手足 口 病 大人 出勤。 大人の手足口病の症状とは?

手足口病に大人がなる感染率、治療はどうする?出勤はできる?

手足 口 病 大人 出勤

スポンサーリンク 手足口病とは? 手足口病とは、手や足、口の中に多くの発疹ができてしまう感染症です。 ウイルス性の感染症ともされていて主に子供が感染しやすいとされていますが、大人でも感染します。 主に夏場に手足口病が流行ったりします。 手足口病が大人が感染した場合、重症化しやすい人もいます。 手足口病の初期症状は? 手足口病の初期症状としては赤かったり、水泡のような「 発疹」ができることです。 発疹ができてしまうのは、手足口病の特徴でもあります。 手足口病は言葉通り、手や足、口の中にでき水泡性の発疹のような発心ができます。 手と足にできる場合は、水泡性の発疹でが多く、 口の中は口内炎のようなものができます。 手や足、口の中にできるものですが、例外として 手の甲、腕、足の甲、お尻などにもできることもあります。 手足口病はなぜできる? 抵抗力があると感しやすい場合だと、免疫力なども落ちているのでできやすくなります。 手足口病は感染症でもあるので、『 うつる場合』があります。 子供さんから大人へ・・と逆もありきなのでうつされた場合もあります。 手足口病には潜伏期間がある 潜伏期間は1~3日ほど潜伏期間があり、手足口病だと3日以降から発疹ができてしまいます。 そのため初期症状が見つかりにくい場合もあり、手足口病の人と触れたり関わったりした場合は、うつっている場合もある場合もあります。 手足口病の初期症状以外の症状 手足口病の場合、初期症状の発疹以外にも人によっては様々な症状が出てしまう場合もあります。 大人の代表的な症状は、発疹による「 かゆみ」や「 痛み」です。 そのほかに、• 倦怠感• 筋肉痛・関節痛 などが起きやすく、普通の風邪と勘違いしやすいですが発疹が多くできてしればかゆみや痛みも生じることも多く、 何割かの人は40度以上の高熱がでる場合があります。 すでに発疹ができていて高熱がでているなどは初期症状ではなく、少し悪化していることになります。 発疹の症状は大人と子供で違う 子供でもできやすい手足口病ですが、大人と子供では症状が違います。 それは「 痛み」の有無です。 子供の場合は手足口病でも痛くないケースが多いのですが、 大人の場合は痛みが生じるなど重症化しやすいこともあります。 特に熱が出ていると患部に痛みがあったり、痛みが強くなる人も多いです。 患部によって痛い場合があるなど、人それぞれによって違ってきます。 足に手足口病ができた場合、靴を履いた時などか発疹を踏んでしまったり、口の中だと食べ物が食べにくい、手だと水洗いが困難など辛い面もあります。 なぜ手足口病でかゆみが起きる? 発疹からのかゆみが起きるのかというと、夏場なので汗をかいたり、体温があがるためです。 また石鹸やシャンプーなどが手足口病の時の皮膚の弱い状態だと合わないことがあり、それが合わずにかゆみが生じてしまう場合もあります。 手足口病のかゆみ対策やかゆみが生じた場合どうすればよい? かゆみが生じてしまった場合、下記の対処方法がおススメです。 ・患部を冷やす ・お風呂はぬるま湯 ・お風呂は石鹸を使わず汗だけ流す ・かゆみ止めを塗る 温かいとどうしてもかゆみが生じやすくなるので、お風呂はできるだけ気持ち塗る湯が手足口病のかゆみケアには良いです。 患部を冷やす場合は、冷やしたものをタオルで巻いて患部に当てた方が安心です。 当てすぎると逆に刺激になる場合もあるので、長くは当てない方が無難です。 手足口病はどのくらい続く? 手足口病は2週間~1ヶ月程度で治るとされています。 初期症状の潜伏期間1~3日で、初期症状の水泡性の発疹ができます。 その後、完全に発疹などが悪化したり、かゆみ痛みが生じて熱が上がったりするのが7~10日程度。 その後熱が下がって発疹が消失という感じになります。 口の場合は剥がれずに体の中に吸収されやすく、発疹も徐々に回復していきます。 ただ大人の場合、子供と違い年齢によっては肌の代謝が遅くなるので、治るには若干時間がかかる可能性もありますが、1ヶ月程度できれいになることが多いです。 手足口病が発症した場合どう対処する? 手足口病は免疫力が低下しているとうつりやすいので、 ・マスクをつける ・タオルなど患部を他の人との接触に気を付ける ・くしゃみなどはハンカチで抑える ・手洗い・うがいをする ・栄養を取る ・病院へ行って薬をもらう などがあります。 口の中に水泡ができている場合、ヘルペスなどの場合もありますが、まずは手足口病っぽい症状が出たら病院で診察してもらうのが安心です。 市販の薬は売っている? 手足口病かはわからないけれど、病院に行くのはめんどいという方もいらっしゃると思って薬局やドラックストアに行かれるのではないでしょうか。 残念ながら、かゆみ止めなどの薬は売っていても、 手足口病の専用の薬は売っていません。 自己判断で別の薬をぬったりするのは危ないので、まずは病院で手足口病かを診察してもらって薬などをもらった方がいいですよ。 もしかゆみ止めが欲しい場合は、薬局やドラックストアの薬剤師さんに説明して選んでもらうと良いですよ。 大人初期症状の状態で病院に行けば、そこまで重症化する確率は下がると思います。 初期症状を超えて悪化している場合は、できるだけ行った方が薬など処方されるので治りも違ってきます。 なので発疹を確認した場合はすぐに病院に行くと良いのですが、手足口病の場合はどこの病院に行けばよいのか? 手足口病はどこの病院へ行けばよい? 手足口病の場合は、• 皮膚科 のどちらかに受診すれば大丈夫です。 発疹がすごいできてかゆみや痛みがものすごく生じている場合は、皮膚科の方が皮膚の専門なので詳しいこともありますが、病院の内科の受診でもOKです。 ちなみに子供の場合は、小児科でもOKです。 手足口病の場合仕事には行ける? 大人の場合「仕事」はつきものですが、手足口病ができてしまった場合は会社に出勤して大丈夫か? 手足口病は子供・大人関わらずうつる場合があるので、疲れている人が会社にいるとうつしてしまう可能性もあります。 初期症状であっても、まずは会社に行っても大丈夫かどうかの 病院で確認してみること。 もしダメな場合は、診断書などを書いてもらえるかもしれません。 万が一大丈夫で薬を塗っているとしても、一応会社と相談した方が安心なので相談してみてくださいね。 まとめ 手足口病は大人でもできてしまう感染症です。 できてしまうと発疹からのかゆみ・痛みなどが生じて熱も出るなど苦しい状態になります。 特効薬というものがないので、初期症状でも発疹が多くできていれば病院で診察してもらった方がいいですよ。 もしかしたら口の中にできている水泡や口内炎は、ヘルペスなどの場合もあるので、手や足、口にしろ自己判断で他の薬などは塗らない方がいいです。 日ごろ栄養を取って体調を管理していれば、他人が手足口病でもうつるリスクは減ります。 ただ逆にうつす場合はあるので、薬と栄養をとって一日でも早く回復できるように休んだりしてくださいね。

