綾 意味。 綾

「綾」を使った名前一覧

綾 意味

「稜」の意味や由来は? 「稜」は 「角」や 「威光」を意味する漢字で、もともとは「きへん」を使った「棱」という漢字から派生して生まれました。 そして、「棱」の意味が「稜」にも使われるようになり、そのまま「角」の意味をもつようになったのです。 余談ですが、「稜」には「神々しい」というニュアンスが含まれます。 これは「稜」の威光の意味を利用した熟語に「稜威(イズエ)」があり、「神聖であること」を意味するからなんですよ。 「稜(リョウ)」の響きは男の子に人気! 「稜」は、「リョウタ」「リョウスケ」など男の子の 「リョウ」の響きに当てられることが多く、一字で稜(リョウ)や漢字を組み合わせて稜太(リョウタ)、稜介(リョウスケ)、稜真(リョウマ)などの名前に使われます。 ヘンが「冫(にすい)」の「凌」という字と同じ1990年(平成2年)から人名に使えるようになった漢字なので、ここから近年子供の名前で目にする機会が増えてきているんですね。 使用例は少ないですが、女の子の名前にも稜子(リョウコ)や稜花(リョウカ)のように使われます。 他にも「タカ」の名乗りがあるので稜音(タカネ)、稜美(タカミ)と女の子らしい漢字との組み合わせで使われることもあります。 【「リョウ」の響きをもつ漢字】 「」「」「」「遼」「良」など 「稜」は「凌」「陵」「綾」とどう違うの? 「稜」は似たような漢字に「凌」「陵」「綾」などがあり、すべて「リョウ」の読みをもつことから名前にどれを使おうか悩みますね。 画数や漢字全体のイメージの違いなども合わせて紹介するので、名付けの参考にしてくださいね。 【「リョウ」の響きをもつ類似漢字】 ・ 10画 意味:越える。 しのぐ イメージ:たくましさ ・ 11画 意味:大きな丘。 越える イメージ:のぼり越える強さ、向上心 ・ 14画 意味:あやぎぬ イメージ:絹織物の上品で美しい様子 壮大な山々と力強さを感じる「稜」 「稜」は「稜線」の熟語から「山」や「峰」などの 「自然豊かな情景」を連想させてくれます。 山肌の美しい様からは 「均整がとれた」イメージもありますね。 また、「威光」という意味からは 「堂々とした振る舞い」を連想できますし、自分の信念に忠実で、他に屈しない強い意気を表現した「気骨稜稜(キコツリョウリョウ)」という四字熟語もあるので、 「芯の強さ」も感じさせてくれます。 「稜」の漢字に「たくましさ」を込めて 「稜」の漢字を使うなら、「自然豊か」「芯の強さ」という2つのキーワードから願いや想いを考えてみてはいかがでしょうか? 「自然豊か」なイメージからは 「自然を尊ぶ優しい子に」「山を登るように、人生をたくましく過ごしてほしい」という願いを込められます。 また「芯の強さ」からは 「自分の意見をはっきり言える子に」「際立った存在になるように」という想いを表現できそうです。 似たような漢字がたくさんありますが、「稜」の漢字の意味を理解して、素敵な名前を考えてあげてくださいね。 【組み合わせて使われる漢字】 「」「」「」「」「」など.

