 いくつか例題を紹介しますね。 【例題】 ・トイレに行きたくて我慢するゴリラ ・納豆を食べる鈴木奈々 ・握手会で嫌なファンにも笑顔で対応するアイドル ・自分が食べたバナナの皮で滑るサル ・サッカーでゴールを決め喜ぶふなっしー ・お魚をくわえたどら猫を裸足で追っかけるサザエさん ・眠気と戦いながら徹夜で仕事をする警備員 こんな感じで文章をいくつか組み合わせると良いですね。 ただし、あまり複雑にすると超難問で誰も答えが分からなくなるので注意してください。 そこら辺はゲームに参加する年齢に合わせて調整しましょう。 ただし、ジェスチャーゲームをする人の年齢によっては「文章」だと難しすぎる場合もあるので注意してくださいね。 そんな時は、変に難しいお題を出そうとせず、「簡単だけど面白いネタ」をたくさん入れて楽しみましょう。

次の

Sexy Zone ザ少年倶楽部出演まとめ~2015年~

少 クラ ジェスチャー ゲーム

定番の伝言ゲームとジェスチャーをミックス!頭と体とコミニュケーション能力が問われるゲームです。 人数 :10人~• 年齢 :小学生~大学生・大人(10才以上• 時間 :1ゲーム15分程度• 誰もが知ってる定番ゲームのミックスなので、 ルール理解が簡単!• 初対面の人とも打ち解けやすくなるので、 オープニングゲームに最適!• お題の選び方次第で、 小学生からお年寄りまで幅広く応用可能! 準備 お題の用意 ジェスチャー伝言ゲームが盛り上がるかどうかは、 お題を上手に選べるかどうかにかかっています。 参加者に合わせて、ちょうどよい難易度のお題を出題しましょう。 ノートやメモ帳などに書いておくと良いです。 序盤はわかりやすい問題からはじめて、参加者がゲームに慣れて来たら 徐々にマニアックにしていくと盛り上がります! 以下のお題はジェスチャー伝言ゲーム用ですが、 普通のジェスチャーゲームでも使用できます。 あくまでも参考にしてください。 ゲームの流れ ・一斉スタートパターン (大人数・短時間向け) 1チーム4-5人にチーム分けします。 チームごとに列になります。 並び順はチームで話し合って決めます。 先頭の人以外は後ろ向きに座ります。 先頭の人は司会のところに来て、お題が書かれた紙を見ます。 お題を読んでも理解できない時(知らないお題だった時)は、その場で申し出てもらって出題を変えます。 中身を理解したら、各チームに戻って、ゲームスタートです! 2番目の人の肩を叩いて、その人だけ振り返ります。 声を一切出さずに、身振り手振りでテーマを伝えます。 何回やってもOKです。 2番目の人がわかったと思ったら、3番目の人の肩を叩きます。 以下その繰り返しです。 ゲーム中は一切声を出しません。 自分の番が終わったら、その場に座って見守ります。 スピードはあまり重要ではありませんが、あまり時間がかかりすぎるようなら、制限時間を設けてもいいでしょう。 最後の人まで伝わったら、司会のところに来て、 答えを耳打ちします。 全チーム回答し終わったら、司会が各チームの答えを一斉に公開します。 出題時のお題と照らし合わせて、 一致していたら正解。 完全一致がない場合、近い回答はOKとします。 (このジャッジの具合が、ゲームのおもしろさを左右します!) これを3-4セット繰り返します。 1戦目は10ポイント,2戦目は20ポイント、3線目は30ポイントという具合に、 徐々に配点を上げていくと盛り上がります。 それに伴って、問題も難しくしていきます。 すべて終わったら、 ポイントの高いチームの勝ちです! ・タイムアタックパターン (少人数 長時間向け) 同じく、1チーム4-5人にチーム分けします。 今度は1チームずつ前に出て回答します。 他のチームは見守ります。 人数が少ない場合に有効ですし、 他チームの演技を見れるので盛り上がります。 このパターンの場合、ストップウォッチを用意します。 各チームが別のお題に答えることになります。 出題によって難易度がかなり変わります。 お題を紙に書いて クジを用意し、先頭の人が引くとよいでしょう。 ギャラリー 他チーム にも見せます。 そのほうが見ていて面白いです。 各チーム、 何秒でゴール出来たかを競います。 早い順に40ポイント,30ポイント,20ポイントとつけていきます。 早くても答えが違っていた場合は0ポイントになります。 すべて終わったら、 ポイントの高いチームの勝ちです! ワンポイントアドバイス 誰もがやったことのある 伝言ゲームとジェスチャーゲームの組み合わせです。 お題がどんどん変わっていく様子と、動きが見ていて面白いゲームです。 最初の出題さえわかりやすくさえすれば、 盛り上がって一気に打ち解けることができます。 気をつけること 小学生の場合、既に終わった順番の子が、うっかりチームにヒントを出さないように注意してください。 お口にチャックを徹底しましょう。 中学生以上がやるときは、多少ざわざわした方がかえって盛り上がって良いかもしれません。 1人だけが演技する普通のジェスチャーゲームと違って、何人も演技します。 一言で言い表せる内容だと、 難しくて伝わらなすぎて混乱してしまいます。 特に序盤は、わかりやすい問題をこころがけましょう。 スポンサーリンク.

次の