子猫 トイレ 失敗。 子猫のトイレのしつけ方は?失敗しても諦めないで!

ミルク飲みの子猫の育て方|排泄について

子猫 トイレ 失敗

新しい猫を迎え入れたら、まず始めるのがトイレトレーニング。 猫が好むトイレの環境を整え、気持ちよく排泄できるように飼い主さんが手助けしてあげましょう。 「トイレサイン」に注意しよう 床の匂いをクンクン嗅いだり、引っ掻いたり、お尻をムズムズさせたり、グルグルウロウロしだしたら、それは「トイレサイン」です。 猫をそっと抱きかかえて、トイレの砂の上に乗せてあげましょう。 このとき、飼い主さんが慌ててしまうと、猫が恐怖心を抱いてしまいます。 優しく、落ち着いて対応することが重要です。 慌てたり、乱暴に扱うと怖がります。 そっと優しく抱き上げてください。 上手にトイレで排泄できたら、しっかりと褒めてあげましょう。 失敗しても叱ってはいけません。 また粗相をしてしまったら、臭いが残らないようにすぐに掃除をしてください。 臭いが残ってしまうと、猫はその場所を自分のトイレだと勘違いしてしまいます。 臭いが残らないお掃除方法については、こちらをご参照ください。 猫は生後1ヶ月を過ぎると、母猫の手を借りずに自力で排泄するようになります。 そうなったら、トイレトレーニングのスタートです。 猫のトイレトレーニングは、犬と比べて簡単だと言われています。 それは、猫が元々砂漠で生活していた動物で、砂の上で排泄することを本能的に知っているからです。 そのため、数回トイレの場所を教えてあげると、早い場合は1〜2日で、遅い場合でも1〜2週間でトイレの場所を覚えることがほとんどです。 もし数ヶ月経ってもトイレの場所を覚えなかったとしたら、設置場所や排泄環境に何らかの問題があるのかもしれません。 トイレは「静かな」「飼い主の目が届く場所」に設置 まず気をつけたいのが、トイレを設置する場所です。 猫のトイレは、静かで、臭いがこもらないような風通しの良い、エサ場からは離れたところに設置します。 「掃除がしやすいから」「臭いが気になるから」と、洗面所や廊下の奥など人目につかない場所にトイレを置きたい方もいらっしゃると思いますが、その場合は注意が必要です。 たとえば洗面所の場合、近くに洗濯機があると大きな音や振動がします。 猫は排泄中に驚かされると、その後トイレを使用することを怖がるようになります。 玄関先などの人通りが多い場所も、気が散ってしまうため嫌がるかもしれません。 飼い主さんがさりげなく観察できる場所に、トイレを設置しましょう。 また、全く人目につかないところも避けましょう。 1日何回おしっこをしたのか、うんちの状態はどうかなど、排泄の様子をチェックすることは、猫の健康管理をする上でも重要なポイントです。 徐々に生活ペースを掴んできたらトイレを移動させても良いですが、猫を迎え入れてすぐのときは、できるだけ飼い主の目が届く場所にトイレを置いた方が良いでしょう。 一戸建てなどで1階・2階と異なる階層に猫が移動する場合は、それぞれの階にトイレを用意してあげましょう。 複数の猫がいる場合は、トイレを多めに用意しておきましょう。 仮に1匹の猫が2つのトイレを使用してしまった場合、残された猫は他の猫の臭いがついたトイレは使用できず、部屋の中で粗相をしてしまう……といったことになりかねません。 何かあったときの「緊急用」として、猫の数より多いトイレを用意しておくと安心です。 トイレの失敗、原因は? なかなかトイレの場所を覚えなかったり、今まで上手にトイレが使えていたのに失敗するようになったら、何か原因があるのかもしれません。 【その1】泌尿器系のトラブル 膀胱炎などの泌尿器系のトラブルがあり、排泄がコントロールできなくなっている可能性があります。 成猫の平均的な排泄回数は、おしっこ1日2〜4回、うんち1日1〜2回程度です。 何度もトイレを使用していたり、排泄後も落ち着かない様子だったり、尿の量や色に異常があったら獣医さんにご相談ください。 猫の膀胱炎について、くわしくはこちらをご参照ください。 