Zoom ホワイト ボード 機能。 無料版でもZoomのバーチャル背景を使えます。バーチャル背景設定方法

ZOOMのホワイトボードの使い方

Zoom ホワイト ボード 機能

「テレワークを導入しなくちゃ!でも何から?」 と何から手をつけたらいいのか困っている方も多いと思います。 まずはこちらテレビでも紹介された最近話題のオンライン会議システム Zoomを導入されることをオススメします! Zoomさえあれば自宅でネット環境さえあれば地球上のどことでもつないで、円滑なコミュニケーションが取れます。 ちなみに僕がZoomを知ったのは当時はまだ英語版だった2016年の1月ごろ、ある協会の理事長さんから 「黒川くん、このソフトすごくいいんだよ!もうSkypeには戻れない。 」 と教えていただきました。 会社のミーティングはもちろん、僕のようなコンサルティング業では場所を選ばずオンラインでコンサルができ、早速なくてはならないツールになっています。 コーチングやカウンセリングをされている方はセッション、セミナーや講座をされていらっしゃる方はオンラインセミナーやオンライン講座に使えるので、導入するだけであなたの業務を何倍にも効率化することができます。 そんな次世代のWeb会議システムZoomの導入から使い方まで まるっと解説していきたいと思います! 目次でさがす• Zoomとは? まずそもそも「Zoom」って何?という方 Zoomとはアメリカの会社Zoom Video Communications Incが開発したWeb会議(テレビ会議)システムです。 ざっくり言うとパソコンやスマホ、タブレットなどマイクやカメラのついた端末をインターネット上でテレビ電話のように1対1の通話、複数人でのオンライン会議、ウェビナー(Web上でのセミナー)ができるアプリです。 弊社も5年前から導入しておりますが、最近ではテレワーク需要もあり企業でZoomの導入を進めているところが増えています。 他にSkypeやGoogleのハングアウトなど同様のサービスはありますが、Zoomはミーティングたセミナーに必要な機能が全て盛り込まれており、ビジネスシーンで使うのに最も優れたツールなのではないかと思われます。 Zoomを使うメリット• パソコンはWindows、Mac、Linux、ChromebooksとOSの種類を問わず、スマホやタブレットもiOS、Androidと種類を問わず使えます。 設定が簡単!• ホスト側が登録していればクライアント側は登録不要、使ったことがないクライアントさんもインストールするだけで使えます。 SkypeみたいにIDを教え合わなくても送られたミーティングのURLをクリックするだけで一発で起動します。 録画(録音)が標準装備、レコーディングボタンをポチッと押すだけでミーティングの記録が可能。 通信量が非常に少なく安定した通話品質(Skypeの約10分の1の通信量)。 などなど 3. Zoomで会議を立ち上げる方法 それではZoomを使用するにあたって準備していきましょう! 3-1. Zoomのインストール インストールしていない場合は最初にZoomミーティングを開始または参加されるときに、ウェブブラウザのクライアントが自動的にダウンロードされます。 ここから手動でダウンロードすることもできますので 手動でダウンロードしたい場合は以下のURLから ダウンロードセンターに行ってダウンロードしてください。 iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playに飛びます。 3-2. Zoomにサインアップ(登録) 誰か別の方がホストとして招待してくれて自分がクライアントとして ミーティングに参加する場合は登録は不要です。 自分がホストしてZoomでミーティングを立ち上げる場合は ログインが必要になるので以下のURLからサインアップして アカウントを作成して下さい。 (サインアップは無料です。 3-3. Zoomの設定 基本的なミーティングをするには初期設定のままで十分ですが、後述しますが録画したファイルの保存場所を変更したい場合やZoomでファイルの送受信する場合など設定が必要になります。 設定はZoomも起動したパネル内の設定だけでなく一般タブ内の「拡張機能を有効化する」をクリックしてZoomのサイト内にあるマイ設定というところで設定します。 Zoomの使い方 では実際に使っていきましょう! 4-1. それを受けZoom社は2020. 05よりパスワードと待合室による対策を行いました。 もしパスワードを有効にする前に会議の招待状を送信した場合は、もう一度送信するか、招待者にパスワードを送信する必要がありますのでお気をつけください。 2020年4月5日、Zoomは、40分の制限が一時的に免除された幼稚園から高校までの教育アカウントを含む、単一のライセンスを持つすべてのBasicユーザーとProユーザーに対して と2つのを有効に。 ズームは、デフォルトでは2つのパスワード設定を有効にされています。 個人的な会議ID(PMI)のパスワードを必要とし、 すでにスケジュールされている会議のためのパスワードが必要です。 これらの設定は、不要な参加者が会議に参加できないようにするために設計されています。 