酵素 玄米 保温 ジャー。 発芽酵素玄米炊飯器&圧力調理器 CUCKOO(クック) / ローフード通販ショップ LOHAS

酵素玄米 、寝かせ玄米の【保温ジャー】おすすめ & 選び方。

酵素 玄米 保温 ジャー

酵素玄米の作り方[炊飯器]実践編 炊飯器で酵素玄米を作るやり方をさらに細かく見ていきます。 1.玄米を洗う 傷んだ玄米は取り除き、ボウルに入れて洗う。 米は最初の水をよく吸収するので、最初の水を入れたら浮いている籾殻(もみがら)などを取り除いてすぐに捨て、2~3回すすぐ。 2.水気をきる 1.の洗った玄米はざるに上げて、水気を切る。 再度ボウルに移し、小豆と塩を加え、軽量した水から、玄米が浸かる(つかる)程度の量を注ぎ入れる。 3.右回りに3分かき混ぜる 泡立て器を使って、1周につき2秒ぐらいのペースで、ゆっくりと右回りに3分かき混ぜる。 4.浸水させる ボウルの玄米をそのまま、炊飯器の内釜に移す。 分量の残りの水を加えて3時間おく。 5.炊く 玄米を進水させたら、玄米モードにしてスイッチオン! 普通に炊き上げる。 6.蒸らす 炊きあがったら、均一になるように全体を混ぜ返し、15分ほど蒸らす。 7.保温熟成 炊飯後はふたをして、普通に「保温」する。 そのまま、3~5日保温を続ける。 3日後から食べる。 [注意] 必ず1日1回、水分でムラが出ないように上下を返すようにかき混ぜてください。 酵素玄米を熟成 酵素玄米は玄米を炊きあがって終わりではなく、1日1回保存を続け、熟成させます。 1日、2日と、日を追うごとに食感や味わいが変かしていき、3日目を過ぎたあたりから、もちもち感、甘味、旨味が増して、香ばしい玄米ご飯に変化していきます。 熟成3日~4日目が食べ頃で、5目に食べきるのがおいしく食べるコツです。 炊飯器にご飯が少ない状態で保温を続けると、水分が抜けてご飯が固くなります。 酵素玄米の食べ方 酵素玄米は炊飯してから2日ほどは熟成期間が必要です。 炊飯器が2台あれば熟成した酵素玄米を毎日続けることが可能ですが、2台ある家庭は少ないでしょう。 その場合は、炊飯器で炊いて1日目から食べ始め、食べきったらまた炊くという方法でも構いません。 ただ、この場合、最初の1~2日は玄米がパサパサして美味しくないです。 この欠点を補うのが圧力鍋を併用するという方法です。 圧力鍋を使って玄米を炊くと炊飯器で炊くよりモチモチ感があって美味しいです。 圧力鍋を併用する方法 1.1回目は炊飯器で酵素玄米を炊く。 2.3日目になったら圧力鍋で炊いて炊飯器に移し、残った玄米を加える。 これを繰り返す。 こうすれば、いつでも酵素玄米を用意することが出来ます。 いずれにしても、一度に多めに炊くとローテーションが楽です。

次の

酵素玄米の発酵や保温で使う炊飯ジャーの電気代はどれ位?

