銀杏 食べすぎ。 ぎんなんの食べ過ぎで中毒死、ゴボウの保存法間違え食中毒…実は危険な食べ物リスト

銀杏が食べ過ぎになる量の目安は?薬効や中毒性と副作用について

銀杏 食べすぎ

この記事の目次• 銀杏(いちょう)と銀杏(ぎんなん) なぜ同じ漢字を使っているのか? 中国原産の木である「銀杏(いちょう)」、そこになる実を「銀杏(ぎんなん)」と呼びますが、なぜ同じ漢字で木と実を指し、異なる読みをするのでしょう。 また、イチョウの葉がアヒルの足の形に似ていることから中国では銀杏の木を「鴨脚樹」と呼び、この発音が日本人には「ヤーチャオ」と聞こえたことから、銀杏の木の和名がイチョウになったとされています。 こうして銀杏の木を指すときは「いちょう」、実を指すときは「ぎんなん」と読むようになったというのが一説になります。 銀杏の実ができるためには イチョウには雌株と雄株があり、銀杏の実ができるのは雌株のみです。 4月~5月に花が咲き、秋になると美しい黄葉になり、9月~11月中旬には実の収穫期を迎えます。 雌株の周りに雄株がない場合でも1km以上離れた場所にある雄株の花粉が風に運ばれ、受粉・結実することが確認されています。 実が地面に落ちて発芽し、やがて木になって結実するまでには30年ほどかかると言われています。 接ぎ木や挿し木の場合はこれより早く結実しますが、それでも5年~6年はかかります。 なお、木が成長するほどに実の量は多くなると言われています。 銀杏を取りに行くなら 街路樹の下や神社など公共性の高い場所に落ちている銀杏であれば拾っても問題のない場合が多いですが、管理者に許可をもらう必要がある場合には怠らないようにしましょう。 銀杏を拾う際には、ビニール手袋や火バサミ、トングを使うのがベターです。 果肉に含まれるギンコール酸が肌に付着すると、炎症や浮腫性紅斑などを引き起こす恐れがあるためです。 また、鼻をつく銀杏の嫌なニオイは果肉に含まれる酪酸やヘプタン酸によるため、むやみに踏み潰さないよう注意したいところです。 食べ方 下処理• 銀杏に含まれる栄養と中毒の危険性 銀杏に含まれる栄養と効能 銀杏にはカロテンやビタミンB群・ビタミンC・カリウムなどの栄養素が多く含まれており、美肌や疲労回復・高血圧の抑制といった健康や美容に効果が期待できます。 また、銀杏は昔から日本や中国の民間療法で鎮咳去痰薬として利用されたり、膀胱の括約筋を強化することから夜尿症や頻尿の改善に使われたりしてきました。 銀杏の食べ過ぎに注意?「銀杏中毒」とは 銀杏にはビタミンB6の類縁体であるギンコトキシン(4-O-メチルピリドキシン)が含まれています。 この物質がビタミンB6の作用を阻害し、神経伝達系統に異常をきたすことで痙攣などの症状を引き起こすことがあります。 この中毒物質は調理などで分解することができないため、食べ過ぎに注意するしかありません。 特に5歳未満の小児は食べることを控えた方が安全です。 患者の多くは小児であり、目安として6歳以上の小児で7粒以上、大人で40粒以上が中毒を起こすラインとされていますが、体調によっては大人でも5粒~6粒程度で中毒にかかることがあります。 個人差もあるため、十分に安全を見越した数の摂取にとどめましょう。 銀杏中毒になった際の対処法 銀杏中毒になると、主に嘔吐と痙攣のほか、めまいや発熱、呼吸困難、不整脈などの症状が見られます。 摂取後1時間~12時間で発症して90時間以内に回復しますが、死亡例もあるため注意が必要です。 このような症状がある場合、あるいは大量摂取をした場合は、決して無理には嘔吐せず、速やかに病院へ行って銀杏を食べたことを医師や看護師に伝えましょう。 治療としては、薬やビタミンB6製剤の投与後、入院して経過観察となります。 赤城の恵ブランド「赤城のギンナン」 赤城の恵ブランドとは 群馬県前橋市が推奨するブランドで、地産地消の推進・食の安全と安心の確保・前橋産農林水産物の消費拡大などにつながる産品が認証されています。 2017年時点で赤城の恵ブランドに該当するのは、生鮮食品類19品目、加工品類48品目になります。 ブランド認証基準 認証の基準は主に以下となります。 ・前橋市内で生産・育成された生鮮食品類 ・原材料に上記食品類を使用し、市内で加工した加工品類 ・安心・安全であること ・市のイメージアップやPRとなる個性や特長があること ・持続的または定期的に消費者へ供給でき、申請産品の販売目標額が年間100万円以上であること ・市内で流通・販売されていること ・法令などを遵守した生産・製造・加工・販売であること 通販で「赤城のギンナン」を 大粒品種 藤九郎・久寿 赤城の恵ブランドの一つである「赤城のギンナン」には、大粒で丸型の「藤九郎」や「久寿」という品種があります。 中生種の久寿は食感がモッチリとしており、苦みが少なく風味が優れています。 晩生種の藤九郎は特に大粒で見栄えが良く、品質と風味、貯蔵性が良好です。 どちらも炒れば香ばしく、茹でれば少し粘りのある食感を楽しめ、炊き込みご飯やバター焼き、天ぷらにしてもおいしくいただけます。 赤城のギンナンは前橋市内の農産物直売所などのほか、通販でも購入することが可能です。 化学肥料や農薬を使わないこだわりのギンナンは、殻付きやお手軽なむき身で販売されています。 赤城の恵ブランドを一度賞味してみてはいかがでしょうか。 時には異臭を放ち食べ過ぎると中毒の恐れもあるギンナンですが、秋の風物としてイチョウの木とともに長く愛されてきました。 今後もおいしく安全に楽しみましょう。