ほとんどの会議出席者の場合、会議への招待のリンクをクリックして参加するか、デスクトップカレンダー統合を介して参加するかに関係なく、参加フローは変わりません。 会議IDを手動で入力して参加するユーザーは、会議に参加するときにパスワードを入力する必要があります。 パスワードを有効にする前に会議の招待状を送信した場合は、もう一度送信するか、招待者にパスワードを送信する必要があります。 スケジュールされた会議の場合、会議のパスワードは招待状に記載されています。 インスタント会議の場合、パスワードはズームクライアントに表示されます。 パスワードは、会議の参加URLにも含まれています。 ズームは待合室機能も有効にします。 待合室では、主催者は参加者が会議に参加するタイミングを制御できます。 待合室は、参加者を個別に、または一度にすべて入室させるオプションを提供することにより、Zoomミーティングへの参加者を制御するための最良の方法の1つです。 この機能を使用して会議を保護し、リンクが目的の参加者の外部で共有されている場合に不要な参加者を防ぐことを強くお勧めします。 待合室を使用したくない場合は、自分の会議、アカウントの個々のグループ、またはアカウント全体で待合室を無効にすることができます。 そうすると「招待URLがクリップボードにコピーされました。 」 というメッセージが出るのでZoomでミーティングしたい相手の メールやメッセージに貼り付けて通知します。 他にも招待方法がありますがこれが一番シンプルで使いやすいです。 4-2. ミーティングをスケジュールするには? ミーティングの日時をスケジュール設定して事前にご案内することも可能です。 Mitsutomo Kurokawaさんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。 オンラインミーティングに参加するには? さて上記の招待を受けたクライアント側がZoomミーティングに参加するには 基本受け取ったURLをクリックするだけでZoomがインストールされていれば 自動的にZoomが起動してミーティングに参加することができます。 もしZoomがインストールされていなければ、Zoomのダウンロードページに 飛ばされますのでダウンロード&インストールしてから 再度招待リンクをクリックしてください。 事前に当ページのURLを教えてインストールしてもらっておくといいですね。 スマホアプリ版Zoomの使い方 5-1. ホストになる場合 1.まずZoomアプリを起動します。 (写真はiPhone7) 2.ユーザー登録してあればサインインします。 (登録してない方はサインアップからユーザー登録してください) 3.登録したメールアドレスとパスワードでサインインします。 (SNS等でもログインできます。 ) 4.ミーティングの開始をタップします。 5.更にミーティングの開始をタップ。 この時ビデオオンが緑色になっていると同時にインカメラが起動します。 スッピンな場合とうで顔出ししたくない場合はここをオフにすれば音声のみで開始できます。 その下の個人ミーティングID PMI の使用をオンにすると、アカウントに割当てられた固有のミーティングIDで起動します。 このIDは毎回変わらないので会社の定例会や、特定のグループの定期的なミーティングなどに使うと便利ですが、不特定多数の方とのミーティングの場合はIDを知ってる方は入れちゃうので使わないほうがいいです。 6.ミーティングが開始しました。 (こちらはビデオオフの画面です。 ) 参加者を招待する場合は右下の参加者をタップします。 7.左下の招待をタップします。 8.好きな方法で招待します。 ちなみに僕はURLのコピーをしてFacebookのメッセンジャーやメールで送ることが多いです。 5-2. クライアントの場合 アプリをインストールしておけば、送られたURLをクリックすればZoomアプリが起動して始まります。 無料版と有料版の違い ちなみにZoomは無料のパーソナルミーティング用の 基本と、有料版の プロ、 ビジネス、 企業といったバージョンがありますが、無料版でも1対1でオンラインミーティングをする上での機能的な制限はありません。 ただ3人以上(3台以上の機器)のグループミーティングで使用する場合は最大40分終了してしまいます。 3人以上で長時間のミーティングを想定している場合はプロにアップグレードするといいですね。 99で日本版は 月額2,000円になりました。 年払いにすると年額20,100円なので月あたり1,675円と年間で3,900円お得になります。 またビジネス、企業というバージョンもありますが、こちらは1ホストあたり月額2,700円でプラスのサービスが追加されますが、それぞれ10ホスト、100ホストと最低必要ホスト数が設定されよっぽど大きい事業でないとそれほど使ないかと思われるので割愛させていただきます。 詳細を知りたい方はこちらを御覧ください。 Zoomの便利な機能 ここまででひとまずテレビ電話的に顔を見ながら話せるようになりました。 更にZoomを使い倒すために便利な機能を紹介していきたいと思います。 7-1. 画面共有 特に使うのがこの画面共有だと思いますし、僕自身もよく使ってます。 自分のパソコン内のパワーポイントやPDFなどのプレゼン資料などをお見せしたり、システムの操作画面やWeb画面を共有してツールの使い方なんかをレクチャーするのに使います。 