ジェイミー lgbt。 1億総カメラマン|LGBTで差別を受けた少年「ジェイミー・ロドマイヤー」て誰?年齢、経歴、動画を紹介|12/8

【女性から男性に】トランスジェンダーの歌手が驚きのビフォーアフター写真を公開! 人は努力でここまで生まれ変われるんだ…

ジェイミー lgbt

わたしにとって、カミングアウトというのは誠実になることでした。 つまり、自由になること。 人見知りのところがあって、心をすぐには開かない傾向があるし、いろいろと誠実に言えずにいて、人間関係にも影響する大きな壁になっていました。 誠実に生きていけなくって、人を傷つけたりして、結局自分も傷ついてしまうことも多かった。 ありのままで生活してるさまざまな友人やLGBTの代表者になんとか自信を与えられて、自分がもっと気軽に、もっとオープンに人と繋がれるように、カミングアウトしようと決断しました。 2013年の夏休みで帰国した時に母親、そして同年の冬休みで父親と兄貴という順番で漸く言えることができました。 予想外の反応ばかりでした。 思った以上にいい結果となって、家族とさらに仲良くなれたのは今も印象に残ってます。 家族となんでも話せるわけでもないけど、日本でおくってる生活について気を遣わずに話せるようになって、昔から求めていた自立・自由さを手に入れることもできました。 BE HONEST. BE FREE.

次の

LGBTの権利拡大へ! 米国で同性婚が容認された背景と日本の同性婚の現状

ジェイミー lgbt

Some rights reserved by Benson Kua via flickr, under Creative Commons License 2015年6月26日、アメリカの連邦最高裁判所は、同性婚を認める判断を示した。 これにより事実上、全米で同性婚が合法化されることになる。 アメリカでは、同国全50州のうち、37州と首都ワシントンで同性婚が認められる一方、中西部オハイオ州などの4州では、同性婚を認めない判断を示していた。 各州で同性婚に対する判断が分かれていたため、連邦最高裁判所が審理を進めていた。 長年議論されていた問題に、どのような決着がつくのか、大きな注目を集めていた。 アメリカでは1970年代以降、同性どうしのカップルが州政府に同性婚を認めるよう求める裁判を起こす動きが目立つようになってきた。 しかし、キリスト教保守派を中心に反対は根強く、世論は二分されたままだった。 その歴史に一つの区切りをつける今回の裁判。 連邦最高裁判所の裁判所命令が「美しい」と話題になっている。 Anthony Kennedy判事による最後の一文だ。 人と人のさまざまな結びつきの中で、結婚以上に深い結びつきがあろうか。 なぜなら結婚とは、最も崇高な愛、忠誠、献身、自分を犠牲にしてでも守りたい気持ちを含んでおり、家族を抱くことだ。 婚姻関係を結ぶことで、二人の個人は、いままでの自分をはるかに超えて深みのある人間になる。 今回の訴訟の申立人たちは、たとえ死が二人を分かつとしても、なお途切れない愛情が、結婚にはあると証明している。 ゆえに、申立人たちが結婚という営みを軽視しているとするのは、大きな誤解である。 彼らの申し立ては、結婚という営みの意味を尊重しているがためであり、だからこそ、自らもそれを成し得んとしているのである。 申立人たちが望むのは、非難され、孤独のうちに生涯を終えることのないこと。 また、古い体制や思想のために社会から排除されることなく、生を全うできることである。 法の下に、平等なる尊厳を求めているのである。 憲法は、彼らにもその権利を付与している。 よって当法廷は、第六巡回区控訴裁の判断を破棄する。 上記のとおり命令する。 (No union is more profound than marriage, for it embodies the highest ideals of love, fidelity, devotion, sacrifice, and family. In forming a marital union, two people become something greater than once they were. As some of the petitioners in these cases demonstrate, marriage embodies a love that may endure even past death. It would misunderstand these men and women to say they disrespect the idea of marriage. Their plea is that they do respect it, respect it so deeply that they seek to find its fulfillment for themselves. Their hope is not to be condemned to live in loneliness, excluded from one of civilization's oldest institutions. They ask for equal dignity in the eyes of the law. The Constitution grants them that right. The judgment of the Court of Appeals for the Sixth Circuit is reversed. It is so ordered. ) 拙訳:編集部 これまで、異性どうしならば当然認められている「結婚」という権利が、同性愛者には認められていなかった。 「結婚」そのものに対しても、多様性が生まれている昨今だが、同性愛者に対しては、まずは第一歩が認められたことになる。 法定は、9人の判事のうち5人が認め、4人が反対。 John Roberts裁判長ら4人の反対する主な理由は、「自由の意味は、歴史と伝統に基づくものであるべき(Samuel Alito判事)」「結婚の定義を変えるべきでない(John Roberts裁判長)」など。 判決文の全文はから。

