タッチ パッド スクロール。 ホイールパッドユーティリティでスクロールができない

Обзор и инструкции по устранению неполадок сенсорной панели

タッチ パッド スクロール

A ベストアンサー 職場はマウスオンリー。 家でのメインはタッチパッドで、他にマウス、スティックポイント(ポインティングスティック)、タブレットPC(タッチパネル)。 [Shift]or[Ctrl]+ドラッグ&ドロップも同様です。 (これはマウスと違って片手でもできるのでむしろ便利かも) 慣れれば普通の操作はマウス並みに使えるようになります。 マウス以上にやりやすい作業もありますし。 ただ、マウスより、慣れるための時間がかかるのは事実かと思います。 また、細かい操作にはどうしても難がありますね。 画像編集系アプリで顕著なんですが、その場合、何らかの設定バーの位置がわずかに違ったり、指定した位置がわずかに違うだけで、まったく違った結果になるんですよね。 ちょうどいい位置に合った、と思ったときでも、ちょっとした指の傾きで、わずかに位置が違ってしまったりとか。 エクセルのオートシェイプでちょっと複雑な図を描くときでも、位置あわせに苦労しますね。 あと、半角文字列の特定の部分をコピー&ペーストするときとかも。 これらの操作はできなくないんですが、ストレスがたまります。 私の場合、そういうときは結局マウスを接続することになりますね。 スティックポイントは曲線移動や、すばやい動きがかなり苦手ですね。 どういうことかというと、手書き文字入力や文字入力パッド(クリックして文字入力するやつ)を使ってみれば一目瞭然だと思います。 これも慣れで、通常の操作はマウス並みに(場合によってはそれ以上に)使えます。 トラックボール、タッチパネル、ペンタブ、等々は話に出てきてないので省略。 まあそれぞれメリット・デメリットがあるけど、普及しているからには、それなりに使えるってことでしょうか。 最後に一言。 マウスって圧倒的に普及しているから、使いやすいように思われがちですけど、実はかなり慣れの必要なデバイスですよ。 あまりパソコンに触ったことのない人を見てるとよくわかります。 (逆に慣れが早いのはトラックボールかな? 普及率低いけど) 職場はマウスオンリー。 家でのメインはタッチパッドで、他にマウス、スティックポイント(ポインティングスティック)、タブレットPC(タッチパネル)。 [Shift]or[Ctrl]+ドラッグ&ドロップも同様です。 (これはマウスと違って片手でもできるのでむしろ便利かも) 慣れれば普通の操作はマウス並みに使えるようになります。 マウス以上にやりやすい作... Q おはようございます。 表題の通りマウスのホイールが効かなくなる場合があります。 正確にいうとホイールのスクロールが効かなくなり、押し込みは使えます。 状況としては普通にネットやエクスプローラーを開いていて使用しているとスクロールが使えなくなります。 ページの切り替わり時などに発生しやすい気がします。 右端のスクロールバー?で少しスクロールすると効くようになります。 ページ内のほかの部分(リンク・バー・メニュー等)のクリックでは直りません。 マウス:ロジクールM705 使用1年弱 2ヶ月ほど前より発生。 電池交換済み。 基本ブラウザ:クローム *マイピクチャなどのエクスプローラーでも発生します。 windows7使用。 不足条件があれば分かる範囲で追加致します。 対策法・原因等お分かりの方よろしくおねがいいたします。 A ベストアンサー ほかのPCに接続しても同じ症状が出るならマウス側の問題で、ほかのPCでは問題ない場合は、PC側の問題と思います。 マウス側の問題の場合は、分解せずに本体の隙間などからエアダスターで吹いてほこりを飛ばしてみてください(分解すると期間内でも保証がきかなくなりますのでご注意ください)。 それでもダメなら、購入証書と保証書を用意してロジクールに連絡すれば、3年以内なと交換して貰える可能性が高いです。 どちらかが欠ける場合は保証対象にはなりません。 PC側の問題だとすると、以下の対応を。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の

タッチパッドの縦スクロールを有効にするには

タッチ パッド スクロール

:新しいノートPCを使い始めたときに、タッチパッドのスクロールの動きが今まで使っていたPCと違っていたことはありますか? これまでMacユーザーだった方なら、Windows 10のタッチパッドのスクロールは非常になじみにくいかもしれません。 しかし、Windows 10のタッチパッドについて悩む必要はありません。 こちらに、Windows 10の楽しさを損なわず、スクロールを以前と同じ方向に変えてしまえる解決策を紹介します。 初めに、「ファイル名を指定して実行」する必要があります。 マウスプロパティのスクリーンを開くため、「Main. cpl」を検索してください。 スクリーンの一番右に、目的のタブがあります。 この名前はPCによって異なりますが、デバイスの設定、タッチパッドの設定、タッチパッド、シンクパッドのような名前のタブではないかと思います。 タブの一番下にある「設定」をクリックしてください。 ここから、「スクロール」のオプションを探します。 「方向を変える」「方向を逆にする」「スクロールの方向を逆にする」などがあるかと思います。 なお、このオプションはPCのメーカーによって言い方が少しずつ違っていることを覚えておいてください。 しかし、ここにたどりつく方法はどれもほぼ同じです。 別のタイプのPCでは、そこまでする必要はなく、「設定」>「デバイス」>「マウスとタッチパッド」に行くだけで設定を変更できるかもしれません。 そのページの一番下に、「タッチパッドのスクロールを逆にする」のチェックボックスがあるでしょう。 繰り返しになりますが、やり方は使っているPCによって違ってきます。 しかし、どちらにしても、自分好みのスクロールの方向に設定できるはずです。 |MakeUseOf Dave LeClair(訳:) Photo by Shutterstock.

次の

タッチパッドの縦スクロールを有効にするには

タッチ パッド スクロール

例えばタッチパッドを下になぞると、カーソルが上に動く・・・という感じです。 右になぞるとカーソルは左に動きます。 なんかのゲームでこんな動作があった気がするのですが、慣れてない僕には使いにくいことこの上ないのでスクロールの向きを変更する事にします。 Windows10でタッチパッドのスクロール方向を変更する方法 当然ながら、タッチパッドのスクロール方向を変更することは可能です。 (以下ではThinkPadを使用しています) まずは左下のWindowsアイコンをクリックして、その後左下に現れる歯車アイコンをクリックします。 「Windowsの設定」が表示されるので、「デバイス」をクリックします。 「マウスとタッチパッド」の項目をクリックします。 「その他のマウスオプション」をクリックします。 「マウスのプロパティ」の画面になったら「ThinkPad(機種によって異なる)」のタブをクリックして、矢印の「設定」をクリックします。 「スクロール」のタブを選択します。 「2本指スクロール」の項目に「方向の切り替え」という設定があると思うので、このチェックを外してやります。 上の画像の様に「方向の切り替え」のチェックを外したら、「OK」や「変更の保存」などを押して、設定の変更を有効にしましょう。 これでタッチパッドのスクロール方向が変わったはずです。 この方法は機種によって微妙に異なるかも知れませんが、恐らく「なぞる方向と逆にしかスクロールできない」というPCはないと思うので、設定を探してみると良いかと思います。

次の