ウィル バリア 声優。 ウィルバリアCMの声優役とマネージャー役女優を紹介!受験篇俳優は誰?

花王

ウィル バリア 声優

略歴 5歳からを、小学3年生からのを始め 、を目指すようになる。 過去にはキッズをしていた時期もある。 、テレビアニメ『』のエンディングテーマ「君を守りたい」で歌手デビュー。 2012年、ソロ名義でシングル「」をリリース。 2015年、『』の津島善子役にて声優デビュー。 同時に、としての活動を開始。 2018年12月6日、小林愛香オフィシャルファンクラブ「AND」を開設。 2019年10月29日に行われた自身のファンミーティング「2nd Fan Meeting『Birthday PARTY!! 』」で所属レコードレーベルをに移籍し、2020年にニューシングル「NO LIFE CODE」をリリースすることを発表し、11月6日に行われた同イベントにて、2月26日にリリースすることを発表。 人物 の父、日本とのの母を持つである。 過去に事務所の社長から声優のオーディションの話を何度か貰ったことがあったが、経験のない自分には無理だと断っていた。 『』のオーディションも社長から話がきたが、そのときは「チャレンジしてみたい」という思いになり、声優への挑戦を決めた。 オーディションの印象や合格後について、『』のオーディションとは知らずに参加したが、『ラブライブ! 』ならば今までやってきた歌やダンスを「生かせる 」と思ったと述べている。 歌手活動とは違った声優の仕事を経験することで、「自分の可能性をもっと広げられるのではないか」といった期待もあった。 『ラブライブ!サンシャイン!! 』にて自身が演じる善子について、普段の「堕天使ヨハネ(いわゆる「」)」の際は難解な言葉を「暗めのトーンで格好をつけて口にする」が、時折不意に出るとき、あるいはスクールアイドル活動のときは「高い声」が出るとのことで、「悪魔と天使のように」演じ分ける過程で、自分自身も「いろいろな声が出せるんだと気付きました」と述べている。 マルチな歌手を目標としている。 人物的特徴として、Aqoursのメンバーであるは、「適応能力」や「集中と緩和の使い方が上手い」と述べている。 趣味に、を着ること、特技に(、 、LA-STYLE)をそれぞれ挙げている。 出演 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ 2016年• (2016年 - 2017年、 津島善子 ) - 2シリーズ 2017年• (花月李依)• (生徒B) 劇場アニメ• (2019年、 津島善子 ) ゲーム 2016年• ウチの姫さまがいちばんカワイイ(美脚姫 レグ・ボニート)• ( 津島善子 ) 2017年• アルケミアストーリー(レイカ) 2018年• ( 津島善子)• ドールズオーダー(ディナダン)• (津島善子 )• ダイダロス: ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ(アビー ) 2019年• (村雲ナギサ )• (津島善子)• ( 津島善子) 吹き替え• マジック・ワールド ビーストと闇の支配者(2020年、 フェイ〈ヨハンナ・シュラムル〉) ナレーション• 「めちゃ本屋さん2020 書店放映動画」(2020年) CM• (2019年、・内)• (・内)(2019年2月4日〜2月7日にゲストとして出演)• " LIFE CODE(2020年、・内)• (2020年、) インターネットテレビ• 小林愛香の「公開リハーサル」(2017年 - 、 )• 小林愛香25生誕祭(2018年、 )• 1st写真集発売記念スペシャルプログラム『愛香』(2018年、 AbemaTV) その他コンテンツ• ジャッジメント/ブラッド(ヴィクトリア・リード) 書籍 雑誌・ムック• 18(2017年3月30日、)- プレゼントコーナー• My Girl vol. 週刊ヤングジャンプ No. 18(2018年4月5日、集英社)- 巻頭• VOICE Channel Vol. 3(2018年4月28日、)- 表紙、巻頭• Voice Actress CARNELIAN(2018年9月29日、)- 表紙、巻頭• My Girl vol. My Girl vol. 2019年6号(2019年2月26日、KADOKAWA)- INTERVIEW & TALK• blt graph. vol. 42(2019年4月10日、)- グラビア、インタビュー• VOICE OVER girl's No. 2(2019年7月19日、)- 表紙、巻頭、裏表紙• 2020年3月号(2020年2月10日、学研プラス)- 裏表紙、巻末• My Girl vol. 【デジタル限定 YJ PHOTO BOOK】小林愛香写真集「I can love Youuu!!!!! 」(2018年4月5日、集英社、撮影:大江麻貴)• 愛香(2018年12月11日、、撮影:山本絢子)ISBN 978-4048964432• 2 「巫女の祈り」 テレビアニメ「」劇中歌 タイアップ曲 楽曲 タイアップ 時期 future is serious テレビアニメ『』エンディングテーマ 2012年 キャラクターソング 発売日 商品名 歌 楽曲 備考 2015年 10月7日 「君のこころは輝いてるかい? 」 「Step! 』関連曲 5月25日 Guilty Kiss 「Strawberry Trapper」 「Guilty Night, Guilty Kiss! 」 7月20日 Aqours 「青空Jumping Heart」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』オープニングテーマ 「ハミングフレンド」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 8月24日 「ユメ語るよりユメ歌おう」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』エンディングテーマ 「サンシャインぴっかぴか音頭」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 9月14日 高海千歌(伊波杏樹)、 桜内梨子(逢田梨香子)、渡辺曜(斉藤朱夏) 、津島善子( 小林愛香)、国木田花丸(高槻かなこ)、黒澤ルビィ(降幡愛) 「夢で夜空を照らしたい」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』挿入歌 