スロットル バルブ クリーナー。 DIYスロットル洗浄でノア(ヴォクシー)のアイドリング不調を直す方法

D.I.Y.メンテナンス エンジン周り<スロットルバルブの洗浄>

スロットル バルブ クリーナー

ロードスター - スロットルボディ スロットルボディは車から外して清掃するのが一番いいみたいなんですが、車に詳しくない私です。 スロットルボディを車から外してしまうことに大きな抵抗がありました。 ちゃんと外せるのだろうか?? 仮に外せたとして、きちんと元に戻せるのだろうか??といった不安です。 また、車から外してしまうとガスケット交換もしなければならないようでしたので尚更敷居が高かったのです。 結局、スロットルボディは車から外さずに、手の届く範囲のみを清掃することにしました。 インターネットの情報によると…、スロットルバルブにはモリブデンコートが施されており、モリブデンコートは傷つけてはいけないとのこと。 私の車は2001年式の古い車です。 古い車という理由だけで、モリブデンコートはされていないだろうと勝手に判断、作業に当たりました。 最近になって分かったのですが、これは間違いでした(後述)。 間違いだらけだったスロットルボディ清掃 インテークパイプを外し、スロットルボディを覗き込んでみます。 想像していたよりも汚れていない印象です。 ロードスター - スロットルボディ 清掃後 しかし! 最近になって分かったのですが、 の情報によると、スロットルバルブの縁の黒い汚れ、これは汚れではなく、傷つけないよう注意!とインターネットに記載されていた、あのモリブデンコートらしいのです。 モリブデンコート、きれいに落としちゃいました(汗) モリブデンコートがない状態だとアイドリングが不安定になるらしいです…。 モリブデンコートを落としてしまってからもう半年ほど経ちましたが、幸い、アイドリング不調は起きていません。 清掃前も清掃後も、エンジンが温まると、アイドリングは800rpmで安定します。 結果オーライですね。 もしも、モリブデンコートを落としてしまったことが原因でアイドリング不調が発生した場合は、 という会社の (品番:981019、定価:3,672円)という製品を塗布してあげればいいという情報を見つけましたので、記録に残しておきます。 あと、スロットルバルブの軸受部分もゴシゴシ磨かない方がいいらしいです。 グリスが落ちてしまうそうです。 歯ブラシでゴシゴシやってしまいました。 グリス大丈夫かなぁ。。 スロットルボディ周りは、やさしく清掃すべき箇所のようです。 根拠のない勝手な思い込みで作業してしまいましたが、走りに影響が出ないか不安です。 スロットルボディ周りの詳しい仕組みが分かっていないので尚更不安なんです(でも、当時はネットでそんな情報見つけられなかったんだよなぁ…)。 間違いだらけのスロットルバルブ清掃でした。 スロットルバルブクリーナーという製品 から という吸気系の洗浄剤が出ていますが、RECSではスロットルボディまでは洗浄しきれません。 スロットルボディの洗浄用には PDF という専用の製品が、同じWAKO'Sから出ています。 専用製品だけあって、モリブデンコートへの影響も少ないそうです。 WAKO'Sの製品なら、という安心感もありますね。 次回のスロットルボディ清掃がいつになるかは分かりませんが、次回はスロットルバルブクリーナーを使用することも考えてみたいと思います。 これは、自動車整備士の人から聞いた話なんですが(面識のない人なのでどのくらい信頼できる情報かまでは分かりません)、その人は、スロットルバルブ清掃よりも、上記RECSを施工することを勧めてくれました。 RECSの点滴をすると、吹け上がりがよくなるそうです。 RECSにも興味がありましたので、それほど遠くない内にRECSの施工をしてみる予定です。 追記:RECS施工しました。 6,480円と施工料金は高めでしたが(車の排気量によって料金は変わってきます)、走行距離22万キロオーバーの私の車では効果抜群でした! 低速域から高速域まで全領域でトルクが増しました。 多走行車にはお勧めです。 2016. 01 その自動車整備士の人は、RECSを施工することでエンジンオイルが汚れるから、RECSの施工はエンジンオイル交換直前がベターだと言っていました。 逆に、家の近くのRECS施工店はエンジンオイルの汚れはそれほど気にする必要はないと言っていました。 うーん、エンジンオイル交換直前の方が、より安心なような気はしますね。 RECSは施工店が限られてきます。 どこで施工すればいいか分からない人は、近くにRECS施工店があるかどうかを、WAKO'Sへ直接聞いてみるといいと思います。 RECSを卸している店舗を教えてくれるんじゃないかなぁ?? 下記、 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗でもRECSを施工できる店舗は少なくないのではないかと思いますよ。 ちなみに福島県会津若松市では Googleマップ でRECSを施工可能です(上記 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗です)。