酵素 玄米 保温 ジャー

「玄米酵素ごはん」とは、炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを 活性化させたごはんのことで、手軽に、もっと美味しく玄米を食べる方法のひとつです。 普通の玄米ごはんより柔らかいので消化もよく、食べはじめて数日後の朝には 驚くほど、スッキリ! 今お使いの炊飯器で簡単に作ることができ、特別な道具も必要ありません。 「ボソボソして、美味しくない」と玄米を敬遠している方も、 玄米酵素ごはんなら大丈夫! まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどです。 美味しくて、栄養満点の玄米酵素ごはんは「自然に、美しく、健やかに」を応援するスーパーごはんです。 ご家庭で簡単にできる不思議なごはん、一度試してみませんか? 内容量 感動の米コシヒカリ玄米600g(4合分)、北海道 小豆50g、 天日塩 鳳凰3g、玄米酵素ごはんの作り方 玄米酵素ごはんの保温期間について 保温を続けて、1日に1回空気に触れさせてやれば、基本的に腐ることはありませんが、次第に水分がとんで硬くなってきます。 10日間を目安に食べきるのがよいでしょう。 何らかの事情で雑菌が混ざっていると腐敗することがあります。 玄米酵素ごはんの保存方法について 炊飯器や保温ジャーで保温する以外に、冷凍保存しても大丈夫です。 解凍するときは、なるべく自然解凍するようにしてください。 このセットは初めて玄米酵素ごはんに挑戦する方向けのセットです。 玄米酵素ごはんを毎日続ける方には、別売りの玄米・小豆・塩をご利用になると、お得です! 酵素ごはんセットの玄米は、マイセンの他の玄米と同じものです.