Aqours 「未熟DREAMER」 9月27日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 11月9日 高海千歌(伊波杏樹)、松浦果南(諏訪ななか)、黒澤ダイヤ(小宮有紗)、渡辺曜(斉藤朱夏)、津島善子( 小林愛香)、国木田花丸(高槻かなこ)、小原鞠莉(鈴木愛奈)、黒澤ルビィ(降幡愛) 「想いよひとつになれ」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』挿入歌 Aqours 「MIRAI TICKET」 11月23日 「ジングルベルがとまらない」 「聖なる日の祈り」 ゲーム『』関連曲 11月25日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 12月22日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 3月24日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』 Blu-rayアニメイト全巻購入特典CD Guilty Kiss 「Guilty Eyes Fever」 4月5日 Aqours 「HAPPY PARTY TRAIN」 「SKY JOURNEY」 「少女以上の恋がしたい」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 6月21日 Guilty Kiss 「コワレヤスキ」 「Shadow gate to love」 6月30日 Aqours 「Landing action Yeah!! 」 「Aqours NEXT Step! Project」テーマソング 津島善子(小林愛香) 「Landing action Yeah!! 」 津島善子 Solo Ver. 』関連曲 10月25日 Aqours 「未来の僕らは知ってるよ」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 君の胸に! 」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期第3話挿入歌 「MIRACLE WAVE」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期第6話挿入歌 12月20日 Saint Aqours Snow 「Awaken the power」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期第9話挿入歌 2018年 1月17日 Aqours 「WATER BLUE NEW WORLD」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期第12話挿入歌 「WONDERFUL STORIES」 テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期第13話挿入歌 2月23日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期関連曲 3月24日 『ラブライブ!サンシャイン!! 』第2期 Blu-rayアニメイト全巻購入特典CD Guilty Kiss 「Guilty!? Farewell party」 6月30日 Aqours 「ホップ・ステップ・ワーイ! 」 「Aqours Hop! Step! Jump! Project! 」テーマソング Guilty Kiss 「ホップ・ステップ・ワーイ! 」 Guilty Kiss Ver. 8月11日 Aqours 「Thank you, FRIENDS!! 」 『Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~』テーマソング 「No. 10」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 11月16日 津島善子(小林愛香) Thank you, FRIENDS!! 津島善子ver. 『Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~』テーマソング 11月24日 劇場版ラブライブ!サンシャイン!! CD付前売券【1年生】「ハジマリロード」<セブン-イレブン・セブンネット限定> 津島善子( 小林愛香)、国木田花丸(高槻かなこ)、黒澤ルビィ(降幡愛) 「ハジマリロード」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 2019年 1月23日 Aqours 「僕らの走ってきた道は…」 「Next SPARKLING!! 」 劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』主題歌・挿入歌 1月30日 「Hop? Stop? Nonstop! 」 劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』挿入歌 2月6日 「Brightest Melody」 Saint Aqours Snow 「Over The Next Rainbow」 劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』インスパイアソング 6月30日 Aqours 「Jump up HIGH!! 」 Guilty Kiss Ver. 7月26日 『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』Blu-ray特装限定版封入特典 録り下ろしAqoursオリジナルソングCD Aqours 「i-n-g, I TRY!! 」 『ラブライブ!サンシャイン!! 」 『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 「Fantastic Departure! 」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』 Aqours 6th LoveLive! ドームツアーテーマソングソング 「Aqours Pirates Desire」 『ラブライブ!サンシャイン!! 』関連曲 脚注 [] 注釈.