デスクトップの共有 画面共有するにはまずZoomの画面下部の中央にある「画面の共有」をクリックします。 通常今見ている画面と同じものを共有したい場合「デスクトップ」を選び右下の「画面を共有」ボタンで共有が開始されます。 (上記画像はサブモニターをつけているのでデスクトップ1と2がありますが通常はデスクトップはひとつだけです) サブディスプレイの共有 パソコンに別のモニターやプロジェクターを繋いでデュアルディスプレイにしている場合でサブディスプレイを共有したい場合は「デスクトップ2」を選び右下の「画面を共有」ボタンで共有してください。 ホワイトボードの共有 デスクトップの右のホワイトボードを共有すると正にホワイトボード、マウスでドラッグすることで手書きで描いたり、そこに文字を打ち込めます。 ここはホストだけでなくクライアントも書き込むことができますのでブレストしたい時などにも使えます。 他にもケーブルで繋いだiPadやiPhoneの画面を共有したり、今開いているブラウザのみやファイルのみの共有も可能です。 7-2. レコーディング機能内蔵 個人的にはSkypeとの1番の違いはここにあるんじゃないかと思うのですがZoomには録画機能が標準でついています。 ホストが録画するなら画面右下の方の「レコーディング」ボタンをクリックするだけで録画が開始されます。 ミーティング終了時にmp4の動画とm4aの音声でパソコン内に自動的に書き出しされます。 有料版の場合クラウド上に保存することもできます。 クライアントが録画するにはホストの許可が必要になります。 ホストは画面下の画面共有の隣の「参加者の管理」から許可したいクライアントのレコーディングの許可をしてあげて下さい。 ちょっとおもしろい機能 8-1. ブレイクアウトルーム このブレイクアウトルームというのは何かというと、例えば大勢でミーティングをしていてグループに分けて意見をシェアしてもらいたい場面などに使います。 僕は時々Zoom飲み会なるものを開催する時があるのですが、人数が多くて収集がつかない時にグループ分けしたりします。 弊社では全国に、いや全国を超えてイギリスやオーストラリアにも在宅秘書さんがいるのですが、その秘書さんたち20人くらいでZoom飲み会したことがあり、その時も最初全体で自己紹介した後は4人づつのグループに分けてやりましたがなかなか好評でしたよ! ちなみにこのブレイクアウトルームは初期設定ではオフになってますのでZoomのWeb上のマイ設定から設定して下さい。 ブレイクアウトルームをクリックすると何部屋に分けるか聞かれるので好きな数に分けて下さい。 グループ分けはホストが指定することもできますが、Zoomにおまかせでシャッフルすることもできます。 更には途中で入れ替えもできますし、ホストは各部屋に自由に出入りできます。 8-2. バーチャル背景(背景の変更) これは合成写真のように背景に好きな画像を差し込むことができます。 ちなみに綺麗に差し込むにはPCにある程度のスペックが必要で Windows10では64bit CPU Core i7 以上、Macもmac OS 10. 13以降 CPUがクアッドコア以上、 Intel Core i7以上を満たしていない方はグリーンやブルー系のカーテンなどをご用意ください ちなみにPCスペックが上の条件を満たしていないと挿入した写真のように背景の色と同じ色が抜けてしまします。 これは背景が白だった顔の光が当たって白くなっている部分や白いシャツまで背景になっていますが… そんな時は肌や髪、服の色をなるべく違う色を背景に、できれば緑色を背景にするとキレイに差し替えできます。 意外と適当な色でもそこそこ上手く行きますので遊んでみて下さいね! こちらは設定の「ビデオの背景」から設定できます。 まとめ 今回はZoomの導入から基本的な使い方についてご説明させていただきました。 会社であれば本社支社間のオンライン会議はもちろん社員間、在宅でお仕事を頼んでいる方とのミーティング、クライアントとの打ち合わせなどに使えます。 また、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピストなどのお仕事をされている方の遠隔セッションなどにもオススメです! また今後もいろいろとネタを追加していきたいと思いますのでまたご訪問下さい。 ZOOMがオススメの理由についてはこちらの記事もご覧ください。 おまけ ZoomにオススメのWebカメラ こちら弊社でも3台使ってるWebカメラ。 マイク内蔵なのでこちら側が複数で会議するときにみんなの顔も見れて便利です。 ロジクール ウェブカメラ C920n ブラック フルHD 1080P ウェブカム 予算を抑えたい方はこちらが売れ筋です ロジクール ウェブカメラ C270n ブラック HD 720P ウェブカム Zoomにオススメのイヤホンマイク 僕はMacbookなのでApple純正のイヤホンやを使ってますが最近だとワイヤレスイヤホンストレスフリーでいいですね。 ヘッドセットだとこの辺りが人気です。 ロジクール ヘッドセット パソコン用 H600r 音にこだわりたい方はこちら 単一指向性 カーディオイド 、無指向性、双指向性、ステレオの4つの指向特性を備えているため、通常複数のマイクが必要な状況でも1台で対応可能。

