断酒 コツ。 お酒をやめるための5つの方法

断酒の効果まとめ

断酒 コツ

その他の目標をもってみることでモチベーションをアップ こうした小細工の他に「目標」をもってみることも私にとって「断酒」のやる気の元となっています。 私の場合「目標」として、今年こそ健康診断を受け「 肝臓の検査でひっかからない!」というものがあります。 結婚し仕事を辞めて5年目となるのですが、その間一度も「健康診断」を受けていません。 最初の3年ほどは妊娠中であったり、子供が小さかったりが「健康診断」に行かなかった 行けなかった 理由でした。 ですが、ここ2年は明らかに「 血液検査で肝臓の値が悪いことを知りたくない」ということが原因です。 ^^; 完全に本末転倒なのですが。 以前、何気なく行った「血液検査」から「急性肝炎」と診断され「緊急入院」となったあの流れがトラウマでして。 トラウマならさっさとお酒とやめればよかっただけなのですが、やめられなかったこの矛盾・・・ 【関連記事】 ・ ・ 今、近所に親戚も知り合いもいませんので入院となるとかなり困ります。 しかし、健康診断を受けずに「肝臓」以外の疾患が見逃されることはもっと困ります。 なので、今年こそは「健康診断」を健康な状態 当社比 で臨めるよう、断酒を続けていきたいと思っている次第でございます。 ・ ・ それでは、今日も一日無事飲まずにおわれますように。 そして明日も頑張れますように。 ではでは。 ~ 断酒日記はへつづく ~.

次の

酒やめてまるまる3年。自分なりに「断酒のコツ」をまとめてみた!

断酒 コツ

その他の目標をもってみることでモチベーションをアップ こうした小細工の他に「目標」をもってみることも私にとって「断酒」のやる気の元となっています。 私の場合「目標」として、今年こそ健康診断を受け「 肝臓の検査でひっかからない!」というものがあります。 結婚し仕事を辞めて5年目となるのですが、その間一度も「健康診断」を受けていません。 最初の3年ほどは妊娠中であったり、子供が小さかったりが「健康診断」に行かなかった 行けなかった 理由でした。 ですが、ここ2年は明らかに「 血液検査で肝臓の値が悪いことを知りたくない」ということが原因です。 ^^; 完全に本末転倒なのですが。 以前、何気なく行った「血液検査」から「急性肝炎」と診断され「緊急入院」となったあの流れがトラウマでして。 トラウマならさっさとお酒とやめればよかっただけなのですが、やめられなかったこの矛盾・・・ 【関連記事】 ・ ・ 今、近所に親戚も知り合いもいませんので入院となるとかなり困ります。 しかし、健康診断を受けずに「肝臓」以外の疾患が見逃されることはもっと困ります。 なので、今年こそは「健康診断」を健康な状態 当社比 で臨めるよう、断酒を続けていきたいと思っている次第でございます。 ・ ・ それでは、今日も一日無事飲まずにおわれますように。 そして明日も頑張れますように。 ではでは。 ~ 断酒日記はへつづく ~.

