ウルトラマン タイガ 感想。 ウルトラマンZ 第1話感想 さあご唱和しましょう!ウルトラマンゼットの名を!!

ウルトラマンタイガ面白い?つまらない?感想口コミ評判!ファンの意見は!

ウルトラマン タイガ 感想

ウルトラマンタイガ ストーリー 第10話『夕映えの戦士』 用心棒怪獣ブラックキングとともに銀河に名を馳せた誇り高きナックル星人の戦士。 小田と親交を深めていくヒロユキ。 そして小田の中の葛藤を利用せんと近づく霧崎。 地球で人間に成って一生を終えるのも良いかもと思っていたのです。 だがしかし、ヒロユキのウルトラマンタイガ・光の巨人を見たとき 過去に自分が光の巨人に敗れ、プライドも失ったことを思い出すのです。 そして、もう一度 光の巨人と戦いたい!そして勝ちたい!! という思いが芽生えて行くのでした。 密かに封印して保管していた相棒のブラックキングの卵。 それをトレギアに孵化され、ウルトラマンタイガと戦う相棒。 そして、相棒が破れた時、自分も戦うことを決意したのでした。 果たして、小田さんの人生は、これで良かったのでしょうか? 小田さんは、幸せだったのでしょうか? ナックル星人の小田さんは、戦う本能が強く それに応えることも 幸せを感じることだったと思うのです。 全力で戦ってウルトラマンタイガに破れ 消えておく小田さん。 だがしかし、小田さんの願いは成就されたのです。 たとえ、亡くなったとしても後悔は無いと思います。 一つ贅沢を言えば、相棒のブラックキングと一緒に戦いたかったでしょうけど… ところで、ブラックキング。 封印から解放されたばかりなのに かなりの戦闘力でしたよね。 これが 更に時間が経っていたら どんな強敵に成っていたのでしょうか?! 想像するだけでも恐ろしい(汗) だがしかし、相棒と一緒に戦えなかったのは、寂しいけど それも良かったと思っているようにも思います。 何故なら、ウルトラマンと1対1で戦えたのだから。 もう小田さんは居ません。 だから、これは私の勝手な妄想なのですが… ウルトラマンタイガのピンチに小田さんことナックル星人が助けに来て共闘する展開とかがあれば、熱かったのになぁ。 何とか上手く考えて復活されないでしょうかねぇ。 いやいや、復活されないから良いのですよね。 小田さん。 過去に沢山の命を奪われていたそうで天国に行けるのか?それは分かりませんが… 晩年にそれを後悔し、穏やかな日々を過ごされていました。 きっと人助けとかもしながら。 そうそう。 落ち込むヒロユキを励ましたりしてましたよね。 だから、きっと他の人たちも。 そんな小田さんが、安らかに眠られることを祈っております。 そして、小田さんよりも少ないとは思いますが、我々 地球人にも闘争本能を持っています。 それを満たし為に行動するのか? それを抑えて人と争わず 人を喜ばせるように動くのか? それは、あなた次第です(微笑) 今回の熱かった言葉 ナックル星人の正体を現した小田さんにヒロユキは言う。 『これがあなたの答えですか? 失敗しても何度でもやり直せば良いって 言ってくれたじゃないですか! あの言葉は… あの言葉は嘘だったんですか?!』 ヒロユキの叫びも空しく、このままでは街が壊されるので仕方なく戦うことに…。 あの残忍だったナックル星人が、いつの間にかヒロユキの心の拠り所にされる友だちに成れたのです。 そして、ヒロユキが心から戦いたくない相手に成っていたのです。 それだけでも凄いことだと思います。 そして、小田さんは言いたかったのかもしれない。 地球人よ。 俺のように成るな!と。 『帰ってきたウルトラマン』は観てた筈ではあるのですが… 覚えてなかったですね(汗) 調べてみたのですが… 夕映えの戦士って言うのは ウルトラマンのパワーである太陽光線の弱まる 夕方を狙ってナックル星人が作戦を立て 実際に戦ったからですよね。 だがしかし、今回の作中では その理由は 少し変わってましたよね。 もしかしたらアナザー世界の物語なのかもしれません。 それと同様に、原点を知らない 覚えていないものでも 自由に楽しんで良いとは思うのですよね。 機会があれば観てみようとは思いますが… 原典と違うとか考えちゃうと観てないと 書けなくなりますし 気楽に楽しんでも良いものだとも 思ってもいます。 原典(原作)と違う! とか言うことを主張しているのではありません。 『ウルトラマンメビウス』以降のいわゆる「ニュージェネレーション」シリーズになると、昭和のシリーズを見ていたかつてのファンが制作者になり、オマージュと新しい解釈を加えて最新の技術で作品創りをしています。 とりわけ、『ウルトラマンオーブ』以後に顕著です。 もちろん、ウルトラマンは子供たち向けの作品ですから、昭和の内容を知らなくても理解できるように作られています。 昔のファン、お父さんやお母さん、場合によってはお祖父ちゃんお祖母ちゃんが、今の子供たちと 「昔のナックル星人はね……」 と語り合えるような時代になったんですよ。 なまろつるさん 再度のコメントありがとうございます。 原典と違うということを主張されているとは 私も思っていません。 私が言いたいことは全てのシリーズで 設定があっているって訳ではなく その作品ごとで解釈も違うこともあるので 元や関連する作品を知らなくても 楽しんで良いでしょ ということです。 親子で語り合うとしても よく知っていない子ども または、よく知っている子ども。 それに対して よく知っている親御さん または よく知らない親御さんとでも 気楽に語り合える作品であっても良いですよね ということです。 よく原典しらないでしょ!とか言われると 知らない もしくは 覚えていない 者は感想を書いちゃいけないのかな? とか思ってしまうのです。 そういう意味じゃなかったのでしたら 申し訳ありません。 ただ、言われる度に そう感じてしまうのも事実なのです。