次の

酵素玄米用の炊飯器5種を一覧比較!各機種のおすすめポイントを紹介。

酵素 玄米 保温 ジャー

酵素玄米ごはんは、炊き上げた後、よく空気を与えることが必要です。 そうしないと、一週間ほどで固くなります。 かき混ぜが足りないのです。 炊きあがったときに一気に、約一分以上は、しっかりと、よくかき混ぜることです。 その後も、一日一回は、良くかきませなければなりません。 このように、酵素玄米は炊きあがった後にも、ちょっとした管理のコツがあります。 このご飯は保温ジャーの中で呼吸をしているからです。 この辺がまったく酵素的です。 よくかき混ぜて、数時間経ってからジャーをあけて、よくみてください。 ピカピカと輝くように、ツヤツヤのご飯になっているはずです。 ジャーの側面にも水滴がびっしりとついているはずです。 一日一回以上はしっかりとかき混ぜてください。 そうすれば、この問題は簡単に解決します。 ちなみに、炊きあがりと同時に1分以上かき混ぜて、一日二回、三回とそのようにかきまぜると熟成が早まります。 酵素ご飯は、約電子ジャーの中での熟成時間が4日以降が、酵素が充実してゆくとい言われますが、2日3日でそのような状態にまですることもできるのです。 炊き上がりから一週間ほどで少なくなると、かき混ぜられなくなるほど、もちもちになります。 するとカチカチになってゆきます。 量も少なくなるとひっくり返すしか手がないと考えてしまいます。 ヘラを二つ使い、一つで抑えて一つで切るような感覚で全体に空気を与えてやるといつまでも柔らかいです。 しかし、わずかになったご飯を長持ちすさせることも手間がかかります。 非効率です。 次のご飯を継ぎ足して全体になじませばいいでしょう。 また、ラップにつつんで冷蔵庫保存して次炊いたご飯の上にそっと置いて半日すればカチコチがほどけますのでまた、全体に散らせばいいかと思います。 ちょっとした工夫で、美味しく長持ちさせることができます。 酵素玄米ご飯は医食同源です。 習慣にしてください、あきらめずに挑戦してください。 毎日でなくとも、続けることで健康になれます。 大丈夫です、酵素です。 きっと、いまだ見つかっていない酵素です。 何よりも体内での変化が酵素的です。 健康便という状態の排泄をさせます。 そして、それは腸内環境と深く関わり、血液の正常化と深く関わるのです。 有名大学の教授が研究してくれればいいのですが、研究費がありませんから来てくれません。 その内、手弁当で来てくれる日がくるでしょう。 (1)まず、酵素とは何かということです。 身体は健康を維持しようとしています。 そのはたらきに強く貢献する体内物質のことを酵素と考えています。 身体が身体として十全にはたらくために、さまざまな変化が必要です。 その変化をさせる物質を管理するシステムがあり、それらを一般的に「酵素」と呼びます。 元素ではありません。 そのはたらきが促進されるなら、酵素が働いているのです。 たとえば、快便です。 驚きの快便が体験できます。 健康便という状態です。 当然、便秘がよくなります。 また、目覚めもよくなり、身体が軽くなったという人もいました。 血液状況も食べる前と後では全く違います。 酵素玄米の生活をした人ならわかります。 一ヶ月も実践すれば、すごく納得していただけるはず。 (2) この長岡式酵素玄米の酵素は、70度で管理しますが、体内に入ると体内の環境に応じて働くので、体温の36度で働いていると考えていいかと思います。 ただ、管理段階では70度で熟成させるということです。 酵素というのは個性を持っています。 バラエティに富んでいて、一つの酵素は一つの働きをします。 例えば、胃液の強い「酸」の中ではたらく、酵素があります。 胃液の中で働くという極限状況です。 そのような酵素もあるのです。 酵素は未だ未知な分野です。 人間の遺伝子、ゲノムが分析がされ、その種類や長さや数が出ていますが体内酵素の数は、未確定で5000~10000というのです。 なんとも曖昧な数字です また逆に、70度以上の環境に置くと酵素は失活(能力を失うこと)します。 酵素玄米の酵素は未だ発見されていない酵素だと思われますが、学者の研究よりもさきに自分自身の身体で研究すること。 体験することのほうが大事です。 (3)長岡式酵素玄米は、象印の業務用ジャーで保温し熟成させます。 腐らないというのもとても酵素的です。 日々、酵素が育ってゆき、色も味わいも濃くなり、いつまでも柔らかく保てます。 これが酵素玄米の大きな特徴です。 (4)酵素の研究も当然、発展途上です。 今の医療も、科学も発展途上です。 もし、酵素のすべてがわかり、自由に利用できれば病気のほとんどがなくなるでしょう。 酵素は、よくわかっていないのです。 酵素玄米を食べている人はとても健康になっておられます。 大変な病気の方が酵素玄米に出会われて、よろこばれています。 働きはとても酵素的です。 慢性病の方々が、酵素玄米で改善に向かっているとの声をいつもお聴きします。 現象としておこっていることは、後々の研究で法則や物質が発見されることでしょう。 (5)酵素とは触媒です。 身体が造り出す身体のための触媒です。 