次の

「偏見を壊すために」あるトランスジェンダー男性の告白

ジェイミー lgbt

ニュースや新聞でも取り上げられることが多くなった「トランスジェンダー」。 みなさんはその意味をご存知ですか? では、「性同一性障害」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。 この二つは、同じような場面で使われているように思っている方も多いようですが、じつは、似ているけど違う意味を持っているんです。 今回は、「トランスジェンダー」や「性同一性障害」の違いや意味などをご紹介します。 まず知っておきたい「性自認」と「身体的性」 トランスジェンダーと性同一性障害の違いを理解するには、まずは「性自認」と「身体的性」の意味をしっておきましょう。 <性自認> その名の通り、自分で認識している性のことです。 「自分は女だ」と思っていれば、性自認が女性といえます。 自分のことを男性と思っていれば、性自認が男性となります。 ですが、性自認は「男性」「女性」だけではなく、「間性」「無性」などの性自認もあります。 そして大事なことは、性自認は、「戸籍上の性別は関係ない」ということです。 戸籍上の性別が女性で、性自認が女性の人もいれば、戸籍上の性別が男性で、性自認が女性という人もいます。 <身体的性> 性染色体や外性器・内性器・性ホルモンなど、身体構造における性のことを指します。 産まれてきたときの外性器によって判断され、戸籍上の性別と同じものと解釈されることが多いです。 しかし、戸籍上には「男性」「女性」しかありませんが、身体的性はその2つだけではないと考えられているんです。 例えば性分化疾患(DSDs)と呼ばれる、「男はこう、女はこうなど世間が考えている体のつくりと、生まれつき一部異なる発達を遂げた体の状態」といった場合もあります。 つまり、男と女だけではないということです。 そして、性分化疾患はトランスジェンダーではありません。 2.トランスジェンダーと性同一性障害の違いは心と身体の性別を一致させたいかどうか では、「性自認」と「身体的性」をふまえて「トランスジェンダー」や「性同一性障害」について解説していきましょう。 トランスジェンダーは、ラテン語で「乗り越える」や「逆側に行く」を意味する「トランス」と、英語で「社会的性別」を意味する「ジェンダー」を合体させた言葉です。 一般的には、生まれたときの性別と自分で認識している性別が一致しないけれど、外科的手術は望まず、心と身体の性別を一致させたいと考えていない人のことになります。 また、ジェンダーは男らしい・女らしいなどの、社会的性別を表します。 性同一性障害は、医学的な疾患名になります。 「自分の認識している性と身体的性別が一致しない状態」のことです。 トランスジェンダーの意味と似ているところがあるため、同じものと思われがちですが、同じではありません。 性同一性障害は、性自認と異なる自身の身体に対して、強い違和感や嫌悪がある状態です。 前までは、性同一性障害をトランスセクシャル(性転換症)とも言いましたが、セクシャルは、外性器などによって区別される身体的性別などの生物学的な性別を表します。 日本では、性同一性障害と医師から診断を受けることが条件で、性別適合手術を受けたり戸籍の変更をしたりします。 「性同一性障害」は医師から診断されるものですが、トランスジェンダーは「精神疾患」ではないと世界保健機関(WHO)が認めています。 性別適合手術をする場合には、医師の診断が必要になり、診断されるのは「性同一性障害」ということになります。 トランスジェンダーと性同一性障害の違いは、「心と身体の性別を一致させたいと思っているかどうか」ということになります。 心と体の性別に差があるトランスジェンダーのひとつに、「心と身体の性別を一致させたいと望んでいる「性同一性障害」があるといったところでしょう。 そのため、トランスジェンダーという言葉の方が、性同一性障害という言葉よりも、広義の意味をもっています。 トランスジェンダーの性自認の多様性について トランスジェンダーは広義の意味をもつとご紹介しましたが、性同一性障害だけではなく、もっと多様な性自認を含んでいます。 <クロスジェンダー> 中性・無性・両性・または性別に対して流動的な人。 男性でも女性でも、どちらでもないと感じる人たち。 英語では「ジェンダークィア」に相当します。 <クロスドレッサー> 男性が女装を、女性が男装をしている人です。 ファッションなど見た目と気持ちの性別は一致していますが、身体の性別は一致していない人たちのことになります。 ほかにも、見た目と身体の性は一致していて、気持ちの性が別という方もいます。 また、トランスジェンダーの方も当然ですが、時間が経つにつれて気持ちが変わることもあります。 初めは、性自認と異なる体に嫌悪を感じていなくても、やっぱり同じ性にしたいと性転換手術を選択する方もいます。 まとめ トランスジェンダーと一言でいっても、さまざまなタイプが存在します。 性同一性障害との違いを完全に理解できている方は、そう多くはないかもしれません。 しかし、周りの人たちの間違った解釈や偏見、思い込みに苦しんでいる方がたくさんいるのも事実です。 性に関する多様性を広く受け入れ、少しでも多くのことを理解していけるように、こちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。 【この記事に関連するエントリー】 【賃貸物件をお探しの方】.

次の