次の

電子制御スロットルが清掃不可な理由

スロットル バルブ クリーナー

車を走らせる上で、非常に重要な機器のひとつなんですね〜。 スロットルボディ内のバルブが弁のようにパタパタ動き、エアクリーナーからの空気量を調整します。 この動く部分に汚れが溜まってくると、車が不調になったりするんですね。 スロットルボディは徐々に汚れてきますが、特に過走行車になるほど比例して汚れはひどい傾向です。 さらには、清掃したことにより、調子が悪くなってしまう可能性もあるので、総走行距離が5万キロもいってない車はしなくても良いと思います。 実際に10万キロ超えの車に乗ってましたが、スロットルボディの清掃は一度もやってませんので・・・笑 「 スロットルボディを清掃してホントに効果あるのか?」 と疑問に思うかもですが、 基本的にエンジンの調子は良くなると思います! というのも、車によっては清掃したことにより、 アイドリングが安定しなくなったり、回転数が上がり過ぎたなどもあるようです。 スロットルボディ清掃でエンジンが快調に! 「 スロットルボディを清掃すると、〇〇が良くなるよ!」 というのは、車の個体差にもよりますので、ハッキリとは言えません。 ですが、スロットルバルブ部の汚れが除去されることで、 エンジン内への空気の供給がよくなります。 最近のスロットルバルブは電子化されてるものがほとんどです。 電子スロットルになったとしても、アイドリング中は少なからず空気をエンジンに送ってあげないといけません。 アクセルを踏み込んだ時のレスポンスにも影響は出ますが、微量な空気量で燃焼してるアイドリング時が最も影響を受けるのではないでしょうか? なので、アイドリング回転数が以前に比べて下がってたり、回転数が不安定になるのであれば、スロットルボディの清掃をしてみると良いですね〜! ただし、アイドリングの回転低下や不安定になる原因は他にもあるので、断言は出来ません。 エアクリーナーは大気中のホコリや砂を取り除いてくれます。 小さな虫などのキャッチしてくれるので、フィルターを交換する時は結構ビビります。 笑 このフィルターがあるおかげで、スロットルボディはキレイな状態でいれます。 しかし、エアフィルターも除去率100%ではないので、ジワジワと微細なホコリがたまってくる場合もあるんですよ。 スロットルボディが本当に汚れるのは、バルブの裏側です。 すなわち、エアクリーナー側ではなく、 エンジン側の方が汚れるんですね・・・ では、どのようにして裏側が汚れるのか。 エンジンで発生した 燃焼カスがスロットルボディまで吹き返してくる事でも汚れます。 考えるだけでも汚いですよね。 笑 なんかベトベトしてる感じで、汚れも頑固みたいな・・・ スロットルボディが汚れるとどうなる? エンジンに適切な量の空気を送るスロットルボディ。 スロットルが汚れることで、どのような悪影響がでると思いますか?• 燃費が悪くなる• アイドリングが不安定になる• トルクが下がりパワー不足になる• 吹け上がりが悪くなる• 加速がもたつく どうでしょうか。 これだけ見ると、かなりの影響がでますよね。 スロットルボディも一気に汚れるわけでなく、何年もかけて汚れが蓄積されます。 なので、これだけの影響が出てることに気付かないままって事もあるんですよ。 