その身体の「造り出すこと事態」に、このご飯はたらきかけているのかもしれません。 また、腸内細菌との出会いによって生まれる「何か」かも、知れません。 まだまだ、そのメカニズムは解明されていませんが、確かに大きな変化が身体に起こるはずです。 なによりも、身体がよろこんでいる感覚は「酵素」だと思います。 (6)好転反応というのがあります。 身体が病んでいる人が熟成した酵素玄米を食べると、ときとして腹痛を起こしたり、下痢をされたりします。 食べ続ける人の中には、季節外れの花粉症になったり、皮膚に湿疹が出るなど、「めんげん」が現れます。 酵素玄米はそれが起こすのです。 (起こらない人もいます) まずは、真剣に酵素玄米とお漬物とお味噌汁だけの2日、3日の実践で体験してみてください。 これが、「酵素か!」という回答をいただけます。 きっと、あなたは酵素玄米体験があまりないかたかもしれませんので、挑戦してみてください。 また、逆に酵素玄米を煮沸しただし汁やみそ汁に入れるとその効果は失われます。 朝のトイレの排泄が変わるからです。 いづれ、酵素玄米のメカニズムが解明されるときがきます。 でも、解明されようがされまいが、健康への道はこの酵素玄米を食べる生活の中に確かにありますから、食べ続けることをおすすめします。 誰しも美食に傾きやすく、粗食を嫌うものです。 食べてはいけないものでなく、食べることを控えたほうがよいものとして「お肉」「甘いもの」「卵」「牛乳」があります。 これらをたくさん食することで、体内の酵素が消化酵素重視にシフトされますので注意をしてほしいということです。 これは、酵素玄米を食べておられる方にだけのことではなく、一般に向けても言えることです。 日本人にあった食事は和食です。 私たちの民族が連綿とつなげてきた食生活は、身体の酵素にまで影響しているからです。 洋食化することは、身体に合ってないので健康を損なう可能性がある…ということです。 体質も関係します。 たとえば、牛乳。 これを分解する酵素を持っている日本人は約15%と言われますので、万人に当てはまるとはいえません。 また、年老いてもビフテキ大好きで元気なご老人もいますし、お酒にしてもたばこにしても、体質に合う、合わないがあります。 「お肉」「甘いもの」「卵」「牛乳」の4つは、たしかに美味しいものばかりです。 毎日のように食べてゆくと自然に、その量が増えてゆきます。 美味しいものは、満腹になるまで食べ続けてしまうからです。 気をつけなければなりません。 当然お酒もよくないですし、たばこをよくありません。 できるだけ、食べないということを知っておくことです。 それを知らなければ、心地よい美味しいものを食べたいだけ食べてしまいます。 お酒にしても、タバコにしても、大好きな人に止めるとストレスになりますから、そこも考えてください。 もし、少し我慢できるようだったら、少し我慢してください。 強く我慢すると反動がかえってきます。 ストレスになります。 我慢がきかないときは食べる…ということでいいでしょう。 我慢しつづけると無理を呼びこみますから。 誰でも美食に傾きやすく、粗食を嫌うものですが、肝心なこと、私たちの身体自身は、その逆なのです。 身体はご馳走なんか求めていません。 舌が求めていないものを摂りすぎているのです。 身体が嫌っているものを知っておいて、日々を生きましょう。 そして、たまにはご馳走もいいではないですか。 美味しいものは、どんどん量が増えますので注意ください。 酵素玄米を食べると不思議とそれらの量はすくなくなるはずです。 いずれにせよ、習慣化して食べ続けてください。 緩やかに体質も変わり、味覚も繊細になり、それほど、ご馳走を欲しなくなるかと思います。 そして、おトイレでどのようなものを出すかで、ご自身の健康の様子を知ることだと思います。 酵素玄米ご飯が教えてくれるあなたにとっての食事のカタチがあるかと思います。 何よりも、暴飲暴食は病気の元です。 なぜ、私たちは暴飲暴食をするのか。 また、間食をしたり、夜食をたくさん食べたり。 「何かイライラする」とすぐ食べる。 「退屈、面白くないなあ…」だから食べる。 「むしゃくしゃする」から食べる。 食べることは心の苛立ちや寂しさを紛らわすために使われているようです。 それは身体が嫌うのです。 そんな身体の反応の一つが口内炎です。 身体が食べるのを止めさせようとしていることが多いと思います。 それでも、口内炎は病気と考えて薬を飲んだり、塗ったりしてまで食べるのです。 できものができるのは、何かの呼びかけです。 身体からのメッセージです。 そのメッセージを聴かずに、対処、対処、は現代の医学の悪いところです。 疲れていて、身体に酵素が必要なときは、食実を止めることで酵素を必要とするところに回すようです。 まずは、自分でそのメッセージの解読が必要です。 生きることにはストレスばかりです。 ストレスは当然のつきもの。 そのストレスを代償行為として、「食べる…暴飲暴食」ことにすることが病気の大きな誘因のように思います。 酵素玄米ご飯以前の問題です。 それから、酵素玄米による簡素な食事で十分に栄養は足りています。 