次の

Zoomのホワイトボードの使い方・基本操作方法まとめ

Zoom ホワイト ボード 機能

スポンサードリンク ホワイトボードの基本機能 ・選択 ・テキスト ・絵を描く ・スタンプを ・スポットライト ・消しゴム ・フォーマ ・元に戻す ・やり直し ・消去 ・保存 の操作ができるメニューバーが出現します。 詳しくご説明していきます。 選択 ホワイトボードに書き込んだ図や絵を選択する事ができます。 コピペ、移動などするときに選択範囲を指定することができます。 テキスト 文字を挿入することが出来ます。 絵を描く メイン機能です。 マウスでは字を書いたりすることが難しいので、ペンタブレットを使うのがおすすめです。 また、線を引く以外にも矢印、四角形、円形など色々あります。 スポットライト 主催者はスポットライトを選択するとポインターを出すことが出来ます。 スポットライトと矢印を選択できます。 消しゴム 書き込んだ図やテキストを消去することが出来ます。 フォーマ 文字や線の色、大きさ、太さを調整できます。 元に戻す ひとつ前の動作前に戻すことが出来ます。 消去 3つの方法で消去できます。 すべてのドローイングを消去・・・すべての描画を消去 マイドローイングを消去・・・自分の描画を消去 ビューアを消去:ドローイング・・・他の人の描画を消去 状況に応じて使いましょう。 保存 ホワイトボードの画面をそのまま保存することができます。 保存をクリックすると緑の帯で保存されましたと表示されます。 その横のフォルダに・・・と書いた(上の図で赤く囲った所)をクリックすると保存したデータを確認できます。

