ジャパネット 初 売り。 ジャパネットの2014年新春初売り:ジャパネットたかた通販ガイド

ジャパネットカードレビュー

ジャパネット 初 売り

「所有」より「体験」を重視したい人が多い 画像引用元: GfKの調査によると、日本では「所有」より「体験」を重視する人が多いという結果が出ています。 これは世界的にも同じ調査結果となっており、全体的な流行として、コト消費が広がりつつあることを示しています。 2017年のコト消費事例 今回は、2017年のコト消費事例をマスコミに取り上げられた順番で15個ご紹介します。 コト消費の流行を把握するために、ぜひ参考にしてみてください。 東武百貨店池袋本店 東武百貨店池袋本店では、カップル限定の福袋「めざせ55段!!レトルトカレーをAh!盛~れ!(アモーレ)福袋」を発売しました。 「北野エース」のレトルトカレーをカップル2人で積み上げ、その分だけ貰えるという企画です。 ゲーム感覚で楽しめる体験型福袋として、ほかの競合商品との差別化を果たしています。 参考: 2. 東関交通 東関交通は、婚活イベントとして「恋するバスコン」を開催しています。 参加者はバスで移動し、サービスエリアで休憩を席替えを行います。 その後、一緒にイチゴ狩りなどを体験することで、交流を深めていくことができます。 ほかにも、無人島体験や神社の参拝など、様々な体験型婚活イベントの開催も特徴といえるでしょう。 席に座って会話する通常の婚活イベントとは異なり、体を動かしながら交流するため、会話も弾みやすいと好評で、参加者は5年前から約2倍に増えているようです。 参考: 3. 東京ディズニーリゾート 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、2017年4〜9月の連結営業利益が前年比7%増加しました。 その要因は、夏に開催されていた映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のイベントに人気が集まったことだといわれています。 イベントで思い出をつくるためにアミューズメントパークに訪れる入園客も増加しており、今後も如何に顧客に対して経験価値を提供していくかが求められていくといえるでしょう。 参考: 4. ジャパネットグループ ジャパネットグループは、2017年7月に豪華客船をチャーターし商品化したクルーズ旅行のテレビ通販を始めました。 番組内では客船での食事やエンターテイメントショーなどの魅力を紹介し、朝食のルームサービスを無料で行うなどのオリジナルの特典も付与しました。 その結果、1人229,800円という高額な商品にもかかわらず、紹介直後から入電が相次いだとのことです。 クルーズ旅行はニーズはあるもののどこで探せばいいのかわからない顧客も多いと分析した結果、これまでにない「体験」のテレビショッピングに成功しました。 参考: 5. なんば戎橋筋(えびすばしすじ)商店街 なんば戎橋筋(えびすばしすじ)商店街では、大型商業施設や通信販売に流れてしまいがちな地元客を取り込むため、「体験博2017」を開催しました。 訪日外国人だけではなく地元客に対しても、グルメや街歩きなどの体験 プログラムを提供し、商店街の魅力を訴求しました。 すり身の天ぷらを作る体験会など、日本にいてもなかなか経験できない プログラムが高い満足度を得ています。 参考: 6. ケイ・ウノ ケイ・ウノでは、顧客が自分でペアリングや結婚指輪を作るサービスを展開しています。 顧客は複数のプランから体験を選ぶことができ、職人が付き添います。 手作りでも完成度が高いため、2人で思い出を作りたいというカップルからの申込みが増えています。 価格も79,000円からと比較的安価であるため、指輪そのものの価値よりも、その指輪を手に入れるまでの過程に価値を見出す顧客のニーズに応える商品だといえるでしょう。 参考: 7. FEELCYCLE(フィールサイクル) FEELCYCLE(フィール サイクル)は、アメリカで生まれ、世界的に人気を集めているバイクエクササイズです。 インストラクターがペダルの回転数などによる負荷を調整し、1人ひとりに応じたレッスンを組み立てます。 人目を気にしない暗闇の中で音楽に合わせてレッスンを行うため、誰でも思い切り体を動かせると好評で、日本でも店舗数が増えています。 地道で辛いダイエットのイメージを払拭し、ライブ感覚で楽しめるエクササイズとなっています。 参考: 8. 