地震 にちゃんねる。 北海道胆振東部地震の大停電(ブラックアウト)はなぜ起きた?原因と対策とは

今後30年以内の南海トラフ地震の発生確率は80%!最も危険視されている「半割れ」とは

地震 にちゃんねる

南海トラフ地震関連解説情報 ** 見出し ** 第33回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第411回地震防災対策強化地域判定会で、南海トラフ周辺の地殻活動を評価しました。 ** 本文 ** 本日(7月7日)開催した第33回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第411回地震防災対策強化地域判定会で評価した、南海トラフ周辺の地殻活動の調査結果は以下のとおりです。 現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。 (注)南海トラフ沿いの大規模地震(マグニチュード8からマグニチュード9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70から80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。 1.地震の観測状況 (顕著な地震活動に関係する現象) 南海トラフ周辺では、特に目立った地震活動はありませんでした。 (ゆっくりすべりに関係する現象) プレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)のうち、主なものは以下のとおりです。 (1)四国西部:6月4日から6月6日 (2)東海:6月29日から継続中 2.地殻変動の観測状況 (ゆっくりすべりに関係する現象) 上記(1)、(2)の深部低周波地震(微動)とほぼ同期して、周辺に設置されているひずみ計でわずかな地殻変動を観測しました。 周辺の傾斜データでも、わずかな変化が見られています。 GNSS観測によると、2019年春頃から四国中部でそれまでの傾向とは異なる地殻変動が観測されています。 また、2019年春頃から紀伊半島西部・四国東部で観測されていた、それまでの傾向とは異なる地殻変動は、収束したとみられます。 さらに、2019年中頃から志摩半島で観測されているそれまでの傾向とは異なるわずかな地殻変動は、最近は鈍化しているように見えます。 (長期的な地殻変動) GNSS観測等によると、御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺では長期的な沈降傾向が継続しています。 3.地殻活動の評価 (ゆっくりすべりに関係する現象) 上記(1)、(2)の深部低周波地震(微動)と地殻変動は、想定震源域のプレート境界深部において発生した短期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。 2019年春頃からの四国中部の地殻変動、2019年春頃からの紀伊半島西部・四国東部の地殻変動及び2019年中頃からの志摩半島での地殻変動は、それぞれ四国中部周辺、紀伊水道周辺及び志摩半島周辺のプレート境界深部における長期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。 このうち、紀伊水道周辺の長期的ゆっくりすべりは、すでに停止していると考えられます。 また、志摩半島周辺の長期的ゆっくりすべりは、最近は鈍化しています。 これらの深部低周波地震(微動)、短期的ゆっくりすべり、及び長期的ゆっくりすべりは、それぞれ、従来からも繰り返し観測されてきた現象です。 (長期的な地殻変動) 御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺で見られる長期的な沈降傾向はフィリピン海プレートの沈み込みに伴うもので、その傾向に大きな変化はありません。 上記観測結果を総合的に判断すると、南海トラフ地震の想定震源域ではプレート境界の固着状況に特段の変化を示すようなデータは得られておらず、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。 クリックするとリストが開閉します。