お店に頼み清掃: 5000〜10000円• ただ、スロットルボディはエンジン直前に位置する重要な機器。 自分で清掃作業をする場合も、気をつけなければならない点があります。 せっかく清掃したのに、 やる前よりも症状が悪化したら最悪じゃないんですか? なので、簡単ではありますが、ポイントをいくつか紹介しておきますね〜。 エンジンコンディショナーの缶自体に細かく説明や注意事項が書いてあるので、しっかりと読んで行うことも大事です! 基本的な清掃方法 まずエンジンを5分ほどかけて、 暖機運転した状態でエンジンを停止します。 そして、 スロットルボディ直前についてるゴムホースを外し、再びエンジン始動! 空いた穴からスプレーノズルを入れ、 30〜40秒間洗浄剤を噴射します。 あとは、マフラーから白煙がでますので、ふかし過ぎに注意しながら煙がでなくなるまで待ちます。 最後にエンジンを停止し、外したホースを戻せば完了ですね〜。 場合によっては、スロットルボディ直前の樹脂パイプを全て外して、 直接バルブ部にスプレーを噴射する方法もあります。 この方法ではエンジンは停止した状態で行い、パイプ類を戻してからエンジンをかけてあげます。 また、このエンジンコンディショナーは ディーゼルエンジン車には使えなかったり、直噴エンジンも車種によっては逆効果となる事があるようなので、メーカーなどに問い合わせた方が確実ですね! 悪臭と白煙がすごいので場所に配慮を エンジンコンディショナーは劇薬です。 手にはビニール手袋をすることをおすすめします。 そして、 匂いも強烈でアンモニアのような感じがします。 なので近所迷惑にならないように、 人の少ない広い場所で作業した方が絶対良いです! さらに最後には 大量の白煙が出るのでなおさらですね〜。 笑 ちなみに、エンジンコンディショナー使用後の 白煙がスロットルボディの汚れです。 しかし、スロットルバルブ部に直接スプレーし、クロスなどで拭き取り清掃する場合は要注意です!• モリブデンコートを落とさないように注意• バルブ(弁)の軸受け部分のグリス抜けに注意 まず、スロットルボディ内を覗くと、パタパタ動く丸い円盤のようなものがあります。 これがスロットルバルブ(弁)になります。 このバルブの縁が黒くなってるのがわかると思います。 これは汚れに見えますが、実は モリブデンコートというコーティング剤なんですよ!! このモリブデンコートのおかげで 密着性が良くなります。 なので、 ムキになってゴシゴシこすったりしないように注意が必要です。 洗浄剤を噴霧して、軽く拭き取るだけにすれば問題ありません。 深追いはしない方が無難ですね。 笑 ちなみモリブデンコートを剥がし落とした場合、アイドリングの隙間が大きくなり、回転数が増加するそうです・・・ 万が一にも、 モリブデンコートを綺麗サッパリに掃除してしまったら? そんな場合は、 別売りのコート剤を塗布する事をおすすめします。 あとは、 スロットルバルブが動く軸部分の清掃にも注意が必要です! この可動部にはグリスが入っています。 洗浄スプレーをかけ過ぎたり、クロス等で磨きすぎるとグリスが落ちる恐れがあります。 場合によっては、車の性能が見違えるほど蘇る事だってあるので、やってみる価値はありますね〜。

