大江山の歌 活用形。 古今著聞集小式部の内侍大江山助動詞の活用と接続をしつこく確認

大江山: 高校古文こういう話

大江山の歌 活用形

十訓抄「大江山」の現代語訳・原文です。 動詞・形容詞・形容動詞・助動詞の活用形・活用の種類・意味も掲載しています。 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後の国に下った頃に、 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 京で歌合があったときに、小式部内待が、歌合の詠み手として選ばれて、 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 詠みけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 詠んだところ、定頼中納言がふざけて、小式部内侍がいたときに、 ・ 詠み … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ たはぶれ … ラ行下二段活用の動詞「たはぶる」の連用形 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 「丹後へ使いに出した人は戻って参りましたか。 ・ 遣はし … サ行四段活用の動詞「遣はす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 いかに心もとなくおぼすらむ。 」と言ひて、 どれほど待ち遠しく思っておられましょう。 」と言って、 ・ 心もとなく … ク活用の形容詞「心もとなし」の連用形 ・ おぼす … サ行四段活用の動詞「おぼす」の終止形 ・ らむ … 現在推量の助動詞「らむ」の連体形 ・ 言ひ … ラ行下二段活用の動詞「言ふ」の連用形 局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、 部屋の前を通り過ぎられたところ、御簾から半分ほどのり出して、 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 わづかに直衣の袖をひかへて、 ほんの少し直衣の袖を引き止めて、 ・ わづかに … ナリ活用の形容動詞「わづかなり」の連用形 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 大江山いくのの道の遠ければ 大江山から生野を通って行く道が遠いので、 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 まだふみもみず天の橋立 まだ天の橋立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 と詠みかけけり。 と歌を詠んだ。 ・ 詠みかけ … カ行下二段活用の助動詞「詠みかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 思いがけず、驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 こんなことがあるだろうか。 」とだけ言って、 ・ かかる … ラ行変格活用の動詞「かかり」の連体形 ・ ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 返歌することもできず、袖を振り払って、お逃げになった。 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 引き放ち … タ行四段活用の動詞「引き放つ」の連用形 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 これはうちまかせての理運のことなれども、 このことは、そうなって当然のことなのだが、 ・ うちまかせ … サ行下二段活用の動詞「うちまかす」の連用形 ・ なれ … 断定の助動詞「なり」の已然形 かの卿の心には、これほどの歌、 あの卿の心の中では、これほどの歌を、 ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 すぐさま詠み出だすことができるとは、お思いにならなかったのだろうか。 ・ 詠み出だす … サ行四段活用の動詞「詠み出だす」の未然形 ・ べし … 可能の助動詞「べし」の終止形 ・ 知ら … ラ行四段活用の動詞「知る」の未然形 ・ れ … 尊敬の助動詞「る」の未然形 ・ ざり … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形.

次の

『大江山の歌』の品詞分解(十訓抄・古今著聞集) / 古文 by 走るメロス

大江山の歌 活用形

ふじわらのさだより が小式部内侍の局のほうにやってきて、「歌はどうなさいましたか」、「丹後へ使者を送ったのでしょうか」、「使者が帰ってくるかどうか、どれほど心配でいらっしゃるでしょうね」、などとふざけながら立っていたのを、ひきとどめて、よんだ歌。 大江山を越え、生野を通って行く道のりが遠いので、母の和泉式部がいる天橋立へ行ったことはまだありませんし、母からの手紙をまだ見ておりません。 音が同じことを利用して、二つの意味を表すこと。 「いくの」が「行く」と「生野」を掛け、「ふみ」が「踏み」と「文(手紙)」を掛けます。 終止形のところが切れ目となる場合が多いです。 和歌を体言(名詞)でしめくくることを体言止めと言います。 「天橋立」という体言(名詞)でしめくくられています。 それぞれの意味は文脈によって判断します。 「遠ければ」は「遠いので」の意味を表します。 が小式部内侍の局のほうにやってきて、「歌はどうなさいましたか」、「丹後へ使者を送ったのでしょうか」、「使者が帰ってくるかどうか、どれほど心配でいらっしゃるでしょうね」、などとふざけながら立っていたのを、ひきとどめて、よんだ歌。 おほえやま【大江山】 京都市西京区大枝(おおえ)。 したがって大枝山とも書く。 今も山を越えて亀岡市に入る山陰街道に大江の関址がある。 『万葉集』巻十二の「丹波道(たにはぢ)の大江の山のさねかづら絶えむの心わが思はなくに」は、ここをいうのであろう。 いっぽう、小式部内侍の有名な歌「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」(金葉集・雑上、百人一首)になると、丹波への道にあたるこの大江山を越えて生野(今の福知山市)へ行くとも解せるし、福知山市の北にある大江町の、あの酒呑(しゅてん)童子で有名な丹波の大江山と解することもできるのである。 丹波国の歌枕。 今の京都市福知山市生野。 「別れにし程に消えにし魂のしばしいくのの野辺に宿れる」(元真集)や「君にわがあはでいくのの幾度(いくたび)か草葉の露に袖ぬらすらん」(風情集)など「生き」「行く」「幾」を掛詞にしてよむことが多かった。 『百人一首』にも採られて有名な小式部内侍の歌「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」(金葉集・雑上)は「行く」と掛詞にして、山城国と丹波国の国境の大江山をはるばる越えて行く地としてよんでいるが、以後もこの歌を意識して「大江山」の地名とともによみ込まれることが多かった。 「大江山こえて生野の末遠み道ある世にもあひにけるかな」(新古今集・賀・範兼)はその例である。 ) あまのはしだて【天の橋立】 「橋立」という形でもよまれた。 丹後国の歌枕。 今の京都府宮津市。 小式部内侍の「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」(金葉集・雑上、百人一首)が有名であるが、「音に聞く天の橋立たてたてておよばぬ恋も我はするかな」(伊勢集)のように古来丹後の代表的名所であった。 (後略) 百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認 こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。 それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