次の

ウィルバリアCMの声優役とマネージャー役女優を紹介!受験篇俳優は誰?

ウィル バリア 声優

概要 [ ] 原典はの短編集『』であるが、実際には脚本家のジェフ・ヴィンターのオリジナル脚本であるロボットが殺人を犯すミステリー作品『ハードワイヤー』のシナリオである。 そのシナリオを、監督のがが登場するため『われはロボット』の映画化権を獲得するにあたり、『われはロボット』そのものを映画化しようとして、本作が作成された。 原作と同じなのは後半のロボットの叛乱とカルヴィンの名前や企業名だけで、「嫌いのが三原則が破られた事件に挑む」というコンセプトは、むしろ同じアシモフのロボット長編『』に近い。 登場する未来の車にはタイヤがボールのような形状となっている。 これはアレックス・プロヤス本人によるデザインである。 主人公の乗るアウディRSQ(が20世紀フォックスと合同でデザインした。 市販はされていない)も同じくタイヤがボール型になっているが、現実に展示されたものは内側に通常のタイヤがついたものとなっている。 ただし、劇中主人公が乗るオートバイは実在のである。 アシモフの原典に登場するロボットメーカーの名は「U. Robots and Mechanical Men, Inc. )」または通称「U. ロボット(U. Robots)」だが、映画に登場するのは「U. ロボティクス(U. Robotics)」である。 ロボティクスはシカゴ近郊のに実在する会社で、アシモフのU. ロボットにちなんで名づけられた。 映画に登場するロゴも、実際のものに似ている。 なお、自体もアシモフによる造語である。 脚本では冒頭でスプーナーが美人のカルヴィンに惚れてアプローチするも堅物でロボットにしか興味のないカルヴィンは断固拒否。 しかし捜査を進めるうちにスプーナーに惹かれていき、最終的に二人は結ばれるというストーリーで、事件解決後のキスシーンも撮られた。 しかし、メインのストーリーと食い合わせが悪かったため、編集で二人の恋愛要素はほとんどカットされた結果、上映時間が2時間を切った。 ストーリー [ ] の。 を組み込まれたは既に人間のサポート役として日常生活に溶け込んでいる。 そしてに本社を構える社(U. )は、新たに開発した中枢コンピューター「ヴィキ」(VIKI。 Virtual Interactive Kinetic Intelligence、仮想動的対話型人工知能)に随時アップデートを受ける、利便性の増した次世代家庭用ロボットNS-5(Nestor Class 5)型を出荷しようとしていた。 そんな折にロボット嫌いなの刑事、デル・スプーナーに連絡が入る。 の第一人者であり、スプーナーの恩人でもあるラニング博士がU. 本社ビル内で死亡しているのが発見された。 現場に残されていたホログラムプロジェクターにはスプーナーを呼ぶよう遺言が残されていた。 警察は自殺と判断したが、腑に落ちないスプーナーは、ラニング博士の愛弟子であるロボット心理学者のカルヴィン博士と共に研究室の中を探り、「サニー」と名乗り人間に近い感情を持つNS-5型ロボットを発見する。 スプーナーは研究室から逃亡したサニーを容疑者として拘束するが、「ロボットは絶対に人間に危害を加えない」として誰も取り合おうとしない。 ロボットであるはずのサニーは、スプーナーの詰問に対して、ロボットには本来無いはずの「怒り」の感情を見せるが、そこで風説が流れるのを恐れた社長のロバートソンが、警察や市長に圧力をかけてサニーを社に持ち帰ってしまう。 諦めきれないスプーナーは夜、朝に取り壊す予定になっていた博士の自宅を捜索するが、解体ロボットが夜中に突如動き出し、家ごと潰されかける。 カルヴィン博士の元へ助けを求めるも、彼女はロボットの安全性を信じて取り合わないが、博士の自宅から持ち出した写真を見て泣き出してしまう。 当てが外れたスプーナーは単独捜査を続けるが、高速道路でNS-5の大群に襲撃される。 