車泊 2017年11月から、総務省の「IoTサービス創出支援事業」の委託により、熊本県と長崎県の7つの地域で「車泊」のサービスが始まりました。 車泊とは、普通車やキャンピングカーで家電製品を活用しながら車中泊を楽しむアウトドアサービスです。 屋外でも電気が使えるため、気軽な旅行気分でアウトドアを楽しめます。 都心に人口が集まる中、地方の魅力を打ち出すことで地域活性化を促すための施策として注目されています。 参考: 9. 日本旅行 日本旅行は、長野県飯山市で「日本旅行ファーム」をオープンしました。 日本旅行ファームは訪日外国人に向けた観光施策、農業を通した地域活性化のために作られた農園です。 飯山市内のりんご農家と連携し、訪日外国人に向けてりんご狩りなどの体験企画を提供しています。 日本旅行は、今後もほかの地域と連携を深め、事業展開を進めていく見とおしです。 参考: 10. 東京ハーヴェスト2017 11月11、12日、六本木ヒルズで「東京ハーヴェスト2017」が開催されました。 東京ハーヴェストは、食材の通販会社が中心になり、農家や漁師などの生産者に感謝を伝える目的で5年前から開催しています。 イベントでは、地域の特産品や食文化を楽しめる コンテンツが用意されており、訪日外国人向けに英語での料理教室なども開かれました。 参考: 11. TACTIVE(タクティブ) タクティブは、コト消費を コンセプトとした千葉県のそごう千葉の売り場「ジュンヌ」に出店しました。 卓球台と合わせて商品の ディスプレイスペースも用意し、レッスンを通じて顧客に合う用具をスタッフが提案します。 参考: 12. メイカーズベース• TACTIVE と同じく、メイカーズベースもそごう千葉の「ジュンヌ」に出店します。 メイカーズベースは、100種類以上の機器を使った様々なワークショップを提供する会員制工房です。 そごう千葉の「ジュンヌ」は、体験型專門店館を コンセプトとした商業施設で、TACTIVEやメイカーズベースなどの体験価値を提供する企業を誘致しています。 参考: 13. 西武ホールディングス 西武ホールディングスは、アメリカのニュース番組で日本の旅行番組を放映しました。 アメリカでのプロモーションを通じて、訪日外国人の利用につなげる狙いがあります。 番組では、日本の歴史や文化を楽しめるスポットとともに西武グループのホテルも取り上げ、日本の魅力を観光ルートに沿って訴求する構成となっています。 また、紹介した観光ルートは欧米の旅行サイト「VOYAPON」にも掲載し、プロモーションを強化しています。 参考: 14. イオン イオンは、アウトレット主体のショッピングセンター「THE OUTLETS」をオープンします。 スケート リンクなど、コト消費を意識した施設も多く導入することで、地元の観光資源を活用しつつ、広範囲から集客を狙います。 イオングループがアウトレットを主体とするのは初めてで、今後の動向に応じて展開していくとのことです。 今後、ショッピングセンターでも「買う」だけではなく「体験する」価値を提供する機会は増えていくでしょう。 参考: 15. 観光庁 観光庁は、訪日外国人のコト消費を広げるため、「VR(仮想現実)」や「AR(拡張現実)」の活用を進めます。 例えば、歴史上の名所でVRを活用すると、戦国時代の様子などを再現できるようになります。 有識者会議を立ち上げ、今後の活用について議論を進める方針です。 国として方向性が定まることで、訪日外国人に向けた企画は企業にとっても取り組みやすくなっていくでしょう。 参考: まとめ 「コト消費」は、「モノ消費」よりも顧客の心が動く機会が多いため、顧客の印象に長く残りやすい特徴があります。 顧客にとってただ消費するための商品ではなく、思い出として印象付けることで、リピート利用や新規顧客の紹介などにもつなげやすくなります。 また、顧客に自社でしか経験できない価値を提供することは、社員のモチベーションを高める要因にもなり得ます。 顧客にとっての経験価値は、社員にとっての経験価値にもなる可能性を秘めているのです。 過去に自社でそうしたサービスを企画したことがない方も、来期はコト消費に挑戦してみてはいかがでしょうか。 この記事を読んだ方へおすすめ プログラム プログラムとは、ここではコンピューターが行うべき処理を順序立てて記述したものを指します。 すべてのコンピューターはプログラムに従って動作しており、データとして表現され、記憶装置に格納されます。 広義では「ソフトウェア」の一部ですが、プログラムの一部でソフトウェアという語を用いる場合もあります。

