スエード 生地。 糊付きの生地が便利すぎた!スエード生地で内装をイメージチェンジ!

【楽天市場】銀河工房 gingakobo

スエード 生地

同様光沢がありますが、細い繊維で織り込まれているため 発色が柔らかく、優しい表現ができます。 艶感がありながら柔らかな生地になっていますので、 高級感を出したい時におススメです。 また細かい織り目で丈夫さもあり、タペストリーにも よく使われます。 などと比べるとポリエステル感はあまりなく、 しなやかで上品な印象を与えられますが 価格的にはリーズナブルですので、 コストを抑えたいときにもおすすめな素材です。 こちらの生地はだけでなくにも対応しています。 光沢感が売りの「スエード」の語源は? その製作過程にあたる技法や、光沢感などには由来があるわけではありません。 語呂合わせや言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、実は「スエード」の語源は北ヨーロッパの国である「スウェーデン王国(Konungariket Sverige)」から来ています。 ただし、ルーツはスウェーデンという国にもあるものの、この言葉というのはフランス語になっています。 どういうことかというと、当時スウェーデンで作られた「ガーント・ドゥ・スウェード」という手袋がフランスで大流行したのが事の発端です。 北極圏にまたがるとても寒い国であるスウェーデンでは、その寒さをしのぐために様々な防寒具が作られてきました。 ガーント・ドゥ・スウェードもその1つであり、スウェーデンで考案されて子羊や子牛などの皮を使用して起毛させたものを加工して作られたものです。 その使用感としても定評があるもので、外見的にも独特の光沢感を持った特別を感じる手袋がフランスの人たちにウケて、一気に噂が広がったというわけです。 そしてその流行の地・フランスにて、ガーント・ドゥ・スウェードと発祥の地であるスウェーデンとを関連付けて「スウェード」と呼ばれるようになったと言われています。 26 104 引張強さ(N) JIS L 1096A法 幅2. 5cm ツカミ間隔10cm 引張伸度(%) JIS L 1096A法 幅2. (抜粋 JISCは、Japanese Industrial Standards Committeeの略称で、正式には、日本工業標準調査会のホームページより) 当社在庫 取り扱いスエード生地幅 148cm~184cm.