次の

ダイハツKFエンジンの電子制御スロットル清掃

スロットル バルブ クリーナー

ロードスター - スロットルボディ スロットルボディは車から外して清掃するのが一番いいみたいなんですが、車に詳しくない私です。 スロットルボディを車から外してしまうことに大きな抵抗がありました。 ちゃんと外せるのだろうか?? 仮に外せたとして、きちんと元に戻せるのだろうか??といった不安です。 また、車から外してしまうとガスケット交換もしなければならないようでしたので尚更敷居が高かったのです。 結局、スロットルボディは車から外さずに、手の届く範囲のみを清掃することにしました。 インターネットの情報によると…、スロットルバルブにはモリブデンコートが施されており、モリブデンコートは傷つけてはいけないとのこと。 私の車は2001年式の古い車です。 古い車という理由だけで、モリブデンコートはされていないだろうと勝手に判断、作業に当たりました。 最近になって分かったのですが、これは間違いでした(後述)。 間違いだらけだったスロットルボディ清掃 インテークパイプを外し、スロットルボディを覗き込んでみます。 想像していたよりも汚れていない印象です。 ロードスター - スロットルボディ 清掃後 しかし! 最近になって分かったのですが、 の情報によると、スロットルバルブの縁の黒い汚れ、これは汚れではなく、傷つけないよう注意!とインターネットに記載されていた、あのモリブデンコートらしいのです。 モリブデンコート、きれいに落としちゃいました(汗) モリブデンコートがない状態だとアイドリングが不安定になるらしいです…。 モリブデンコートを落としてしまってからもう半年ほど経ちましたが、幸い、アイドリング不調は起きていません。 清掃前も清掃後も、エンジンが温まると、アイドリングは800rpmで安定します。 結果オーライですね。 もしも、モリブデンコートを落としてしまったことが原因でアイドリング不調が発生した場合は、 という会社の (品番:981019、定価:3,672円)という製品を塗布してあげればいいという情報を見つけましたので、記録に残しておきます。 あと、スロットルバルブの軸受部分もゴシゴシ磨かない方がいいらしいです。 グリスが落ちてしまうそうです。 歯ブラシでゴシゴシやってしまいました。 グリス大丈夫かなぁ。。 スロットルボディ周りは、やさしく清掃すべき箇所のようです。 根拠のない勝手な思い込みで作業してしまいましたが、走りに影響が出ないか不安です。 スロットルボディ周りの詳しい仕組みが分かっていないので尚更不安なんです(でも、当時はネットでそんな情報見つけられなかったんだよなぁ…)。 間違いだらけのスロットルバルブ清掃でした。 スロットルバルブクリーナーという製品 から という吸気系の洗浄剤が出ていますが、RECSではスロットルボディまでは洗浄しきれません。 スロットルボディの洗浄用には PDF という専用の製品が、同じWAKO'Sから出ています。 専用製品だけあって、モリブデンコートへの影響も少ないそうです。 WAKO'Sの製品なら、という安心感もありますね。 次回のスロットルボディ清掃がいつになるかは分かりませんが、次回はスロットルバルブクリーナーを使用することも考えてみたいと思います。 これは、自動車整備士の人から聞いた話なんですが(面識のない人なのでどのくらい信頼できる情報かまでは分かりません)、その人は、スロットルバルブ清掃よりも、上記RECSを施工することを勧めてくれました。 RECSの点滴をすると、吹け上がりがよくなるそうです。 RECSにも興味がありましたので、それほど遠くない内にRECSの施工をしてみる予定です。 追記:RECS施工しました。 6,480円と施工料金は高めでしたが(車の排気量によって料金は変わってきます)、走行距離22万キロオーバーの私の車では効果抜群でした! 低速域から高速域まで全領域でトルクが増しました。 多走行車にはお勧めです。 2016. 01 その自動車整備士の人は、RECSを施工することでエンジンオイルが汚れるから、RECSの施工はエンジンオイル交換直前がベターだと言っていました。 逆に、家の近くのRECS施工店はエンジンオイルの汚れはそれほど気にする必要はないと言っていました。 うーん、エンジンオイル交換直前の方が、より安心なような気はしますね。 RECSは施工店が限られてきます。 どこで施工すればいいか分からない人は、近くにRECS施工店があるかどうかを、WAKO'Sへ直接聞いてみるといいと思います。 RECSを卸している店舗を教えてくれるんじゃないかなぁ?? 下記、 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗でもRECSを施工できる店舗は少なくないのではないかと思いますよ。 ちなみに福島県会津若松市では Googleマップ でRECSを施工可能です(上記 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗です)。

次の