学校 教育 支援 センター。 教育支援センター|武蔵野市公式ホームページ

学校の教育相談活動と教育支援センターの役割機能 有村久春(東京聖栄大学教授)

学校 教育 支援 センター

最終更新日:令和元年(2019)10月15日 PDF [80. 3KB] 東部学校経営支援センター 〒113-0033 文京区本郷1-3-3(東京都教職員研修センター5階) 電話:【管理課】3815-2511 【経営支援室】3815-4740• 一橋高等学校• 日比谷高等学校• 六本木高等学校• 新宿山吹高等学校• 小石川中等教育学校• 竹早高等学校• 向丘高等学校• 工芸高等学校• 浅草高等学校• 上野高等学校• 忍岡高等学校• 白鴎高等学校• 白鴎高等学校附属中学校• 蔵前工業高等学校• 青山高等学校• 広尾高等学校• 竹台高等学校• 荒川工業高等学校• 青井高等学校• 足立高等学校• 足立新田高等学校• 足立西高等学校• 足立東高等学校• 江北高等学校• 淵江高等学校• 足立工業高等学校• 荒川商業高等学校• 葛飾野高等学校• 南葛飾高等学校• 葛飾総合高等学校• 農産高等学校• 本所工業高等学校• 葛飾商業高等学校• 文京盲学校• 葛飾盲学校• 葛飾ろう学校• 城北特別支援学校• 水元特別支援学校• 足立特別支援学校• 葛飾特別支援学校• 南花畑特別支援学校• 水元小合学園 東部学校経営支援センター支所 〒130-0002 墨田区業平1-7-4(東京都墨田都税事務所4階) 電話:3625-2191• 晴海総合高等学校• 三田高等学校• 芝商業高等学校• 日本橋高等学校• 墨田川高等学校• 本所高等学校• 両国高等学校• 両国高等学校附属中学校• 城東高等学校• 東高等学校• 深川高等学校• 科学技術高等学校• 墨田工業高等学校• 江東商業高等学校• 第三商業高等学校• 大江戸高等学校• 八潮高等学校• 大森高等学校• 蒲田高等学校• 美原高等学校• 六郷工科高等学校• 大田桜台高等学校• つばさ総合高等学校• 江戸川高等学校• 葛西南高等学校• 小岩高等学校• 小松川高等学校• 篠崎高等学校• 紅葉川高等学校• 葛西工業高等学校• 橘高等学校• 城南特別支援学校• 墨東特別支援学校• 矢口特別支援学校• 墨田特別支援学校• 江東特別支援学校• 港特別支援学校• 白鷺特別支援学校• 品川特別支援学校• 青山特別支援学校• 鹿本学園• 城東特別支援学校• 臨海青海特別支援学校 中部学校経営支援センター 〒151-0073 渋谷区笹塚1-26-9 電話:【管理課】3469-9783 【経営支援室】3469-9794• 新宿高等学校• 大崎高等学校• 小山台高等学校• 駒場高等学校• 桜修館中等教育学校• 目黒高等学校• 国際高等学校• 総合芸術高等学校• 田園調布高等学校• 雪谷高等学校• 桜町高等学校• 千歳丘高等学校• 深沢高等学校• 松原高等学校• 芦花高等学校• 園芸高等学校• 世田谷総合高等学校• 総合工科高等学校• 世田谷泉高等学校• 第一商業高等学校• 富士高等学校• 富士高等学校附属中学校• 荻窪高等学校• 杉並高等学校• 豊多摩高等学校• 西高等学校• 杉並総合高等学校• 三鷹中等教育学校• 神代高等学校• 調布北高等学校• 狛江高等学校• 大島高等学校• 大島海洋国際高等学校• 新島高等学校• 神津高等学校• 三宅高等学校• 