木村 響子 画像。 木村響子の現在や娘の木村花との仲は?プロレス引退の理由も調査!|ViViVi★Life

木村花(実の父親)インドネシア人の名前や顔画像は?母・響子さんの元旦那(プロレス)

木村 響子 画像

木村花の母、木村響子はアジア放浪中にインドネシア人との間に一人娘を産み、シングルマザーとして育てながら25歳で国内プロレスデビュー。 プロレスファンは子供の頃から会場に連れて来られてる木村花を見ていた。 そんな子が成長して母親と同じ職業を選んだことにみんな夢を見せてもらってたのよ。 — ザビ太 xavita 母親は「木村響子」さんという方で、元プロレスラーです。 反骨のアフロゴングという異名を取っていたほどの「元人気女子レスラー」。 そして、木村響子さんがバックパッカーをしていた時に、インドネシア人の父親との出会い、産まれたのが花さん。 ということは、インドネシアと日本のハーフなんですね! ただ、このインドネシア人の父親とは離婚しており、誰なのかはわかりませんでした。 木村響子の再婚相手はISAO? 実は木村響子さんには再婚相手がいます。 ISAOさんという総合格闘技家の方の名前を頻繁に見かけました。 歳の差が9歳で2016年に響子さんと結婚しています。 ただ、2018年には離婚しており、ISAOさんも花ちゃんにとって、元父という形になります。 兄弟について探しましたが、花さんの実の兄弟に該当する方はいませんでした。 元父のISAOさんに小林裕さんという兄弟がいて、その方が義理の兄弟になるのかなと。

次の

木村花の母親はプロレスラーの木村響子!親子タッグや対戦した事はある?

木村 響子 画像

木村響子プロフィール 名前:木村響子 リングネーム:木村響子 ヤンバルクイーンナ ニックネーム:反骨のアフロコング 身長:165cm 体重:65kg 生年月日:1977年3月19日(43歳)2020年現在 デビュー:2003年7月20日 引退:2017年1月22日 響子さんは当時の 最年長となる26歳で女子プロレスラーデビュー。 そして 『戦うシングルマザー』として話題になったそうです。 小さい頃から花さんはお母さんのプロレスの練習や試合には付いて行ってたようですが、幼い 花さんがお母さんが血を流している姿に泣いている画像がありました。 プロレスはこういうものだと言っても、自分の目の前で戦っているお母さんの姿を観るのは怖いかもしれませんね。 しかも血なんて出ていたら怖くて泣いちゃいますよね。 木村花と木村響子は親子タッグや対戦したことある? お母さんが人気女子プロレスラーで、娘も女子プロレスラーであれば、本人たちも同じリングに上ってみたいと言うのが夢ではないでしょうか? きっとファンの方も見てみたいと思ったはず! 調べてみたところ、花さんの初期を語るには、母・響子さんの存在は欠かせないものでした。 花さんはデビュー4戦目にアジャ・コングさんと試合をするのですが、力とキャリアの差には叶わず完敗します。 アジャ・コングさんから『お前がお母ちゃんくらい図太くなったら、もう一度やろうな』と。 さらに、アジャ・コングさんから『プロレス界にようこそ!』と、次の試合を決定されます。 その後、母の持つタッグ王座に挑戦するも手厳しい責を母から食らい完敗。 良き思い出となったであろう親子での試合がもうひとつあります。 2017年1月22日の後楽園ホールで行われた、母・響子さんの引退試合。 親子3人でタッグを組んでアジャ・コングさん達とも戦いました。 しかし、この試合には続きがあったのです。 ISAOがレフェリーを務め、 親子シングルマッチが実現した。 花のカウンターのブーツを浴びて正真正銘、最後の3カウントを聞いた木村が「99%、マグレだと思います。 でもマグレじゃないって言うなら、 これから証明してみせろ!」と愛娘にエールを送ると、花も「プロレス人生をかけて証明します」とその思いを受け継いだ。 引退後については白紙という木村だが「すごくいいプロレス人生だった。 やりきれなかったことも含めて満足してます」と満面の笑み。 女子プロレス界の未来と夢を娘の花に託しリングを去った。 花さんと響子さんはシングルマッチで最後に対戦していたんですね!! 今まで敵わなかった響子さんから3カウントも取り、木村親子にとっても素敵な引退試合だったのではないでしょうか。 今見ただけでも木村花さんと木村響子さん親子の、リング上での素敵な思い出がたくさんありましたね。 木村花さんはこれからの活躍が期待されていただけに、楽しみにしていたファンも多かったのではないでしょうか。 プロレス界でも芸能界でも活躍していかれる姿を拝見したかったです。 とても残念です。