【その2】トイレの砂が変わった、気に入らない トイレの砂の種類を変えたり、また変えていない場合でも急にトイレの砂が気に入らなくなることがあります。 そのようなときはもう一つトイレを用意し、別の砂を入れて様子を見てください。 トイレの砂を変えるときは、最初のうちは古い砂を多少混ぜておくなど、徐々に切り替えていくほうが良いかもしれません。 【その3】トイレのサイズが合っていない 子猫のときに用意したトイレが、成長と共に窮屈になってしまい、使用しにくくなっているのかもしれません。 猫は、全体的にトイレは「大きめ」のサイズを好むとされています。 具体的には、猫の全長の1. 5倍以上が理想的です。 【その4】トイレが汚れている 猫はとてもきれい好きです。 自分の排泄物でも、トイレに残っているのが気に入らず、使用しなくなる場合があります。 猫が排泄したら、毎回おしっこやうんちを取り除いてあげるのが理想的ですが、難しい場合でも1日1回は掃除をしてください。 また、トイレそのものは、月に1回程度丸洗いし、砂を入れ替えるようにしましょう。 外出中などですぐにトイレの掃除ができない場合は、トイレを複数用意しておくと安心です。 猫は汚れているトイレを嫌がります。 すぐに掃除できないときは「予備」を用意しましょう。 【その5】別の場所をトイレだと認識してしまった 一度粗相をし、その場所に臭いが残ってしまうと、そこをトイレだと誤って認識してしまう場合があります。 粗相をした場所は臭いが残らないように、しっかりと掃除をしましょう。 【その6】発情中のスプレー行動 去勢をしていないオス猫の場合、発情すると尾を高く持ち上げて広範囲に尿を吹き付ける「スプレー行動」をとることがあります。 また去勢済みの場合でも、発情中のオス猫と接触することで触発され、スプレー行動に出る場合もあります。 去勢をしたり、発情中の猫に近づけないようにするとスプレー行動はおさまります。 よく食べて、しっかり排泄するのは健康の証。 愛猫が気持ちよく排泄できるようにするためには、飼い主さんがしっかりとお世話とお手入れをすることが、なにより大切ですね。 しっかりトイレトレーニングをして、愛猫と一緒に快適で清潔な生活を送りましょう!.

次の

猫がトイレ以外で粗相をしてしまう原因 [猫] All About

子猫 トイレ 失敗

注目されると猫も落ち着けない トイレ使用中は猫にとって一番無防備な瞬間です。 ですから猫トイレは、部屋の隅や柱や家具の陰など、猫が安心して落ち着ける場所に置いてください。 猫がトイレを使っている最中は、大きな音を立てたり、いきなり近寄ったり、呼びかけたりしないで、できるだけ無関心を装ってください。 トイレに入っている時に驚かされると、猫は安心してトイレが使えなくなり、他のところでの粗相の原因になることがあります。 迎え入れるのが幼い子猫であれば、最初は100円均一で購入できる水切りかごを3個ほど用意し、部屋の数カ所・猫が分かりやすい場所にトイレを置きます。 子猫はトイレの回数が多いですし、遊びに夢中になっているとトイレに間に合わないことがあります。 いつでも使えるトイレを猫がいる近くに用意してあげてください。 猫の成長と共に徐々に仮トイレの数を減らし、大きなトイレをセットします。 トイレの場所は一気に動かさず、少しずつずらして数日間かけセッティングしたい場所に誘導します。 広いお宅や1階2階など、いろんな階層に猫が行けるお宅には、何カ所かに猫トイレを設置してあげてください。 猫用トイレのタイプ 使用する猫砂が固まらないタイプの場合は、すのこが付いているもの、固まるタイプの場合は、すのこの付いていないものを選択します。 フードがあると、外観上直接目に触れないので同居人にはよいかもしれませんが、猫にはフードの中にニオイが隠りやすかったり、猫によってはフードが身体に触れるのを嫌がる子もいるので、猫の様子を観察してから決めた方がよいでしょう。 トイレは猫の身体に見合ったもので、大きめの方が猫には好まれるようです。 