次の

Zoomの「ホワイトボードの使い方」について教えてください

Zoom ホワイト ボード 機能

プラン名 人数 使用可能ボード数 機能 Freeプラン 無制限 3つの編集可能ボード ・匿名のボード閲覧者 ・コア結合など Teamプラン 5人以上 無制限 ・リモート会議ツールキット ・無制限の外部ボードビューアーとコメンターなど Businessプラン 20人以上 無制限 ・外部編集者機能など Enterpriseプラン 50人以上 無制限 ・プレミアムサポート ・ボードガバナンスなど 2. Limnu(リムヌ) オンラインでホワイトボードを共同編集できるツール。 複数人で共同編集できるので、オンラインでのアイデア会議に便利です。 ビデオチャットをおこないながら会議をすれば、お互いの顔を見ながらリアルタイムでホワイトボードに書きこめます。 また、紙にスケッチするような感覚で書き込めるので、よりクリエイティブなアイデアが飛び交います。 すべての機能が14日間無料で使えるので、ぜひ一度試してみてください。 A Web Whiteboard(ウェブホワイトボード) 『A Web Whiteboard』は、会員登録なしで使えるオンラインのホワイトボードツールです。 必要なのはネットにつながるスマホやパソコンなどの端末と、インターネット環境だけ。 リアルタイムで画面共有でき、会議を効率よく進めることができます。 会員登録なしで利用できるオンラインホワイトボードは少ないので、一度限りの利用や他のオンラインホワイトボード使用を検討しているときに、お試しで使ってみてください。 サービス名 A Web Whiteboard(ウェブホワイトボード) 金額 無料 会員登録 なし 機能 ホワイトボード、画面共有、共同編集、URL画面共有 4. Whiteboard Fox(ホワイトボードフォックス) 『Whiteboard Fox』は、Webブラウザを使用して、リアルタイムでホワイトボードを共有できるサービスです。 FacebookやTwitter、Google などと連携しており、ホワイトボードの共有がURLを送信するだけで簡単にできます。 ホワイトボードは高速で同期され、編集内容がすぐに反映されます。 完全に無料で、会員登録なしで使えるのが 『Whiteboard Fox』のすごいところ。 ホワイトボードの機能もシンプルで使いやすいです。 日本語に対応しているので英語が苦手な方もストレスなく使えますね。 サービス名 Whiteboard Fox(ホワイトボードフォックス) 金額 無料 会員登録 なし 機能 ホワイトボード、画面共有、共同編集、URL画面共有 5. リモート環境でも、プロジェクトに関する情報をクラウドワークスペースに共有することによって、リアルタイムでスムーズに共同作業できます。 Strapの大きな特徴は、豊富なテンプレート機能によって、簡単な作図が可能になることです。 ユーザーがプロジェクトに関する情報を素早く可視化できるようにサポートしてくれます。 付箋機能やグラフなどの作図機能によって、プロジェクトを簡単に可視化することで、チーム間の認識のズレも解消できます。 正式版のリリースは2020年の夏頃に予定されています。 サービス名 Strap 金額 正式版の料金プランは未定 会員登録 あり 機能 ホワイトボード、付箋、同時編集、テンプレート、コメント、プロジェクト情報の一元管理、タスク管理 6. Stormboard(ストームボード) 『Stormboard』は、複数人で画面共有できるオンラインのホワイトボードツールです。 テンプレートの種類が豊富で、プロジェクトの管理、製品設計、ビジネスプランの作成など、用途によって使い分けられるのが特徴です。 インデックスカードでアイデアをグループごとに管理でき、色分けした「ドット」を使って投票することができます。 また、動画を挿入することもできるので、会議で見せたい動画をすぐに見せることができますね。 BeeCanvas(ビーキャンバス) 『 BeeCanvas』は、パワーポイントのように使いやすく、 活用しやすいオンラインホワイトボードです。 プレゼン資料を作るときや企画会議をするとき、メールやSMSで資料をやりとりするのではなく、オンラインでアイデアや図を共有できます。 クリエイティブにアイデアを出しあえるのが魅力です。 会議で使ったホワイトボードを、連携サービスにエクスポートすることで、議事録にもなります。 議事録を作る時間が節約でき、仕事の効率がさらにアップしますね。 99/月(1人あたり) エンタープライズ(100人以上のチームプラン):価格はお問い合わせにて エジュケーション(教員や学生向けのプラン):価格はお問い合わせにて 会員登録 あり 機能 ホワイトボード、画面共有、共同編集、ビデオ通話、コメント、DropboxやGoogleDriveとの連携、情報セキュリティ 8. Mural. ly(ミュラリー) 『Mural. ly』は、ホワイトボードをメンバー間で共有できるオンラインサービスです。 「Mural」は英語で「壁画」という意味で、シンプルでおしゃれなUIが特徴です。 ドキュメントや画像共有ができることに加えて、デザイン性の高いインターフェースが使い心地の良さを感じさせます。 『Mural. ly』はポストイットを貼り付ける感覚で自由に付箋カードを貼り付けられるので、アイデアを出しあうのにとっても便利。 会議室のホワイトボードよりもクリエイティブです。 30日間の無料トライアルでは、すべての機能を無料で使えます。 おしゃれで機能性の高い『Mural. ly』を、ぜひ一度お試しください。 サービス名 Mural. Twiddla(ツイドラ) 『Twiddla』は、無料で使えるオンラインのホワイトボードツールです。 無料プランは最大20分間、10人がホワイトボードを利用できます。 会員登録なしで、「Go」という緑色のボタンを押すだけで開始できるのが魅力です。 メンバー間の共有方法は、URLをコピーして貼り付けるだけなのでとても簡単です。 通話機能がないので、SkypeやLINE、Messengerなどの通話機能を併用するとより便利に使えます。 Drawchat(ドローチャット) 『Drawchat』は、オンラインミーティングのための無料ホワイトボードツールです。 ユーザーは通話やビデオ通話を利用して、オンラインのホワイトボード上でビジュアルコミュニケーションができます。 会員登録は不要で、メンバー間での共同編集やURLでの閲覧招待が可能です。 容量制限があるのと、使用期間が1ヶ月で終わってしまうので期間限定利用になります。 しかし、PDFファイルや画像をアップロードできたり、Googleマップの地図を読み込んだりできて、かなり多機能で優秀なツールです。

次の