八丈高等学校• 小笠原高等学校• 久我山青光学園• 中央ろう学校• 青鳥特別支援学校• しいの木特別支援学校• 中野特別支援学校• 永福学園• 田園調布特別支援学校• 光明学園 中部学校経営支援センター支所 〒170-0013 豊島区東池袋4-23-9(東京都労働相談情報センター池袋事務所4階・5階) 電話:3980-6081• 戸山高等学校• 鷺宮高等学校• 武蔵丘高等学校• 中野工業高等学校• 農芸高等学校• 杉並工業高等学校• 豊島高等学校• 文京高等学校• 千早高等学校• 稔ヶ丘高等学校• 飛鳥高等学校• 板橋有徳高等学校• 赤羽商業高等学校• 王子総合高等学校• 桐ヶ丘高等学校• 板橋高等学校• 大山高等学校• 北園高等学校• 高島高等学校• 北豊島工業高等学校• 井草高等学校• 大泉高等学校• 大泉高等学校附属中学校• 大泉桜高等学校• 石神井高等学校• 田柄高等学校• 練馬高等学校• 光丘高等学校• 練馬工業高等学校• 第四商業高等学校• 大塚ろう学校• 北特別支援学校• 大泉特別支援学校• 王子特別支援学校• 高島特別支援学校• 石神井特別支援学校• 板橋特別支援学校• 練馬特別支援学校• 志村学園 西部学校経営支援センター 〒190-0022 立川市錦町4-6-3(立川合同庁舎4階) 電話:【管理課】 042 527-6590 【経営支援室】 042 527-6980• 片倉高等学校• 翔陽高等学校• 八王子拓真高等学校• 八王子北高等学校• 八王子東高等学校• 富士森高等学校• 松が谷高等学校• 南多摩中等教育学校• 八王子桑志高等学校• 立川国際中等教育学校• 砂川高等学校• 立川高等学校• 府中高等学校• 府中西高等学校• 府中東高等学校• 農業高等学校• 府中工業高等学校• 昭和高等学校• 調布南高等学校• 小川高等学校• 成瀬高等学校• 野津田高等学校• 町田高等学校• 山崎高等学校• 町田工業高等学校• 町田総合高等学校• 日野高等学校• 日野台高等学校• 南平高等学校• 国立高等学校• 第五商業高等学校• 永山高等学校• 若葉総合高等学校• 八王子盲学校• 立川ろう学校• 町田の丘学園• 府中けやきの森学園• 八王子東特別支援学校• 多摩桜の丘学園• 八王子特別支援学校• 武蔵台学園• 七生特別支援学校• 調布特別支援学校• 南大沢学園 西部学校経営支援センター支所 〒187-0002 小平市花小金井1-6-20(小平合同庁舎3階) 電話: 042 466-6091• 武蔵高等学校• 武蔵高等学校附属中学校• 武蔵野北高等学校• 多摩高等学校• 青梅総合高等学校• 拝島高等学校• 小金井北高等学校• 小金井工業高等学校• 多摩科学技術高等学校• 小平高等学校• 小平西高等学校• 小平南高等学校• 東村山高等学校• 東村山西高等学校• 国分寺高等学校• 福生高等学校• 多摩工業高等学校• 東大和高等学校• 東大和南高等学校• 清瀬高等学校• 東久留米総合高等学校• 久留米西高等学校• 上水高等学校• 武蔵村山高等学校• 羽村高等学校• 秋留台高等学校• 五日市高等学校• 田無高等学校• 保谷高等学校• 田無工業高等学校• 瑞穂農芸高等学校• 小平特別支援学校• 村山特別支援学校• あきる野学園• 田無特別支援学校• 羽村特別支援学校• 小金井特別支援学校• 清瀬特別支援学校• 青峰学園.

