エクセル 保護 解除。 Excelのブックの保護(ブック構成の保護)|Excel(エクセル)の使い方

ワークシートの保護と保護の解除:エクセル2010基本講座

エクセル 保護 解除

この記事の目次• シートの保護を解除するやり方 それでは始めていきましょう! 「ホーム」タブをクリックして選ぶ まずは 「ホーム」タブをクリックして 選びましょう。 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選ぶ 「ホーム」タブを選んだら 「セル」グループの 「書式」ボタンを クリックして選んでください。 メニューから「シート保護の解除」をクリックして終了! 「書式」ボタンを選んだら 書式機能のメニューが表示されます。 その表示されたメニューの中から 「シート保護の解除」をクリックして 選びます。 そうすると、シートの保護を 解除することができます。 設定されたパスワードを入力する パスワードが設定されていたら 「シート保護の解除」ダイアログが表示 されます。 ですので、「パスワード」欄に 設定されたパスワードを入力しましょう。 もしも、パスワードがわからない場合は 残念ながらシート保護を解除できません。 「シート保護の解除」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 設定されたパスワードを入力したら 「シート保護の解除」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして選びます。 そうすると、 シートの保護が解除されます。 「ファイル」タブをクリックして選ぶ まずは 「ファイル」タブを クリックして選びましょう。 「アクセス許可」の「保護解除」をクリックして選ぶ 「ファイル」タブを選んだら 「アクセス許可」の 「保護解除」を クリックして選びましょう。 そうすると、シートの保護を 解除することができます。 「校閲」タブをクリックして選ぶ まずは 「校閲」タブをクリックして 選びましょう。 「変更」グループの「シート保護の解除」をクリックして選ぶ 「校閲」タブを選んだら 「変更」グループの 「シート保護の解除」を クリックして選んでください。 そうすると、シートの保護を 解除することができます。 まとめ• 「ホーム」タブをクリックして選ぶ• 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選ぶ• メニューから「シート保護の解除」をクリックして終了! お疲れ様でした。 シートの保護を解除することは できましたでしょうか? 「シートの保護」機能を使えば、 シートの保護を解除することができるので 活用していきましょう。 あなたのお仕事が、ストップすることなく 進められることを心より応援しております。

次の

ベクター : 「excel パスワード 解除」の検索結果

エクセル 保護 解除

最後に、ファイルの【保存】ボタンを押し、完了です。 パスワードを忘れて開けないときの解除方法 重要な書類のパスワードを忘れてしまいロックが開かない場合は、アプリケーションを使って解除します。 但し、こちらの作業を行う場合はパスワードを設定したファイル作成者に許可を取って行うようにお願いいたします。 参考URL• パスワードを解析するフリーソフト2つ紹介 パスワードを解析するフリーソフトは数多くありますが、その中から使いやすいソフトを厳選してご紹介します。 「エクセルパスワード解除 For Excel2016」の使い方 「エクセルパスワード解除 For Excel2016」はExcelのワークシート・ブックのパスワード・読み取りパスワードをワンクリックで解除可能にするアドインです。 PCのスペックやパスワードの煩雑さによって解析時間は変わります。 解析が完了するとダイアログボックスが表示され、開始時間・終了時間・パスワードが表示されます。 【OK】ボタンを押します。 パスワードを管理するエクセルテンプレート ネットを利用していると、サービスに登録するごとにID・パスワードが増えてきてしまいます。 覚えなくてもいいようにパスワードを管理できるアプリもありますが、紙でも保管したい方も多いと思います。 今回はパスワードを紙で管理したい方向けにExcelでパスワード管理できるテンプレートを作成しました。 Excelであれば簡単に項目を追加したりカスタマイズが可能です。 テンプレートを元にご自身の使いやすい管理表にしてみましょう。 下記よりパスワードを管理するエクセルテンプレートが入手できますのでご活用ください。 パスワード管理テンプレートを入手する パスワードを管理できるテンプレートを販売しています。 Store. jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