次の

Vol.198 大人の手足口病

手足 口 病 大人 出勤

スポンサードリンク 手足口病に大人がなったときに出勤はしてもいいの? 2017年現在、手足口病はインフルエンザのように出勤停止義務はないのですが、 感染症であることに変わりはないので、出勤については病院の主治医や会社の上司に相談しましょう。 飛沫感染するので1ヵ月ぐらいはマスクをつけて勤務するのが望ましいです。 大人が手足口病になると、高熱が出ることがあるので、そのような時には会社を休んで休養してください。 また、子供と同様に手足口に水疱ができますが、水疱に触れた手で人に触ったりすると感染の原因になります。 夏場に多い病気なので、休日にプールに行く予定などを立てている人もいますが、 発熱がなくても水疱が出来ていたらプールは控えて下さい。 症状が出始めて痛みが治まるのに約10日、水疱が消えるのは子供より時間がかかり2~3週間を要します。 手足口病に大人がなったらまわりにも感染する? 手足口病は、接触感染、経口感染、飛沫感染、糞口感染が考えられています。 くしゃみや鼻水、タオルの兼用、トイレの蛇口、など感染経路が多いので、幼児は特に一気に広まってしまいます。 また、手足口病に子供がかかると家庭内で広まり、親に感染することがあります。 大人同士の感染は考えにくいですが、幼児期に一度も手足口病のウイルスに感染したことのない人や、 今まで感染したことのない種類のウイルスが流行した場合などは、大人同士でも感染する可能性があります。 スポンサードリンク 手足口病に大人がなったら病院はどうしたらいい? 大人が手足口病になる確率は0. 6%とネットのサイトで多く書かれていますが、 医学的根拠の書かれている文献は見当たらないようでした。 確率はともかく、子供から手足口病をもらったというブログは多く見かけたので、珍しい話ではなさそうです。 手足口病は2011年から2年に一度大流行の兆しを見せていて、 2017年7月にも、前年の約7倍と国立感染症研究所より発表されました。 もし、手足口病の子供の看病をしていて自分も水疱が出たり、発熱があったら、病院を受診しましょう。 大人の手足口病は重症化しやすく、高熱が出ることもあり、放置していると危険な症状につながることもあるからです。 「手足口病は薬がもらえない」という情報が多く流れていますが、 口内炎で水分が取れなくなって脱水症状を起こすなど、処置が必要な症状もあるので、子供以上に注意が必要です。 まとめ 今回は大人の手足口病について書きましたが、実は私も手足口病を子供にうつされたことがあります。 直径1cm以上の口内炎が出来て、痛みのあまり一睡もできず、何日もフラフラになって過ごしました。 子育て中は、どうしても子供優先になってしまって、子供の病気をもらうことも多くありますよね。 手足口病は大人がうつると大変なので、子供が診断されたら、タオルの兼用やコップの共用は避け、 家族がうつらないよう気を付けることが大切です。

次の

大人の手足口病の症状とは?