次の

ぎんなん(銀杏)食べ過ぎ注意!食中毒症状&致死量は何個?カロリー&栄養も!

銀杏 食べすぎ

銀杏を食べ過ぎるとどうなるか知っていますか。 紅葉が終わる頃、イチョウの街路樹の下には沢山の銀杏が落ちていますね。 正直匂いが苦手…という人もいるかと思いますが、銀杏は和食には欠かせない食材。 シンプルに炒るだけでも美味しいですし、炊き込みご飯や茶碗蒸しに入れても良いです。 銀杏は、脂質、たんぱく質、糖質、鉄分、カリウム、ビタミンA・B・Cを含む非常に栄養価の高い食べ物です。 滋養強壮、強精効果があるため、健康食材として昔から重宝されてきました。 これだけ健康的なのだから、いっぱい食べたらよいのでは?と思うかもしれませんが、銀杏の食べ過ぎは中毒症状を起こしてしまいます。 そこで今回は、銀杏を食べ過ぎると身体にどんな症状が起こるかをお伝えします。 美味しいからといって銀杏を食べ過ぎないように気をつけましょう。 下痢や嘔吐などの食中毒 銀杏を食べ過ぎると起こる最も多い症状は 下痢や嘔吐です。 熱などは出ません。 銀杏にはビタミンB6の欠乏を引き起こす「チルビリドキシ」という物質が含まれています。 そもそもビタミンB6には、代謝機能に関係する様々な酵素の働きを助ける作用を持っているため、 チルビリドキシによって代謝機能を狂わされてしまうのです。 銀杏中毒はアレルギーとは異なりますので、体質によるものだったり、一度なれば二度とならないものではありません。 体調や銀杏に含まれるチルビリドキシの分量によっては、誰にでも起こる可能性があるものなのです。 呼吸困難や意識消失 下痢や嘔吐などの食中毒を起こすだけでも怖いですが、チルビリドキシは 神経伝達を抑制する働きを持つ「ギャバ」という成分の生合成の邪魔をするとされています。 ギャバが働かなくなると、神経伝達が抑制されなくなり、中枢神経が異常興奮してしまいます。 すると 痙攣を引き起こしたり、呼吸困難、意識障害、最悪の場合ショック症状で死に至る…なんてケースもあります。 銀杏を食べたあとに目眩がするようなことがあれば、食中毒の可能性があります。 素人判断はせずに、医師の診察を受けることをおすすめします。 子供は要注意 食中毒の症状が出たとしても、大人は肝臓でチルビリドキシを解毒する酵素を出すことができるため、重篤化することはまれです。 しかし、肝臓機能の弱い子供の場合、 少量のチルビドキシでも中毒症状を起こしてしまいます。 銀杏の食べ過ぎによる食中毒の患者の7割は10歳以下の子供です。 子供には銀杏を多く与えないようにする必要があります。 また、5歳未満の場合は食べさせない方がよいとされています。 銀杏を食べる際には大人は40粒未満、子供は7粒未満に抑えましょう。 調理時には使用数に注意が必要です。 食中毒の症状がでたら 銀杏を食べ過ぎてしまい身体に違和感を得たら、 すぐに病院へ行きましょう。 銀杏を食べてから、数時間後に発症することが多いです。 銀杏の食べ過ぎによる中毒は個人差があります。 少量の摂取でも中毒症状を起こしてしまう場合があることをお忘れなく。 治療は、全身管理と対処療法が主体となります。 また、痙攣が起きている場合は、ビタミンB6を活性化させる物質「PLP」の注射が効果的です。 また、診察を受ける際には、銀杏を食べたことを必ず医師に伝えるようにしましょう。 素早く的確な処置が求められるからです。 銀杏の料理は要注意 銀杏は食べ過ぎにも気をつけなければいけませんが、街路樹の下に落ちている銀杏を拾ったり、料理をする時には 「かぶれ」への注意が必要です。 銀杏に含まれるギンゴール酸というアレルギー物質が銀杏皮膚炎という「かぶれ」を引き起こします。 銀杏に触れた箇所に発疹や腫れ、水泡などの症状がでます。 症状は 銀杏に触れてから1,2日経過してから発症することが多いので、まさか銀杏による症状とは気づきにくい可能性があります。 敏感な人だと、イチョウの街路樹を通過しただけでかぶれてしまうことがあります。 かぶれを起こさないようにするには、 銀杏を触れたら流水で洗い流すようにします。 銀杏を触った手で身体の他の場所を触ると移ってしまいます。 症状が重い場合は皮膚科を受診するようにしましょう。 さて、銀杏は美味しい反面、気をつけなければいけない食材です。 基本、銀杏の食べ過ぎには注意すること、小さい子供へは与えないこと、身体に不調を感じたらすぐに医者にかかるようにするようにしましょう。 また、体質によっては少量で中毒症状が出る場合がありますので、一気に食べるようなことはせず、料理時には少しずつ出すようにすると安心です。 しかし、銀杏は非常に栄養価の高い食べ物で、秋の風物詩としても、和食に欠かせない食材としても、日本を代表する食べ物と言っても過言ではありません。 容量を守って正しく食べれば、とても健康的で美味しい銀杏。 秋の楽しみのひとつとして、ぜひ美味しく食べましょう。