次の

ジャパネットカードレビュー

ジャパネット 初 売り

先日ジャパネットたかたで、ある高級炊飯器を買ったら、2012年発売の型落ち品でした。 DMカタログにはいっさいそのようなことが書かれておらず、さも現行品であるかのような商品説明でした。 また、今回の品が型落ち品であることは、型番をネット検索して分かったのですが、年寄りにはそんなことできると思いますか? 視聴者を現行品であるかのように欺いて型落ち品を売りつけ、達成した過去最高益なんて意味はない。 このようなジャパネットたかたの売り方に強い憤りを覚えるのですが、皆様いかがでしょうか。 現行品であるかのように説明して 実際に商品を購入して実物を開封してみたら 型落ちだったのでしょうか。 ロングセラー製品で現行品と説明をしているなら問題はないだろうけど ジャパネットたかたは、トヨタや日産と提携して自動車の助手席に乗せる子供用のエアバックシステムの リコールが相当の数で 発生してかなりの負債総額になってます。 2006年から2011年までガラス製のテレビ台のリコールも発生しテレビを載せていて震災以降ガラスが割れてテレビやレコーダーが破損する事故が相次ぎました。 負債総額は800絵億円だそうです。 東京に新社屋ビルを新設して若い日と向けの通販を始めたそうですが、 一度たかたで購入したものはびた一文でも返品はしてくれません。 売れ売れ商法みたいなものです。 負債を隠して取締役CEOを退任し長男に交代したみたいですが、とてもいい状態ではありません。 エアバックによる事故は既に報告されていてかなりたかたには、痛い損害です。 若い人材を沢山採用し人件費の塊で商売しているような会社です。 泣き寝入りするしかないとおもいます。 いつたかたは、破綻してもおかしくありませんね。 リコール対応も電話の対応も悪いようですね。 購入しておいて返品なんて脅されそうですね。 今の若者はみんなそんなのばかりですからね。 炊飯器買うだけでどんなものを送ってくるのかわかりませんね。 もう昔に戻ったみたいな感じです。 通販では現行品のような見栄を張るのがどうかしてます。 コジマ電気でエアコンを購入するのが1994年なら 92年製のエアコンを購入していた時代を思い出しますね。 コジマは古いエアコンを2年もブランクを明けて売っていた次代もありました。 そういう時代に戻りそうですね。 たかたも売れなかったのでしょうね。 炊飯器が2年前の定価が11万で購入するときは5万なら オークションとかそんな感じがしてしまいます。 今の時代なら しかし一度購入してしまうと コールセンターの対応は非常に悪いです。 ガラス製のテレビ台の損害だけで、負債が800億円ですからね。 2014年も続いています。 社長が辞める辞めないとゴタゴタしてましたが、 やはり ジャパネットたかたも経営が相当苦しくなって来たんでしょうね。 最高益といっても、(最高益でなかったら社長辞めると社員を脅迫?したそうですが) 売上高急減の中でも必死に叩き出した結果で、かなり無理して出した数字ですから、売り方にも社員の努力(下品さ)が出たんでしょう。 (ネットに圧されて、量販店も通販も苦しいみたいで、家のリフォームやら従来機種以外の分野に何社かが乗り出してますしね。 ) 場末の店ならともかくも、公開のテレビ通販で購入した善良な人にそのような思いをいだかせたら、商売人として失格です。 事情通なら、当たり前(安く売るのはそれなりの事情がある)ですが、型落ちは説明すべきだと思います。 (社員の努力で隠したのかもしれませんが) J. たかたの今後の業績は注目です。 >先日ジャパネットたかたで、ある高級炊飯器を買ったら、2012年発売の型落ち品でした。 DMカタログにはいっさいそのようなことが書かれておらず、さも現行品であるかのような商品説明でした。 また、今回の品が型落ち品であることは、型番をネット検索して分かったのですが、年寄りにはそんなことできると思いますか?視聴者を現行品であるかのように欺いて型落ち品を売りつけ、達成した過去最高益なんて意味はない。 このようなジャパネットたかたの売り方に強い憤りを覚えるのですが、皆様いかがでしょうか。