手足 口 病 大人 出勤

スポンサーリンク 大人の手足口病の原因と症状は? <原因> 手足口病患者のほぼ90%は、5歳以下の子供です。 しかしながら、大人がかかることも少ないといえ、実際にあるんですね。 どういう原因で大人が罹患してしまうのか? 大人が手足口病を発症してしまうのは、体力や免疫力が下がっている時です。 手足口病は、ウイルス性疾患なんです。 感染経路としては、自身の子供の鼻水や唾液などを触ってしまっての接触感染、咳やくしゃみによる飛沫感染でうつってしまいます。 また、大人の感染で多い状況としては、子供のオムツを交換したあとの手洗いが不十分なこともあげられます。 ウイルスが手に付いたまま食品を取り扱ってしまう場合です。 夏の時期に発症することが多く、初期症状は風邪と似ていることから、夏風邪と間違えられやすいんですね。 手足口病のウイルスは、高温多湿に強く、夏場に流行しやすいという特徴があります。 夏の始まりから患者数が増え、7月後半くらいにピークとなることが多いです。 <症状> 手足口病に罹ると、大人の場合だと3割程度の人がかなりの高熱が出ます。 子供だと、通常38度以下が多いのですが、大人では40度近くになることも。 その他にも、指先に痒みを伴う発疹が出て、しばらくしてから爪がはがれてしまうこともあり、足の裏や、口の中にも発疹や水疱ができることもあります。 発疹は痒いだけではなく、場所によっては痛みがあるかもしれません。 子供と同じように、寒気、咽頭痛、頭痛や筋肉痛などの症状を起こしたりもします。 大人の症状も人によって症状の差が結構あるんですね。 軽い人もいれば、痛みや浮腫がかなり酷い人もいて千差万別です。 大人の手足口病の治療は?受診の際は何科が良いの? 手足口病になってしまっても、この病気は根本治療はありませんので、自然に回復するのを待つしかありません。 治療としても、痒み、痛み…などに対しての対症療法です。 子供が手足口病になって、親も思い当たる症状が出ているのなら、親自身も感染して発症してしまったと考えて間違いないと言えます。 ただ、症状が辛いのであれば、受診をして対処して貰うのも良いでしょう。 仕事に行ける状態か、または出勤してはいけないのかの判断をしたい場合にも受診の意味があります。 この場合、内科でも皮膚科でもかまいません。 通常、1週間~10日前後で症状が軽快し、治癒へ向かいます。 スポンサーリンク 仕事へ行っても大丈夫なの?出勤しても良いのはいつから? 症状がおさまっても、感染力はあります。 とはいっても、感染力自体は、それほど強くはありません。 飛沫感染、接触感染のリスクは10日から2週間程度で減っていきます。 本来、大人には感染しにくいのです。 たとえ、子供が手足口病にかかっていてもです。 体が弱っているときに、まんまとウイルスにやられてしまった、という経緯なんですね。 ということは、会社でも人にうつしてしまうこともゼロではありません。 また周囲の人達の心理面を考えると、微妙です。 無理してまで仕事に行って、処理しなければならない業務というものがないのでしたら、お休みしても良いかもしれませんよ。 ただ、他者への感染はそれほど配慮する必要はないという医師も少なくはないです。 受診の際に、確認してみてくださいね。 仕事に行くにしてもマスクを装着するなどし、周囲の人への配慮を忘れないようにしましょう。 大人が手足口病に感染するのは、ほとんどが免疫力が低下している場合です。 その状況で、子供の糞口感染が主となるんですね。 手足口病のウイルスは1種類ではなく、複数種類あるので1年のうちで2回かかる場合もあります。 子供が病気でないにしても、普段から健康に留意し、日常的に手洗いは徹底する習慣づけが大切です。 大人が発病して高熱が出て、喉の痛みもあると食事や水分が十分に摂れなくなる可能性があります。 この場合には、脱水症状になりすいので、くれぐれも注意しましょう。 唾を飲み込むのも辛いという時には、やはり受診して輸液してもらうことも必要かもしれません。 その時の状況次第で、適切な対応をしてください。

次の