次の

スエードとトロマットの違い

スエード 生地

ターポリン:片面(裏は白) 屋外には最も強く、耐久性バツグンのビニール生地。 色あせしにくいので長期の常設にお勧め。 しかも安価。 強いてデメリットをいえば、大きくなると重くてかさ張ること。 付けたり外したり、あるいは折り畳みには不向き。 主な商品:・・ 印刷方法: メッシュターポリン:片面(裏は白) 上記ターポリンに風除けの穴が無数に開いたメッシュ状のもので、軽量で扱いやすく、風の強い場所にお勧め。 バタバタうるさい音もせず、透けて見えるので視界もふさいだ感がない。 反面、ターポリンよりも文字が見えにくい。 主な商品:・ 印刷方法: 遮光ターポリン:両面印刷 生地感、見た目は、通常のターポリンとほぼ同じ。 違いは、中層に黒い生地をサンドしている点。 それにより遮光性を高め、両面印刷しても裏写りしない。 両面に違う柄を印刷することも可能。 屋外での使用向き。 主な商品: 印刷方法: ポンジ:染抜き 店先によく立っている宣伝用ののぼりに最もよく使われる素材で、薄くて軽い。 その分、屋外での耐久性はやや劣るが、風によくなびき、インクの裏抜けもよく、何より一番の特徴は安価なこと。 主な商品:・・・・ 印刷方法: トロマット:片面(裏は白) 染抜きも可 ビニールターポリン等と並んで屋外でも十分に使える丈夫な生地。 にもかかわらずポリエステル生地なので重くもなく、屋内でも屋外でも使える万能生地。 発色が優れているのも大きな特徴。 主な商品:・・ 印刷方法: ツイル:染抜き 片面(裏は白)も可 発色の良さが一番の特徴。 しかも、軽くて丈夫。 風になびきやすい上に、風への耐性も兼ね備えているため、社旗や国旗など屋外で使用される旗に最もよく使われる。 しわにもなりにくく、汚れも付きにくい。 主な商品:・・・ 印刷方法: スエード:片面(裏は白) 染抜きも可 細い繊維を高密度に織っているため、丈夫なだけでなく光沢があるのがこの生地の何よりの特徴。 そのため旗や垂れ幕、横断幕以外に、高級感が求められるタペストリーやテーブルクロスにもよく使われる。 主な商品:・・ 印刷方法: 遮光スエード:片面(裏は白)両面印刷も可 上記スエード2枚の間に遮光材をサンドした構造で、それにより両面印刷も可能な生地。 厚手で腰もあって、高級感が求められるタペストリーによく使われる。 主な商品:・ 印刷方法: 塩瀬(シオゼ):片面(裏は白) 染抜きも可 昔から優勝旗や会旗、敬弔旗など、高級な旗の生地として使われている生地。 厚みもあり丈夫で重厚感があるが、そのまま仕上げるよりもネル芯を挟んで厚みを増して仕上げることが多い。 主な商品:・ 印刷方法: バンテン:片面(裏は白) 染抜きも可 綿の持つ柔らかい落ち着いた風合い、手触りをお求めの方にオススメ。 肌に当たるのれんや手で触れるテーブルクロスのような用途に向いている。 しわがいきにくく、高級感がある。 主な商品: 印刷方法: 帆布(ハンプ):片面(裏は白) 染抜きも可 エコバックによく使われる11号綿帆布のような厚手の生地。 丈夫でしっかりしている上に、軽くて、畳めて、持ち運びが容易なことから、横断幕や応援幕の生地として人気。 落ち着いた風合い、重厚な質感をお求めの方に。 主な商品:・・ 印刷方法: スムース:片面(裏は白) 染抜きも可 椅子カバー用で、ジャージ素材のとても滑らかな生地。 目が細かく光沢もあるので、複雑な柄も綺麗に印刷できる。 伸縮性に加え、型崩れしにくいメリットもある。 主な商品: 印刷方法: チームタオル:片面(裏は白) 印刷面にあたる表面はフルカラーの染色も可能なポリエステル100%で、裏面は柔らかく肌触りもGOOD!な綿100%。 表は魅せるタオル、裏は汗が拭けるタオルと、1枚で二役可能な実用性に優れたタオル。 縫製や加工を含みません。 昇華転写捺染とは、分散染料を転写紙に印刷した後、生地と重ね合わせて 200度以上の大型の熱転写機にかけることで、気化した染料が生地の分子構造に入り込み、染色する技術。 印刷ではなく染めですので、生地自体の風合いを残しながら、柔らかい仕上がりになります。 鮮やかな発色と優れた耐候性、耐水性が特徴です。 何より最大の特徴は、デザインの制約がなくあらゆるデザインで製作可能、そして価格はどんなデザインでも色数に関係なく同じであるという点。 従来、旗や幕、のれんなどは「本染め」という方法でしか作れなかったのですが、本染めでは写真入りが出来なかったり、色数が増えるごとに値段も高くなっていました。 柄や色の詳細をお聞きしなければ、お値段を出すことも出来ず、場合によっては製作できないデザインもあり、必然的に1色の簡単なものしか作れなかったのです。 この「昇華転写捺染」は、そのような「本染め」の弱点をすべてカバーした、しかも本染めよりも色持ちのよい、画期的な染め方法です。 片面と、裏まで染め抜く両面の2通りのやり方があります。 その際、漂白剤等は使用しないで下さい。 クリーニングにも出せますが、その場合は「水洗い」とご指定ください。 乾燥剤を入れておくとより安心です。 インクジェットプリント 取り扱いラインアップについて。 幼稚園の運動会で使う万国旗の製作をお願いしたいと考えているのですが、一部に写真を入れる形で印刷して欲しいと思っています。 その場合、価格はどのようになりますか? やはり写真を入れるとなると、普通のものよりも高額となるのでしょうか? 旗の印刷は、ダイレクト捺染・昇華転写捺染・インクジェットプリントいずれにしてもデジタル出力機(インクジェットプリンターのようなもの)を使った製法ですので色数は関係ありません。 つまり何色でもフルカラーでも価格は変わりませんので安心して写真入り万国旗をご検討ください。 印刷方法の違いについて。 こちらで旗を注文したいと考えているのですが、アフターケアについて気になっています。 サイトを見ると、商品によってアフターケアの仕方が若干異なるようですが、それは生地による違いなのでしょうか、 それとも印刷方法による違いなのでしょうか? 厳密に言うと、ダイレクト捺染で印刷するか昇華転写捺染で染めるか、インクジェットプリントでいくか、それによってメンテナンス方法が決まります。 ただ、その製法も生地によって変わりますから、正確には、生地が決まれば印刷方法が決まり、それによってメンテ方法が決まる、と言うことになります。 特急便との違いについて。 運動会で使うための旗を、こちらで注文したいと考えています。 納期には特急便と普通便とがありますが、旗の印刷の方法によって、時間がかかることはないのでしょうか。 出来るだけ早く届く方法でお願いしたいのですが、どの製作方法でも、どの大きさでも特急便を利用することができますか? はい、旗の製作方法によって納期が変わることはありません。 細かいことを言うと、確かにダイレクト捺染、昇華転写捺染、インクジェットプリントとの中で作業時間の差はなくもないのですが、この印刷方法だと特急便は使えないといったことはありませんので安心してご検討ください。