猫用トイレ砂の変更方法 よく猫砂を混ぜて、徐々に変更していきましょうとアドバイスされますが、固まる砂から固まらない砂へ変更したい場合などですと、トイレの形状も違いますし、混ぜてもあまり意味がないかも知れません。 ガイドとしては、今までのトイレの横に、新しいトイレ+トイレ砂を置いて、猫が新しいトイレを使えば古いトイレを片付けるという方式でOKだと思います。 以前使っていたものが細かい形状の猫砂で、新しい猫砂が大きなタイプであれば、猫は細かい形状のものを好んで使うことが多いので、そちらばかりを使用するかも知れません。 その場合は、以前使っていた猫砂をひとつまみだけ新しい猫砂に混ぜて、古い方をいきなり撤去しても問題なく新しいトイレを使ってくれる猫が多いです。 ただし、もし新しいトイレだけにして猫が1日トイレを使わない様子でしたら、トイレを我慢して膀胱炎などになると大変です。 すぐに古い方のトイレ+トイレ砂をセットしてください。 猫はキレイ好き!トイレ掃除はこまめに 猫はキレイ好き! キレイ好きの代表格として知られている猫ですから、たとえ自分が出したモノでも、それが残っている状態のトイレ使用を嫌がる猫がいます。 猫のトイレはいつも清潔にしてください。 猫にとっては、使用したらすぐに片付けてもらえるのが理想かも知れませんが、なかなかその対応が難しい時もあるでしょう。 なので、猫1頭にプラス1個の猫トイレがあれば、猫も納得してくれると思います。 トイレ以外での猫の粗相の原因 トイレ以外の場所で猫が粗相をした時は、その原因を探しましょう。 原因がわかれば、それを取り除き、猫が安心してトイレを使える環境を用意してあげてください。 トイレが汚れている 猫は非常にキレイ好き。 自分しか使っていない、たった1回しか使っていないトイレでも気に入らない猫がいます。 トイレはいつも清潔に保ってあげましょう。 トレイや砂の形状が気に入らなくなった 単純に、意味もなく今まで使っていたトイレの形や砂が気に入らなくなって、そのトイレを使わなくなる場合もあります。 トイレの数を増やして、今まで使用したことがない砂をいくつか用意してみてください。 トイレの場所が気に入らない トイレが落ち着いて使えない場所にあったり、トイレを使用中に何か不安を感じるような出来事が起きて、トイレ以外の場所を探すようになる場合があります。 トイレを使っている時の猫は非常に無防備です。 ですから、猫にとってトイレは一番安全で安心できる場所でなければいけません。 例えば、トレイをしている最中に近くに物が落ちたり、大きな声や物音がしたり、人がバタバタ足音を立てて近寄ってきたり……。 それだけで猫はその場所のそのトイレを使うことに不安を感じ、そのトイレを使いたがらなくなります。 猫がトイレを使っている時は、できるだけ見て見ぬふりを。 あまりオープンな場所ではなく、柱の影や家具の間などにトイレを置いた方が良いでしょう。 別の場所が気に入った トイレ以外で用を足した場所の感触が気に入ってしまう場合もあります。 お布団の上、乾いたばかりの洗濯物の上でしたらオシッコがす~っと吸い込まれて快適だったなど、猫らしい理由でその場所が気に入ってしまい、度々その場所をトイレとして使用することが。 お布団やタオルなど、一度オシッコされた物は猫が触れないようにするのがベストです。 水入れの中や洗面所など水の近くでトイレをする猫も多いです。 水辺でトイレをすると自分の臭いが消えるので、自分の存在を残したくないという本能的な行為かもしれません。 水入れをトイレに使われてしまったら水入れを地面から高く上げる、また洗面所などには入れないようにしてください。 病気の疑い 泌尿器系の病気によって粗相が始まることもあります。 獣医師にご相談ください。 性的な縄張り付け行動 もし粗相し始めた猫が不妊手術(去勢・避妊)をしていなければ、トイレ以外での粗相は性本能的なスプレー行為の可能性もあります。 不妊手術していない多くのオス猫は、交配相手を探すために自分がそこにいる印(臭い)を付けるスプレー行為をします。 