次の

銀杏の食べ過ぎには注意!?何個まで!?鼻血がでちゃう!?

銀杏 食べすぎ

電子レンジを使った下処理方法 銀杏と聞くと、あの白い殻に包まれたものを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 そしてその殻をむくには、ペンチで割れ目を入れた上でフライパンで炒る、という方法が有名です。 しかし、そのためだけにフライパンを出すのは面倒だと思う人もいるかもしれませんね。 そんな時は、割れ目を入れた銀杏を封筒などの小さな袋に入れて電子レンジ600Wで40秒ほど加熱すると、簡単に殻を抜くことが可能です。 さらに、内側の薄皮も剥けますから、手で簡単に作業することができます。 1つ目の銀杏が音を立てたらすぐに電子レンジを止めましょう。 やりすぎると焦げてしまうことがあります。 銀杏の利用方法 電子レンジを使って簡単に薄皮までむいたら、今度は料理に使うことが可能です。 最も一般的なものは、このエメラルドグリーンの実に軽く塩を振り、そのまま食べるというものでしょうか。 あるいは、ご飯に銀杏を入れて炊けば、おいしい銀杏ご飯が出来上がります。 ここにたけのこや鶏肉、人参などを入れると炊き込みご飯になり、銀杏の苦味が加わって非常に美味しく仕上がります。 茶碗蒸しに入れるという人もいるのではないでしょうか。 スープとしても使うことができます。 銀杏はミネラルやビタミンが豊富に含まれていますから、健康にも良いですよ。 食べ過ぎには注意 銀杏の中毒性は食べ過ぎると発症します。 第二次世界大戦後、食糧難に陥った人々が銀杏を大量に食べ、痙攣などの中毒症状を催したという報告がありますが、基本的にはその危険性が認識されるようになった1960年以降、このような症状は減りつつあります。 しかし、2010年にも成人女性が銀杏を60個食べ、吐き気やめまいを催したということが認められています。 今現在は子供の場合は7個以上、大人の場合は40個以上で中毒症状が出る可能性があると言われています。 また、中毒患者の8割が子供であり、その過半数が3歳以下であると言われていますから、とにかく子供は特に注意です。 しかし、食べ過ぎさえしなければ問題はありません。 まとめ いかがでしょうか。 電子レンジで簡単に調理できるのであれば、銀杏も難しくなく、簡単に食べることができると思いませんか? くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。 特に3歳以下の子供の場合、食べさせないという方が無難かもしれません。

次の