次の

古典の古今著聞集の古式部内侍が大江山の歌の事を勉強しているのですが

大江山の歌 活用形

小式部内侍の母は当時の有名な歌人であった和泉式部。 「和泉式部日記」の作者としても知られていますね。 当時、小式部内侍が歌が上手なのは、この母親の代作ではないかと疑われることもあったようです。 そして、ある時、小式部内侍は歌合の歌人として選出されます。 このことは、当時の歌人にとっては大変名誉なことでした。 そんな中、定頼中納言がおもしろがって、今度の歌合で詠む歌は、お母さんからもう教えてもらったのかという意味合いのことを言って、小式部内侍をからかいます。 すると、小式部内侍はすぐさま歌を詠んでやり返しました。 「お母さんがいるところは、ここから遠いから、まだ会いに行ったこともないし、もちろん手紙ももらってないわ。 (歌はお母さんから教えてもらっているんじゃないんだから。 )」 この歌が、掛詞の技法を用いつつ、すばやくその場にふさわしい内容を詠み込んだすばらしい出来栄えだったんですね。 してやられた感のある定頼中納言は、何も言い返すこともできずに逃げていくしかなかったわけです。 ですが、この一件が、小式部内侍の歌人としての名声を上げるのに一役買うことにもなったようですね。 鎌倉時代中期の説話集で、十の教訓の説話を集めています。 なお、この話は教科書によっては、「古今著聞集(ここんちょもんじゅう)」から出典されているものもあります。 内容はほぼ同じものになっていますが、多少違いがありますので注意してください。 それでは、原文と現代語訳と注釈です。 いかに心もとなく思(おぼ)すらむ。 」 と言ひて、局の前を過ぎられけるを、 6 御簾(みす)より半(なか)らばかり出(い)でて、わづかに直衣(なほし)の袖(そで)を控へて、 7 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天(あま)の橋立(はしだて) と詠みかけけり。 8 思はずにあさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、 9 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 10 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出(い)で来(き)にけり。 11 これはうちまかせて、理運のことなれども、 12 かの卿(きやう)の心には、これほどの歌、ただ今詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 どんなにじれったくお思いになっていることでしょう。 」 と言って、部屋の前を通り過ぎなさったが、 6 (小式部内侍は)御簾から半分ほど身を乗り出して、かろうじて(定頼の)直衣の袖を引き止めて、 7 (小式部内侍の歌)大江山を越えて行く、生野の(丹後までの)道が遠いので、まだ(丹後の)天の橋立は踏んだこともありませんし、(母からの)手紙も見ていません。 と詠みかけた。 8 (定頼は)思いがけないことに驚いて、 「これはどうしたことか、このようなことがあろうか(いや、あるはずがない)。 」 とだけ言って、 9 返歌をすることもできず、袖を引き離してお逃げになった。 10 小式部は、このときから、歌人としての世間での評判が立つようになった。 11 これは普通一般に、道理にかなっていることであるが、 12 あの卿(定頼)の心の中では、これほどすぐれた歌を、今すぐに詠み出すことができようとは、ご存知ではなかったのであろうか。

次の