次の

北海道胆振東部地震の大停電(ブラックアウト)はなぜ起きた?原因と対策とは

地震 にちゃんねる

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 都府県 死者 全壊 建物 浸水 面積 直接 被害額 避難 者数 1日 避難 者数 1週間 断水 下水道 停電 ガス供給停止 防波堤 災害 廃棄物 2012年8月に公表された被害想定では、最悪で死者は32万3千人、負傷者は62万3千人、全壊・焼失建物は238万6千棟、自力で逃げられなくなる脱出困難者は31万1千人、浸水面積は1015平方キロと推計された 損壊した建物や電気、通信、上下水道の再建、復旧にかかる費用、失われる資産の価格、災害廃棄物処理費用の累計。 全国で169兆5千億円 建物被害や断水などで避難する。 最悪で地震から1日後は700万人、1週間後は950万人、1カ月後でも880万人にのぼる 水道管や浄水場の被災などで断水人口は、最大で地震直後に3440万人、1日後は2840万人、1週間後は1740万人、1カ月後でも460万人と推計 3210万人が下水道の利用が困難になる。 低い場所にある処理場は津波被害を受けやすい。 トイレの利用にも影響。 1週間後も230万人に支障 電力施設の被災や需給が不安定になることで、被災直後に2710万軒、1週間後も88万軒が停電する。 原発は運転停止状態が続く想定で推計 都市ガスは180万戸で使えなくなる。 1週間後でも160万戸、1カ月後も50万戸で給湯器などが使用困難になる。 被害が大きい地域も6週間で大部分の供給が再開 港湾の防波堤は延長417キロのうち、135キロにわたって被害が出る。 揺れや津波被害を受けた港湾が本格的に復旧するには2年以上かかる 建物被害などによる廃棄物は最大で2億5千万トン、津波で運ばれる土砂が5900万トンで計3億1千万トンと想定。 1年後も処理が終わらない 茨城県 20人 40棟 6. 8平方キロ 6000億円 5万8,000人 7,900人 8,800人 7,000人 9,600軒 - 4,200m 30万トン 東京都 1,500人 2,400棟 14. 0平方キロ 6000億円 1万5,000人 2万人 15万人 8万2,000人 1万2,000軒 - 240m 40万トン 神奈川県 2,900人 4,000棟 17. 5平方キロ 19兆9000億円 90万人 110万人 340万人 200万人 200万軒 20万戸 1万3,200m 3,100万トン 愛知県 2万3,000人 38万8,000棟 98. 7平方キロ 30兆7000億円 130万人 190万人 490万人 460万人 370万軒 75万戸 1万8,000m 4,600万トン 三重県 4万3,000人 23万9,000棟 157. 5平方キロ 24兆円 120万人 150万人 430万人 720万人 450万軒 57万戸 4,900m 4,300万トン 兵庫県 5,800人 5万4,000棟 18. 3平方キロ 3兆2000億円 10万人 25万人 130万人 100万人 120万軒 3万戸 370m 300万トン 広島県 800人 2万4,000棟 10. 9平方キロ 3兆円 10万人 18万人 150万人 170万人 170万軒 4,600戸 1万300m 200万トン 山口県 200人 4,800棟 17. 4平方キロ 7000億円 2万3,000人 2万6,000人 8万5,000人 7,100人 1,900軒 - 6,000m 40万トン 徳島県 3万1,000人 13万3,000棟 117. 5平方キロ 7兆円 36万人 37万人 71万人 10万人 37万軒 2万1,000戸 460m 1,300万トン 香川県 3,500人 5万5,000棟 27. 9平方キロ 3兆9000億円 16万人 22万人 74万人 37万人 48万軒 5万5,000戸 2,100m 500万トン 愛媛県 1万2,000人 19万2,000棟 40. 5平方キロ 10兆9000億円 40万人 54万人 120万人 62万人 71万軒 4万1,000戸 5,200m 1,700万トン 高知県 4万9,000人 23万9,000棟 157. 8平方キロ 10兆6000億円 51万人 50万人 65万人 24万人 42万軒 2万戸 6,700m 1,900万トン 福岡県 10人 300棟 2. 6平方キロ 1000億円 1万8,000人 1,900人 2,000人 4,200人 700軒 - 3,400m - 熊本県 20人 3,200棟 3. 1平方キロ 4000億円 1万2,000人 2万2,000人 8万3,000人 1万5,000人 300軒 - 10m 30万トン 大分県 1万7,000人 3万1,000棟 61. 5平方キロ 2兆円 14万人 12万人 93万人 49万人 57万軒 - 9,900m 300万トン 宮崎県 4万2,000人 8万3,000棟 123. 9平方キロ 4兆8000億円 31万人 35万人 95万人 59万人 53万軒 4万2,000戸 5,800m 800万トン 鹿児島県 1,200人 5,900棟 66. 5平方キロ 7000億円 3万2,000人 2万9,000人 7万7,000人 7,600人 1,100軒 - 2万1,200m 50万トン 沖縄県 10人 - 22. 9平方キロ 1000億円 7,300人 400人 - - 100軒 - 5,800m -• 基地問題に揺れる沖縄。 何が起きているのか• 日本の空襲被害、300枚の写真や映像で• 被爆者はいま、核と人類の関係は…最前線を追う• 全国の鉄道ニュースを集めました• あの日、もしもスマホが…映像・音声で「再現」• 子育て世代向けのニューススタンド• 皇族方の知られざる日常、意外な素顔を紹介します• 京都の最新情報をいち早くお届けします• 阪神支局襲撃事件から30年超を時系列で追う• 「戦争を知らない」沖縄が写真でよみがえる• 原発の新規制基準とは、全国の原発の現状は• 過去に起きた災害を教訓に、将来の災害に備える• いくつになっても成長を願う、働く女子に贈る応援ページ• 東京オリンピックのニュースについてのページです• 被災地の復興の現状をお届けします.