これはそのオス猫の環境内に発情中のメス猫がいる場合、特に頻繁に行われます。 スプレー尿は通常のオシッコより数十倍アンモニア臭が強く、引っかけられた物によってはその臭いを取り去ることがかなり難しいです。 オス猫のスプレー行為は、ほとんどが通常のオシッコをする時のような腰を下ろしてではなく、腰を上げてシッポをピンと伸ばし、壁や家具に向かって飛ばすスタイルです。 しかし、腰を下ろしたオシッコスタイルでも、スプレー行為の場合があります。 様々な場所でスプレー行為をしますが、ウンチはトイレでする場合の方が多いようです。 スプレー行為はメス猫でもみられますが、メス猫はトイレ以外でウンチをすることが多いです。 性的成熟はその猫の個体差によってかなりの違いがありますが、一般的に短毛種は長毛種より性的成熟が早く、まだまだ子猫だと思っていてもスプレー行為を始めることがあります。 スプレー行為を始めるということは、もう子孫を作り出す本能が活発に活動を開始しているので、計画的な繁殖を考えていない場合は早急に獣医師と不妊手術の相談をしてください。 大抵の猫は、不妊手術をすればスプレー行為をやめますが、長く習慣化した後や、その猫の性的本能や縄張り意識が高い場合は、なかなかスプレー行為が止まらない場合もあります。 しかし、不妊手術をすれば、スプレーのきついアンモニア臭は半減しますので、少し掃除が楽になるでしょう。 縄張り(テリトリー)意識の強い猫 もともと縄張り意識が非常に強い猫のところに新しく猫が増えると、新しい猫に自分の縄張りを侵されると思い、粗相を始めることがあります。 これもスプレー行為。 この場合は、不妊手術を行っていてもスプレーが始まります。 同居し始めた猫が子猫の間は、スプレー行為をしなかったのに、その猫が成長してから行為が始まる場合もあります。 例えば、兄弟猫でもある日突然相手を自分の縄張りを侵す存在と意識し始め、スプレーする場合もあります。 同じ屋根の下に同居しなくても、猫が見える範囲の隣の家や、外の道路に見知らぬ猫見かけることでスプレー行為を始める猫もいます。 このスプレー行為は同居猫が同性・異性に関係なく行われます。 こういうタイプの猫は複数で飼うのが難しい性質といえるでしょう。 スプレー行為だけでなく、部屋の真ん中でウンチをし始めたりすると、その猫のストレスは最高潮に高まっているかもしれません。 このようなスプレー行為が始まってしまった猫は、そのうち大きなケンカをする可能性もあります。 一度大きなケンカをしてしまうと、その猫たちを同じスペースで飼うことは非常に危険です。 隣の猫や外を歩いている猫であれば、その存在が目に入らないようにすれば済みますが、同じ家の中で飼っている猫であれば、姿を見せないようにしても臭いや音でその存在を感じます。 可能であれば、そのような行為が始まってしまった猫は単頭で飼うことをお奨めします。 年齢による粗相 年齢による失禁などは、人間と同じように猫にも起こります。 猫がいつもいる場所の近くにトイレを置く、数を増やすなどの対応を。 加齢による腎疾患の可能性もありますので、獣医師の診察を受けてください。 人の気を引きたい猫 あまり留守をしたことのない飼い主が長時間家を空けた、仕事が忙しくて、他の夢中になる物(人)ができて猫をかまってやる時間がなかった……などなど。 猫と飼い主の関係がすれ違った時、猫は粗相して自分の欲求不満をぶつけてくることがあります。 猫のご機嫌が直るまで、今まで通り猫に奉仕しましょう。 原因不明の場合(お手上げ) 1頭飼いで周りに他の猫の影がなく、トイレはいつも清潔で複数個、病気の疑いもなく、猫の居住空間は広く、いつも同じ場所や物に粗相するわけでもなく……など、全く原因がわからないけど、トイレだけは使わない猫も存在します。 一時的にトイレが置けるほど余裕のある大きなケージなどに隔離すると、きちんとトイレを使い始めることがありますが、また部屋の中を自由にさせると別の場所で……。 こういうパターンは、残念ながらお手上げです。 