誰しも美食に傾きやすく、粗食を嫌うものです。 食べてはいけないものでなく、食べることを控えたほうがよいものとして「お肉」「甘いもの」「卵」「牛乳」があります。 これらをたくさん食することで体内の酵素が消化酵素にシフトされますので注意をしてほしいということです。 これは、酵素玄米を食べておられる方にだけのことではなく、一般に向けても言えることです。 たとえば、牛乳。 これを分解する酵素を持っている日本人は約15%と言われますので、万人に当てはまるとはいえません。 また、年老いてもビフテキ大好きで元気なご老人もいますし、お酒にしてもたばこにしても、体質に合う、合わないがあります。 「お肉」「甘いもの」「卵」「牛乳」の4つは、たしかに美味しいものばかりです。 毎日のように食べてゆくと自然に、その量が増えてゆきます。 美味しいものは、満腹になるまで食べ続けてしまうから気をつけなければなりません。 当然お酒もよくないですし、たばこをよくありません。 できるだけ、食べないということを知っておくことです。 それを知らなければ、心地よい美味しいものを食べたいだけ食べてしまいます。 もし、少し我慢できるようだったら、食べることを控えないければならないものは、食べないようにすること。 我慢がきかないときは食べる…ということでいいでしょう。 我慢しつづけると無理を呼び、反動があります。 誰しも美食に傾きやすく、粗食を嫌うものです。 ところで、肝心なこと、私たちの身体自身は、その逆なのです。 身体が求めていないものを摂りすぎているのです。 身体が嫌っているものを知っておいて、日々を生きましょう。 そして、たまにはご馳走もいいではないですか。 美食を善とすると、どんどん量が増えますので注意ください。 酵素玄米を食べると不思議とそれらの量はすくなくなるはずです。 いずれにせよ、おトイレでどのようなものを出すかで健康の様子を知ることだと思います。 食べてはいけないのでなく、食べないようにして、少しの我慢がきかないときは食べる…ということにします。 酵素玄米ご飯が教えてくれるあなたにとっての食事のカタチがあるかと思います。 何よりも、暴飲暴食は病気の元です。 なぜ、私たちは暴飲暴食をするのか。 また、間食をしたり、夜食をたくさん食べたり。 「何かある」と食べる。 「退屈」だから食べる。 「むしゃくしゃする」から食べる。 食べることは心の苛立ちや寂しさを紛らわすために使われてるようです。 それを身体が嫌うように思えてなりません。 生きることにはストレスがつきものです。 そのストレスを代償行為として、「食べる…暴飲暴食」ことにすることが病気の大きな誘因のように思います。 酵素玄米ご飯以前の問題です。 それから、酵素玄米による簡素な食事で十分に栄養は足りています。 私達の身体た答えを持っているように思います。 何かしらの直感によって、生きているように思います。 この直感がより、鮮明になる…だから傑作健康法です。 酵素健康法の究極は、酵素玄米のみを食べ続け、身体の回復を待つということです。 私は大病を患ったことがないので、その経験はないのですが、小さな病気などは、この健康法で超えてきました。 酵素玄米だけの食事、そ の途上で、私達は様々なことに気付かされます。 それは、その人の個性によりますが、身体が抱く回答があり、その人ならではの回答かと思います。 私達は、普段、いろいろなことを考えめぐらしますが、その考え方というのは、過去思考です。 当然ですが、過去からの要素を、つなぎ合わせたり、切ったり、という具合なのかもしれません。 それでも、食を一時的に断つことにより、また、食欲を捨てることにより、集中度が増したり、素直に大切なことを大切に思えたり、当り前のことが当り前でなかったことに気づいたりするのだと思います。 それは私達の身体に起因しています。 食べることは当然のようになっている私達です。 しかし、少しの間でも食を断つことで、食欲(肉体の欲望)から離れた思考にいたり、普段では考えられないことに、気がついたりします。 一石二鳥であります。 自分の人生を見直すことと健康が一つになるという道が、ここにあるようです。 自分自身への気付き、自然界への気づき、生きているのでなく、生かされていることへの感覚。 誰もがなんらかの信念をいだいて生きていますが、 シンプルに、シャープに切り込みが入り、新しい発見が起こる。 そして、同時に健康も手に入る。 一石二鳥以上だと思っています。 これが、傑作健康法だと考えています。 伝えたいことが山ほどあります。 大自然の様相や公園の草花に教えら、そこに潜む進化や成長の不思議に驚いています。 このような体験も含めて、傑作なんだと思います。 世間の人が、病気で大騒ぎする中で、医療においての「切る」とか「焼く」とか、大変な薬を飲まされる…などがないような日々を頂いています。 もちろん、これは過程ですが、私以外の方々も酵素健康法の体験法が多く寄せられ、その逞しさを感じます。 簡素な食事、質素な生活。 そして、シンプルに仕事を大切にできる。 家族を大切にできる。 こんな日々が、必ず後の世に貢献することでしょう。

次の