グラブル ブラック アンド ダークネス。 【グラブル攻略】強襲プレデター!アーカーシャ青箱ムーブ 終末なし【闇方天画戟】

【グラブル】プライマルシリーズ個人的まとめ【2020/4/17追記】|キリ|note

グラブル ブラック アンド ダークネス

キャンペーン限定クエストの効率の良い周回法、おすすめの編成を解説。 目的やキャラなどの所持状況に合わせて3パターンの編成を紹介しています。 キャンペーン限定クエストの概要・注意点 エクストラの素材クエストタブから挑戦可能。 消費APは• 31~300周 AP15• 301周以降 AP20 となっています。 消費APが20となる301周目以降も周回の価値はあります。 敵は1体 出現する敵は『アークエンジェル・コンデンス』1体のみ。 こいつを倒せばクリアです。 1発最大3万までしかダメージを与えられない こちらの与える• 無属性ダメージ• 通常攻撃• アビリティ など、すべての与ダメージが1回あたり3万までしか出ないという特殊な仕様となっています。 8回以上判定のあるアビリティなら1ポチ討伐可能 敵のHPは24万。 8回以上の多段判定のアビリティであれば、1ポチで倒すことができます。 例えば• エッセル• シエテ• キャタピラとヴィーラ• ユーステス• ラインハルザ などのキャラは8回以上判定のあるダメージアビリティを所持しています。 キャンペーン限定クエストを周回する目的・旨み Rankポイント・経験値が多くもらえる• 雫サポート効果1. 5倍 のキャンペーン時であれば、1戦でRPは約4300、経験値は約6200貰えます。 1戦数秒で終わるのでかなり効率は良いです。 白竜鱗やエリクシールハーフがドロップする 要求される機会が多い『白竜鱗』や『星晶の欠片』、『虹星晶』などに加えエリクシールハーフもドロップします。 ドロップ率は悪くないので、周回すればまとまった量を集めることができます。 装備のハードルが低い Rankポイントや経験値稼ぎで効率的なクエストは他に『金銀スライム』や『トーチ爆』があります。 また、白竜鱗集めでは『極光の試練』があります。 これらのクエストと比較して 『キャンペーン限定クエスト』は、要求される装備のハードルがかなり低いので、初心者でも簡単に周回しやすいというのは大きなポイントです。 周回編成例 効率の良い周回編成を4パターン紹介します。 グラディエーター編成 主人公のジョブをグラディエーター クリュサオル にする編成。 『ディストリーム』というアビリティはコンパニオンウェポン装備時、攻撃回数が10回になります。 よってこの『ディストリーム』1ポチのみで敵を倒すことが可能です。 装備例 何属性でも良いです。 火力的にかなり余裕があるので、獲得Rankポイントが増える『ネプテゥヌスの三叉鉾』、獲得経験値が増える『アネモイの銀琴』、アイテムドロップ率が上がる『D・ビィ』を編成するとより効率的に周回できます。 メインウェポンにはアイテムドロップ率が上がる『スノーフレーク』を装備するのがおすすめ。 なければなんでも良いです。 メイン召喚石はドロップ率UP石 ホワイトラビットやカグヤ。 フレンド石はなんでも良いです。 サブもなんでも良いです。 キャラクターが全フリー このグラディエーター編成は主人公以外のキャラは誰でも良いので、 一度に多くのキャラのレベル上げを行うことができるのが大きな利点です。 キャラのアビリティで倒す編成 8回以上の攻撃回数を持ったダメージアビリティで倒す編成。 例えばシエテの2アビ。 1ポチで討伐が可能です。 ダメージアビリティを使用するキャラ以外は主人公のジョブ含めフリー。 装備例 これと同じ強さである必要はありません。 ダメージアビリティを使うキャラの属性に合わせます。 例ではシエテを使っているので、風属性の装備。 メイン武器はアイテムドロップ率の上がる『オリバー』か、『セプティアンバーナー』、『スノーフレーク』がおすすめ。 メインをドロップ率UP石にした場合、フレンド石はマグナか属性石などの火力UPにしないと1ポチで倒しきれない場合が多い点に注意。 サブはなんでもOK。 操作が楽 この編成はクエスト開始から連打でアビリティを使用することができるので、操作の負担が少ないという利点があります。 また、主人公のジョブが自由なのでジョブのレベル上げに使うことができます。 連撃確定キャラの通常攻撃で倒す編成 ダブルアタックorトリプルアタック確定のキャラを複数用いて、フロント4人で最低8回以上の通常攻撃回数を確保して倒す編成。 他の主人公とクリスティーナがそれぞれシングルアタックしかしなくても、計8回は確実に通常攻撃するため『攻撃』1ポチで倒すことができます。 TA確定のキャラは他に『プレデター』、『ウーフとレニー』がいます。 装備例 これと同じ強さである必要はありません。 主人公のジョブはなんでも良いです。 1ターンで確実に倒しきるには、自石をドロップUP石にする場合フレンド石はマグナや属性石などの火力UP石にする必要があることが多いです。 しかしこの編成はクエスト開始後『攻撃』を押すだけ、あるいは開始前のREADY画面でAUTOを有効にする だけでクリアなので本当に1ポチで周回が可能。 よって差はわずかですが最速で周回できます。 一方、• 特定のキャラが必要になるので少し編成が組みにくい• レベル上げ用の枠が減る という難点はあります。 TA確定キャラがいない場合は、育成枠が減ります。 ジョンドゥは必ずしも闇である必要はありません。 くるりん祈願の金箱御守りは、トレハン3000回使用で貰えます。 ない場合は、スキルに開幕バリア効果を持つ他の武器 闇ならブラック・アンド・ダークネス でもOK。 両面ドロップ石にする場合、画像程度の装備が必要になります。 天聖ジョン・ドゥ必須• バリア武器必須• ブックマークを活用 周回する際には『キャンペーン限定クエストのフレンド石選択画面』をブックマークしておき、クエストリザルト画面 でブックマークを押すと、ドロップ確認画面を飛ばせるのでより高速で周回することができます。 ただし、それほど大きく変わる訳ではないため、位置的に押しにくいなどの理由からブックマークを活用しないのも有効です。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル攻略】強襲プレデター!アーカーシャ青箱ムーブ 終末なし【闇方天画戟】