次の

木村花の母親はプロレスラーの木村響子!親子タッグや対戦した事はある?

木村 響子 画像

木村響子プロフィール 名前:木村響子 リングネーム:木村響子 ヤンバルクイーンナ ニックネーム:反骨のアフロコング 身長:165cm 体重:65kg 生年月日:1977年3月19日(43歳)2020年現在 デビュー:2003年7月20日 引退:2017年1月22日 響子さんは当時の 最年長となる26歳で女子プロレスラーデビュー。 そして 『戦うシングルマザー』として話題になったそうです。 小さい頃から花さんはお母さんのプロレスの練習や試合には付いて行ってたようですが、幼い 花さんがお母さんが血を流している姿に泣いている画像がありました。 プロレスはこういうものだと言っても、自分の目の前で戦っているお母さんの姿を観るのは怖いかもしれませんね。 しかも血なんて出ていたら怖くて泣いちゃいますよね。 木村花と木村響子は親子タッグや対戦したことある? お母さんが人気女子プロレスラーで、娘も女子プロレスラーであれば、本人たちも同じリングに上ってみたいと言うのが夢ではないでしょうか? きっとファンの方も見てみたいと思ったはず! 調べてみたところ、花さんの初期を語るには、母・響子さんの存在は欠かせないものでした。 花さんはデビュー4戦目にアジャ・コングさんと試合をするのですが、力とキャリアの差には叶わず完敗します。 アジャ・コングさんから『お前がお母ちゃんくらい図太くなったら、もう一度やろうな』と。 さらに、アジャ・コングさんから『プロレス界にようこそ!』と、次の試合を決定されます。 その後、母の持つタッグ王座に挑戦するも手厳しい責を母から食らい完敗。 良き思い出となったであろう親子での試合がもうひとつあります。 2017年1月22日の後楽園ホールで行われた、母・響子さんの引退試合。 親子3人でタッグを組んでアジャ・コングさん達とも戦いました。 しかし、この試合には続きがあったのです。 ISAOがレフェリーを務め、 親子シングルマッチが実現した。 花のカウンターのブーツを浴びて正真正銘、最後の3カウントを聞いた木村が「99%、マグレだと思います。 でもマグレじゃないって言うなら、 これから証明してみせろ!」と愛娘にエールを送ると、花も「プロレス人生をかけて証明します」とその思いを受け継いだ。 引退後については白紙という木村だが「すごくいいプロレス人生だった。 やりきれなかったことも含めて満足してます」と満面の笑み。 女子プロレス界の未来と夢を娘の花に託しリングを去った。 花さんと響子さんはシングルマッチで最後に対戦していたんですね!! 今まで敵わなかった響子さんから3カウントも取り、木村親子にとっても素敵な引退試合だったのではないでしょうか。 今見ただけでも木村花さんと木村響子さん親子の、リング上での素敵な思い出がたくさんありましたね。 木村花さんはこれからの活躍が期待されていただけに、楽しみにしていたファンも多かったのではないでしょうか。 プロレス界でも芸能界でも活躍していかれる姿を拝見したかったです。 とても残念です。

次の