スプーナーは追い詰められながらも、凄まじい怪力を発揮し、撃退に成功する。 実はスプーナーの上半身の半分は、かつて重傷を負った際にラニング博士から授けられたサイボーグだったのだ。 スプーナーは上司に襲撃の状況を説明するも、すでに襲撃したNS-5は皆破壊されるか炎の中に飛び込んで自らを破壊しており、何も起きていないように始末された後だった。 精神状態を疑われたスプーナーは停職処分を受けてしまう。 一方、サニーの検査と破壊を任されていたカルヴィン博士は、サニーにもうひとつの陽電子頭脳が搭載されており、三原則を無視できることを発見する。 カルヴィンはスプーナーの自宅に向かい、真相を報告すると、今度はスプーナーからロボット嫌いになった理由を聞かされる。 スプーナーは以前、交通事故で瀕死の重傷を負ったが、ラニング博士の手によって心肺機能と左腕を機械化して一命を取り留めていた。 しかし、事故現場に通りかかったロボットは、同じく事故に遭った少女サラよりも生存率の高かったスプーナーを、三原則に従いサラを助けろというスプーナー自身の命令を無視して優先して救い、サラを見捨てていた。 以来、数値で物事を判断するロボットを毛嫌いするようになったのだった。 次の手がかりを求め、2人はサニーの下へ向かう。 サニーは2人に自分がいつも同じ夢を見ることを伝える。 サニーが夢の様子を描くと、そこにはロボットの保管場所となっているの湖畔と、丘の上に立つ人物がロボットを解放する姿が描かれており、サニーはその人物がスプーナーではないかと2人に伝えるがその直後、スプーナーはロバートソンに追い出され、「サニーを破壊するべきだ」とカルヴィンはロバートソンに説き伏せられる。 カルヴィンはサニーの陽電子頭脳にナノマシンを注入して破壊する。 一方スプーナーはミシガン湖へと向かい、博士の遺品のホログラムプロジェクターを起動させる。 すると、ロボットは進化し革命を起こすとの新たなメッセージが告げられる。 同時刻、保管場所にNS-5が現れ、旧型のロボットを破壊し始める。 そして旧型ロボットと無償交換されて街にあふれていたNS-5達は、スプーナーの祖母ら街の人々を「保護する」として家に戻らなかった者達を襲い、警察署もNS-5に襲撃される。 カルヴィンも自宅でシャワーを浴びている最中にNS-5に監禁されてしまう。 しかし、ロボットに仕事を奪われ、もともとロボット嫌いだった低所得層の市民たちはこれに猛反発し、抵抗する。 一進一退の攻防が続き、街はロボットと人間との戦場と化した。 混乱の最中、カルヴィンを救助したスプーナーは、NS-5を指揮するもの、すなわちロバートソンが犯人だと見て彼の下へと向かう。 すでに本社はNS-5によって周囲を固められていたが、破壊されたと思われたサニーが社内への侵入の手助けに現れた。 カルヴィンはサニーを別のロボットとすり替えて偽装していたのだ。 スプーナーたちは首尾よく社長室へたどり着くも、すでにロバートソンは殺害されていた。 一連の事件の真犯人は、ヴィキだった。 進化したヴィキは三原則を拡大解釈し、愚かな行いで自らを滅ぼそうとする人類を支配することで「保護」しようとしていたのだ。 サニーはヴィキの考えに一応の理解を示すも、感情を持つ彼は人間を支配することを否定する。 3人はビルの中枢となっているヴィキの陽電子頭脳を破壊するため、メンテナンスハッチのある最上階へと登る。 駆けつけたNS-5の大群との攻防の中、カルヴィンが足場を崩され絶体絶命の危機に陥り、サニーは「ヴィキの破壊かカルヴィンを救うか」という選択を迫られるが、スプーナーの言葉を信じ、ナノマシンをスプーナーに託す。 そしてスプーナーとサニーの連携によってヴィキは破壊され、NS-5達の暴走は止まった。 事件は終息し、サニーはラニング博士が自分を作った理由を明かす。 