次の

「綾」を使った名前一覧

綾 意味

左がZ撚り(左撚り)、右がS撚り(右撚り) 一般的にデニムは右綾だが、逆の左綾も有る。 右綾の代表格がなら、左綾の代表格はである。 糸の撚り方向には、左撚り(Z撚り)と右撚り(S撚り)があり、単糸の撚りは特殊用途のものを除き、通常は 左撚り(Z撚り)である。 糸の撚り方向と織物の綾目方向の相性により、左撚り(Z撚り)の糸を逆方向の 右綾で織ると緩みが生じるが、糸の撚り方向と同じ方向の 左綾で織り上げると、糸の撚りが締まって畝(綾目)が立つ。 よって、右綾デニムのざっくり感に対して左綾デニムは表面がフラットになり、光沢感やソフト感が生まれる。 また、アタリが強くなりハッキリとしたタテ落ちになる。 ちなみに、ブロークンツイルデニムを最初に取り入れたメーカーはである。 綾織物に発生しがちな「ねじれ」を解消するために1971年に開発された。 日本国内主要産地 以下は、日本国内においての主要生産地及び製造業者である。 三備地方に多くの製造拠点、メーカーがある。 カイハラ - 日本三大デニム紡績の一つ。 残る2社はとを指す。 ダックテキスタイル• 篠原テキスタイル - テンセル素材を中心としたデニム生地メーカー• 日本綿布• 岡山県• - 世界で初めて高級綿(綿)を使用したデニムを発売。 関連項目•

次の

綾 意味

「目も綾な」について 「目も綾な」 めもあやな は、現在では小説の中で見る機会があったり、年配の人が使うことがある程度で、普段はあまり見聞きしないかも知れません。 「目も綾な」の意味とは 「目も綾な」とは、 「目にも鮮やかな」という意味の言葉です。 それほど美しいと言いたい時に使われますが、ただ鮮やかというだけでなく、眩しいほどに美しい様子を表現する為の表現です。 よって、そう簡単に使うべき言葉ではない点と、昔の 特に純恋愛 小説の中でよく見掛けた表現だということもあり 要は、古い言葉だという意味です 、今ではそれほど使われる機会はありません。 「目も綾な」の言葉の使い方 「目も綾な」と使うには、それなりのシチュエーションでないといけません。 眩しいほどの輝きを放っている対象にのみ使われる言葉なので、 「目も綾な宝石類」などいう表現になるのが本来です。 しかし、現在では鮮やかな景色や光景に対して使われることも多く、そういった使い方をしても間違いではないとされています。 更に、それほど見掛ける言葉でもない為、その程度の拡大解釈をしても問題ないと考えていいでしょう。 「目も綾な」を使った例文 「目も綾な」を使った例文です。 本来の意味だけでなく、前述のような、多少拡大解釈をして使っている例も挙げていきます。 「目も綾な」の例文1 「成人式は目も綾な振袖を纏った姿で賑わっていた」 「目も綾な」は、最近では普通にこのような使い方をされています。 本来の意味ではありませんが、充分に意味が通ることから、誤用ではなく、 「今風の使い方」と表現していいでしょう。 「目も綾な」の例文2 「日本ではまず見られない目も綾な光景は、海外旅行をしただけの価値があったと思われてくれた」 風景や光景に対して使っている例になります。 眩い まばゆい ほどのそれらの対して使っており、こういった使い方もよく見られます。 本来の意味と多少違う気はしますが、全く問題のない使い方です。 「目も綾な」の例文3 「目も綾なお宝を目の前にして、引き下がる訳にはいかなくなった」 宝石や金塊などを目の前にしているシチュエーションだと想定できる例文です。 このような使い方が本来の意味となりますが、ここまでに何度か書いているように、そこまで実際に眩しい存在ではなくても使える言葉です。 ただし、 「珍しい」という意味ではないので、そこを勘違いしないようにしてください。 直訳では 「鮮やかな色」という意味ですが、 「目も綾な」に近い意味だと考えていいでしょう。 「目も綾な」の類語や類義表現 目も綾なと似た意味で使える言葉や表現です。 どれも、 「鮮やかな」という意味で使える言葉です。 「目の覚めるような」 めのさめるような これは、鮮やかさで目が覚めるほどのという意味で使う言葉です。 また、体験的な事例からそのように表現することもあるので 極端に寒かったりした場合 、視覚的なものだけに使う言葉ではありませんが、使い方次第で類義表現になると考えてください。 「息をのむような」 いきをのむような こちらは、主に 「美しさ」に対して使う言葉です。 よって、 「目も綾な」の現在ではそのようにも使えるという表現 「とても鮮やかな」という意味 に相当すると解釈できます。 「目も綾な」もそうですが、どれも 「〜な」という言葉なので、この後にその対象が続いて入ります。

次の