猫が粗相をした時のしつけ方法 猫と仲良く暮らすためにもしつけは優しく 猫がトイレ以外の場所をカキカキし始めた瞬間であれば、優しく抱き上げトイレの中に連れて行くとそこでしてくれるでしょうが、一度オシッコが出始めると止めることはできません。 その時に大きな声を出したり、叱ったり体罰を加えると、猫はオシッコを我慢して病気になったり、人前では決してしなくなるかも知れません。 トイレ以外の場所でされてしまったら、その場で叱らず、し終わってから優しく抱き上げ、「トイレはこっちだよ」と話しかけながらつれてきましょう。 一度粗相をした場所は人間にはわからなくてもニオイが残りますので、洗えるものだったら徹底的に洗濯、または捨ててしまった方が無難かも知れません。 何度も同じ場所で粗相を繰り返す場合は、そこにトイレを置くか、猫の食事場所にして様子をみてください。 そのほか、洗濯したてのものに粗相するのは自分のニオイがなくなっているのが不安なのかもしれません。 洗濯物をさっさと片付ければよいですが、できなければ自分が着用している服などをその上に置くと粗相しなくなることもあります。 ガイドの猫砂遍歴と使用感 様々なタイプの猫砂が販売されていますので、どの砂を選べばよいか迷われるかも知れません。 ガイドも今まで様々な猫砂を試してきました。 皆様の参考になるかどうかわかりませんが、ガイド宅の猫砂遍歴を書いてみます。 ガイドが猫と暮らし始めたのは今から40年以上前……。 その当時に、猫トイレ・猫砂という商品が販売されていたかどうか記憶が定かではないのですが、我が家ではお煎餅が入っていた平たい大きな空き缶に新聞紙を敷いて、その上に細かくちぎった新聞紙を入れたトイレを使っていました。 当時同居していた猫は、問題なく新聞紙トイレを使ってくれていましたが、かなり強いニオイが発生し、今になって思うと猫も不愉快だったんじゃないかなと陳謝です。 その後は、長く鉱物系の細かい形状の固まるタイプの猫砂を使いました。 ぎゅっと固まり片付けやすい、ニオイが(新聞紙に比べると)少ない、そして猫にとっては一番好ましい形状の猫砂なので猫は使用感がよかったでしょうが、同居する方としては……。 袋から砂をトイレに入れると、もうもうと立ち上る砂の粉、猫の手足について外に飛び散る砂、トイレを盛大にかき回すのが好きな子は1回トイレを使うたびに砂を半分くらいトイレの外にかき出す、などなど。 そして、この鉱物系の砂は非常に重くて、購入して持ち帰るのもゴミの日も筋肉痛に……。 もっと他によい商品はないか?と猫砂ジプシーを繰り返しました。 シリカゲルの砂は、丸い形状のものが多いので部屋の中の砂の飛び散りが多い、またオシッコをした時にパチパチッと音が出て、それに驚く猫がいたので却下。 洗える砂は経済的でエコと試しましたが、毎日洗って天日干しができればよいですが、曇りや雨が続くと使用済みの砂がたまってしまい、そのうち庭石になってしまいました。 紙の砂、木の砂は、我が家の猫がメインクーンという大型の長毛種なので一度で懲りました。 というのも、紙や木の砂は軽いので購入時はよいのですが、大きな猫がトイレでかき回すとあっという間に外に飛び出してしまう、そして、砂が静電気で長毛の毛にまとわりついて、なんでこんなところにまで砂が落ちてるの?という場所まで砂をばらまくなど、うちの猫には向いていなかったのです。 オカラの砂は、オカラの砂のニオイをわたしが生理的に受け付けずNG。 猫砂を発売しているメーカーは、猫の排泄物のニオイ軽減に対応した商品をたくさん開発していますが、わたしにとってはニオイ以前に、猫がかき回しても砂が外にこぼれにくい、ある程度以上の重量と砂の粒の大きさの商品を待ち望んでいました。 そして近年、木のチップ、シリカゲルなどを原料とするサンドが発売されて、現在はこのタイプをメインに使用しています。 どちらの商品も大きめの粒で散らばりが少なく、散らばっても粒が大きいと掃除しやすい、オシッコは透過し下のマットやシーツにたまるので汚れたら交換、ウンチはビニール袋で拾い捨てるだけ、ニオイも気にならずとても使いやすいです。 