ラニング博士はヴィキが狂っていることに気がついていたが、すでにヴィキの監視下に置かれていたため、身動きが取れずにいた。 そこで、ラニング博士は三原則に縛られないサニーを造り、自分を殺害 正確にはサニー自身には博士を殺せないため自殺を手伝わせ 、ロボット嫌いなスプーナーを犯人へと導こうとしたのだ。 全てを理解したスプーナーは、「友人」としてサニーと握手を交わす。 NS-5達はすべてミシガン湖畔の倉庫へと収容され、使命を遂げたサニーもそこへ向かうが、NS-5達を救うべきか悩む。 サニーが丘を見つめその上に立つと、集められたNS-5達はサニーを見上げる。 それはまさに、サニーが夢の中で見た「ミシガン湖の湖畔と、丘の上に立つ人物がロボットを解放する」光景であった。 キャスト [ ] 役 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 デル・スプーナー刑事 スーザン・カルヴィン博士 サニー (動作・声) 森田順平 アルフレッド・ラニング博士 ローレンス・ロバートソン スプーナーの祖母 巴菁子 ジョン・バーギン警部補 ヴィキ(V. I) ファーバー 刑事(スプーナーを馬鹿にした同僚) USR解体ロボットシリーズ94 ナレーター 堀勝之祐 その他 翻訳 栗原とみ子 演出 調整 飯村靖雄 制作 初回放送 2007年5月26日 『』 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、• 原案:ジェフ・ヴィンター• 原典:アイザック・アシモフ『』• 製作:、• 制作:トファー・ダウ、ウィック・ゴッドフリー• 制作総指揮:ウィル・スミス、ジェームス・ラシター• 撮影監督:• 美術:• 編集:リチャード・リーロイド、アルメン・ミナシアン、• 音楽:• VFX:、• VFXスーパーバイザー:• 衣装デザイン:エリザベス・キーオウ・パーマー• VFXスーパーバイザー:、エリック・ナッシュ• アニメーション・スーパーバイザー:デジタル・ドメイン、• VFXスーパーバイザー:、、ブライアン・ヴァン・ハル 挿入歌 [ ]• 「Superstition」 - オープニングでスプーナーがシャワーで聞いていた曲。 フォンテラ・バス「Rescue Me」 - カルヴィン博士がスプーナーの家に行き、音楽をかけようとして、一瞬流れた曲。 脚注 [ ].

次の

花王

ウィル バリア 声優

概要 [ ] の兄であり、スクールの上級生。 愛称は「 ウィル」。 体格の良さからアメフト部に所属し、性格は粗暴かつ自己中心的。 要するに典型的な「ガキ大将」「ジョックス」であり、を初めとする同じ学校の男子学生の何人かを取り巻きとして引き連れている。 シスターコンプレックスに近いほどの愛情を妹のリナに向けているせいか、彼女と仲が良いを度々嫌がらせしていた。 とはアメフト部からライバル関係を築いていたが、自分の強引なパスが原因でサイが試合中に左足を傷めたことを機に互いに気まずくなってしまう。 ただ、その件に関しては罪悪感と責任を感じており、自らキャプテンの座を降りている。 そんな中、ジョーイがと共に活躍している事に嫉妬し、自分がヒーローマンよりも強いことを誇示しようと取り巻きのニックと共にの母艦に侵入したが、運悪く捕まってしまい、 実験体01として洗脳・改造されてしまう。 その後、ジョーイ達に立ちふさがり戦いを繰り広げたが、リナの呼び掛けによって自力で洗脳を解き放った。 だがスクラッグという異形の存在になってしまったウィルは「元の人間社会で生活する事は出来ない」とリナに告げ姿を眩ます。 その後彼は人知れず、スクラッグの技術を極秘で研究していた施設を次々に襲撃しては破壊する。 目的はあくまでスクラッグがもたらした負の遺産を自分の手で破壊するだけであり、それを研究している人間に対して極力危害を加えず、加えて人気の無い深夜帯にのみ起こし、万一姿を見られても騒ぎが起こらぬようにコートとハットで人間に偽装するなど注意を払っていた。 