グラブル ブラック アンド ダークネス

コロッサスケーン・マグナやブルースフィア等の武器を上限解放する時に使用する杖のエレメント。 この杖のエレメントの入手方法から集め方、そして砕いてエレメント化してもよいガチャ武器についてまとめます。 流石に刀と比べたら少ないですけど。 他にオメガウェポン等では要求してくるエレメントの量も500とか提示してきたり、また英雄武器を作るには対応した武器エレメントが 1023個必要なこともあるのでエレメント不足は簡単に発生しますね。 なので杖のエレメントを集める方法を見ていきます。 *月制限=30個* あと少し足りない時に交換するのがいいですね。 武器の上限解放にはエレメントの要求量が多いので最初から当てには出来ない方法ですね。 ただ蒼光の輝石はナル・グランデで入手できる一部トレジャーも交換出来るので、大量に余っている時以外は控えたいですね。 (+1)とかはおまけで貰える量です。 エレメント化有りにした武器は性能的にもエレメント化して問題ないです。 手持ち次第に入れたイリュージョン・セプターはアビリティダメージ上限上昇を持つので、自分の手持ちを見ての判断となります。 最終された武器でも氷晶杖やトリートウロボロスのような、防御よりな性能で優秀なものもあります。 あとは言わずと知れたブルースフィアとか。 現状無しは最終上限解放で化ける可能性があるので様子見です。 しかし地味にも玉鋼を使用する場面はあるので注意。 後は必要に応じてケーリュケイオン・ウロボロス等の最終上限解放され性能もそこそこなガチャ武器をエレメント化。 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略...

次の

【グラブル】アーカルムの転生攻略まとめ【04/22更新】

グラブル ブラック アンド ダークネス

コロッサスケーン・マグナやブルースフィア等の武器を上限解放する時に使用する杖のエレメント。 この杖のエレメントの入手方法から集め方、そして砕いてエレメント化してもよいガチャ武器についてまとめます。 流石に刀と比べたら少ないですけど。 他にオメガウェポン等では要求してくるエレメントの量も500とか提示してきたり、また英雄武器を作るには対応した武器エレメントが 1023個必要なこともあるのでエレメント不足は簡単に発生しますね。 なので杖のエレメントを集める方法を見ていきます。 *月制限=30個* あと少し足りない時に交換するのがいいですね。 武器の上限解放にはエレメントの要求量が多いので最初から当てには出来ない方法ですね。 ただ蒼光の輝石はナル・グランデで入手できる一部トレジャーも交換出来るので、大量に余っている時以外は控えたいですね。 (+1)とかはおまけで貰える量です。 エレメント化有りにした武器は性能的にもエレメント化して問題ないです。 手持ち次第に入れたイリュージョン・セプターはアビリティダメージ上限上昇を持つので、自分の手持ちを見ての判断となります。 最終された武器でも氷晶杖やトリートウロボロスのような、防御よりな性能で優秀なものもあります。 あとは言わずと知れたブルースフィアとか。 現状無しは最終上限解放で化ける可能性があるので様子見です。 しかし地味にも玉鋼を使用する場面はあるので注意。 後は必要に応じてケーリュケイオン・ウロボロス等の最終上限解放され性能もそこそこなガチャ武器をエレメント化。 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略...

次の