次の

太陽フレアと地震は関連性は本当にないに等しいのですか? にちゃんねるな...

地震 にちゃんねる

南海トラフ地震の想定震源域 地球深部探査船「ちきゅう」 FNNが独占取材を許された、全長210mの 地球深部探査船「ちきゅう」。 海底面から約7000mまで掘り進み、南海トラフ地震の発生メカニズムを解明しようと、震源域の調査を行っている。 国の検討会は11日、中央防災会議で南海トラフ地震対策の報告書案を提示した。 報告書案では大地震につながる可能性がある異常現象について、 「半割れ」・「一部割れ」・「ゆっくりすべり」の3ケースに整理した。 その中でも最も危険視されているのが「半割れ」で、震源域の東西のいずれかで、マグニチュード8クラスの地震を観測するケースだ。 「半割れ」が起きた場合、残る反対側地域でも、新たな巨大地震が誘発される可能性があると指摘されており、そのため被害が出ていない地域でも、新たな地震発生から30分以内に30cm以上の津波が予想される沿岸部の住民は、 1週間ほど避難すべきとしている。 この地域で起きた、過去2回の「半割れ」では、いずれも東側で最初の地震が発生し、1854年のケースでは32時間後。 1944年のケースでは2年後に、西側で同規模の地震が発生している。 しかし、臨時情報が出された後に、どのような対策をとるかは決まっておらず、政府は今年度中にも最終報告書をもとにガイドラインを作成。 それをもとに来年以降、自治体が防災計画の策定をはじめるという。 和歌山県串本町総務課の枠谷徳彦 防災・防犯グループ長: 平日の昼間だと、皆さんお仕事されたり、そういう状況で発表された時に、どういう対応をするかというのは、今後考えていく課題になってきます。 愛知県田原市役所防災対策課の三竹雅雄課長: (実際に)揺れていないのに皆さん、避難行動をとっていただけるかどうかっていうことがありますね。 報告書でまとまった3パターンとは 被害を最小限に食い止めるため、住民への周知徹底を含めた対策が急がれるが、南海トラフ地震の対策としてどういうものが具体的にまとまったのだろうか。 フジテレビ社会部 気象庁担当 長坂哲夫: 8ヶ月に及んで検討会が行われた結果、まとまったんですが、まず大前提として地震は突然起こるものということです。 ですから南海トラフでも全域が一気に割れちゃう可能性もあるんですが、どこかで異常な現象を捉えたとして、それがまさに全域が割れる前兆のような現象の場合、事前に準備をしようと、3つのパターンに分けた防災対応の方向性が示されました。 それから、 1週間ぐらいはかなり高いです。 それを過ぎると、徐々に可能性が低くなっていくということで、1週間と言う数字が今回出たのだと思います。 また、南海トラフ地震は津波の被害が懸念されているため、地震が起きて津波発生までに、 30分で30cm以上が予想されている地域は1都13県139市町村あり、図の中で蒼に塗りつぶされている地域だという。 (「プライムニュース イブニング」12月11日放送分より).

次の