次の

【Excel】パスワードなしでエクセル シートの保護を解除する方法まとめ

エクセル 保護 解除

こんにちは!ライターのyuuです! Excelの ワークシートを保護するのは、仕事上でデータを間違って編集してしまわないためにも便利な機能ですよね。 でも、いざ編集をしようと思ったときに パスワードを忘れてしまって、ワークシートを 編集できないって経験ありませんか? 先日、あまり使用していなかった請求書のひな型を開いて編集しようと思ったんですが、パスワードを忘れてしまっていて、セルの中のデータを編集できませんでした。 急いで調べて、新しいシートにデータをコピーしたり、無料のツールを使用してパスワードを解除することを試したのですが、書式が違ったり、自分のエクセルのバージョンが新しくどれも全くうまくいきませんでした。 最終的に、海外のサイトまで行って調べたところ、 シンプルな方法にも関わらず、うまくExcelの ワークシートの解除ができたので、今回はその具体的な解決方法について、写真を交えながら紹介していきます! Excelのワークシート保護を解除する方法ってどうやるの?パスワードが分からないけど本当に大丈夫? 私自身もパソコンに詳しい方ではないのですが、 順番通りに行えば必ず解除できるので、焦らず試してみてくださいね。 保護がかかっているワークシートのセルを編集しようとすると、以下のようにメッセージが表示されると思います。 当然ながらパスワードを忘れてしまっているので、間違ったパスワードを入力すると エラーメッセージが表示されます。 1.ファイルの拡張子を表示する ここから、 ワークシートに保護がかかっている「サンプル」のエクセルファイルに対して、手順を追って説明していきますね。 作業はパソコンの ディスクトップ上で行っていきます。 作業によっては エクセルのファイルが壊れて中身が見れなくなってしまう可能性もあるので、作業する前には必ずファイルをコピーして、バックアップをとるようにしてくださいね! ちなみに、今回の私のエクセルファイルはマクロがあるファイルですが、 通常のエクセルファイルでも同様にできますよ。 フォルダー名はなんでも大丈夫です。 作成した新しいフォルダーに、エクセルのサンプルファイルを入れます。 エクセルのファイルを入れた状態です。 ここで、 ファイルの拡張子を表示させるため、 上部のメニューの「表示」から、「ファイル各拡張子」に レ点を入れます。 「ファイル各拡張子」の場所は上部の右側に表示されています。 すると、先ほど入れたエクセルのファイルの名前 「サンプル. xlsm」と表示されたことが確認できます。 これで、ファイルの拡張子を表示することができました。 2.xlsmやxlsxの拡張子をzipにする サンプルファイルに対して右クリックして、 「名前の変更」から、以下の写真のように、「サンプル. zip」とします。 すると、メッセージが表示されますが、 「はい」をクリックしてください。 これで、エクセルのファイルは zip形式に圧縮したということになるようです。 3.zipを解凍して中身をひろげる サンプル. zipをダブルクリックして中身を広げます。 その際に、 中身が別の画面で表示されたり、パソコンのディスクトップ上に表示される場合があるので、その際は解凍した中身のすべてをもとの 「新しいフォルダー」に戻してくださいね。 xmlをメモ帳で開く 「xl」のフォルダーの中身を開いて、その中の 「worksheets」を再度開きます。 すると、いくつかの 「sheet. xml」が表示されます。 ここで、 問題の保護がかかっているシート番号を選択します。 そのsheet. 検索すると、 「SheetProtection・・・」というコードが発見できると思います! ここのSheetProtection・・・のコードの 「<SheetProtection・・・/>」までの全てを選択して削除します。 削除できた時点で必ず メモ帳で上書きは忘れないでくださいね! 上書き後は閉じてしまっても大丈夫です。 6.解凍した全てのファイル選択して再度圧縮 その後は、「新しいフォルダー」の中身まで戻ります。 そして、 解凍しておいたすべてのファイルやフォルダを選択します。 ここで、 一番最初に圧縮したzipファイルは必ず 含めないでください。 すべてを選択した状態で、右クリックで、 「圧縮」をクリックします。 繰り返しになりますが、ここでのサンプル. zipは含めないで圧縮します。 7.そのzipの拡張子を再度xlsmやxlsxにする 先ほどのファイルやフォルダーをzipするとこのようになりました。 名前はなんでも大丈夫です。 ここで、そのzipに対して、右クリックで 「名前の変更」から拡張子を 「. xlsm」にして、解凍します。 今回の私のエクセルは マクロ有効のブックなのでxlsmにしましたが、 普通のエクセルファイルの場合はxlsxにしてくださいね。 完成 エクセルファイルに戻っていると思うので、通常通りダブルクリックしてエクセルファイルを開きます。 問題のシートのセルをダブルクリックして編集できるかを確認してみてください! 編集ができれば、ワークシートの保護は解除されているということになりますので完成になります! 再度、パスワードも設定できるようになっています! まとめ Excelのワークシート保護の解除方法は、Excelの拡張子をzipにしてから、その中身をひろげて、保護がかかっている問題のxmlを編集し、再度zipにしてからExcelの拡張子に戻すことで解消できるとわかりました! この方法だと、インストールされているエクセルのバージョンが新しくても対応できるので、一番シンプルに時間をかけることなく保護を解除できる方法だと思います! 私のように仕事上で急いで対応しなければならないときは、是非試してみてくださいね!.

次の