次の

断酒251日目 断酒のコツ教えてください

断酒 コツ

【断酒禁酒成功のコツその1】気合や根性、憎悪ではなく知識でお酒をやめる 「お酒をやめる!」 僕は過去に何度もそう宣言し、そして失敗しました。 数日持てばいいほうで、時には朝令暮改で朝の宣言は夕方のお酒とともに流れていくことも。 そんな当時の僕を振り返るとお酒を気合や根性でやめようとしていました。 さらに、 「お酒なんてクソだ!!」 という感じで、お酒自体を憎み、それをバネにやめようとしていました。 しかし残念ながら全くうまくいきませんでした。 冷静な目で学び、無意味さに気がついた そんな僕ですが、2017年3月にお酒をやめ、その後は全く辛い思いもなく綺麗さっぱりやめてしまいました。 いったいそれまでと何が違ったのでしょうか? それは、お酒について勉強をしたからなんです。 お酒が人体におよぼす害や世の中のお酒トラブルなどを、冷静な目で学び直しました。 そしてそういう知識をつけた結果、 「お酒を飲むことはストレス発散にはならない。 というかお酒自体が飲酒欲求への不満というストレスなどを作り出す」 「脳みそへのダメージは蓄積される。 記憶がなくなった翌日に病気にはならないが、何年もかけ徐々に脳を殺す」 「お酒のトラブルは本当に取り返しがつかないことになる」 そういう知識や情報を冷静にうけとめ、僕の人生においてお酒が全く必要でないという結論にたどり着きました。 つまり、飲酒に対して無関心になったんです。 (最近だと元モー娘。 の吉澤さんや元TOKIO山口さんなど、お酒のトラブルはあとを絶ちませんね…) 人間関係でもそうですが、嫌い嫌いと憎んでるうちは相手の一挙手一投足が気になり何かしら執着があるものです。 でも、興味なし、となってしまうと、とたんにその相手がどうでもよくなります。 【断酒禁酒成功のコツその2】「自分ならお酒をやめることはできる」という信念を持つ 知識をつける、という作業は論理面でのアプローチですが、それとは別に思考(考え方)もかなり大切です。 特に 「自分ならお酒をやめることができる」 という信念、自分自身を信じる心が必要です。 これは宗教じみた話ではなく、本当に大切な心構えの話です。 信じるものは救われる、なんて言いますが、 信じるべきは自分自身の可能性。 麻薬類に比べアルコールの肉体的依存度は低い もっというと、ヘロインやモルヒネ、覚醒剤というような薬物・麻薬に比べ、アルコールの身体的依存度はそこまで高くありません。 (もちろん低くもありませんが) 身体的依存とは、薬物をやめ幻覚が見えたり体が震えたり、そういう症状。 (かなり重度のアルコール依存でなければ)お酒にそういう症状はほとんどありません。 つまり、離脱症状自体は強くないのです。 肉体的離脱症状は精神的な依存・洗脳が原因 「離脱症状がキツイって話はよく聞くぞ?!」 と思われるかもしれません。 実はこれ、精神的依存が原因の可能性が高いのです。 精神的依存というのは、心が依存してる状態。 もっといえば洗脳されてる状態です。 これを読んでるあなたはお酒のせいで後悔したり自己嫌悪になったり、苦しんでいるはずです。 それは「お酒のおかげで人生ハッピー!」とは真逆ですよね? そういう精神的依存、洗脳状態がしみこんだままお酒という薬物を断つと心が同様し、過度の離脱症状が発生します。 肉体的な離脱症状などは数日間寝付けないとかその程度。 でも洗脳状態だと心がお酒を渇望してしまいます。 そういう洗脳をとくために、まずはその1で紹介した勉強や知識の習得が必要になるんです。 【断酒禁酒成功のコツその3】断酒中であることをいつでもリマインド(思い起こす)できるようにする 断酒をしていてもつい飲んでしまう、お酒売り場でボーッとしてしまう、そんな方もいると思います。 残念ながら人間というのは忘れっぽい生き物あり習慣の生き物です。 自分自身で 「断酒するぞ!!!」 と誓いをたてても、忙しい毎日でその誓いを忘れたり、今までの習慣でついお酒売り場に行ってしまったりするんです。 これは仕方のないことですから、あなたは悪くありません。 天然パーマにストパーをかけてもしばらくするとくるくるとなるのと同じです。 ではどうするか。 それは、自分自身の習慣をかえる、そのために断酒の誓いを忘れずに過ごすことです。 つまりリマインドすることです。 断酒の誓いを忘れない方法 部屋の壁に 「絶対断酒!!」 と張り出すのももちろんいいです。 しかし、日中は仕事などで外出していますよね。 そういう場合、 スマホの待受など身近なものに断酒の誓いを書くといいでしょう。 そして、さらに効果が高いのは断酒の誓いを身につけること。 しかし、世の中には「断酒!」とデカデカと書かれたTシャツなど、身につけにくいものがほとんど。 リマインド装置としてのグッズを制作・販売開始 そこで 断酒記では断酒の誓いを思い起こすためのリマインド装置を制作・販売することにしました。 普段遣いできるデザインに「酒やめた」というキーワードを盛り込んだ、 遊び心を持ったグッズは人気のアイテムです。 ボールペンなら仕事でも使えますし、 Tシャツもカジュアルなデザインでさりげなく着ることができます さらに遊び心満載の【サケヤメタ大学】グッズも発売開始! こういうちょっとした一工夫で断酒を成功させることができます。 冗談みたいですが、本当です。 結論:断酒を楽しむことが大切 最後は宣伝かよ!!と思われたかもしれません。 はい、半分宣伝です。 笑 ただ、僕はこの SakeyametaTシャツなどを大真面目に作っています。 なぜかといえば、 これらのアイテムが皆さんの断酒生活に役に立つと信じているからなんです。 断酒や禁酒というとなんだか重苦しいイメージがありますね。 依存症からの脱出なんて、色で言えばグレーです。 でも、何をするにも僕は楽しむべきだと思っています。 楽しいと思えないと何も続きませんから。 だからこそ、僕は断酒を楽しむグッズ、お酒のない生活をエンジョイできるモノを作ったり発信したいんです。 お酒がなくたって人生はたのしいです。 それは断言します。 だから、ぜひ 遊び心を大切にしながら断酒生活を楽しんでください。 あなたに読んでほしい記事 Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: 関連する記事• アルコール依存症に陥る人の中には10代のころからお酒を飲んでいた人が多い、というデータを見かけました。 若いうちは脳みそや体の発達も未熟ですから、大人[…]• 「禁酒しお酒をやめると友達が減る2つの理由」 という記事を以前書いたんですが、反響を頂いてたので続きを書きます。 今回は、断酒をし友達が減ることのメリ[…]• TOKIOの山口達也メンバー容疑者事件が世間を賑わせてますね。 情報がいろいろ出てきてるけど、どうも山口達也さんの酒の飲み方、アル中(アルコール依存症)[…] ナルプのテンチョー サラリーマンを経て20代後半からフリーランス。 独立前からお酒は好きでしたが、独立後、どんどんお酒の量が増え続け、いつの間にか仕事などの飲み会で 「ほんとよく飲みますね〜」 と言われ、そう言われることを快感に…。 そして気がつくと、毎日欠かさず2リットル以上飲む日々。 仕事がうまくいかない時は昼間っから飲む日もありました… さんざん断酒・禁酒に失敗した僕ですが、2017年3月より、心を入れ替え断酒。 「気合と根性で辞める!」みたいな感情的な方法で失敗続きだったので、お酒に関する情報や本を読み漁り、論理的にやめる方法に。 その後はノンアルコールも数回しか飲まないほど一変。 本当にやめてよかったです。

次の