次の

鴻巣市立教育支援センター/鴻巣市ホームページ

学校 教育 支援 センター

(1)基本的な考え方 今後、地域において特別支援教育を推進する体制を整備していく上で、特別支援学校(仮称)は中核的な役割を担うことが期待される。 特に、小・中学校に在籍する障害のある児童生徒について、通常の学級に在籍するLD・ADHD・高機能自閉症等の児童生徒を含め、その教育的ニーズに応じた適切な教育を提供していくためには、特別支援学校(仮称)が、教育上の高い専門性を生かしながら地域の小・中学校を積極的に支援していくことが求められる。 これまでも、盲・聾・養護学校の学習指導要領等において、盲・聾・養護学校は、「地域の実態や家庭の要請等により、障害のある児童生徒等又はその保護者に対して教育相談を行うなど、各学校の教師の専門性や施設・設備を生かした地域における特殊教育に関する相談のセンターとしての役割を果たすよう努めること」と規定されており、すでに様々な形で、地域の小・中学校教員や保護者に対する教育相談等の取組が進められている。 今後、特別支援学校(仮称)の機能として、小・中学校等に対する支援などを行う地域の特別支援教育のセンター的機能を、関係法令等において明確に位置付けることを検討する必要がある。 (2)センター的機能の具体的内容 いかなる形態の特別支援学校(仮称)をどのように配置していくかについては、各都道府県等において検討されるべきものであるため、センター的機能についても、すべての特別支援学校(仮称)が制度的に一律の機能を担うこととするのは現実的ではなく、各学校の実情に応じて弾力的に対応できるようにすることが適当である。 なお、盲・聾・養護学校における先進的な事例を踏まえ、特別支援学校(仮称)に期待されるセンター的機能を例示すれば、以下のとおりである。 小・中学校等の教員への支援機能• 特別支援教育等に関する相談・情報提供機能• 障害のある幼児児童生徒への指導・支援機能• 福祉、医療、労働などの関係機関等との連絡・調整機能• 小・中学校等の教員に対する研修協力機能• 障害のある幼児児童生徒への施設設備等の提供機能 このうち、小・中学校等の教員への支援機能、特別支援教育等に関する相談・情報提供機能、障害のある幼児児童生徒への指導機能、福祉、医療、労働などの関係機関等との連絡・調整機能については、具体的には以下のような内容が考えられる。 小・中学校等の教員への支援機能については、個々の幼児児童生徒の指導に関する助言・相談のほか、個別の教育支援計画の策定に当たっての支援などが考えられる。 特別支援教育等に関する相談・情報提供機能については、地域の小・中学校等に在籍する幼児児童生徒や保護者への相談・情報提供のほか、幼稚園等における障害のある幼児への教育相談が考えられる。 これまでにも、盲学校及び聾学校の幼稚部では、乳幼児期の子どもを対象とした早期からの教育相談を実施している場合があるが、障害者基本計画において乳幼児期からの一貫した相談支援体制の構築を図ることとされていることも踏まえ、今後、それぞれの地域の実情に応じて、こうした取組を広げていくことが期待される。 障害のある幼児児童生徒への指導・支援機能については、小・中学校の児童生徒を対象とする通級による指導や『いわゆる「巡回による指導」(後述)』のほか、盲・聾学校を中心に就学前の幼児や乳幼児に対して行われてきた指導及び支援が考えられる。 これらの実施に当たっては、小・中学校等との十分な連携が必要であり、今後、それぞれの地域の実情に応じて、こうした取組を広げていくことが考えられる。 福祉、医療、労働などの関係機関等との連絡・調整機能については、個別の教育支援計画の策定に当たり、福祉、医療、労働などの関係機関等との連絡・調整を行うことなどが考えられる。 なお、障害者基本法において、障害のある児童生徒と障害のない児童生徒との交流及び共同学習を積極的に進める旨が規定されたことを踏まえ、今後、盲・聾・養護学校(特別支援学校(仮称))に在籍する児童生徒と、地域の小・中・高等学校等(「等」は中等教育学校を指す。 以下、同じ。 )の児童生徒との交流及び共同学習の機会が適切に設けられることを促進するべきである。 (3)センター的機能が有効に発揮されるための体制整備 特別支援学校(仮称)がセンター的機能を発揮するためには、特別支援学校(仮称)間での適切な連携が行われるとともに、多くの特別支援学校(仮称)の管理運営を担う都道府県教育委員会と、小・中学校の管理運営を担う市町村教育委員会とが十分に連携し、小・中学校が円滑に支援を受けられるような環境を醸成していくことが重要である。 その際、地域の実情に応じて、小・中学校の特殊学級等が特別支援学校(仮称)と連携協力して、センター的機能の一翼を担う場合もあり得ることに留意する必要がある。 障害のある幼児児童生徒への支援については、福祉、医療、労働などの関係機関等との適切な連携も重要であるが、このためには、関係行政機関等の相互連携の下で広域的な地域支援のための有機的なネットワークが形成されることが有効である。 すでに各都道府県レベルで「障害保健福祉圏域」や教育事務所単位での支援地域の設定などが行われているが、この中に特別支援学校(仮称)のセンター的機能が適切に位置付けられる必要がある。 その際、「新障害者プラン」(障害者基本計画の重点施策実施5か年計画)において、策定することとされている「地域において一貫して効果的な相談支援を行う体制を整備するためのガイドライン」の内容にも留意する必要がある。 特別支援学校(仮称)がセンター的機能を有効に発揮するためには、高い専門性を有する教員が適切に養成・配置されることが必要であり、任命権者である各都道府県教育委員会等においては、人事上の配慮が望まれる。 また、各学校においては、校長のリーダーシップの下に、それぞれに求められる役割に応じて目的・目標を明確にして、組織や運営の在り方を再構築し、その成果を定期的に評価するなど一層効果的な学校経営が求められる。 さらに、センター的機能のための分掌や組織(例えば「地域支援部」など)を設けて校内の組織体制を明確にすることが望ましい。 お問合せ先.

次の

学校の教育相談活動と教育支援センターの役割機能 有村久春(東京聖栄大学教授)

学校 教育 支援 センター

係別業務案内一覧 係名 主な業務案内 管理係 1. センターの管理に関すること。 センターの文書および公印に関すること。 センターの予算および決算に関すること。 センターの利用承認に関すること。 地域住民の相互交流および自主的活動の場の提供に関すること。 中学校第3学年の生徒を対象とする学習支援事業に関すること。 センターの庶務事務に関すること。 センター内他の係に属しないこと。 研究相談係 1. 教職員の教育研究活動および研修に関すること。 適応指導教室の運営に関すること。 不登校児童・生徒等の居場所支援事業に関すること。 教育に関する情報の収集および発信に関すること。 教科書センターの運営に関すること。 教育相談係 1. 教育相談に関すること。 学校支援係 1. 教育に関する児童および生徒ならびにその保護者への支援に関すること。 教育相談に関する区内各学校の教職員への支援に関すること。 スクールソーシャルワーカーの業務に関すること。

次の