次の

スエードとは|フェイク vs. 本皮|コントラードブログ

スエード 生地

同様光沢がありますが、細い繊維で織り込まれているため 発色が柔らかく、優しい表現ができます。 艶感がありながら柔らかな生地になっていますので、 高級感を出したい時におススメです。 また細かい織り目で丈夫さもあり、タペストリーにも よく使われます。 などと比べるとポリエステル感はあまりなく、 しなやかで上品な印象を与えられますが 価格的にはリーズナブルですので、 コストを抑えたいときにもおすすめな素材です。 こちらの生地はだけでなくにも対応しています。 光沢感が売りの「スエード」の語源は? その製作過程にあたる技法や、光沢感などには由来があるわけではありません。 語呂合わせや言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、実は「スエード」の語源は北ヨーロッパの国である「スウェーデン王国(Konungariket Sverige)」から来ています。 ただし、ルーツはスウェーデンという国にもあるものの、この言葉というのはフランス語になっています。 どういうことかというと、当時スウェーデンで作られた「ガーント・ドゥ・スウェード」という手袋がフランスで大流行したのが事の発端です。 北極圏にまたがるとても寒い国であるスウェーデンでは、その寒さをしのぐために様々な防寒具が作られてきました。 ガーント・ドゥ・スウェードもその1つであり、スウェーデンで考案されて子羊や子牛などの皮を使用して起毛させたものを加工して作られたものです。 その使用感としても定評があるもので、外見的にも独特の光沢感を持った特別を感じる手袋がフランスの人たちにウケて、一気に噂が広がったというわけです。 そしてその流行の地・フランスにて、ガーント・ドゥ・スウェードと発祥の地であるスウェーデンとを関連付けて「スウェード」と呼ばれるようになったと言われています。 26 104 引張強さ(N) JIS L 1096A法 幅2. 5cm ツカミ間隔10cm 引張伸度(%) JIS L 1096A法 幅2. (抜粋 JISCは、Japanese Industrial Standards Committeeの略称で、正式には、日本工業標準調査会のホームページより) 当社在庫 取り扱いスエード生地幅 148cm~184cm.

次の