猫的には、本当は細かい砂状の猫砂が一番好みだと思いますが、この大きめの粒でも馴れてしまえば違和感なく使ってくれています。 番外編として、猫の中には砂がないトイレを好むタイプもいて、我が家にはペットシーツだけのトイレも設置してあります。 1回使って汚れると他の子が嫌がるので、そのたびに交換しなければなりませんが、このペットシーツだけのトイレにたどり着くまでには試行錯誤がありました。 我が家の1頭がある日、突然床の上でオシッコするようになったのです。 砂が気に入らないのか、と他のものを試してみましたが、つるつるの床をペシペシかくと、そこに座ってじょわ~~。 これはコマッタ! で、その床にペットシーツを敷くと、その上でしてくれます。 もしかして砂がイヤなのか?とトイレにペットシーツだけを敷いておくと、無事にその中でしてくれるようになり解決。 猫のトイレ哲学は様々ですが、こういうタイプの猫もいるようです。 猫は基本的に決まった場所で排泄する習慣のある動物ですが、外の猫を観察していると、必ずしも決まった場所をトイレとして使っているとは限りません。 猫のトイレトラブルの相談をよくいただきますが、置く場所を変えたり、砂やトイレを変えてもトイレ以外での粗相が治らない時は……その猫は特別頑固なトイレ哲学を持っているのかも知れないし、また何らかの理由でトイレの存在を拒否するようになったのかも。 猫特有の気まぐれ・その日の気分など、人間的な発想や思考で考えても理解できない理由があるのかも知れません。 なんにしても、一度トイレをした時に気持ちがよいを感じた場所では何度もしますので、もともとの猫トイレがその猫にとって使用感の良いものであれば、そこを使い続けてくれるはずです。 まずはトイレを清潔に!です。 【関連記事】•

次の

子猫がトイレを失敗するのは綺麗好きのせい!原因別の対処法

子猫 トイレ 失敗

子猫を家に迎え入れたらしなくてはいけないことはたくさんありますが、トイレトレーニングもその一つです。 子猫のトイレトレーニングは比較的簡単だといわれていますが、そうはいっても失敗するときもあります。 なかなかトイレがうまくいかなくて失敗ばかりというのは何が原因なのかを探ってみました。 原因がわかると対処法も自ずとわかってきますよね。 スポンサーリンク 子猫がトイレを失敗するのは? 子猫がトイレを失敗するにはこんなわけが! 子猫を飼う上で大切なものの一つにトイレトレーニングがあります。 長く一緒に生活していくのですから、トイレはきちんと決められたところでしてもらいたいものですよね。 子猫を家に迎え入れたときの基本のしつけは、トイレを教えてあげることですよ。 そうはいっても子猫も早い時期でしたら、なかなかうまくトイレでしてくれません。 トイレ以外でそそうをする子猫も少なくないんですよ。 トイレのしつけに失敗する原因を知ることで、トイレトレーニングもうまくいくようになります。 子猫のトイレのしつけは難しい? 失敗と聞くと子猫のトイレのしつけは難しいのでは…と思いがちです。 しかし、子猫は賢くてきれい好きですから、トイレのしつけはスムーズにいくはずなんです。 それでも、いきなり最初からうまくはいかないですよね。 もっとも、子猫の習性として、排泄行為自体、子猫本人もわりとデリケートに捉えているんです。 ですから、子猫の習性を利用することでトイレトレーニングは簡単に教えてあげることができるんですよ。 子猫は神経質なんです ペットショップから買ってきた子猫でしたら、すでにトイレを覚えている場合が多いです。 特に生後3ヵ月くらいの子猫の場合はペットショップですでにトイレのしつけは終わっていると考えていいでしょう。 ペットショップもそういった面がアピールポイントになりますから頑張ってしつけを終わっているはずですよ。 もっとも、トイレのしつけができていたとしても、環境が変わればやっぱり子猫の気持ちも変わってきますから、トイレがうまくできないこともあります。 