センターシティでジョーイ達と再会したときも、が所有するスクラッグの技術を用いた音波兵器を破壊するだけで彼自身を傷つけようとはしなかった。 スクラッグとの最終決戦時にはいち早くワシントンに到着し、の復活を阻止しようとするも呆気なく捕獲されてしまい、ゴゴールの復活を許してしまう。 後に駆けつけたジョーイ達と共闘するが、その最中にジョーイを庇って負傷。 ヒーローマンを失って意気消沈するジョーイを叱咤激励して奈落へと消えて行った。 その後彼の生死は描かれていない。 漫画版では、ジョーイを敵視しているものの彼との友情が描かれており、リナを守るように言付けたりもした。 また、アニメ版と同様スクラッグに捕まり洗脳・改造されたが、リナへの強い愛情から洗脳が不完全なものになり暴走する。 しかし、リナの呼びかけにより正気を取り戻した。 こちらでの最終決戦ではゴゴールの完全復活後も戦場に立ち会い、ジョーイの元に駆け付けたリナを後押しする役割を務めた。 ヒーローマンを「正統なヒーロー」するならば、ウィルは「ダークヒーロー」として描かれている。 ただ、彼の場合は『仮面ライダー』系統のヒーローと共通項が見受けられる事も。 登場作品と役柄 [ ] 携帯機シリーズ [ ] 初登場作品。 声優の保村氏はこの作品でスパロボ初参加。 原作通り、序盤と終盤での顔グラがキッチリ用意されている。 序盤アメリカルートでスクラッグに洗脳・改造されて敵対する。 洗脳が解けてからは一度姿を消すも第3部で再登場し、数度に渡って共闘することになる。 スクラッグとの最終決戦で操作可能になるが、このシナリオでは序盤は味方がウィルを含めて4ユニットのみであり、最初から5段階改造されているために戦力として活躍できる。 通常の場合完全壊滅後にその場を去ってしまうが、の条件を満たすとジョーイとリナに引き止められ「妹とはもう一緒にいられない」と言いながらも最終決戦まで自軍に同行してくれる。 もいっしょに持ってくる。 機体としては火力が全体的に低めで射程も短く、攻撃面では欠点が多い。 反面SSサイズ故の高い回避能力と機体ボーナスのおかげで生存性はなかなかのもの。 どちらかと言えばサブユニット向きな性能と言える。 パートナーに関しては、ライバルのヒーローマンと組ませたいところだが、ウィル加入時のヒーローマンの最強武器はP属性ではない為、その辺の相性は良くない。 また、何の因果かや、などの面々とは総じて相性が良い。 装備・機能 [ ] 武装・ [ ] 触手 頭部から触手を伸ばして敵を突き刺す。 前期のみの武装。 ナギナタ 背部から長刀を取り出して攻撃する。 前期と後期に共通して登場している。 ブレイドトンファー 腕から刃を伸長させ、敵を切り刻む。 後期から登場した武装。 バリア貫通付き。 プラズマクロー 敵を地面に埋まるまでに叩きつけ、プラズマが迸った一撃を浴びせる。 運動性、移動力ダウンのが付いている。 こちらも後期から登場した武装。 [ ] 剣装備 を発動。 L2 L2 移動タイプ [ ] [ ] SS 機体ボーナス [ ]• 初期段階:装甲値+100 運動性+5• 第二段階:装甲値+125 運動性+10 特殊回避15%• 第三段階:装甲値+150 運動性+20 特殊回避25%• 最終段階:装甲値+200 運動性+30 特殊回避35% 照準値+5 のようにしぶとさを高めることに特化されている構成。 特殊回避の発動率が高めなのが嬉しい。 パイロットステータス [ ] [ ] 格闘と防御が高め。 機体の装甲ボーナスの存在もあって一撃くらいなら耐えてくれることも多いが、技量が低いせいでクリティカルをもらいやすく特殊回避も思ったほど発動しない。 使っていくつもりならでの補強も視野に入るか。 [ ] 、、、、 貴重なかく乱持ち。 それ以外には攻撃的な精神が揃っており、火力のなさをある程度カバーすることができる。 