次の

『ウルトラマンタイガ』感想と内容解説。タロウの実の息子という設定で令和最初のウルトラシリーズ|邦画特撮大全53

ウルトラマン タイガ 感想

すでにご存じの方も多いかと思いますが,ウルトラマンのお知らせとして… 新番組が、2020年1月11日 土 より毎週土曜朝9:00~テレビ東京系にて放送開始します! ゼロさんと ジードさんは, ベリアル陛下と非常にご縁が強いので楽しみです(笑) さて今回は,これまで毎週感想と考察を述べてきた 「ウルトラマンタイガ」。 最後にまとめて振り返ってみたいと思います。 「ウルトラマンタイガ」は,かなり良い作品であったと思います。 ギラファが思う,「タイガ」の魅力をいくつかあげてみます。 新規の怪獣の登場が多めであること• 人間や,宇宙人も含めて「絆」や「多様性」を描いてくれたこと• おかげさまで ウルバトでも ヘルベロスさん, セグメゲルさんといったウルトラマンタイガで登場した新規怪獣が登場しました。 が活躍してくれました。 「ウルトラマンタイガ」が 全体的にシリアスなストーリーになったのは, トレギアさんのおかげです(笑) トレギアさんが劇中で地球人や宇宙人が抱えていた悩みを見透かし, 煽りまくることで 悲劇が起こります。 悲劇によって後味の悪い話もありました… しかし逆に,視聴している私達に 何かを考えさせるきっかけを作ってくれました。 「絆」を感じることや「多様性」を受け入れるということは簡単じゃない。 お互いを理解し続ける努力と, より良い関係を築くという強い意志が必要である。 ということを物語を通じて学ぶことができました。 ウルトラマンタロウさんとトレギアさんは 友人関係にあったと思われます。 しかし残念ながら,劇中ではあまり語られていません。 なぜトレギアさんは親友と袂を分かったのか? 未だに謎のままです。 全ての答えは劇場にある? 『ウルトラマンタイガ』の劇場版作品が,2020年3月6日より公開されます。 タイトルは 「ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」です。

次の

『ウルトラマンタイガ』感想と内容解説。タロウの実の息子という設定で令和最初のウルトラシリーズ|邦画特撮大全53

ウルトラマン タイガ 感想

自分と違うというだけで敬遠してしまうということってどんな人にもありますよね。 最終回では、ピリカの思いにマグマ星人とマーキンド星人が協力を申し出、一緒にウーラーとピリカを救う作戦に協力してくれたところは良かったなあと思いました。 チームの暖かさ E. は本当に良い組織だと思います。 ヒロユキがタイガであることがばればれのようでしたが 笑 カナ社長の懐の広いこと!カナ社長がいたから、ピリカもホマレも救われたのですよね。 特にピリカは24話で突然アンドロイドであることを明かされて、びっくりしたキャラでした。 カナ社長見たいな上司がいる会社の転職したいです。 タイガも当初はタロウの息子ということでまだ少年だなと感じるところが多かったのですが、物語が進むにつれて成長を感じました。 最後トレギアの力をウーラーのお腹を一杯にする力に利用したところは、感動しました。 そしてトレギアにタロウと呼びかけられても「俺はタロウの息子、ウルトラマンタイガだ」と答えていた所は、しみじみしました。 今回敵役だったトレギア。 私はタイガ以上にトレギアについて興味がありました。 むかつく言動も多かったですが、もう今回これで最後なのかなと寂しいです。 劇場版には出てきてくれるのでしょうか。 最終回のトレギアの言動で気になった所をまとめてみました。 ウルトラマンも宇宙人だとあざ笑う 宇宙人を排除しようとしていた地球人がタイガが出てきて応援するシーンでも霧崎。 このセリフは、とても深いなと思いました。 自分に都合の良い物はOKだけど、敵対している物は駄目というのは、一理ありましたよね。 タロウとトレギア トレギアはやはりずっとタロウを意識して過ごしていた存在で、光をバッグにしたタイガをタロウだというシーンはトレギアの最後に相応しいのかなと感じました。 タイガは「俺はタロウの息子、ウルトラマンタイガだ」といっていましたが、トレギアには聞こえていたのかな?最後タイガの クワトロスクワッドブラスターも避けようと思えれば、今までのトレギアを思えば避けれたはず。 (まあ最終回だけど笑い)それを笑って受け止めて散っていったのは、やはりタロウに倒されたいという気持ちがあったのかなとも思ったり。。。 ウルトラマンタイガ面白かった!ありがとう (以前タイガーのショーで撮影した写真。 写真OKの時間にとりました。 ) ピリカの設定などウルトラマンタイガの最終回を踏まえたうえで、もう一度見返したいなと思うウルトラマンタイガ!さらにまだまだウルトラマンタイガの世界は劇場版などに続いていくと思うので楽しみです。

次の