子猫って結構神経質なんですよね。 トイレの場所が問題のことも トイレを置く場所も考えてみたほうがいいですよ。 環境が変わって神経質になっているはずなので、トイレの場所はふだん家族が使わない場所か通り道ではないところがベストです。 できるだけ静かで物音がしないようなところが良いです。 うちの場合も子猫を迎えたときに、トイレがなかなかうまくいきませんでした。 野良の場合もペットショップから迎えた場合も同じでしたね。 ペットショップからの子猫はトイレトレーニングも終わっていたのですが、最初はやはり慣れていなかったのかなかなかトイレでしてくれなかったんですよ。 むしろ野良の子猫のほうが慣れるのが早かったですね。 生後まもなくだったので、物怖じしない性格だったのが幸いしたのかもしれません。 綺麗好きだということも覚えておいて 子猫は綺麗好きなんですよ。 子猫がトイレを失敗するときは、トイレの掃除が行き届いていない場合も多いんです。 子猫は汚れたトイレでは排泄しようとしません。 これはわたしも経験済みですから、間違いありません。 トイレに前のうんこがあったらそこでしないという徹底ぶりですからね。 これは子猫の性格によるものなのかなって思うときもあるんですけど、ネットなどでトイレに失敗している人たちの体験談を読んでいたらやっぱり、トイレの掃除をおろそかにしている人たちが多いんだなと思いました。 子猫がトイレを覚えるまで、その子猫のうんこのニオイをつけておくことも必要です。 覚えたようでしたら、うんこするごとに綺麗にトイレの掃除をするようにしましょう。 スポンサーリンク トイレの数は一つ以上用意する? これも体験談になるのですが、トイレの数は猫の数プラス1くらい用意したほうがいいようです。 猫をいくら飼っていてもトイレは1カ所で良いのでは?って思いますよね。 人間だって共用して使っているんですから。 それが子猫の場合はそうでもないんですよ。 というのも自分専用にしておきたいようなんです。 ですから、子猫を多頭飼いする場合は、猫の数だけトイレを用意したほうがいいってことですよ。 さらに子猫の数プラスもう一つトイレを用意しておきましょう。 これは予備ってことですね。 トイレがあるのにうろうろしている トイレを用意しているのにウロウロそわそわしている子猫はトイレを認識していないときですよ。 ですから、そんな様子をしているときがチャンスですから、トイレにつれていきましょう。 子犬の場合はトイレができたら褒めるのですけど、子猫の場合は褒めなくてもいいんですよ。 こういうところがおもしろいですよね。 子猫がトイレ以外でした場合 最初の頃はトイレも失敗ばかりかもしれません。 慣れていないのですから当然ですね。 それでも子猫の場合は慣れていないだけで、トイレもすぐに理解してくれますからそれほど心配しなくてもいいです。 うんこはすぐに処分した方がいいですが、慣れるまではおしっこのにおいはトイレに染みこませておくのがポイントですね。 ですから、トイレを失敗する場合は、トイレ掃除にあることが多いんですよ。 綺麗にしすぎでにおいをなくしてしまっては子猫も困ってしまうんです。 だからといって汚れすぎていては子猫も嫌がりますから、こういうところが難しいんですよね。 トイレの失敗が続くときは 子猫のトイレが失敗続きとなる場合は、飼い主さんの忍耐が試されるときですよね。 必ずうまくいくので焦らないことが肝心ですよ。 うまくいかないときは猫砂を変えたり、トイレの場所を変えたり、消臭剤を使ってみたりいろいろなことをしたくなります。 しかし、慣れていなことのほうが多く、これからのことを考えると飼い主が子猫に歩み寄るというよりも子猫が今の環境に慣れてくれるほうが、飼い主さんも楽ですからね。 トイレの失敗が続くときは飼い主さんも、ここが我慢のしどころだと思って落ち着いて対処してください。 きっと子猫もトイレを理解してくれて、うまくしてくれるようになりますよ。 スポンサーリンク - , , ,.

次の