ドワイト マクニール。 ユベントス、U

ドワイト マクニールの能力

ドワイト マクニール

今季プレミアリーグで最も活躍した選手は誰か。 その答えは28日に行われるPFA年間最優秀選手の発表で明らかになる。 しかし一方で、最も活躍した若手もサッカーファンは気になっているのではないだろうか。 そんな人々のために英『The Guardian』は今季躍動したヤングスター6名を選出している。 なお、今回の対象は開幕時点で21歳以下の選手となった。 彼は若いながらも昨季から左サイドバックの定位置を確保している。 178cmと決して大柄ではないのだがその空中戦勝率は59. プレミアを戦うサイドバックの中で最高値を叩き出している。 今季は公式戦23試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 主戦場は左サイドハーフの選手で、英データサイト『WhoScored』による今季平均評価点が7. 12とチームトップの数値を記録している。 今後の活躍に期待だ。 加入時にはクロード・ピュエル前監督に「どうしても欲しかった選手。 不動の地位を築くかもしれない」と言わしめたほどの逸材だ。 今季は公式戦35試合に出場し7ゴール6アシスト。 前指揮官の言葉通り、今ではチームで不動の地位を築いている。 ボール奪取能力が光る選手でそのタックル成功数はリーグ最高の131回。 また、空中戦勝利数126回も今季のプレミアで最高値となっている。 まさにボール回収のスペシャリストだ。 リーグ最少失点を誇るリヴァプールの守備陣を支えるだけでなく、今季は公式戦で10アシストを記録。 攻撃力も魅力的な選手だ。 その高いキック精度を活かし、チームではプレイスキッカーも務めている。 昨季終盤に定位置をつかんだ彼は、高い身体能力を活かして驚異のスプリントを披露する。 もともと前線の選手だったとは思えないほど高い守備力を有している彼はすでにプレミア屈指の右サイドバックだ。 どの選手も年齢に関係なく、世界最高峰といわれるプレミアでトップレベルの実力を備えているといっていい。 素晴らしいパフォーマンスを披露している彼らがこれからどこまで成長するか楽しみだ。

次の

ユベントス、U

ドワイト マクニール

FIFA ePremier League Invitationalよりもう1試合予想していきます。 ブライトンのモペイ対バーンリーのマクニールの1戦です。 まずモペイですが、先日はボーンマスのビリングとの対戦。 こちらはレベルが高く、カウンター気味に攻めるビリングと打ち合いの末最終的にはモペイが勝ちました。 モペイは所属するブライトンの戦術同様ポゼッションを主体とした戦術の様ですが、より危険なエリアで悠々とボール回しを行い、好機を見て崩しからフィニッシュまでもっていく形をしっかりもっている印象でした。 プレーに迷いがなく、相当やりこんでいると思われます。 対するマクニールですが、先日の試合はとてもうまいとは言えない芸能人との一戦でした。 マクニールもポゼッションを志向している印象ですが、より安全なエリアでのリスクを負わないパス回しに終始しており中々崩しの形も作れない結果、素人相手に失点も喫し苦戦していた印象です。 たまに友達の家でプレーするとったレベルよりは上ですが、モペイほどやりこんでいる印象はなく、ゲームは持っているが片手間にやっている程度の実力なのではないでしょうか。 モペイが試合をコントロールしワンサイドゲームになる可能性が比較的あるかと思いますので-1. 5ハンデで勝負します。

次の

ドワイト・マクニール 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ドワイト マクニール

今季プレミアリーグで最も活躍した選手は誰か。 その答えは28日に行われるPFA年間最優秀選手の発表で明らかになる。 しかし一方で、最も活躍した若手もサッカーファンは気になっているのではないだろうか。 そんな人々のために英『The Guardian』は今季躍動したヤングスター6名を選出している。 なお、今回の対象は開幕時点で21歳以下の選手となった。 彼は若いながらも昨季から左サイドバックの定位置を確保している。 178cmと決して大柄ではないのだがその空中戦勝率は59. プレミアを戦うサイドバックの中で最高値を叩き出している。 今季は公式戦23試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 主戦場は左サイドハーフの選手で、英データサイト『WhoScored』による今季平均評価点が7. 12とチームトップの数値を記録している。 今後の活躍に期待だ。 加入時にはクロード・ピュエル前監督に「どうしても欲しかった選手。 不動の地位を築くかもしれない」と言わしめたほどの逸材だ。 今季は公式戦35試合に出場し7ゴール6アシスト。 前指揮官の言葉通り、今ではチームで不動の地位を築いている。 ボール奪取能力が光る選手でそのタックル成功数はリーグ最高の131回。 また、空中戦勝利数126回も今季のプレミアで最高値となっている。 まさにボール回収のスペシャリストだ。 リーグ最少失点を誇るリヴァプールの守備陣を支えるだけでなく、今季は公式戦で10アシストを記録。 攻撃力も魅力的な選手だ。 その高いキック精度を活かし、チームではプレイスキッカーも務めている。 昨季終盤に定位置をつかんだ彼は、高い身体能力を活かして驚異のスプリントを披露する。 もともと前線の選手だったとは思えないほど高い守備力を有している彼はすでにプレミア屈指の右サイドバックだ。 どの選手も年齢に関係なく、世界最高峰といわれるプレミアでトップレベルの実力を備えているといっていい。 素晴らしいパフォーマンスを披露している彼らがこれからどこまで成長するか楽しみだ。

次の