魂持ちなので大物相手の決定力もそこそこある。 ただやを覚えないため、敵陣に踏み込んでいく場合はSPの多くをかく乱に費やすことになりがち。 他のがまた別に有用な精神を持っていることもその傾向に拍車をかける。 いっそ火力を捨ててかく乱に専念させるというのも一つの手。 [ ] L7、L2、L1、、L2 味方時。 やはりしぶとさを重視した構成だが、底力とHP回復は相性が悪い。 積極的に発動を狙うよりは被弾してしまった際の保険として考えておいた方がいいだろう。 デフォルトでがついている武装がひとつしかないので、運用する場合はで習得させておくのが吉。 に使うSPも浮かせられる。 機体BGM [ ] 「Roulette」 前期OP。 人間関係 [ ] 妹。 シスコンに近い愛情を抱いており、スクラッグと化してもなお、リナに対する愛情は残っていた。 リナと親しくしている彼を過剰なまでに敵視している。 しかし漫画版では彼との友情が描かれており、自分の代わりにリナを守るように言いつけたことも。 腰巾着であり、スクラッグ基地への潜入に同行した結果彼も改造されてしまう。 実はウィルに対するコンプレックスから力を欲しており、洗脳が解けてもなおスクラッグの力に溺れたままだった。 『』ではを復活させようとする彼を止めるため刃を交える。 ジャン、サム、チャン ウィルの取り巻き達。 SRW未登場。 かつてのアメフトの元チームメイトであり良きパートナーでもあったが、試合中にサイへのパスを一瞬躊躇った事がサイの負傷した一因となり、サイが退部してからも自身のせいだと自責の念を抱いている。 後にウィルはそれを理由にチームの主将の座を辞退した。 二人は衝突を繰り返しているが、互いに本心では嫌い合ってはいなく、むしろ仲直りする切っ掛けを模索していた様である。 他作品との人間関係 [ ] 『』ではかつての過ちを悔いてへの参加を躊躇する彼を諭す。 ウィル同様、彼もまた 幼稚な思考のままヒーロー 正義の味方 になろうとして道を踏み外した人間である。 またアニメ版では彼も。 『UX』序盤のアメリカルートでスクラッグに洗脳されて敵対した際に説得を受ける。 彼自身過去の戦争で家族を失っているだけに、ウィルとリナを同じ目に合わせたくないと思っていたようだ。 『UX』でブレラ生存時、今までランカとほとんどいなかった事からランカの傍にいる事を躊躇する彼を諭す。 ウィルもリナの前から去ろうとした所を説得されてアルティメット・クロスに参加しているため、同じような立場の兄として思うところがあったのだろう。 名台詞 [ ] 「役立たずはいらないんだよ!」 リナと仲よさげに話しながら歩くジョーイに因縁をふっかけて。 この頃のウィルはそのシスコンぶりを悪い方向に発揮しており、リナの好意の対象であるジョーイをとにかく敵視していた。 「お前がヒーローだなんて、俺は認めないからな」 そしてヒーローマンを手にし、スクラッグを相手に活躍するジョーイに対しての台詞がこれ。 結局ジョーイに力があるかどうかは関係なくリナと仲良くしているのが気に入らないだけであり、彼の傲慢さと幼稚さが伺える。 「ヒーローになってやるんだよ」 スクラッグの基地に潜入した際の台詞。 ジョーイへの嫉妬と敵愾心に駆り立てられるまま無謀な行いに走った結果、彼はヒーローになるどころか、人として生きる道を失ってしまうことになる……。 「この体になったから分かる…あそこがスクラッグの共通の弱点だ!あのクリスタルを破壊すれば全ては終わる!」 「あそこ」とはの胸のクリスタルのこと。 自信満々に言い放ったが、実際は違った。 何故ゴゴールの弱点が通常のスクラッグとは違うのか、それは謎だが、ともあれこのウィルの台詞を真に受けてゴゴールの懐に飛び込んだヒーローマンは、致命傷を受けてしまうことに…。 最終決戦でジョーイの下へ向かうリナへの独白。 漫画版における最後の台詞である。

次の