次の

2017年「コト消費」事例15選!体験型サービスのトレンドを掴もう|ferret

ジャパネット 初 売り

『 すごい戦略』(名和田 竜著、あさ出版)の著者は、本家ランチェスター協会でランチェスター戦略を学び、そののち独立したというNPOランチェスター協会常務理事兼副研修部長・認定インストラクター。 そうした実績をもとに、本書では「ジャパネットたかた」の成功要因を「ランチェスター戦略」という視点から探っているのだそうです。 ちなみに著者によれば、戦闘に科学的アプローチを取り入れた勝ち負けのルールである「ランチェスター法則」を理論化し、ビジネスの領域へと持ち込み、実務体系化したものが「ランチェスター戦略」なのだとか。 「ランチェスター戦略」の考え方をザックリ言ってしまうと、弱者であれば、まずは小さな市場でかまわないので、自分たちの強みが活かせる(勝てそうな)市場に重点化し、そこにおいて自社の「質」的要素と「量」的要素を集中させ、圧倒的な1位になる! (ナンバーワンになるまでやり切る!)ということです。 そして、小さくともナンバーワンをいくつもつくり上げ、やがて大きなナンバーワンへとなっていくことを目指します。 これが、「ランチェスター戦略」の基本的な考え方です。 また、その判断基準は「シェア」(市場占有率)であるということも付け加えておきましょう。 (44〜45ページより) 「ランチェスター戦略」では、弱者には弱者の、強者には強者の戦い方があり、その判断基準は市場シェアにあると定義づけているのだそうです。 なお、「弱者」が取るべき「差別化戦略」を実践するための5大戦法は次のとおり。 第5章「ランチェスター視点で斬る! ジャパネットたかたの『戦闘力』」中の、「『ランチェスター戦略』(5大戦法)の視点で見ると」に目を向けてみましょう。 局地戦 著者によればジャパネットは、局地的な戦い方をしているとは言いがたいビジネスを行っているのだそうです。 つまりは局地戦ではなく「広域戦」だということで、強者の戦略をとっていると解釈できるわけです。 そこが、通常の弱者のやり方との大きな違い。 といっても当初は、弱者の立場だったのだといいます。 しかし前社長の高田明氏がラジオショッピングというメディアと出会ったことにより、それまでの弱者にはなかった「メディア・コンテンツ」という武器を手にするわけです。 だからこそ、弱者であれどやり方次第で強者と渡り合えるということ。 大きな市場でも勝負できる状況をつくっていったのです。 しかし、メディア自体が武器という意味ではないのだそうです。 また、インターネットであれば全国・全世界で勝負できるため、弱者はネットを使えば局地戦で戦う必要はないという結論に結びつけたいわけでもないといいます。 基本的には、ネットを主体とするビジネスであっても私は、ターゲットを絞り込んだ「局地戦」で挑むことを推奨しています。 メディアやネットが確かな武器となりうるには、その中身であるコンテンツが必要なのです。 (169〜170ページより) そのためジャパネットを5大戦法に当てはめると、メディアを活用した「広域戦」になるということ。 (168ページより) 2. 一騎打ち戦 極力競合の少ない状況で戦うことを意味する「一騎打ち戦」については、ジャパネットの参入当時は空白地でした。 2社間競合どころか、以前はブルーオーシャン(競争のない未開拓)市場といってもよいくらいだったわけです。 (170ページより) 3. しかもジャパネットの場合はアフターフォローも自社で直接行うので、徹底した接近戦を実践しているということになります。 (171ページより) 4. 一点集中戦 ジャパネットの売り方の特徴は、常に重点商品を絞り込んだかたちで展開していること。 その時期、そのときに売りたいものが明確なので、ブレることなく伝えることができるわけです。 チャレンジデーに見られる売り方などには、それが顕著に表れているといいます。 (171ページより) 5. 陽動戦 陽動戦は、弱者だからできる「かく乱戦」。 また、強者に気づかれないように水面下で営業やプロモーション活動を仕掛けるのもこれにあたるといいます。 ジャパネットは、この戦法を非常に得意としている企業であり、原点である「カメラのたかた」時代から明氏がやり続けてきたことでもあるのだそうです。 社員旅行同行からの翌日現像にはじまり、取次店ネットワーク化、現像当日サービス、訪問販売、ラジオの全国ネットワークの構築、金利・手数料ジャパネット負担、生放送にアフターサポート、チャレンジデーもそれにあたりますが、そもそも自前経営自体も陽動戦に当てはまるといいます。 このように、「局地戦」ではなく「広域戦」で展開したということを除けば、ジャパネットは弱者の取るべきセオリーに則ったかたちの戦略を展開してきたわけです。 (172ページより) ジャパネットたかたの独自性を媒介してランチェスター理論を学ぼうというコンセプト自体が、とてもユニーク。 そして「弱者の戦法」は、さまざまなビジネスに応用することができそうです。 Photo: 印南敦史 外部サイト.

次の